アドヴィックスの期間工の評判と口コミは?落ちない面接対策も解説

アドヴィックスの期間工はきついの?
アドヴィックスの期間工の仕事内容は?
アドヴィックスの期間工の給料や面接について知りたい

こんな悩みに答えます。

期間工について興味を持っていて「アドヴィックスの期間工について詳しく知りたい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
本記事では、アドヴィックスの期間工の仕事内容から給与・面接についても解説していきます。

この記事を読むことで、アドヴィックスの期間工についてしっかり理解することができますよ。

目次

アドヴィックスの期間工とは?

アドヴィックスの期間工とは?

アドヴィックスは自動車のブレーキシステムの部品を製造している自動車部品の会社です。

アドヴィックスの自動車部品のブレーキシステムの部品の中で、世界トップクラスの先進的技術と高品質で、グローバルに活躍されています。また、アイシングループの14社の1社で、2001年にトヨタグループのアイシン精機、デンソー、住友電気工業の3社のブレーキ部門が分立したことで、設立されました。

自動車部品の中でも、ブレーキシステムに特化しているため、ブレーキの様々なパーツの製造を行っています。そのため、他の自動車会社に比べると、専門性が高いため、専門性の高い期間工で働きたい方には向いているでしょう。

売上高は、連結で600億円弱、従業員数は単独で約3,600名程度、連結約10,000名と自動車部品メーカーの中では優良企業となっています。

また、アドヴィックスの期間工は自動車業が集中している愛知県に製作所があるため、関東や関西からもアクセスしやすいでしょう。

自動車部品の大切なブレーキ部分の部品を専門的に製造しているので、ブレーキについて知らなかったことも多く学べるでしょう。

アドヴィックスの期間工の仕事内容

アドヴィックスの期間工の仕事内容

アドヴィックスの期間工の仕事内容は、大きく分けて以下の工程に分かれます。

・鋳造
・加工
・組付け
・物流

鋳造

鋳造の製造ラインは、金属を熱で溶かして型を取る作業です。

型にアルミを流し込んで、型から取り出してバリ取りをします。

型を取るための工程で、金属を熱で溶かすため暑いため、慣れるまでは少し大変かもしれません。

加工

加工では主に、機械を使って作業します。

加工用の機械やロボットを使って、素材の成型や穴あけを行います。

基本的にロボットを使っての作業となるため、力を必要とせず女性でも作業しやすい工程となっています。

組付け

組付けは、ネジ締めなどの部品を組付ける作業となっています。

システム部品の組付けはクリーンルームで作業となります。

物流

物流は、必要な部品などを運搬したり補充したりする作業となります。

比較的力を使わずにできる作業ですが、できるだけ多くの部品を運搬できるようにするためにはスピードが重視されるでしょう。

アドヴァイスの期間工の労働環境について解説

アドヴァイスの期間工の労働環境について解説

ここからは、アドヴィックスの期間工の待遇と働き方について詳しく解説していきます。

・アドヴィックス期間工の月収・年収
・アドヴィックス期間工が住む寮について
・アドヴィックス期間工が働く工場と勤務時間

アドヴィックス期間工の月収・年収

アドヴィックスの年収は350万円以上、月収30万円以上が標準的な収入となります。

数字だけで見ると、優良企業と同等の収入なのは、世界トップクラスのブレーキ部品メーカーならではの特権でしょう。

アドヴィックスは優良企業としても知名度があるため、大手企業ならではの嬉しい手当もあります。
給料 日給10,690円〜 月収303,000円〜
残業手当 有り 月平均25時間 約1,846円/時
深夜手当 有り 約1,846円/時
交替手当(3組2交替勤務のみ) 有り 12,000円/月
休日出勤 有り 2,059円/時
満了報奨金(生産協力金) 有り 10,000円/月
契約更新謝礼金 有り 14万円/年
入社お祝い金 無し
赴任手当 有り 3万円/月
通勤手当(寮以外の方のみ) 有り
このようにさまざまな手当や報奨金が還付されるため、長く働けばその分手当などが多くもらえます。

アドヴィックス期間工が住む寮について

アドヴィックスの期間工が住む寮は、規程の格安な寮が用意されています。

寮費・光熱費 家賃・共益費・駐車場は7割会社負担
部屋 ワンルームの個室でプライベート空間を確保できます
部屋の設備 テレビ・冷蔵庫・冷暖房・テーブル・寝具を完備
食事 食堂利用可能(〜500円・弁当の持ち込みも可能)
自動車やバイクの持ち込み 自動車やバイクの持ち込み可能(無料送迎バス有り)
寮費と光熱費は、会社が7割を負担のため、利用者が3割負担することになるため、多少ネックではあるでしょう。しかし、節約をすることで、光熱費を浮かせられたり、自炊をすることで食費を減らすことができます。
寮への住み込みは規定があるため、事前に確認しましょう。

アドヴィックス期間工が働く工場と勤務時間

アドヴィックスの期間工が働く工場は下記の通りとなります。

工場 住所
刈谷工場 愛知県刈谷市朝日町2-1
半田工場 愛知県半田市日東町4-29

どちらの工場からも、名古屋市まで車で片道40分ほどで行けるので、休日には繁華街などに遊びに行くことができます。友達や職場仲間と遊びに行ってリフレッシュすることもできますよ。

また、工場によって勤務体制は異なり下記の通りとなります。

まずは、刈谷工場の勤務体制をみていきましょう。

勤務体制 勤務時間
普通勤務 AM8:00〜PM16:50
夜勤勤務 PM21:00〜AM5:50

次に、半田工場の勤務体制はこのようになっています。

勤務体制 勤務時間
普通勤務 AM8:30〜17:20
夜勤勤務 PM21:30〜AM6:20
原則2直2交替制となっており、バランス良く稼ぐことができるでしょう。
また、勤務地や勤務時間は会社規定になるため、選ぶことができません。しかし、勤務時間は月の半分で普通勤務と夜勤勤務と分けられるため、週交替となることが多い他の期間工よりはワークライフバランスを取りやすいかもしれません。

アドヴィックスの期間工で働くときの4つポイント

アドヴィックスの期間工で働くときの4つポイント
ここからは、アドヴィックスで働くときの4つのポイントを解説していきます。

・世界トップクラスの会社で働ける
・半年で180万円以上稼げる
・正社員登用制度がある
・女性でも働きやすい

世界トップクラスの会社で働ける

アドヴィックスは、自動車部品製造で有名なアイシンググループの主要14社の中の1社であります。

自動車ブレーキシステムではトップクラスの技術を開発しており、アドヴィックスのブレーキシステムは国内だと2台に1台、世界では10台に1台とトップレベルのシェアを誇っています。

世界トップクラスのブレーキシステムの構造を学んで実際に製造できるのは非常に貴重な経験となるでしょう。トップクラスの品質を製造するには、部品に対してミスがないか厳しいチェックが行われますが、それだけ高品質な部品を製造している証拠となっているのでしょう。

せっかく働くのであれば、日本や世界のトップメーカーで働くことで、モチベーションも上がるでしょう。

半年で180万円以上稼げる

自動車関係の期間工の中でもトップクラスで稼げるため、半年で180万円以上稼ぐことが可能です。

期間工の時給の平均は1,100円〜1,200円が相場となっていますが、アドヴィックスの時給は異例の1,410円とかなりの高待遇となっています。アイシングループの他社と同じ時給となっております。

期間工で平均的な時給と、アドヴィックスの高待遇の時給で300円違う場合、1ヶ月同じ200時間で働くと、給料が月に約60,000円もの差が発生します。

期間工によっては、力や暑い環境での重労働の中で、時給1,100円〜という場所もある中、アドヴィックスでは、高時給で小さい部品を使って作業を行う軽作業となっているので、非常に働きやすく体力的にも負担が少ないので効率的に稼ぐことができます。

アドヴィックスは自動車関係の製造が未経験でも働くことが可能であり、月に30万円以上稼げるのはかなり魅力的なポイントです。

正社員登用制度がある

アドヴィックスには、期間工の正社員登用制度があります。

アドヴィックスは比較的、期間工からの正社員登用に積極的に取り組んでいます、そのため、入社半年後から正社員登用試験の受験にチャレンジすることができるため、期間工で働く多くの方は、正社員登用試験を受ける傾向にあるようです。

しかし、正社員になるためには、日頃の行いが大切となってきます。

・日頃から仕事に真面目に取り組む
・分からないことはそのままにせずに上司に確認する

できること、与えられた仕事をきっちりとこなすことで、社内での評価も高くなりやすいだけではなく、正社員登用試験の推薦をもらえる場合もあります。

やる気があれば正社員への道も開けるので、頑張ることで自分のためにもなります。

女性でも働きやすい

アドヴィックスは自動車部品関連の期間工の中でも、ブレーキ製品の小型製品の製造で力を必要としないことから、女性でも働きやすい環境となっています。

基本的に単純作業が多く、機械を使って作業する部門や梱包などの比較的楽な仕事をこなす部門が多いため、女性だけではなく、体力に自信がない人でも安心して働ける環境となっています。

機械を使って作業することが多いので、操作通りに作業すればミスの発生率も低くなります。スピードは重視されますが慣れてきたら、自分のペースで作業できます。工場未経験の女性でも安心して働くことができる優しい期間工でしょう。

期間工では、入社してから最初の1ヶ月で頑張ることで、徐々に仕事内容に慣れてくるので、一人で淡々と作業をこなすことができます。

アドヴィックスの期間工の実際の評判・口コミ

アドヴィックスの期間工の実際の評判・口コミ

アドヴィックスの期間工の実際の評判と口コミは下記の通りです。

各種手当はトヨタ系なので手厚いです。寮・社宅もかなりお安く入れます。まぁまぁ大きな会社だと思いますが、立地は刈谷なので帰りに寄るところはありません。デンソーの真隣なので、相対的に中小企業で働いている気分になります。

自動車社会の安全を支えるプレッシャーは大きく、責任ある仕事を通じて自分の成長できると思い、入社した。成長を実感している暇がないくらい忙しい。自分の仕事で自動車社会の安全を支えているという実感に繋がりにくい。

自分が望めばそれなりの仕事を任せてもらえると思うので、やりがいを感じることができると思う。とは言っても自分の能力以上の事はやらせてもらえないので、しばらくは言われた仕事をこなし、認められるまでやりがいを感じられるかは自分次第だと思う。

自動車ブレーキを主に扱っているだけ物自体それほど重くなく部署によってはライン作業以外に検査、運搬など女性でもかなり仕事がしやすい環境が多い会社だと思う。同じ部署にも女性が働いていましたが、仕事内容に不満があっったらすぐに相談してすぐに仕事内容の改善がされた。現に他の工場と比べてかなり女性が多いと感じた。

残業が多い分、期間工は社員よりも給料が高いが、ボーナスが少ないのでトータルでトントンくらいになる。有給は使いやすいと思う。夜勤をやる現場になるとかなりのお金になる。残業が多すぎる。8時半〜21時半が毎日のようにある。休日出勤も毎週のように頼まれて断れなくもないが、断りづらい雰囲気はある。単純作業が多いので、作業自体は簡単だが、単調すぎて飽きてしまう。

給料が良い分、プレッシャーや労働時間が長くなるのはつきものかも知れません。

アドヴィックスの期間工の面接に合格するには?

アドヴィックスの期間工に応募する方法は、アドヴィックス公式の期間工募集ページから採用フリーダイヤルに電話をして応募するか、期間工サイトから応募する方法があります。

アドヴィックス期間工の面接は、下記の通りです。

・面接のみ筆記なし
・体力面・やる気をアピールすることが重要
・服装の指定は特になし
アドヴィックスの選考方法で気になるポイントも見てみましょう。
・年齢制限は設けられていないため、20代の若い世代から、経験豊富な50代でも健康状態や体力に問題がなければ問題なし
・フォークリフトなどの重機資格があると、面接で有利になる可能性もあり
・面接では、体力の自信とやる気と熱意をアピールすることで好印象を与られる
・特別なスキルはそこまでアピールする必要はない

上記の面接ポイントを気をつければ良い印象を与えることができるため、採用されやすくなるでしょう。また、基本的なところで気を抜いたり、表情が曇ってしまうと不採用にされてしまうので、注意しましょう。

志望動機は、ポジティブなもので、「目標に向けてお金を貯めたい」、「車が好き・車関係の仕事に興味がある」など、言い方を工夫してみるといいでしょう。

また、面接時の服装は、スーツが好ましいですが、持っていない場合は清潔感のある白いシャツやポロシャツに黒いスラックスで整えると良いです。髪型も寝癖がないように整えましょう。

香水や柔軟剤の匂いがきつすぎないようにするのもポイントです。衣類を着用する前に消臭スプレーを振りかけると、マナーとして良いでしょう。

面接時は、面接官の目をみて笑顔を意識すれば問題ありません。不自然な作り笑いはマイナスとなってしまう場合があるので、注意しましょう。

まとめ

まとめ

アドヴィックスの期間工について解説しました。

アドヴィックスは自動車のブレーキ部品を専門的に製造している世界的に有名な会社です。工場は愛知県にあるため、都内や関西からもアクセスしやすく、休日は名古屋市に遊びに行くことも可能です。

アドヴィックスは面接前に工場見学が可能なので、工場の雰囲気を知りたい・実際の作業方法を見てみたい方は、面接前に工場見学に足を運んでみるといいでしょう。また、工場見学時と面接時の交通費は、アドヴィックスが負担してくれるので、遠方からの見学や面接も安心です。
グローバルで活躍するブレーキ専門部品で働けるのは大きな経験になるでしょう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる