ヤマハ発動機へ転職するには?仕事内容や年収・転職するポイントを解説

  • ヤマハ発動機に転職するには?
  • ヤマハ発動機の仕事内容や年収も知りたい

こんな悩みに答えます。

環境を変えたい、もっとスキルアップしたい、チャレンジしたいといった理由から転職を検討している人は多いのではないでしょうか。

本記事では、そのような願望を持っている人に向けて、数ある企業の中でも「ヤマハ発動機」を取り上げ、転職するためのポイントについて解説しています。

この記事を読むことで、あなたの疑問を解決することができますよ。

目次

ヤマハ発動機の企業情報

ヤマハ発動機と聞くと、バイクをイメージする人もいるかもしれませんが、もともとは楽器製造を行う「ヤマハ」からバイクの部門が独立する形で1955年に設立されています。

扱う製品はバイク以外にも電動アシスト自転車や、産業用ロボット、無人ヘリコプター、マリン製品など多岐にわたり、その事業の数は16を超えています。製品の提供も日本に限らず海外にも展開しているため、グローバルカンパニーと言えるでしょう。

なお、オートバイや船外機、ウォータービークルといったジャンルでは世界トップクラスのシェアを誇ります。

ヤマハ発動機の仕事内容

ヤマハ発動機は、扱う製品が多岐に渡ることもあり、仕事内容も幅広いのが特徴です。総合職だけでも技術職と事務営業職があり、さらに業務職として一般職もあり、その仕事内容が多岐に渡ることが伺えます。

書く職種で仕事内容こそ異なりますが、いずれの職種においても、バイクやスクーター、電動アシスト自転車、発電機、産業用ロボットといったヤマハが取り扱う製品を作ること、そして国内外に販売することが最終的な目的となります。

企業理念

ヤマハ発動機の企業理念は、会社の存在意義を表す「企業目的」、会社の基本姿勢である「経営理念」、従業員が心掛けるべき「行動指針」という3つの理念や指針から成り立っています。それぞれについて確認していきましょう。

企業目的

ヤマハ発動機の企業目的は「感動創造企業」です。これは、世界中の人たちに向けて、新しい感動、豊かな生活を提供するという意味合を持っています。常に新しい感動を期待されるヤマハ発動機ならではの目的だと言えるでしょう。

経営理念

経営理念には、以下の3つが掲げられます。

  • 顧客の期待を超える価値の創造
  • 仕事をする自分に誇りがもてる企業風土の実現
  • 社会的責任のグローバルな遂行

製品を利用するユーザーに対しては勿論のこと、社会や自社の企業風土それぞれをよりよいものにしていくために欠かせない考え方だと言えます。

行動指針

社員が心掛ける行動指針には、あらゆる変化にすぐに対応できるような「スピード」、失敗を恐れることなく高い目標に取り組む「挑戦」、粘り強く取り組んで成果を出す「やり抜く」の3つが掲げられています。

決して特別なものではありませんが、これらのことをしっかりと日々の行動や業務に反映させているからこそ、国内外で高いシェアを残せているのかもしれません。

ヤマハ発動機の採用情報

ここでは、ヤマハ発動機の採用情報について解説します。どのような職種を採用しているのか、平均年収はどのくらいなのか、労働環境はどのようなものなのか、といったことが気になる人はぜひ参考にしてみて下さい。

ヤマハ発動機の採用職種

2021年1月現在、ヤマハ発動機は、中途採用として以下の職種の募集を行っています。

  • ロボティクス事業(産業用ロボット、サーフェスマウンター)
  • デジタル戦略

ただ、中途採用の状況はよく変わるため、こまめにチェックしておくといいでしょう。今は自分の希望する職種がなくても、もしかしたら今後採用があるかもしれません。

ヤマハ発動機の平均年収

ヤマハ発動機の平均年収は、約600万円〜700万円代となっています。

職種や就業年数にもよるため、一概にこの年収が得られる訳ではありませんが、一般的な企業と比べると年収の水準は高いと言えるでしょう。

年収の高さだけが企業の良し悪しを判断する材料になる訳ではないものの、年収が高いことは社員のモチベーションにもなるはずです。

あわせて読みたい
ヤマハ発動機の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説
ヤマハ発動機の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説ヤマハ発動機の平均年収は746万円です。ヤマハ発動機に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょ...

ヤマハ発動機の労働環境

ヤマハ発動機は規模の大きい企業ということもあり、労働環境も整備されています。

特に、キャリアに関しては、様々な方向に進むことができます。例えば、生産技術開発に携わる人であれば、製造系デジタルエンジニアリングを担当し、その経験を活用して新規鍛造工法の開発に携わるなど、専門性を深めていくことも可能です。

また、ヤマハ発動機では、入社してから4年目までに全員が海外出張や海外駐在、海外研修など、何かしらの形で海外経験を積むプログラムを実施しています。

また年に1度、海外の大学への留学を会社が支援する形で募集を行っているなど、グローバルに活躍したい人にとってはぴったりな環境だと言えます。

ヤマハ発動機の採用フロー

ヤマハ発動機の中途採用におけるフローは以下のようになっています。

  • 応募:中途採用を行なっている職種をチェックし、各職種絵ページに設置されている応募フォームから応募する
  • 書類選考
  • 一次面接および適性検査:静岡県磐田市の本社で行う
  • 最終面接:静岡県磐田市の本社で行う
  • 内定

人によっては面接2回が多いと感じるかもしれませんが、決して多すぎる訳ではありません。

2回の面接でしっかりと自分の経験やヤマハ発動機でやりたいこと、貢献できることを伝えるためにも、自己分析や企業分析は早い段階から入念に行うようにしましょう。

ヤマハ発動機の求人情報

ここでは、ヤマハ発動機の求人情報について解説します。先ほども説明しているように、中途採用に関しては、2021年1月現在「中途はロボティクス事業(産業用ロボット、サーフェスマウンター)」と「デジタル戦略」の2つのみ募集を行っています。

一方で、新卒際に関しては、幅広い職種で募集が行われています。

見事務系の求人情報

新卒採用には、事務系の求人と技術系の求人があります。以下の職種は、事務系の求人です。

事務系 詳細
総合職・事務営業職 営業、商品企画、調達、物流、広報・宣伝、経理・財務、情報システム、人事・総務、生産管理など
業務職・一般職 海外営業に関する事務、生産管理事務、物流・貿易に関する事務、人事、経理事務など

事務系に関しては、製品の製造に直接関わるというよりも、製品の販売に関わることになります。また一般職は販売や会社の運営に関わる各種事務作業を行うことになります。

技術系の求人情報

一方で、技術系の新卒求人には以下のようなものがあります。

事務系 詳細
総合職・技術職 研究、商品開発(設計・実験)、商品企画、生産技術、品質管理、生産管理、サービス(営業技術)など

こちらは、主に製品の製造に関わる職種だと言えます。実際に自分が製造に携わった製品が国内外で販売されるため、達成感も非常に大きなものだと言えるでしょう。

ヤマハ発動機に関する評判まとめ

ここでは、ヤマハ発動機で実際に働いていた、もしくは働いている人による評判を紹介します。転職活動に取り組む際には、勤務経験のある人の口コミが気になるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

ヤマハ発動機の口コミ

ヤマハ発動機全体に対する口コミとしてみられたのが「新しいチャレンジに好意的」であることでした。自由闊達な雰囲気があり、世代や役職などに関係なく意見しやすい環境であるため、自分のやりたいことに挑戦している社員が多くいます。

新しいチャレンジには非常に好意的

(参考:「openwork」)

本人のやる気さえあれば、大きなチャレンジをすることも不可能ではありません。

チャレンジの内容が企業文化や上司の理解の範疇を超えると見向きされなくなる

(参考:「openwork」)

一方で、チャレンジの内容が企業文化や上司の理解の範疇を超えると見向きされなくなる、といった意見もあります。そのため、何でもかんでもやりたいことにチャレンジできる訳ではなく、企業の考えや理念をベースに置いたチャレンジなら取り組みやすいと考えることができるでしょう。

給与・福利厚生

給与に関しては、他の企業と比べても高い傾向にあり、十分だと述べている人が少なくありませんでした。またボーナスも景気がよければ6ヶ月分以上貰えるケースもあります。

給与水準は飛び抜けて高いわけではないが、勤務地の物価レベル、地価を考えると十分な額だと考える。

(参考:「openwork」)

一方で、福利厚生に関しては、ネガティブな意見も見られました。ヤマハ発動機では、独身寮を所有しており、生活コストは抜群なのですが、田舎であることを不満に感じています。

新卒からは寮生活であり、交通の便は悪く、生活するための施設しか周囲にはないため、都会で過ごしてきた人にとっては辛いかもしれない。国内営業所の新卒配属の人も他企業社員や学生が住んでいる共同寮への入寮が必須である。

(参考:「openwork」)

仕事のやりがい・成長

仕事のやりがいや仕事を通しての成長に関してはポジティブな意見が多く見られます。

人材育成には積極的に取り組んでいる以前は年功的な運用があったが、今は最近は若手も積極的に役職登用しているグローバル化に対応すべく、グローバル人材育成にも積極的!若手は海外に行くチャンスもある

(参考:「openwork」)

仕事にやりがいがあると答えた人の中には、若手社員でも積極的に役職に登用してくれる、人材育成に積極的である、グローバル人材の育成にも取り組んでいるといった点を挙げている人もいます。

また、先ほども説明しているように、ヤマハ発動機では若いうちに海外を経験できるため、そういったグローバルな面からも仕事にやりがいを感じている人が多くいます。

社内の雰囲気・人間関係

社内の雰囲気に関しては、風通しがよく自由闊達な雰囲気がある、と述べている人が見られました。会社生活にどっぷりと浸かりたいという人にとっては、ぴったりな環境でしょう。

部門間の風通しがよく、上を通さずに担当間で業務を進めることが比較的可能。

(参考:「openwork」)

ヤマハ発動機に転職するための2つのポイント

ここでは、ヤマハ発動機に転職する際に覚えておきたい2つのポイントについて解説します。

自身の市場価値を高める

ヤマハ発動機に転職したい場合、まずは今いる会社で自分自身の市場価値を高めるための努力をするようにしましょう。

これは、ヤマハ発動機は、「個人は自己責任を持ち市場価値を高め、会社は個人に対して魅力ある環境づくりを行う」という考えを持っているためです。

ただ「ヤマハ発動機に転職したい」という思いを持っているだけでは、転職は成功しません。自分自身のスキルや知識をアップデートし続け、代わりのきかないような人材、企業にとって魅力的に見える人材になることが結果的に転職成功につながるはずです。

いますぐに転職をする訳ではない人は、まず今の会社でビジネスパーソンとして磨きをかけるようにしましょう。転職活動に取り組んでいる最中という人は、これまで自分の価値をどのように高めてきたのか、具体的な経験を考えてみて下さい。

自分で考え行動した経験を伝えられるようにする

ヤマハ発動機の求める社員像の1つに「自ら考え、自ら提案し、自ら行動できる人」があります。

口コミでも紹介しましたが、ヤマハ発動機は自由闊達な雰囲気があり、年齢や役職に関係なく意見を発信しやすい企業です。

そのため、自分で考え、意見を伝え、行動できるかどうかは仕事をするうえでも非常に重要だと言えます。これまでの社会人人生の中で、そういった経験があるか、ぜひ振り返ってみて下さい。

ヤマハ発動機に転職したいなら転職エージェントがおすすめ

これまでヤマハ発動機の仕事内容や年収・転職のコツについて解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

今回は、ヤマハ発動機に転職したい人に向けて、会社の概要から採用情報、さらには転職するためのポイントについて解説しました。

ヤマハ発動機は国内外で活躍するグローバルな会社です。転職を希望する人も少なくないと考えられるため、ぜひ今回の内容を参考に転職活動に取り組んでみて下さい。

必要に応じて転職エージェントの利用も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる