デンソー期間工が正社員になるには?目指すポイントやコツを解説

「デンソー期間工から正社員を目指すことはできる?」「デンソー期間工から正社員になるためのコツは?」とデンソー期間工から正社員を目指すとなると、いくつか気になる点があると思います。

デンソーは、正社員登用に積極的であることから、期間工から正社員になれる可能性が高いです。将来の大量退職の対策や技能伝承を進行されるために、技術部門の採用数が増加していることから、デンソーの正社員を目指している方はチャンスですよ。
目次

デンソー期間工から正社員は目指せる?

デンソー期間工から正社員を目指すことは可能です。

2018年 427人
2019年 138人

デンソーでは、年に100人〜400人の期間工が正社員に昇格しています。また、定着率は95%と非常に高く働きやすい環境と言えるでしょう。

大手企業での正社員登用は、採用人数が少ない傾向にありますが、デンソーは毎年数多くの期間工を採用しているので、頑張り次第では正社員を目指せます。

2021年7月時点で、期間工の募集は行われていますが、正社員登用試験は3〜4月と9〜10月となっています。

デンソー期間工から正社員登用試験に合格した時の給料・年収

デンソー期間工から正社員登用試験に合格した時の給料・年収

デンソーの平均年収は797万円です。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 385 25
25~29 633 40
30~34 711 44
35~39 754 47
40~44 818 50
45~49 916 55
50~54 985 58
55~59 948 57
60~64 612 39

年齢における給与水準は上記のようなイメージになります。

正社員を目指した方が将来的な収入が大きくなっていくので、目指せるのであれば目指した方が良いでしょう。
あわせて読みたい
デンソーの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説
デンソーの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説デンソーの平均年収は797万円です。デンソーに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。こ...

デンソー期間工から正社員になる3つのメリット

デンソー期間工から正社員になると、3つのメリットがあります。

デンソーの正社員になると、どのようなメリットがあるのか確認しましょう。

ワークライフバランスを整えやすい

デンソー期間工から正社員になると、ワークライフバランスを整えやすい環境が整っています。

・土日休み
・年末年始や大型連休は長期休暇有り
・有給消化推進(三連休も取りやすい)
・サービス残業なし

デンソーでは、ワークライフバランスが整いやすい環境です。休日は固定されており、長期休暇もしっかりとあることからプライベートを充実させることができます。有給休暇の消化も最低年に1回は必要であり、口コミでは3連休を取ることもできると評判です。

安定した収入・充実した福利厚生

デンソー期間工から正社員になると、安定した収入・充実した福利厚生が整っています。

トヨタグループであるデンソーでは、毎月安定した収入を獲得できます。年間7万円分程度のカフェテリア制度や財形貯蓄、持ち株、トヨタグループ保養所の割引と魅力的な福利厚生が充実していると評判が良いです。

また、仕事に必要な資格取得は会社に申し出ると、費用を負担してくれるため自己負担なくスキルアップを目指すこともできますよ。

女性でも働きやすい

デンソー期間工から正社員になると、女性でも働きやすいメリットがあります。正社員では男性が4万人程度に対して女性は6000人と比較的多いです。

・産休や育休はほぼ100%取得可能
・重い部品は女性に持たせない(持って良いキロ数が決まっている)
・女性社員による座談会
・管理職に昇進しやすい

デンソーでは、女性社員を大切にする働きが進んでいて、女性管理職にも力を入れています。また、女性の負担をかけないように、重い部品を持つにはキロ数が決まっており、産休や育休は取得している社員がほぼ全員であることから、産休後に復帰しても1年後にまた産休に入ることができると評判です。

デンソー期間工から正社員になる3つのデメリット

デンソー期間工から正社員になると3つのデメリットがあります。

期間工と違って正社員にはどのようなデメリットがあるのか確認しましょう。

自分のペースで作業をすることはNG

デンソーの正社員になると、自分のペースで作業を行うことはNGです。

期間工では与られた作業を淡々とこなせられると良いですが、正社員になるとチーム一丸となって作業を進めなければなりません。そのため、自分の作業に夢中になるのではなく、周りの作業状態を把握して困っている人がいれば手助けをして、何か問題が発生すれば解決する必要があります。

正社員になると、任される作業も増えてチームリーダーに抜擢される可能性も十分あるので、自分のペースで作業を進めたい方は気を付けましょう。

社内イベントが多く参加しなければならない

デンソーの正社員になると、社内イベントが多く参加しなければなりません。

デンソーでは、毎年秋に行われる全社運動会、地域団体への支援や社会貢献の一環となっているハートフルまつり、社内従業員向けの夜フェスなどさまざまな社員イベントが満載です。この中でも、ハートフルまつりは、サスティナビリティ活動の一環として力を入れていることから、参加を促される可能性もあるでしょう。

10箇所以上の工場からどこに配属されるか分からない

デンソーの正社員になると、10箇所以上ある工場からどこに配属されるか分かりません。

デンソーの工場は、愛知県を中心に三重県と静岡県にあることから、比較的街から近い工場や郊外の工場と周辺の環境に差があります。また、工場によって製造する製品が異なるため、期間工で働いていた工場から移動になる場合は、一から仕事を覚える必要があるでしょう。

正社員登用試験時に、自ら希望地を提出することはできませんので注意しましょう。

デンソー期間工から正社員になる為の3つのポイント

デンソー期間工から正社員になる為には3つのポイントがあります。

デンソーが求めている社員像に当てはまるように期間工の間から意識しましょう。

目標を持って挑戦し続けることをアピールする

デンソーの社員を目指すには、目標を持って挑戦し続けることをアピールすると良いです。

デンソーでは、急速な変化を続けている社会の中で、新たな価値を持続的に提供するために従業員一概となって進化しています。そのため、常に目標を持ち、新たな挑戦をし続ける人材を求めてるを求めていることから、ただ作業を淡々とこなすのは避けましょう。

目標を立てて達成に向けて努力し、より自身やデンソーが成長できるように挑戦し続けられるように常に周りにアピールをして頑張ることが大切ですよ。

強い好奇心を持ち何事にも囚われない柔軟な発想力

デンソーの社員を目指すには、強い好奇心を持ち何事にも囚われない柔軟な発想力が大切です。

新たなデンソーを切り拓いていくためにも、強い好奇心を持ちながら柔軟な発想力が求められます。前提や常識に囚われずに、ユニークな発想やアイデアが浮かんだら上司に率先して相談することで、正社員としての道が開けるかもしれません。

新たな挑戦のためにも、常に強い好奇心を持ちながら自身の成長に繋げましょう。

期間工や正社員関係なく一丸となって作業に取り組む

デンソーの社員を目指すには、期間工や正社員関係なく一丸となって作業に取り組むことが重要です。

デンソーでは、新たな挑戦や問題解決に向けてチーム一丸となって作業を行うことを大切にしていますが、作業を行う上でトラブルや作業の変更は付き物です。そのため、期間工や正社員関係なくチームとして作業に取り組んで、より良い作業環境を目指すためにも人間関係を大切にしましょう。

また、新たな提案や意見がある場合も、期間工や正社員関係なく提案することでお互いを刺激して個性を高め合えますよ。

まとめ

デンソー期間工から正社員になるポイント等を解説しました。

デンソーでは毎年数百人の正社員登用を実施しており、正社員になりやすい環境が整っています。また、トヨタグループであることから、安定した収入を確保できると評判です。女性を大切にしている企業ですので、女性で期間工から正社員を目指している方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる