社会人3年目は転機⁉仕事の悩み・解決法や転職のコツを一挙紹介!

社会人で3年目になれば、入社した頃に比べて今携わっている業務や職場について一通り分かってくるタイミングです。同時に仕事で悩んだり、先々について考えたりする人もいますよね。

中には3年経過する頃を見計らって他社に転職しようと考える人もいるでしょう。今の職場に残るにせよ転職するにせよ、社会人3年目で抱える悩みと向き合うことが大切です。
今回は社会人3年目で抱えがちな悩みや解決法について、転職のコツにも触れながらご紹介します。なお今回の記事は以下の人におすすめです。
  • 日頃の仕事の中で悩みが尽きない社会人3年目の人
  • 社会人3年目を迎えて今後のことに思いを馳せている人
  • 社会人3年目になった時に待ち受けている状態を知りたい社会人2年目・1年目の人
目次

社会人3年目になった時の立ち位置とは?

社会人3年目になった時の立ち位置とは?

社会人になって3年目を迎えている人の中には、今後について色々と考えている人もいますよね。会社の中で仕事に一通り慣れてきたからとも言えるでしょう。

今後について考えた場合、大きく分けて今の職場で引き続き働くか、去って転職などするかの2択となります。ただ将来について考える際、社会人3年目の置かれる状況を知ることも大切です。

スキルや経験が付いてきて部署内でも主力として期待される

まず社会人3年目は、会社から見ると部署内でも主力として期待されるようになります。入社後3年近く経つと、新人だった頃に比べてかなりスキルや経験が身に付くとされるためです。

同時に3年も経てば、会社が置かれている現状についてもほとんど理解できるようになります。会社の状況などを踏まえて、積んできた経験などを活かしてほしいというのが会社側の意向です。

部署での具体的な立ち位置として、プロジェクトリーダーやサブリーダーなどかなり責任の重いものが挙げられます。

業務を主体的に引っ張る存在としての期待度も高いです。

4年目を過ぎれば今後も長く働いてくれる存在とみなされる

ちなみに丸3年過ぎて4年目に突入すれば、今後とも現在の職場で長く働いてくれる存在とみなされるようになります。実際3年目を過ぎると、中途退社される確率は大きく下がるためです。

加えて4年目を過ぎると年齢的に25歳を超える分、第二新卒とみなされなくなります。転職へのハードルが高くなる分、会社側も余程のことがなければ辞めないと考えがちです。

同時に今後大きく貢献して貰うことで、今まで教育に投入してきたコストを回収できるとも思われるでしょう。

人によっては役職に就くケースも出てくる分、会社側の期待はより増してきます。

辞めたいと思ってしまう⁉社会人3年目で直面する悩み7選

辞めたいと思ってしまう⁉社会人3年目で直面する悩み7選

会社側が抱く期待の高さとは裏腹に、社会人3年目では直面する悩みも様々です。現実に今悩んでいる人もいますよね。

同時に先輩社員の愚痴に付き合うなどして、悩みの一端に触れる後輩社員もいるでしょう。社会人3年目の主な悩みは以下にご紹介する7つです。

思ったほど給与や年収が伸びなくて貯金もしづらい

まず社会人3年目に入っても、思ったほど給与や年収が伸びず、貯金もしにくいという悩みがあります。

厚生労働省の調査によれば、20代前半の平均年収は264万円程度、20代後半で369万円程度です。月収換算で20代前半は21万円程度、25~29歳で男性25万円・女性23万円程度となります。

上記の金額から住民税や社会保険料が天引きされるため、手取りは20万円を少し超える程度です。平均としては、20万円を切っていた入社時より2~3万円増える計算と言えます。

もし上記よりも伸び幅が低い場合、他社の同期と比べて落ち込みこともあり、仕事へのやりがいも損われがちです。

今の会社でキャリアやスキルの成長に限界を感じる

また今の職場でキャリアやスキルの成長に限界を感じるという人もいます。3年近く勤め上げれば今の業務について色々と慣れてくる一方、将来について考える機会も多くなりやすいです。

ただ人事異動がない場合、より広くスキルを取得しにくい分、なおさら限界を感じるようになります。キャリアについても上の層が引退しないと昇進が見込めないため、先々に虚しさを覚えやすいです。
業務や職場について理解が進むからこそ、キャリアやスキルの将来性について考えるようになります。そして合わせて一緒に不安まで抱いてしまいやすいです。

上司などとそりが合わない

さらに上司や先輩などとそりが合わない点で悩む人もいます。上司も含めて同じ部署で働く人は自分で選べない分、関係が悪化すると大きな悩みの種になりがちです。

特に上司や先輩については、3年間一緒にいると嫌な面もたくさん見えてきます。指示に一貫性がなかったり気分屋だったりすると、将来的に一緒に仕事していけるのか不安になるでしょう。
加えてハラスメント行為をしてくる場合は、深刻な疾患に繋がる可能性もあります。上司などとの関係の悪さは、悩みの種であるとともに放置できない問題です。

仕事で求められる質や量のレベルが高くなってきつい

社会人3年目ともなると、新人や2年目の頃よりもベテランとみなされる分、業務に求められる質や量がなおさら高くなります。中にはより専門的な内容の仕事を任されてきついという人もいるでしょう。

業務のレベルが上がることは、より大きな責任や期待、プレッシャーも伴います。責任などが大きいということは中々失敗が許されない分、担当する本人が感じる辛さは並みのものではありません。

3年間勤めてきたものの仕事内容が自分に合わない

社会人3年目を迎えた人の中には、仕事内容に対する適正のなさを痛感するケースもあります。とりあえず世間一般の考え方のように様子見で3年勤めてみたけど、自分には合わないと知るパターンです。

3年も働いてきて仕事内容が合わないとなると、今後とも今の職場で働くことに不安を覚えるでしょう。むしろ別の企業の方が自分の能力を発揮できるとさえ思いがちです。

3年働いてみて一通り仕事内容を理解したからこそ到達する悩みの1つと言えます。

同期と比較しがちで辛い

同期と比較して辛い気持ちになる人もいるでしょう。社会人3年目になると、同じ時期に入社した人の中でも出世コースに乗ったり、若手のホープとみなされたりする人もいます。

同期が注目されて輝いて見える一方、自分があまり注目されていないと、自身の能力のなさを感じやすいです。しまいには自己肯定感ややりがいまで見失ってしまうこともあるでしょう。

結婚などで新たなライフステージに踏み出す人が妬ましい

結婚などで新しいライフステージに踏み出す人が妬ましいと思う人もいます。社会人3年目と言えば20代も後半に差し掛かり、結婚や出産といったライフイベントを迎える人も増えてくる時期です。

未来に向かって生き生きと動く人と自分を比べると、自分の運命を呪いたくなる人もいるでしょう。同時に今の職場と自分の将来について真剣に考えるようになりやすいです。
将来を考える中で「今の職場にいても良いのか」についても悩むようになるでしょう。

悩んでも大丈夫!社会人3年目でぶつかる不安や壁を解消する5つの方法

悩んでも大丈夫!社会人3年目でぶつかる不安や壁を解消する5つの方法

社会人3年目でも、他の年期の人と同じように様々な悩みに直面します。悩みを持っている自分に嫌気を感じる人もいますよね。

しかし悩んでも大丈夫です。不安や壁を解消する方法は色々とあります。

上司や人事部に異動を希望する

まず職場の人間関係で悩んでいる場合や今の業務が合わないと感じる場合は、上司や人事部に異動を希望すると良いでしょう。実際異動によって今抱えている悩みが解決するケースも多いです。

異動を希望する場合、異動したい理由や将来のキャリアプランを提示することがポイントになります。なるべく前向きな伝え方をすれば、比較的了承されやすいでしょう。
部署に苦手な人がいたり、他部署の仕事に興味があったりする場合は異動を考えてみるのがおすすめです。

自己分析などを通じて市場価値を掴んでおく

また自己分析を通じて自身の市場価値を掴んでおくのも解決法の1つでしょう。市場価値は今主に他社への転職を目指す上で重要な指標になります。

特に転職活動について本気で考えている人は、市場価値に基づいて応募する企業を決めるのが一般的です。ただ市場価値が低いと、逆に今の職場から動かないのが良いでしょう。
いずれにしても現時点での市場価値を把握しておけば、今後の動き方を判断する上で非常に役立ちます。

今後に向けて具体的な目標を立てる

今の職場でマンネリを感じている人は、今後に向けての具体的な目標を立てるべきです。新しい目標があれば、日頃の仕事にも前向きな気持ちで取り組めて、張りも感じられるようになります。

例えば今担当している業務に関係する特定の資格を取得するといったものが良いでしょう。目標とする資格を決める際、取得する時期や将来の活かし方まで決めておけば、より現実味が出てきます。

最初は簡単なレベルの目標でも問題あ
りません。ただ徐々に達成難易度の高い目標を設定していけば、自分自身に活を入れられるでしょう。

スキルアップの時間を設ける

社会人3年目でもスキルアップの時間を設けるのがおすすめです。社会人全体で勉強時間が1日当たり6分となっている分、15分や30分でもスキルアップに充てれば他の人と大差を付けられます。

加えて担当している業務に関係するスキルを深めれば、将来の昇進や転職で専門性の高さをアピールする際に心強いです。少しずつスキルアップを心掛けることが、結果的により良い将来に繋がるでしょう。

上司の許可を貰って副業する

給料が中々上がらないことに苛立つ人もいますよね。上司の許可を貰って副業するのもおすすめです。

副業に携われば副収入が得られるだけではなく、自身のスキルを深めたり広げたりするもできるでしょう。同じく副業している人や依頼者との人脈を作れる点でもメリットです。
なお副業する場合は、まず就業規則の確認が欠かせません。副業禁止規定がある場合、懲戒免職に繋がることもあるためです。

社会人3年目が転職の大きなチャンスである理由4つ

社会人3年目を機に転職を考える人もいますよね。実際のところ、3年目は以下に挙げる4つの理由もあり、転職への大きなチャンスになっています。

第二新卒で転職を目指せる最後の年齢であるため

まず3年目は第二新卒枠で転職を目指せる最後の年齢です。転職活動では、25歳までであれば未経験の業種や職種でも採用されやすくなっています。

企業から見れば、未経験でも第二新卒で応募してくる人材は若さがある分、入社後に大きく成長してくれる存在と考えられるためです。応募先への熱い思いを伝えれば、比較的内定に繋がるでしょう。

企業の第二新卒に対するニーズが大きいため

また転職市場では第二新卒に対するニーズが非常に大きいのも理由です。入社後の成長が見込める点以外にも、ビジネスマナーが身に付いている点や企業の価値観に染まっていない点が挙げられます。

研修や業務の中で基本的なビジネスマナーが身に付いていれば、企業側も教育費を抑えられるでしょう。加えて特定の企業の価値観に染まっていなければ、自社の将来を担う人材に育てやすいです。
将来性や教育コストを抑えられる点から、第二新卒を求める企業は多くなっています。

大手企業でも第二新卒採用に積極的なところが多い

第二新卒は中小企業だけではなく、大手企業の中でもニーズが高いです。中でもGoogleやマッキンゼーといった外資系企業や、リクルートなど日本を代表する企業が前向きな態度を示しています。

第二新卒枠で転職を考えるのであれば、将来のキャリアアップを視野に入れて大手企業を狙ってみても良いでしょう。特に専門性に自信のある人にはおすすめの選択肢です。

社会人3年目は経験・実績や継続力を評価されるため

さらに社会人3年目については、経験・実績や継続力も評価されます。世間では「まず3年は勤めるべき」という考え方が今でも根強いためです。

実際に同じ企業で入社からの3年間を勤め上げるのは楽ではありません。新卒入社した人の3分の1は、3年以内に辞めてしまうためです。

逆に考えれば、3年勤め上げた人は中々辞めにくい人材として企業も高く評価してくれます。

加えてある程度の経験や実績がある分、即戦力として活躍してくれるともみなされがちです。

未経験の業種・職種を目指すハードルが低いため

最後に社会人3年目までであれば、未経験の業種・職種を目指すハードルが低い点も理由になります。特にIT業界や営業職のような人材不足が深刻な業種・職種であれば、企業も採用に前向きです。

ただ採用に前向きとは言え、できる限り優秀でやる気に満ちた人材が欲しいというのが企業の本音と言えます。3年目の社会人であれば若く元気で成長性もある分、未経験の業界でも採用されやすいです。

社会人3年目でも転職を避けるべき2つのケース

社会人3年目でも転職を避けるべき2つのケース

社会人3年目で今後について考えた時、確かに転職も1つの選択肢でしょう。しかし極力転職を避けた良いケースもあります。

部署の異動で不満や悩みが解消する場合

もし今抱えている悩みや不満が部署の異動で解消する場合は、今の職場にいても問題ありません。転職自体かなり労力が掛かる上、今の会社で将来得られるはずの待遇まで失うことになるためです。

異動するだけで解決するのであれば、今後の収入源についてもあまり心配せずに済みます。ただ上司などに相談しても中々了承されない場合は、逆に転職や退職を考えても良いでしょう。

将来への明確なビジョンがない場合

一方将来への明確なビジョンもない場合も転職は見合わせるべきです。「今の仕事が辛い」など一時の感情で退職しても、転職先は簡単に見つかりません。

転職先が見つからない期間が長引くと空白期間も伸びていくため、将来のキャリアに悪影響が出ます。加えて金銭面や精神面で追い詰められる場合もあるため、転職は計画的に行うべきです。

新しい舞台で活躍するために!社会人3年目で転職する際に心掛けたい4点

新しい舞台で活躍するために!社会人3年目で転職する際に心掛けたい4点

社会人3年目で別の企業に転職しようとする場合、色々と心掛けるべき点があります。主に以下にご紹介する4点が大切です。

第二新卒に強い転職支援サービスを活用する

まず社会人3年目で転職するのであれば、第二新卒の支援に強みがあるサービスを利用するのがおすすめでしょう。第二新卒に特化した選考対策やおすすめの求人の紹介をして貰えるためです。

ただサービスによっては求人数に限りがあるため、特定の1社よりも複数社に登録するのがポイントとなります。複数登録によって希望条件や価値観に合った求人が見つかりやすくなるでしょう。
おすすめの業者として、マイナビエージェントやハタラクティブなどが挙げられます。

マイナビエージェントの評判は良い悪い?20代の支持が強い理由も解説

マイナビジョブ20’sの評判と口コミは?メリットや利用方法を徹底解説

DYM就職の評判と口コミは?メリットやデメリットを徹底解説

在職中の転職活動がおすすめ

また転職活動をするのであれば、なるべく在職中に手掛けるのがおすすめです。退職後に動くと空白期間を作ってしまう分、企業からの印象も悪くなります。

加えて退職後の転職活動は貯金を切り崩しながら行うケースも多いため、長期化すると金銭面で追い詰められがちです。仕事も収入もある在職中の方が安心して転職活動できます。

自分の強みや仕事への価値観ははっきりさせておく

転職活動の際は自分の強みや価値観をはっきりさせると良いでしょう。自分の強み・弱みや仕事への価値観は、いずれもミスマッチになりにくい求人を見つける上で役立ちます。

いずれも自己分析をきちんと行うことで見えてくる要素です。リクナビNEXTのグッドポイント診断のように自動で適職診断してくれるツールもあるため、活用してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXT(ネクスト)の評判の良い悪いは?スカウトも紹介!

転職の理由は前向きなものにする

最後に転職の理由は前向きなものにするべきです。待遇面の不満などを理由にすると、応募先企業からも「何らかの理由でまた辞められる」と思われかねません。

「経験を活かして御社で活躍したい」や「御社が携わっている事業に心から関わってみたいと思ったから」などの熱意ある内容にすると、面接官に好印象を与えられます。

まとめ

今回は社会人3年目がぶつかりがちな悩みや解決法を、転職する際のポイントとともにご紹介しました。3年働いて業務経験や知識が付いてくるなどする分、悩みも様々です。

もし異動やスキルアップなどで解決できそうであれば、諦めることなく今の会社で働き続けると良いでしょう。しかし居続けるのが難しい場合は転職も1つの方法です。
社会人3年目は長い会社員人生の中では、最初に迎える大きな転機と言えるでしょう。将来のことをしっかり考えた上で、今後について判断するのがおすすめです。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる