社会人が孤独感を乗り越える方法を解説!孤独にはメリットもある!

社会人として仕事し始めると、時に孤独を感じる時もありますよね。特に周りに知っている人が誰もいないときは、なおさら寂しさが募るでしょう。

確かに社会人は仕事で忙しい日々を過ごしている分、友人に会う機会がめっきり減るため、孤独を感じやすいです。しかし孤独を乗り越える方法はいくつかあります。

今回は社会人が孤独を乗り越えるための方法を、孤独が持つメリットとともにご紹介しましょう。なお今回の記事は、以下の人におすすめです。

  • 職場でもプライベートでも話せる相手が全くいない人
  • 自分の周りで孤独を感じている人
  • 寂しいわけではないが、今から孤独を回避しておきたい人
目次

社会人で孤独を感じる人の特徴

社会人で孤独を感じる人の特徴

社会人になってから、何となく周りに話せる人がいないなど孤独を感じる人もいますよね。孤独は精神的に落ち込む原因にもなるため、なるべく対処したいところです。

しかし中には、孤独を感じてしまう人の特徴にはまっているケースもあります。以下にご紹介する特徴を理解した上で対処すると、割と孤独から抜け出せる可能性もあるでしょう。

コミュニケーションが苦手

まずコミュニケーションが苦手であるという場合です。自分から他の人に語り掛けたり挨拶したりすることが苦手であるため、周りとの会話さえ成立しにくくなります。

場合によっては初めて会う人の前で緊張したり、電話口で話すことに抵抗を覚えたりする人も多いです。ただ本人は人と接したくないというわけではありません。

本人が挨拶や報連相を心掛けたり、周りが挨拶したりするようにすれば、孤独から解放される糸口になるでしょう。

他人との深い付き合いを好まない

また他人との深い付き合いを好まない場合もあります。普段の挨拶や最低限のコミュニケーションを交わすだけで、食事を一緒にするなどの関係に発展しないケースです。

仕事での関係で留まっているため、周りも本人のことを深くは知らない場合もあるでしょう。本人が深い付き合いを望まない場合は、飲み会などに無理して誘わない方が良いです。

他人に対する積極性がない

さらに本人が他人に対して積極的に働き掛けないケースもあります。具体的には自分からは発言しない、あるいは何かに誘わないというパターンです。

他人に対する積極性がないのは、自己肯定感が低く自信がないことが原因でしょう。失敗した時の恐怖がちらつくあまり、自分から行動を起こせないためです。

1人で過ごす方が気楽に感じる

人によっては1人でいることで気楽さを感じる場合もあります。他人と一緒に何かをやるよりも、1人で黙々と作業や趣味をこなす方が楽しいと思う人です。

加えて他人への働き掛けも面倒に感じるため、自分からイベントや食事などに誘うということもありません。1人の方が気楽という人には、友達付き合いはかえって苦痛に感じるでしょう。

日頃が多忙すぎる

人によっては日頃忙しすぎて、結果的に孤独になっている人もいます。職場が長時間労働で、休日出勤を命じられているパターンなどです。

日頃の仕事が忙しい場合、休日は疲れすぎて休養するので手一杯でしょう。外出も億劫に感じられる分、友人や知人に会うことにも気が進みません。

もし忙しすぎる中で孤独を感じるのであれば、職場環境の良い会社に転職するなどの対策が必要になります。

プライドが高い

最後に本人のプライドが高いことも孤独の原因になりがちです。普段から自分以外の人間を見下したり批判したりするため、周りの人間が離れていきます。

たとえ相手が寛容で優しい人でも、プライドが高く周りに横柄な態度をとる人間には不快感を覚えやすいです。結果として本人と接したい人間はいなくなり、孤独へと繋がっていきます。

周りに傲慢な態度をとる人は、自己肯定感の低さや劣等感の強さが隠れているケースも多いです。まずありのままの自分と向き合うことが重要でしょう。

社会人が孤独に感じるタイミング

社会人が孤独に感じるタイミング

社会人で孤独を感じる場合、特に強く感じるタイミングもいくつかあります。主に休日などにやることがなかったり周りに友達がいなかったりする時などです。

休日などにやることが何もない

まず休日などにやることが何もない時、孤独を強く感じやすくなります。趣味や家事など何かやることがあれば意識が集中する分、寂しさに襲われにくいためです。

特に家で何も考えないでごろごろしていると、孤独な現状に意識が行きやすくなります。手を動かして何かするわけでもない分、なおさら寂しい気持ちになりやすいです。

周りに話せる友達がいない

また周りに話せる友達がいない時も孤独を感じやすくなります。すぐに友達に会えなかったり、親しい人が忙しさで相手している余裕がなかったりする場合に寂しさが募りがちです。

話せる友達がいない場合、正直な気持ちを打ち明けられる相手がいない分、不安に襲われます。特にネガティブな感情を吐き出せる相手がいない場合、余計にストレスが溜まるでしょう。

体調を崩してしまった時

慣れない一人暮らしなどで体調を崩した時も、割と孤独を感じやすいです。のんびり休むにはうってつけではあるものの、寝るだけでやることがない分、心の中が寂しさで一杯になります。

加えてお見舞いに来てくれたり世話してくれたりする人がいない分、ますます不安になりがちです。おまけに体調の悪化で心が弱る分、余計孤独で打ちひしがれやすくなります。

1人で食事をしている時

最後に家や飲食店などで1人で食事をしている時も挙げられるでしょう。テレビや動画を見ながら食事をしていると、気持ちは紛れるものの虚しさが募ってきます。

加えて飲食店の場合は、周りで家族やグループなどが楽しく食事をしているのを見て、自分の孤独な境遇に落ち込みがちです。楽しい食事が孤独を感じることで美味しく思えない時もあるでしょう。

一人暮らしなどの社会人が孤独感を乗り越えるためにできること6つ

一人暮らしなどの社会人が孤独感を乗り越えるためにできること6つ

社会人で孤独を感じると、悲しさや寂しさで精神的に追い詰められがちです。放置すれば精神疾患に発展する恐れもあります。

もし孤独感を乗り越えたいのであれば、以下に挙げる6つの方法がおすすめです。

趣味やスキルアップに打ち込む

まず趣味やスキルアップに打ち込むのが良いでしょう。勉強については学ぼうとする対象を真面目に覚えようとする分、集中力が求められます。

一方趣味についても、自分が楽しめるものであれば時間を忘れて没頭しやすいです。集中力やはまりやすさがある分、とても孤独について考える暇もありません。

今興味のあることや今後やってみたいことを軸に、趣味や勉強の材料を探すところから始めると良いでしょう。

家にいるよりも外出の方が効果的

なお家にいるよりも外出した方が効果的です。屋外は屋内と異なり、日の光を浴びやすい環境にあります。

日の光を受けるとセロトニンが生成されて、やる気や前向きな気持ちを引き起こしやすいです。特に寂しさでひどく落ち込んでいる場合は、是非日光を浴びるのがおすすめでしょう。

溜まっている家事をこなす

平日に忙しすぎて溜まっている家事をこなすのも1つの手です。特に部屋の掃除や皿洗いは集中しながら家の環境を整えることであるため、孤独を意識せずに済みます。

加えていずれも整理整頓に繋がるため、家の中を綺麗にすることで気持ちのリフレッシュにもなりやすいです。ただ一度にやると負担が大きいので、自分に合ったペースを考えると良いでしょう。

家族や古い友達に連絡する

家族や古い友達に連絡する方法も有効です。相手が親しい存在であるほど気心知れているため、正直な気持ちを打ち明けやすくなります。寂しさや不安も伝えやすいでしょう。

もし久しぶりすぎて電話で話しづらい場合は、メールやSNSを使うのもおすすめです。文章として目に見えるようにする分、自分の気持ちとも向き合えます。加えて話が弾めば安心しやすいです。

SNSやブログを始める

SNSやブログを始めてみるのも1つの方法でしょう。いずれも今まで出会ったことがない人とネット経由で繋がれる分、孤独感を軽減できます。

自分の考えや価値観も正直に発信しやすいため、共感してくれる人や趣味が同じ人とも仲良くなれるでしょう。繋がった相手の悩みや相談に乗れば、より親しくなりやすいです。

イベントなど多くの人が集まるところに行く

イベントなど多くの人が集まれるところに行く方法も効果的と言えます。イベントやオフ会などは趣味や好みが似通っている人が集まる分、新しい交友関係も生まれるでしょう。

趣味や好みが同じだったり似ていたりする場合は、お互いに心行くまで語り合えます。なお生参加以外にも、ZOOMなどオンラインのツールで参加しても楽しめるでしょう。

ただし参加者やイベントの中には、怪しい宗教勧誘などを目的にしているケースもあるため、注意が必要です。

仕事に打ち込む

寂しいからこそ仕事に打ち込むのも良いでしょう。孤独というネガティブな気持ちをエネルギーに変えれば、普段の何倍も仕事が捗ります。

仕事に打ち込んで良い実績を出せば、社内やクライアントから良い評価を得られ、昇進や収入増のきっかけにもなるでしょう。ただし働きすぎにはくれぐれも注意すべきです。

絶対NG!孤独を感じる社会人が避けるべき2点

絶対NG!孤独を感じる社会人が避けるべき2点

孤独に苦しんでいる時に対処できる方法がある一方、絶対に避けるべき方法についても知っておくと良いでしょう。以下の2つはついやってしまいやすい分、気を付けるべきです。

休日にダラダラしすぎない

まず休日にダラダラしすぎることは避けます。忙しい仕事の日々から解放されてのんびり休めるため、ついダラダラしがちですよね。

しかしあまりダラダラしていると、身体を動かさなかったり意識的な考えごとをしなかったりする分、寂しさで頭が一杯になりがちです。加えて疲れ切っている分、余計ネガティブになります。

休日は適度に休んだ上で、趣味や運動などに精を出した方が、孤独な気持ちにむしばまれずに済むでしょう。

SNSのフォロー相手と自分を比較しない

また休日の暇な時間に、寂しさを紛らわそうとSNSに没頭する人もいますよね。SNSを楽しむのは悪いことではないものの、フォロー相手の投稿を見て自分と比較しないことが大切です。

特に相手のめでたい投稿を通じて比較すると、疲れや孤独の中で余計落ち込んでしまいます。最悪の場合、落ち込みの強さで心身の疲れが取りにくくなりやすいです。

フォロー相手の投稿は、あくまでも良い部分を切り抜いて共有しているだけに過ぎません。相手にも悩みや不安があると考えた上で、あまり深刻に受け取らないようにすべきです。

実はメリットもある!社会人の孤独も悪くない3つの理由

実はメリットもある!社会人の孤独も悪くない3つの理由

孤独に対して悪いイメージを抱く人もいますよね。実は孤独にもメリットが何点かあるため、是非知っておくと役立ちます。

主に以下に挙げる3点が利点です。

自分のことに集中できる

まず自分のことに集中できる点が挙げられます。1人きりで周りに関わってくる人がいない分、自分のやりたいことを好きなペースで進めやすいです。

加えて物事を進める際も口を出してくる人が全くいないか、いても少数である分、ストレスを感じずにこなせます。自分のやるべきことに集中する上で、孤独はうってつけな環境です。

自分の正直な気持ちに向き合える

また孤独な状態では、自分の正直な気持ちに向き合えます。周りに人がいると、視線が気になるあまり本音をさらけ出しづらいです。

一方孤独であれば周りの目を気にせずに済む分、遠慮なく本音をさらけ出せます。正直な気持ちに向き合うことは、より良い人生を歩む上で大切なため、孤独に身を置くことは重要です。

他人との人間関係で疲れにくい

また他人との人間関係で疲れにくくなります。付き合いがあると、他者の事情を考えたり気を使ったりする必要が出てくるためです。

特に他人に気を使うことが苦手な人の場合は、話に付き合うだけでも非常に疲れてしまいます。加えて飲み会などに出かけた結果、ひどくストレスが溜まることもあるでしょう。

孤独な場合、疲れるような付き合いとも縁がない分、下手に疲れにくくなります。

まとめ

今回は社会人が孤独を乗り越えるための対処法を、色々と見てきました。親しい人と離れるなどして疎遠になりがちな分、人によっては孤独に苦しむケースもあります。

もし寂しさで落ち込むのであれば、趣味や家事に打ち込んだり、イベントで新しい人に出会ってみたりすると良いでしょう。さっびしさを意識しにくくすることで、孤独な気持ちを克服できます。

社会人になってから孤独を感じる時は割と多いです。適度に対処することで乗り越えられるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる