MENU

横浜ゴムへ転職するには?仕事内容や年収・転職するポイントを解説

  • 横浜ゴムに転職するには?
  • 横浜ゴムの仕事内容は?

こんな悩みに答えます。

この記事では、横浜ゴムに転職したい人に向けて、横浜ゴムの企業情報から採用情報、実際に働いている人の口コミや転職活動に取り組む際のポイントなどについて解説しています。

他の企業で自分の力を試してみたい、大きな会社でキャリアを築いていきたい、自分の将来を考えて転職したい、といった人はぜひ参考にしてみて下さい。

目次

横浜ゴムの企業情報

まずは横浜ゴムの企業情報について解説します。

横浜ゴムは、1917年(大正6年)10月に創立された会社であり、2021年1月時点で100年以上の歴史を有する会社です。タイヤや工業用ゴム製品といった製品の製造・販売を手がけており世界各国に事業を展開しています。

ちなみに横浜ゴムは、イングランドプレミアリーグの強豪「チェルシーFC」のオフィシャルグローバルタイヤパートナーを務めており、グローバルにもブランドの認知度を高めています。

横浜ゴムの仕事内容

先述の通り横浜ゴムでは、タイヤや工業用ゴム製品をはじめとして、スポーツ用品や航空宇宙用品など様々な製品の製造・販売を手がけています。具体的には、以下のような製品が挙げられます。

乗用車用タイヤ、トラック・バス用タイヤ、小型トラック用タイヤ、建設車両用タイヤ、産業車両用タイヤ、農業・林業機械用などの各種タイヤ・チューブ、高圧・樹脂ホース、コンベヤベルト、マリンホース、橋梁・土木資材、防舷材、建築用シーリング材、ウレタン塗膜防水材など。

上記の製品の開発や製造、そして販売にかかわる各種業務に取り組むことが横浜ゴムの主な業務内容となります。

横浜ゴムの基本理念

横浜ゴムには、創業時から脈々と息づいている基本理念があります。それは、「心と技術をこめたモノづくりにより、幸せと豊かさに貢献する」ことです。

この理念のもと、横浜ゴムは日々新しい価値の創造にチャレンジし、時代の先駆けとなるような独自領域の開拓に取り組んでいます。そして、そういった取り組みが結果的に人々の幸せや豊かさにつながっていくのです。これは、国内だけなく世界中に広がる横浜ゴムグループの姿勢とも言えるものです。

転職するにあたっては、この理念を覚えておくといいでしょう。

横浜ゴムの採用情報

続いては、横浜ゴムの採用情報について解説します。どういった職種があるのか、平均年収はどのくらいなのか、労働環境は整っているのか、などが気になる人はぜひ参考にしてみて下さい。

横浜ゴムの採用職種

新卒採用の場合ですが、横浜ゴムでは以下のような職種の採用を行っています。

職種 詳細
事務系 海外営業、国内営業、製品企画、物流、人事、経理、調達、情報システム、知的財産など
技術系 研究開発、製品開発(構造設計・材料設計)、生産技術開発、生産管理、品質管理、情報システムなど

また上記の職種とは別に地域限定総合職と呼ばれる職種もあります。これは、横浜ゴムの中でも、ものづくりを担う国内工場を支えるための職種であり、その名の通り、地域に根ざして仕事に取り組むことができます。

中途採用に関しては、2021年1月現在で特定の職種の募集がかかってはいませんでした。しかしもし中途採用が行われるとなると、上記の新卒採用の職種の中から募集がかかるのではないかと考えられます。

横浜ゴムの平均年収

横浜ゴムの平均年収は、500万円〜600万円となっています。

これは、一般的なサラリーマンの平均年収よりも高水準であるといます。ただし、あくまでも平均であり、役職や社歴によって給与は変動するため、あくまでも参考程度にとどめておいて下さい。

あわせて読みたい
横浜ゴムの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説
横浜ゴムの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説横浜ゴムの平均年収は625万円です。横浜ゴムに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。本...

横浜ゴムの労働環境

横浜ゴムに就職すると、事務系は東京本社、技術系は平塚の製造所が主な勤務地となります。

ただし、様々な部門を経験し、スキルを身につけるという人材育成の観点から転勤をする可能性もあります。またジョブローテショーンも行われており、場合によっては海外勤務になることもあるようです。

毎週水曜日と金曜日は定時退社日として定められているため、プライベートの予定なども立てやすいでしょう。

そのほかにも、育児や介護に取り組む人に向けて「在宅勤務制度」を用意しているほか、「産休・育児制度」や「育児フレックスタイム制度」を整備しているなど、家庭と仕事の両立を実現しやすい環境が整っていると言えます。

そして、独身者に向けては、寮・社宅を用意しています。事務系社員、技術系社員それぞれの勤務地に近い場所にあるため、通勤もしやすいでしょう。

横浜ゴムの採用フロー

横浜ゴムの中途採用に関しては、パーソルキャリアが運営するミイダスサービスが管理を行っています。

そのため、転職を希望する場合、まずミイダスキャリアに登録しなければいけません。

登録をすると、横浜タイヤが登録内容を確認し、その人に適したポジションがあれば個別に声をかける仕組みになっています。そのため、具体的な採用フローなどは明らかになっていません。

横浜ゴムの求人情報

先述の通り、横浜ゴムに転職する場合、ミイダスサービスへの登録が必須となっており、登録後にその人に適したポジションがあれば、横浜ゴムから声をかけてもらいます。そのため、具体的な職種に関しては横浜ゴムのホームページなどでは明らかにされていません。

自分の経歴に関連した職種で声がかかる可能性が高いため、先ほど紹介した新卒採用の職種をチェックしておくと、ある程度どの職種が自分に合っているのかイメージできるかもしれません。

横浜ゴムに関する評判まとめ

ここでは、横浜ゴムで実際に働いていた、もしくは働いている人の口コミについて解説します。給与ややりがい、人間関係など、実際に働いてみないとわからない部分はたくさんあります。ぜひ参考にしてみて下さい。

横浜ゴムの口コミ

横浜ゴムに対する口コミとしては、自分の考えを伝えやりたいことに取り組める風土があることが挙げられています。一方で、業務におけるスピード感は課題の1つでもあることがうかがえます。

企業文化として人がよく、若手時代はある程度自分の考え、やりたい事を実行できる風土がある。新卒、転職についても能力があれば重要な仕事を任せられる。役員含めた派閥などはない。スピード感や厳しさといった面では物足りなさ、弱さを感じる。

(参考:「openwork」)

また新卒入社の社員や転職入社の社員でも個人次第でキャリア開発にどんどん取り組むことは可能です。ただし。そういった制度が不十分であると感じている人もいます。

個人のマインド次第で、キャリア開発は可能。ただし、従業員に対して、キャリア開発を促すような機会・制度は乏しいと感じる。

(参考:「openwork」)

給与・福利厚生

給与面に関しては、残業代が支払われるものの、それでも多くはないと感じている人もいます。

役職につく前は残業代も基本支払われるが、それを込みで考えないとそこまで多い給与ではない。扶養家族手当、住宅手当〔期限あり〕制度がある。

(参考:「openwork」)

また賞与は、上司のとの面談によって決まりますが、基本的には評価によって大きな差がつくことはなく管理職になるまでは同じような額になります。

年2回の上司との評価面談が行われ、その評価に基づいて賞与が決定される。といっても概ね平均的な評価に収束する事が多く、管理職になるまでは同年次での給与に差は出ない。

(参考:「openwork」)

平均年収自体は決して低くありませんが、給与をもらっている本人からしたら、物足りないと感じる部分があることがうかがえます。

仕事のやりがい・成長

横浜ゴムが主に扱うタイヤという製品の特性上、国内ではほぼ寡占状態にあり、他社との激しい競争や社員に課されるノルマなどはあまりありません。

タイヤという国内でほぼ寡占状態の商材を扱っていることもあり、激しい競争やノルマといったものはあまり感じられない。

(参考:「openwork」)

そのような背景もあり、良くも悪くものんびりとして雰囲気があると述べている人もいました。

良くも悪くものんびりした風潮があり、残業も一般企業並みかそれ以下である。

(参考:「openwork」)

社員の中には、自分のやりたいことがある程度できているため、その点に関しては働きがいを感じられているケースもあります。

自分自身はやりたい事をある程度自由に企画して実行する事が出来ており、評価も受けていると感じているため、その点では働きがいを感じている。

(参考:「openwork」)

実際に海外に行く機会もあり、様々な人と関わることができ、自身の成長につながっていると感じている、一方で、事業内容的に、枠がある程度決まっているため、キャリア形成の観点から、幅広い業務を経験したい、と感じている人もいます。

若手の頃から、現場や海外にも行く機会が多く、他社との交流なども通じて様々な人との関わりの中で成長できたと感じている。一方で、ある程度事業範囲の枠が決まった中でのキャリアだと感じており、今後のためにももう少し違う目線での業務経験が必要という気持ちが大きい。

(参考:「openwork」)

社内の雰囲気・人間関係

社内の雰囲気や人間関係に関しては、部署による違いこそあるものの、役職者に対しても比較的フランクに話せる環境にあります。それと同時に社会人としては緩いのでは?と感じる人もいます。

ある程度上の役職者ともフランクに話すことができる。そういう意味で風通しはよいかもしれない。社会人としてという点ではさまざまな面で緩さがある。

(参考:「openwork」)

また「出る杭は打たれはしないが、やや敬遠される雰囲気」と述べている人もおり、新たなチャレンジすることに対して、慣れていない人がいることもうかがえます。

出る杭は打たれはしないが、やや敬遠される雰囲気がある。

(参考:「openwork」)

横浜ゴムに転職するための3つのポイント

ここでは、横浜ゴムに転職する際に押さえておきたい3つのポイントについて解説します。決して特別なポイントではないため、ぜひ参考にし、実践してみて下さい。

熱い想いを持って目的に向かって挑戦した経験を語る

横浜ゴムが求める人材の条件の1つに熱い想いを持って目的に向かって挑戦したことのある人が挙げられます。

横浜ゴムは、会社の創立以来、常に時代の最先端のいく技術にチャレンジし、新しい価値を世の中に提供してきました。そのため、横浜ゴムはこれから先も新しいことにチャレンジしていくと考えられます。

このような背景を踏まえると、熱い想いを持って目的に向かって挑戦した経験を語れる方が、企業にマッチしていると考えられます。

そのため、今の仕事やこれまでの人生の中で、挑戦したことを自分の言葉で伝えられるようにしておくといいでしょう。

またそういった経験を踏まえ、会社に対してどのような貢献ができるのか、将来はどのようになっていたいのか、といったことも考えておけば、すべての答えに一貫性を持たせることができます。

自分の考えを発信し周囲を巻き込んでいけるスキルがあるか

横浜ゴムの求める人材の条件のもう1つに、自分の考えを発信し周囲の協力を物事に取り組んでいけるかどうか、ということが挙げられます。

ほとんどの仕事は一人で行うことはできず、周囲の人と連携しながら進めなければいけません。またグローバルに展開する横浜ゴムとなると、国内外の様々な人たちとの連携が必要になります。

そういった意味で、仕事をするときに受け身になるのではなく、自分からどんどん意見や情報を発信し、周囲を巻き込み仕事を進められるスキルは欠かせません。

こちらに関しても、これまでの人生や社会人経験を振り返り、自分の言葉で語れるように整理しておくといいでしょう。

横浜ゴムに転職したいなら転職エージェントがおすすめ

これまで横浜ゴムの仕事内容や、就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

今回は、横浜ゴムに転職したい人に向けて、横浜ゴムの会社概要から採用情報、転職時のポイントなどについて解説しました。

転職活動に取り組むにあたっては、企業情報や求める人材などの情報をしっかりと集めることが大切です。転職エージェントを利用すれば、そういった情報収集も効率よく行えるので、ぜひ活用してみて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる