サスペンションで有名なヨロズの転職を突破するには?評判も解説!

大手自動車部品メーカーのヨロズは、サスペンション部品で国内トップシェアを誇る企業です。様々な車種のサスペンションに関われるため、車が好きであれば働いてみたいですよね。

ヨロズに転職する場合、同社についてきちんと理解した上でしっかり対策するべきです。同社への転職選考への対策について気になる人もいるでしょう。

今回はヨロズへの転職について、同社の口コミ・評判などとともに見ていきます。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • ヨロズで様々な車種のサスペンションなどを作りたい人
  • ヨロズへの転職対策が気になる人
  • ヨロズの評判などを知りたい人
目次

大手自動車部品メーカー・ヨロズとは

ヨロズは自動車部品メーカーでも大手です。特に車の安定性や乗り心地に欠かせないサスペンション部品の開発・製造で知られています。

社員の平均年収については541万円と業界では低めであるものの、実力や海外手当次第で大きく稼げるのが特徴です。またワークライフバランスの面でも全社で取り組んでいます。

ヨロズの基本情報を紹介

最初にヨロズの基本情報をご紹介しましょう。会社名や売上高などの基本的なデータは以下の通りです。

会社名 株式会社ヨロズ
代表者 志藤健(代表取締役社長)
設立年月日 1948年4月1日
本社所在地 神奈川県横浜市港北区
資本金 62億円
売上高(2020年3月時点) 1,576億8,000万円(連結)
従業員数(2020年3月時点) 7,183名(連結)
社員の平均年齢 37.3歳

数十年にわたって続いている点や、従業員数・売上高の規模が大手レベルと呼べる点から、安定性のある企業とみなされています。東証にも上場している点も有名企業とされるゆえんです。

なお社員の平均年齢は37.3歳で、メーカーにしては比較的若くなっています。アジア・北米・南米地域に進出しているため、海外への出張や駐在の機会も多いです。

サスペンション部品など自動車部品や農業機械部品などが事業内容

ヨロズは自動車部品や農業機械部品、生産設備の開発から製造・販売までを手掛けています。特に自動車部品については、自動車の安定性や乗り心地に重要なサスペンション部品が主な製品です。

加えてサスペンション部品のシェアでは国内随一を誇っています。もしサスペンション関係のメーカーへの就業を目指すのであれば、ヨロズはおすすめでしょう。

なおサスペンション以外にも、車体フレームやブレーキペダルなど他の部分にも関わっています。様々な部品に関わりたいという人にもヨロズは適したメーカーです。

スズキやホンダなど国内外の様々なメーカーと取引

ヨロズはサスペンション部品を中心に国内外の様々なメーカーと取引しているため、様々な車種の製造にも携われます。

国内メーカーではスズキやホンダなど全ての完成車メーカーに、海外メーカーではフォルクスワーゲンやフォードなどが供給先です。好きな車の部品を作れる点でやり甲斐を感じられるでしょう。

平均年収は541万円で福利厚生は保険や年金制度がメイン

ヨロズへの転職を考える際、待遇の内容や良し悪しにはつい関心が出てきますよね。同社の平均年収は541万円と業界では低めです。

ただ給与所得平均436万円に比べて100万円多いため、一般企業に勤める立場としては、ある程度高い給料を貰えるでしょう。なお海外勤務手当が手厚い点も大きな魅力です。

具体的には基本給は安いものの、ボーナスは5ヶ月以上と手厚く年収を押し上げています。ちなみに平均年収から考えれば月収は約35万円となり、ボーナスも約160万円程度です。

福利厚生についても大手企業で整備されているものは一通り揃っています。詳しくは以下の通りです。

  • 独身寮・社宅
  • 社員食堂
  • 各種社会保険完備
  • 傷病休暇積立制度
  • 確定拠出年金制度 など

基本的に保険関係や年金制度がメインになっています。ただ積立関係の制度もあるため、勤務しながら財産形成もできるでしょう。

ワークライフバランスについては全社的な取り組みが見られる

ヨロズへの転職について考えた際、ワークライフバランスが取りやすいさも気になりますよね。同社の残業時間は月平均30時間程度で、一般企業としては標準的です。

ただ社長自らが働き方改革を主導しているため、全体として極力定時退社や有給休暇消化を心掛けるように変わってきています。有給休暇についても業務引継ぎをきちんと行えば取得しやすいです。

加えて長期休暇の際はきちんと休めるという声も多く聞かれています。オンとオフのメリハリをつけて仕事したい人にはおすすめでしょう。

部署や個人の業務量に左右されるケースも多い

ただ残業時間の長さや有給休暇の取りやすさは、部署や個人の業務量に左右されやすい部分もあります。部署については製造や生産技術など現場に近いほど残業が長引く傾向です。

また実力ある人に多くの仕事を託す社風でもあるため、能力ある人ほど休みが取りにくいこともあります。入社後は業務過多にならないような工夫も必要となるでしょう。

年功序列やワンマン経営が色濃い社風

同社の評価基準は年功序列が基本です。給料も原則として勤続年数に応じて上昇していきます。余程のミスなどがなければ安定した年収も見込めるでしょう。

一方でワンマン経営が色濃いため、風通しが悪いという声もあります。特に悪い内容の報告さえしにくいとされるほどであるため、普段から上司との関係には意識するべきでしょう。

ヨロズの転職選考を受ける際に知っておくと良いポイント4つ

様々な車種のサスペンション部品に関われる点や待遇がある程度安定している点から、ヨロズへの転職を考える人もいますよね。ヨロズへの転職を受ける場合は以下の4点を意識すると良いです。

転職難易度はやや高め

まずヨロズの転職難易度はやや高めとなっています。平均年収が業界でも低く、部署によりワークライフバランスが取りづらい点がある分、難易度は低くなりがちです。

しかし数十年続いているメーカーである点やサスペンションで有名な点、上場企業である点が難易度を高止まりさせています。安定した企業というイメージが難易度の高い原因です。

トヨタなどの完成車メーカーに比べれば難易度は低いものの、転職選考では激しい競争が予想されます。油断することなく事前に十分な準備を整えるべきでしょう。

中途採用求人は公式サイトや転職エージェントで随時チェックするべき

次にヨロズの中途採用求人は、公式サイトや転職エージェントで随時チェックする必要があります。同社でも中途採用は随時行われている分、求人が突然載るケースもあるためです。

ただ公式サイトで探す場合は、時期や会社の状況によって求人が全くない場合もあります。公式サイトに求人がない場合に備えて転職エージェントにも登録するべきです。

転職エージェントでは非公開求人も含めると、ヨロズの中途採用求人も多く扱っています。極力早く同社に応募したい場合は、転職エージェントの利用が欠かせません。

ヨロズ大分など関連会社の求人も探せる

なおヨロズの公式サイトでは、本社以外にも関連会社の求人も探せます。同社の関連会社では自動車部品以外にもITシステムを扱うところもあるのが特徴です。

もし本社の求人がない場合でも、関連会社で自動車などに関われる求人が掲載されている可能性もあります。諦めることなく日頃からのチェックが大切でしょう。

やり遂げる力やコミュニケーション力を持つ人を求める傾向

ヨロズではやり遂げる力やコミュニケーション力のある人を求める傾向にあります。同社が発信している採用メッセージで、以下の求める人物像が明記されているためです。

  • 1. 自らの考えを持ち成長していく力
  • 2. 困難にぶつかっても、あきらめずにやり遂げる精神力
  • 3. コミュニケーション能力(聴く力、伝える力、読み取る力)

同社の転職選考で自己分析や自己PRする際は、上記の主体性・協調性・持続力をアピールすると良いでしょう。転職選考であるため、極力前職で発揮した経験も盛り込むのがおすすめです。

選考は書類選考と複数回の面接が基本

最後にヨロズの選考フローは、書類選考と複数回の面接が基本となっています。なお書類選考では適性診断も合わせて行われるため、SPIに向けた対策も欠かせません。

面接は少なくとも2回、人によっては3~4回程度行われます。面接官も人事担当者や希望部署の責任者、役員などが行う仕組みです。

特に役員面接の場合は、入社後にしたいことや将来像、長期勤務への強い意思をはっきり伝えると良いでしょう。

ヨロズの転職選考を突破するポイント5つ

本格的にヨロズの転職選考を受けるのであれば、是非内定を得たいというのが正直なところですよね。同社の転職選考を突破するには以下の5点が重要です。

企業理念や中期経営計画「YSP2020」を参考に企業研究や自己分析を行う

まず基本として、ヨロズの企業理念や中期経営計画を参考にして企業研究や自己分析を行います。同社の企業理念は以下の通りです。

社会貢献を第一義とし、たゆまぬ努力で技術を進化させ、人びとに有用な製品を創造する

「社会貢献」や「たゆまぬ努力」を盛り込んでいるため、業務を通じて社会に貢献したい人や努力を継続できる粘り強い人が求められていると言えます。

特に前者については、業務経験などを入社後いかにして社会貢献に繋げていくのかを強調すると良いでしょう。ヨロズでしたいことと組み合わせるのもポイントです。

また中期経営計画「YSP2020」の理解も重要になります。同計画では以下の各点が主な柱です。

  • 収益力強化・将来への成長に向けたとりくみ
  • 製品力・開発力の強化
  • 企業力の充実

一言でまとめれば「自社ブランドや経営基盤を強化していく」方針となるでしょう。事業内容や現状をしっかり理解した上で、自社ブランドなどの強化に向けて自分ができることを示すのがコツです。

なお同計画は2020年度までのものであり、2021年度以降は新しい計画の発表が予想されます。最新情報に気を配ることも大切です。

ジーテクトなど他社の研究も行う

また企業研究と並行して同業他社の研究も行います。ヨロズの場合はジーテクトなど車体部品メーカーが研究の対象です。

競合他社と違いや同社にしかない特徴などの把握は、入社したい熱意を強調する上で役立ちます。面接官も応募者のヨロズに対する思いの強さを知りたいためです。

他社研究もまたヨロズへの転職選考に臨む際、避けて通れないステップと言えます。自己分析や企業研究と同じく忘れず行うことが大切です。

ジーテクトに転職するには?企業情報や転職のポイントを徹底解説

適性診断ではSPIなどへの対策をしっかり行う

ヨロズの転職選考では適性診断の準備も必要です。書類選考の内容が良くても、適性診断の成績が低い場合、面接に進める確率は低くなるでしょう。

同社の適性診断対策として、SPIなどの問題を解くのがおすすめです。試験では限られた時間に多くの問題を解くことが求められるため、時間を測りながら練習するべきでしょう。

ただ年によってはSPI以外の形式で出題される場合もあります。転職エージェントで傾向を確認したり、玉手箱などにも慣れておいたりすることが大切です。

面接では志望動機や業務経験など一般的な内容の質問が多い

ヨロズの面接では志望動機や業務経験など、ごく一般的な質問が多く聞かれます。一方で回答に困る難解な質問はされないため、十分に練習すれば対応できるでしょう。

練習の際は転職エージェントで模擬面接を多くこなすのがおすすめです。アドバイザーも同社で行われる転職選考の傾向を把握している分、本番に近い状態で練習などができます。

海外勤務への意気込みや語学力のアピールも不可欠

面接では志望動機などとともに海外勤務についての質問が聞かれるケースも多いです。ヨロズでは海外駐在の機会が多い分、応募者の海外勤務に対する意向も確認します。

もし海外勤務について聞かれたら、是非意気込みをアピールすると良いでしょう。また語学力や海外経験をアピールできそうであれば、忘れずに強調するべきです。

ヨロズで海外勤務に関われば年収も高くなります。入社後も考えて前向きな態度を示すのがおすすめです。

転職先としてのヨロズにまつわる口コミ・評判を紹介!

ヨロズへの転職を本格的に考える際、会社の内部について気になる人もいますよね。転職先のヨロズについてより深く知るには、社員の口コミ・評判が参考にあります。

待遇や働き甲斐などの面から、同社の口コミ・評判を見ていきましょう。

給料や福利厚生などの待遇にまつわる口コミ・評判

最初に給料など待遇面の口コミ・評判などをご紹介します。

昇給は必ずしていた。また、微々たる額ではなく4000~5000円くらいしていた。住宅手当が少しでもあればもう少し人が集まるのではないかなととも思った。現場と技術はかなり大変そうであったが、その分給料は高いはず。(Openworkより)

国内や海外拠点への出張をすれば出張手当を含めて、若手でもかなりの年収になる。残業時間はきちんとつけられる環境にあるので、残業が多いときは残業手当でかさましすることができる。(転職会議より)

寮や社宅が完備されていて近所にもスーパーなどがあり生活環境が整っている。
通勤も特に支障はない。
働き方改革を社長が主導で進めており、有休消化率の向上や職場環境の改善が進んできている。
パンの自販機も食堂にありパン派にはうれしい。(転職会議より)

基本的に昇給額は高めである上、出張すれば手厚い手当が高く付いて年収が上昇するようですね。ただ基本給が少ないためか、残業手当で年収を増やす人も多いように見えます。

寮や社宅が生活環境の良い場所にある点も魅力でしょう。

ワークライフバランスに対する口コミ・評判

次にワークライフバランス関係の口コミ・評判を見ていきます。

チームによって偏りがあるが、技術系は残業や休日出勤が多い。(Openworkより)

部署によるが、有休は部署内での業務調整さえすれば取りやすいと思う。
基本的には1週間前に申請すれば取得できるシステムになっている。(転職会議より)

残業時間も有給休暇も取得しやすいかしにくいかは、部署によって様々なようですね。特に技術系職種は製造現場に近いためか、休日出勤まであるようです。

やり甲斐や成長に対する口コミ・評判

さらにやり甲斐などについても見ていきましょう。

若手のうちから担当を持つことができ、尚且つ裁量権も大きく付与されますのでやりがいはあります。逆に言うと責任も大きいです。生産技術・品質保証部は新規設備立上げのための海外出張頻度も多く貴重な経験を積めるようです。(Openworkより)

個人の処理能力に頼る状況のため、人より優れている点を見出せれば、評価が上がっていく。絶対評価ではなく、良い意味で相対評価がされている。グローバル展開しているので、海外行きのチャンスはある。(転職会議より)

新卒入社ならば、機械関係の基礎知識をつけられる研修が一応存在するが、中途の方向けにはおそらくないです。
また、新卒だろうと現地立ち上げのやり方は現地へ行って怒られながら覚えろという感じで教育などないです。OJTなどもないため、とても効率的とはいえない状況です。
国内で行う書類仕事に関しては、周囲に聞ける人がいる場合にはなんとかなります。(転職会議より)

大きな仕事や海外出張などで、自分の実力が試されたり鍛えられたりする機会が多いようですね。ただ中途向けの教育体制があまりない点は、理解しておいた方が良いでしょう。

女性の働きやすさに対する口コミ・評判

女性の働きやすさについても見ていきます。

他社よりも環境は整っていて女性の職制登用も進んでいるが、外部に対して女性活用を示したいだけと感じる。登用者の業務能力が新たな男女の評価不公平感の火種になっている。

育児休暇あり。該当する人は取得可能で、取りにくいと言った雰囲気はない。周りには子供が1、2人いても時短を活用しながら仕事と子育てを両立している人が多くいた。
女性の管理職もいるため、女性でも能力があれば評価されるし性別関係なく働けると思う。ただ、部署によって状況が変わるが、忙しい時期等は効率的に時間を使う等自分で工夫が必要だと思う。(転職会議より)

育児との両立が可能であるなど、女性にとっては比較的働きやすい環境になっているようですね。キャリアについては問題はあるものの、女性管理職も活躍しているようです。

会社の体質に対する口コミ・評判

最後に会社の体質に対する口コミ・評判もご紹介します。

学歴は全くと言っていいほど関係ありません。仕事が出来る、部門横断的な知識を持っている人が重宝・評価されます。また、開発・技術・品証は新製品開発プロジェクトにおいて密接な関係になるので、他部署と良好な関係を保つバランス感覚も必要です。(Openworkより)

オーナー企業であるためかトップへの風通しが悪く、特に悪い情報を報告できない、しない、させない雰囲気があり、従業員のやる気の低下がおきたり、無駄な業務が発生している。役員以下との風通しは悪くないが蛸壺化しており、部署間の連携はあまり良くない。(Openworkより)

基本的に実力やスキルのある人が評価されやすい環境のようですね。自分の実力を思い切り発揮して、実力に見合う評価や待遇を得たい人におすすめでしょう。

ただ一方でワンマン経営である分、風通しが非常に悪い点もあるようです。

ヨロズに本気で転職したいのであれば転職エージェントの活用がおすすめ!

ヨロズに本気で転職したいのであれば転職エージェントの活用がおすすめ!

今まで読んできてヨロズへの転職を本格的に考えようという人もいますよね。もしヨロズに転職したいのであれば、転職エージェントは是非活用するべきでしょう。

転職エージェントでは非公開求人も含めて非常に多くの求人が扱われています。普通であれば狭い中途採用求人に応募するチャンスを飛躍的に広げられる点で魅力です。

加えて大手のエージェントでは、ヨロズの選考データが積まれているため、同社向けの戦術を立てやすくなっています。アドバイザーの助力も得ながら内定獲得への対策も練られるでしょう。

転職エージェントでもリクルートエージェントはおすすめです。業界随一の求人数を誇る上に、アドバイザーが優秀であるため、ヨロズへの内定に大きく近づけられるでしょう。

\ 簡単5分で登録 /

まとめ

今回は自動車部品メーカーでも大手のヨロズに転職する方法を見てきました。平均年収は控えめではあるものの、様々な車種のサスペンションに関われるために働き甲斐があります。

同社は転職難易度がやや高いため、企業理念や中期経営計画を軸に企業研究や自己分析などを進めると良いでしょう。また転職エージェントを用いた面接や応募書類の対策も重要です。

加えて転職エージェントではヨロズに特化した対策や中途採用求人探しでも役立ちます。リクルートエージェントなど大手の業者をうまく活用すると良いでしょう。

ヨロズについて知ってみて、少しでも同社への転職に興味があれば応募してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる