社会人2年目は大変?辛く感じる理由や今後に向けた解決策を徹底解説!

社会人2年目は就職して丸1年経ち、仕事にも慣れ後輩もできる節目です。成長した証として喜んでも良いにもかかわらず、かえって大変に思ってしまう人もいます。

実は社会人2年目は、1年目よりも大変に感じるケースも多いです。2年目になっても苦しいと感じることが多い理由が気になる人もいますよね。
今回は社会人2年目が辛く感じる理由や今後に向けた解決策について色々とご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。
  • 就職から1年経って、楽になるどころか悩みが尽きない人
  • 今までと異なり上司や先輩に頼れなくなって苦悩している人
  • 社会人2年目について考える余裕が出てきた1年目の人
目次

後輩もできる社会人2年目の立ち位置とは

社会人2年目になると、新入社員だった1年目と比べて立場が大きく変わります。立場が変わることはイメージできるものの、具体的な変化の内容が分からなかったり気になったりしますよね。

2年目に入った社員は、以下のような状態に置かれることになります。

大きな仕事を任されたり仕事量が増えたりする

まず1年目の頃に比べると、より大きな仕事を任されたり仕事量が増えたりするでしょう。2年目となると入社してから1年経ち、仕事について理解が深まったり慣れたりするためです。

特に規模の小さい会社の場合、何らかのプロジェクトで責任者やリーダーを務めることにもなります。つまり1年目のような先輩などのフォローではなく、チームを引っ張っていく存在です。

また責任ある立場に付かないまでも、仕事量が今まで以上に多くなるでしょう。1年経って部署内の戦力として活躍が期待されるためです。

いずれにせよ、今までと異なり抱える仕事の量が増えたり責任が大きくなったりして、忙しさも増してきます。

うまく体調管理しながら増大した仕事に対して適切な対応をしていくことが大切です。

新人の教育を担当するようになる

入社して1年経てば、1年前の自分と同じように新入社員が入ってくるようになります。そして部署の状況によっては、新人の教育を担当することにもなるでしょう。

新人の教育を担当する場合、自分の仕事を進めつつ新人の様子に気を配らなければならないということになります。2年目は仕事量も増えるため、新人教育と自分の仕事のバランスをとる必要が出てくるでしょう。
時には後輩から仕事などについて質問を受けることもあります。後輩が成長できるように自らも経験などに基づいた答えを準備することが欠かせません。

企業によっては新人2年目とみなされることもある

一方企業によっては「新人2年目」とみなされるケースも多いです。別の書き方をすれば「少しは仕事に慣れてきた新人」という程度でしょう。

新人2年目と扱われる際、自主性が求められる場合とまだ力量不足とみなされる場合とがあります。上司や先輩によっても考え方が異なる分、動き方で戸惑うケースも多いでしょう。
指示してくる上司や先輩の考え方に対して、うまく対応していくことが大切です。

社会人2年目の年収・手取り・ボーナスについて

社会人2年目になった場合、年収やボーナスなどがいくらになるのか気になる人もいますよね。

社会人2年目の年収は200~300万円程度で、月収は22~3万円程度です。1年目が21万円程度であったため、全体では1~2万円程度の上昇に留まります。

あまり増えた実感が感じられないのは、企業の規模に関係なく基本給の昇給額が3,000~5,000円程度であるためです。ちなみに手取りではようやく20万円を超えるようになります。

ボーナスについては各企業の経営状況によって左右されるものの、仮に基本給の倍で支給された場合は44~46万円です。

1年目で計算した場合は42万円程度のため、少しは増えたように感じるでしょう。

住民税の天引きも発生する分手取りが低く感じる

社会人2年目を迎えた場合、給料関係で忘れてはいけないのが住民税も天引きされるようになる点です。住民税の年額は前年の所得に基づいて決まるため、月で割った分が毎月天引きされます。

住民税の天引きが始まる分、給与明細を見ても1年目以上に減ったように感じるでしょう。あくまでも給料が下がったことが理由ではないという点は重要です。

貯金が急に減ることもある

社会人2年目となれば給料も若干増えるため、貯金も頑張りたいと思いますよね。しかし場合によっては、貯金が急に減るケースもあります。

2年目になると上記のような住民税の天引きも始まる分、手取りが減るためです。手取りが減った分、場合によってはせっかく貯めたお金を生活費に回す必要もあるでしょう。
予め手取りが減ることを予想しながら、貯金やポケットマネーと上手に付き合った方が良いです。

実は試練の時期?社会人2年目を辛いと感じやすい理由6つ

実は試練の時期?社会人2年目を辛いと感じやすい理由6つ

社会人2年目になると何かと試練や悩みにぶつかる人もいますよね。

決して気のせいなどではなく、2年目社員が様々な悩みに直面するのは、以下のような理由があるためです。

任される仕事で求められる質や量のレベルが上がるから

まず任される仕事で求められる質や量のレベルが上がるという理由があります。2年目になって職場での戦力とみなされるようになる分、上司もある程度大きな仕事を任せても大丈夫と考えるためです。

同時に仕事にも慣れてきたという前提で、担当する仕事の量も増えてきます。しかし任される社員の中には急に質や量が増えても、実力が追い付いていなくて対処に困る人もいるでしょう。
仕事のレベルが上がっても対処に困る場合、八方塞がりになって苦しむ人も多いです。
あわせて読みたい
仕事での能力不足が辛いと感じる時の対処法を解説!原因も紹介!
仕事での能力不足が辛いと感じる時の対処法を解説!原因も紹介!仕事をしていると、上司からの指摘や自らのミスなど色々な原因で能力不足を感じるケースが多いです。そして能力不足を感じると、自分が劣っているように思えて辛いです...

新人ではなくなる分上司や先輩の扱いも変わってくるため

また1年目と違って新人ではなくなる分、上司や先輩の扱いが変わってくるという理由もあります。かつての自分と同じような新入社員が入ってくる分、上司たちも彼らの面倒を見ることになるためです。

新入社員の教育や指導を担当する社員からすれば、2年目になった元新人のことにまで気が回りにくくなります。
結果として2年目の社会人の中には、上司などが冷たくなったと感じる人も出てくるでしょう。

後輩の指導でストレスが溜まるから

2年目になった社会人の中には、新しく入ってきた後輩の指導を任されるケースもありますよね。しかし立場に関係なく人を育てるのはかなりの労力が掛かる分、ストレスが溜まりやすいです。

特に2年目の場合は、経験や知識の程度がやっと仕事や職場環境に慣れてきたという段階と言えます。期待する上司・先輩と、教えを請おうとする後輩の間で板挟みになることもあるでしょう。
場合によっては後輩への指導がうまくいかず、上司などからの小言を受けてストレスや不安に苦しむ場合も多いです。

同期と比べて落ち込むことも多くなるため

社会人2年目では同期との差で苦しむケースもあります。2年目の場合、主に任される仕事の量・内容や上司からの評価で差が出てくる分、自己肯定感も下がりがちです。

優秀で上司からも高く評価される同期がいる一方、自身が目を掛けて貰えていないと扱いの差でひどく落ち込むでしょう。
モチベーションにも影響を及ぼす分、仕事にやりがいを感じにくくなります。

社会人2年目なのに手際良さを発揮できなくて落ち込むから

社会人2年目にもかかわらず手際良さを発揮できなくて落ち込む人もいるでしょう。入社時に比べて経験やスキルが身に付いているはずなのに、ミスして上司に叱責されたときなどに感じやすいです。

社会人2年目に対して「少しは戦力になっているべき」と考える一方で、新人時代と変わらずミスすると成長している実感が持ちにくいでしょう。
進歩のない自分を責めるあまり、落ち込むパターンです。
あわせて読みたい
仕事で怒られてばかりで辛い場合の対処法を解説!年代別対策も紹介
仕事で怒られてばかりで辛い場合の対処法を解説!年代別対策も紹介誰もが仕事をしていると、ミスなどが原因で怒られるケースに遭遇します。人間である以上ミスは避けられないものの、あまりにも怒られてばかりいると辛い気持ちになりま...

会社の将来が不安になってくるため

最後に今いる会社の将来に不安を感じて辛く思う人もいます。入社後の1年で仕事のことだけではなく、会社の現状もある程度は分かってくるためです。

特に経営状況が危ない会社の場合、先々が不透明すぎて「いつ職を失うのか」や「出世できるのか」といった不安が付きまといます。将来性を感じにくいと、仕事へのモチベーションも下がりやすいです。

何とかなるから安心!社会人2年目で辛くても大丈夫と言える理由3選

何とかなるから安心!社会人2年目で辛くても大丈夫と言える理由3選

社会人2年目は上で見てきたな様々な悩みや苦しみに直面します。しかしあまり辛い気分を抱えていると、仕事しにくくなったり毎日が楽しく感じられなくなったりしますよね。

実は社会人2年目は苦しいことがあっても大丈夫です。下でご紹介する3つの理由から心配ないと言えます。

自分以外に悩む人も多いから

まず社会人2年目を迎えて悩む人は自分以外にも多いです。中には今の自分と同じような悩みを抱えている人もいるでしょう。

実は同じ職場の同期でも、人知れず悩んでいる人もいる可能性もあります。だからこそ自分の悩みを同期や学生時代の友人など話せる人に伝えれば、案外共感して貰いやすいです。

自分が思うほど上司などはネガティブな評価をしていないから

2年目に入っても上司や先輩から叱られてばかりという人も、あまり心配する必要はありません。上司や先輩は後輩の成長を願って、注意すべき点を指摘しているに過ぎないためです。

むしろ注意点を指摘する一方で、評価すべき点もきちんと評価してくれています。見えないところでほめている可能性もあるでしょう。

全体的に考えれば上司や先輩は、思っているほどネガティブに評価しているわけではありません。

だからこそ普段最高のパフォーマンスで仕事をすることだけ考えれば良いでしょう。

実は職場環境や仕事内容が合わないケースもあるから

社会人2年目になって悩みに直面しやすい場合、職場環境や仕事内容が自分に向いていない可能性もあります。

入社から1年で仕事についてある程度は分かってくる分、自分に合うか判断しやすくなるでしょう。
職場環境などが合っているか疑わしい場合、今後在籍しているとやりがいが感じられず、毎日を地獄のように感じやすいです。適職診断などをした上で、転職や独立を検討した方が良いでしょう。

社会人2年目が辛い時期を乗り越えるためにできる方法7選

社会人2年目が辛い時期を乗り越えるためにできる方法7選

「社会人2年目で辛く悩んでいても大丈夫」と言っても、なるべく今の苦しみから解放されたいですよね。

辛い時期を乗り越えるには、下にご紹介する7つの方法がおすすめでしょう。

あまり気負いすぎない

まず社会人2年目であるとはいえ、あまり気負いすぎないことです。確かに入社の頃に比べて経験や知識が付いてきている以上、職務経験を持つ者にふさわしい働きをすることは立派と言えます。

しかし入社1年では完全にスキルや経験を身に付けることは難しいです。職場の状況を完全に把握することさえ難しいでしょう。
2年目を迎えてもまだまだ成長段階にあると考えて、引き続き仕事の中で色々と学んだり成長したりするスタンスでいくのがおすすめです。

現時点でできることできないことの棚卸し

社会人2年目で悩む際、自分の実力不足で苦しむ人もいますよね。もし能力が原因で辛いのであれば、まずは現時点でできることとできないことの棚卸をすると良いでしょう。

1年以上仕事してきてできるようになったことや積んできた経験を振り返ってみると、あらためて自分の成長を実感できます。同時に今後とも磨いていけば大きな成長にも繋げられるでしょう。

強みになる点や成長に繋げられるポイントを理解しておくと、日々の仕事にも前向きな態度で取り組めます。

まず現時点での強みなどを書き出して理解してみるのがおすすめです。

できないことや分からないことは上司や先輩に相談

現時点での自分の強みなどを書き出してみて、できないことや分からないことが見つかったら上司や先輩に相談すると良いでしょう。できないことなどはメモに書き出した方が自分でも把握しやすいです。

たとえ2年目の社会人でもできないことや分からないことの相談はためらわないようにします。むしろ疑問点などを放置すると、後で取り返しのつかないミスに繋がることもあるためです。
将来の大きな損失を未然に防ぐ意味でも、分からないことがあれば早いうちに解消しておきます。

仕事量などについても調整して貰う

社会人2年目には任される仕事の量が増えるとはいえ、中にはあまりにも多すぎて処理しきれない人もいますよね。もし自分1人で難しいと感じた場合は、上司に相談して調整して貰うのがおすすめです。

中でも今の自分にはとても難しいような仕事がある場合は、はっきりとできない旨を伝えた方が良いでしょう。
なお相談する際に理由や次善策も提示できればなおOKです。

優秀な上司・先輩のやり方を盗む

社会人2年目で増えていく業務をスムーズにこなす際、優秀な上司や先輩のやり方を盗むのも1つの手と言えます。憧れる上司や先輩の動作を観察しては参考にできるものを真似るやり方です。

例えば優秀な人の電話対応の様子や受け取ったメールの文面だけでも、観察して応用することはできます。状況が許せば優秀な先輩などに色々とコツを聞くのもありです。
ちょっと真似てみるだけでも自身の成長に繋がる上、自分の仕事の効率が良くなるきっかけにもなるでしょう。

学びやスキルアップを意識する

社会人2年目はまだまだ成長段階にある分、日々学びやスキルアップを意識することも大切です。実は現代の社会人が1日に割く勉強時間が6分しかないという驚くべきデータもあります。

ただ以上のデータは、1日30分を学びに割くだけでも他の人と大きな差になることを意味するでしょう。余暇や通勤時間などを利用して勉強すれば、優秀さも増していきます。
もし実力不足などで悩んでいるのであれば、まずは今日の帰りなどに気になるテーマの本を読んだり調べごとをしたりしてみるのもおすすめです。

転職も視野に入れる

今の勤務先で大きなキャリアアップや成長が見込めないと感じた場合、転職も視野に入れると良いでしょう。特に25歳までであれば、未経験の業界も目指しやすいです。

もちろん転職では適職診断などを使って自己分析することが重要になります。事前に向き不向きを把握していれば、将来のミスマッチを防ぐ上で役立つでしょう。

今の会社を辞めたい社会人2年目が転職を目指す場合に意識したい4点

今の会社を辞めたい社会人2年目が転職を目指す場合に意識したい4点

今の会社を辞めたい場合、転職も1つの選択肢です。ただ社会人2年目であっても転職する際は、以下の4点がポイントになります。

異業種・職種を目指す場合は社会人3年目までがチャンス

まず今の職場と異なる業種・職種を目指す際は、社会人3年目までがチャンスです。既卒でも社会人3年目であれば、第二新卒とみなされる分ポテンシャル採用で内定を貰いやすくなります。

社会人2年目で転職する際、期限を迎える3年目の終わりまでに時間的な余裕も十分ある段階です。憧れる業界などがある場合、余裕を持って転職活動に取り組めます。

第二新卒の需要は非常に高い

なお転職市場でも第二新卒の需要は非常に高いです。社会人デビューしてから間もない分、特定の企業の価値観に染まっていないとみなされます。

一方で最低限のビジネスマナーを経験している分教育コストが抑えられる点も、企業にとって魅力的な点です。同時に若さもあるため、大きく化けて活躍して貰える可能性もあります。
彼らは採用活動中の企業からすれば非常に旨味があるため、転職活動でも比較的採用されやすいです。

「本当に今の会社にいても大丈夫か」を慎重に考える

転職を考える際、「本当に今の会社にいても大丈夫なのか」について慎重に考えた方が良いでしょう。転職とは、今の職場での出世の機会を完全に捨てることでもあるためです。

例えば今関わっている業務にやりがいがなくても、今後自分向きのものを担当する可能性もあります。また転職した結果、今抱えている問題が完全に解決するわけでもありません。

もし転職せずに今抱えている問題が解決するのであれば、極力転職しない方がおすすめです。

まず「今の会社を辞めなくても大丈夫か」という点はしっかり考えるべきでしょう。

職場に深刻な問題がある場合は転職を考えるべき

ただし職場で労働時間が長かったり、ハラスメントが横行していたりするなど深刻な問題がある場合は、本格的に転職を考えるべきです。問題ある職場に長く居続けた場合、心身に悪影響を及ぼしかねません。

なお深刻な問題を理由に職場を変える場合、エージェントなどから紹介して貰った求人についても口コミサイトで確認するべきです。ブラックな求人だった場合、また転職を検討する羽目になります。

実際に転職活動してみるのもおすすめ

実際に転職活動してみるのもおすすめです。少し動いてみるだけでも現時点での自分の市場価値を知ったり、様々な企業の求人に触れたりすることができます。

同時に今いる職場について業界や職種といった大きな視野から客観的にとらえ直せるでしょう。結果的に今の職場に残るか、本格的に転職するかの判断にも役立ちます。
今後について考える意味でも、1度お試しで動くのも1つの手です。

困ったときは転職のプロにサポートして貰う

転職活動について考えたり実際に進めたりする際、1人では様々な悩みに直面します。困ったときは転職エージェントなどのプロにサポートして貰うと良いでしょう。

転職エージェントでは求人紹介をしてくれる以外にも、選考対策の指導など転職活動を進める上でのサポートにも熱心です。また内定を貰った企業に対して年収交渉もして貰えます。

むしろ転職活動を有利に進める上で、転職エージェントは色々と役立つ存在です。特にあまり転職活動慣れしていない場合は、是非活用してみるのがおすすめでしょう。

転職エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントが最もおすすめです。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 転職支援実績No.1
  2. 10万件以上の求人数
  3. 豊富なセミナー・イベントの開催

転職活動で「良い会社と出会いたい」「できるだけ待遇の良い会社を見つけたい」と感じている方は、リクルートエージェントを使うことで漏れなく探すことができますよ。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

社会人2年目になったら1度は自身の市場価値を測ると良い

社会人2年目になったら1度は自身の市場価値を測ると良い

最後に社会人2年目になったら、1度は自身の市場価値を測っておくと良いです。市場価値を知っておくと、今の職場で今後ともきちんと活躍できるのか転職すべきなのかを判断しやすくなります。

特に今の業界や職種が自分に合わない場合は、早めに転職に向けて動く必要がある分、自分の市場価値は役立つ存在です。今の業界で活躍できる場合も、今後に向けたキャリアアップのヒントになるでしょう。

社会人2年目というタイミングは、職場にも慣れてきて時間的な余裕も持てる時期とも言えます。

今後について考えるためにも、自らの市場価値を知っておくのが良いでしょう。

まとめ

今回は社会人2年目で直面しやすい悩みや、悩みに対する解決法について色々と見てきました。会社から戦力として扱われたり後輩ができたりする分、様々な悩みにぶつかりやすいです。

しかしまだ入社から1年経った程度であるため、あまり気負わずに悩みを打ち明けたり分からないことを聞いたりすると良いでしょう。今の職場に居続けるのが難しそうであれば転職も1つの手です。

色々と悩みが尽きない社会人2年目という時期ではあるものの、色々とキャリアアップや成長が見込める時期とも言えます。

うまく息抜きしながら乗り越えていくのがおすすめです。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる