社会人4年目は転職も選択肢⁉仕事できない場合の対処法も解説!

社会人4年目を迎えると、仕事にもだいぶ慣れてきたという実感も持てますよね。確かに社会人4年目と言えば、周囲からも中堅社員とみなされるほど経験も豊富です。

一方で社会人4年目にも仕事ができないと悩むときがあります。中には抱える悩みが原因で、今までの職場から別の企業に移ろうと考える人もいるのではないでしょうか。

今回は社会人4年目で仕事ができないと悩むケースを解決法とともにご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 社会人4年目になったものの職場で悩みを抱えている人
  • 社会人4年目にして転職について考え始めている人
  • 社会人4年目になるとどうなるのかが気になる社会人3年目以下の後輩社員
目次

3年勤続した社会人4年目に求められること3つとは

3年勤続した社会人4年目に求められること3つとは

社会人も4年目に突入すると、3年以上勤続しているということで「経験豊富な若手」と言われ始めます。同時に3年を過ぎた分、ある程度の仕事はできて当たり前とも思われがちです。

4年目の社員がある程度の仕事ができると思われる場合、求められる役割について気になる人もいますよね。特に今後4年目に突入する予定のある社員は是非知っておきたいでしょう。

4年目の社会人に求められる役割は、主に以下の3つです。

先輩として新人や後輩を育成する役割

まず先輩として新人や後輩を育成する役割があります。4年目ともなると、新人時代や2年目などに比べるとかなり業務に関する知識や経験が身に付いてきた段階です。

仕事内容や意義を伝えるだけではなく、業務で壁になりやすい点や対処法をも経験に基づいて教える機会も増えます。時には新人などが自分で考えるように教え方を工夫することも大切です。

かつての自分自身と同じく新人や後輩は経験が不足している分、ミスすることも多々あります。何かあった時にすぐフォローできるように見守っていた方が良いでしょう。

現場と管理職のパイプ役

また現場と管理職である上司を繋ぐパイプ役としての役割も期待されます。具体的には上司の指示や意向を現場部署に伝えつつ、現場の最新情報を常に上司に報告するという役回りです。

最前線で経験やスキルを身に付けてベテランと目されるようになった分、上司の補佐役として業務の最適化を手伝うことになります。もちろん問題点などが発生すればすぐ報告することも重要な役目です。

自分自身の仕事の精度を向上させること

社会人4年目の社員には、今後とも自身の仕事の精度を向上させることも求められます。3年を過ぎてある程度のベテランとみなされるようになった分、より大きな責任を伴う仕事を任されるためです。

よりスケールの大きい仕事に取り組むには、今まで以上に自らのスキルアップさせることが欠かせません。同時に先輩として後輩に仕事の進め方について模範を見せるべき立場としても重要です。

社会人4年目で仕事ができない・辞めたいと思ってしまう理由4選

社会人4年目で仕事ができない・辞めたいと思ってしまう理由4選

社会人4年目には今まで見てきた役割が求められます。ただ実際には周囲の大きな期待をよそに仕事ができないことに苦しむ人も多いです。

中には社会人4年目にして今の会社を辞めてしまいたいと思う人もいます。なぜ社会人4年目で色々と悩みを抱えるのかについて見ていきましょう。

同期だけではなく優秀な後輩・先輩とも比べてしまうから

まず社会人4年目にもなると、比較する相手が色々と増えます。新人だった頃は同期だけが比較対象だったのに対し、4年目となると優秀な先輩や後輩も目立つようになりやすいです。

特に後輩で飛び抜けて優秀な場合は、上司や他の同僚からもやたらと注目されます。そして優秀な人物を見ると、「3年以上もいて自分が優秀ではない」と落ち込む人もいるでしょう。

社会人4年目は入社時よりも同期や後輩が増えて比較しやすい分、自己肯定感が下がるケースにも見舞われやすいです。

同世代の人間と年収や昇給の件で比べて落ち込むから

また同世代の人間と年収や昇給の件で比べて落ち込む人もいます。社会人4年目にもなると、企業や部署によって年収や昇給額に差が出てきやすいです。

久しぶりに学生時代の友人と飲みながら近況を話し合った際、相手の年収を聞くこともあるでしょう。もし自分よりも恵まれた立場であれば、自身の境遇を考えて虚しくなるケースもあります。

待遇面で差が出やすいからこそ、給料が他人よりも少ないと知って愕然とするのも4年目では直面しやすい悩みです。

業務量が増える一方で成長を感じにくいから

仕事の中で成長の感じにくさで悩む人もいます。社会人4年目は業務量も増えるものの、内容は上司のサポートや後輩などのフォローといった評価されにくいものも多いためです。

他の人のサポートをする場合、仕事が達成できても評価されるのは手伝った相手で、自分ではありません。手伝った見返りといえば、助けた人物からお礼の言葉を伝えられることくらいでしょう。

あまりにも自分が評価されにくい分、キャリア面であまり成長しづらいのも4年目社員の悩みの種です。中には将来昇進していけるのか疑問に思う人もいるでしょう。

自分で思っている以上に分からないことが多いから

社会人4年目がベテランであるとは言え、分からないことも色々とあります。そして後輩への指導などで思った以上に知らないことに直面して苦しむ人も割と多いです。

中には今さら分からないことを上司や先輩に聞くことに抵抗を感じる人もいるでしょう。同時に理解していない点があることに対して恥ずかしく思い、自己肯定感が下がるケースもあります。

乗り越えられる!社会人4年目が仕事できない悩みを克服する方法6選

乗り越えられる!社会人4年目が仕事できない悩みを克服する方法6選

社会人4年目で悩みを抱えている人としては、是非克服する方法を知りたいですよね。悩みの内容ごとに以下のような解決法があります。

分からないことは素直に上司たちに聞いてみる

仕事で分からないことが出てきた場合は、素直に上司や先輩に聞いてみると良いでしょう。「今さら聞けない」と思っていても今のうちに聞いておく方が、後で聞くよりも抵抗を感じにくいです。

加えて社会人4年目ともなれば入社したての社員よりもずっと重い責任を抱えるようになります。仮に分からない点が原因でトラブルが発生すれば、大事にもなるでしょう。

将来の大きな問題を防ぐ意味でも聞けるうちに疑問をぶつけるのがおすすめです。

自分自身のスキルアップに勤しむ

また自分自身のスキルアップに勤しむことも大切でしょう。社会人4年目ともなると中堅社員である上に、人によっては役職に抜擢される人もいます。

立場的にも責任が重くなっていく上、より広い視野に立つ必要もある分、今まで以上に学びも欠かせません。もちろん今まで関わってきた業務に対する専門知識などもより深めていくべきでしょう。

現代の社会人は勉強する時間が平均して1日6分と短めです。10分勉強しただけでも他の人以上に成長できるようになります。

結婚などを意識しつつ将来的な金銭面の目標を立てる

結婚などを考えてお金関係の目標を立てるのもおすすめです。社会人4年目といえば最も若くて26歳である分、結婚や子育てなども現実味を帯びてきます。

結婚も子育ても掛かる費用は莫大です。だからこそ早いうちから費用を見積もったり貯金の目標を決めたりする必要が出てきます。

将来的なお金の目標を立てておくと、モチベーションが上がりやすいです。日々の仕事にもより身が入るようになるでしょう。

将来のキャリアプランに対するビジョンを抱く

昇進などキャリアアップに意欲的な気持ちを持っているのであれば、将来のキャリアに対するビジョンを持つのもおすすめです。具体的に先々関わりたい仕事や得たい年収などを考えていきます。

より高いキャリアを目指す方法として最も現実的なものがスキルアップです。今の職場で自分の理想に近付く業務や必要なスキルを調べ、具体的な目標や方法を決めていくと良いでしょう。

もし今の職場で理想に近付くのが難しそうであれば、転職も1つの手段です。転職する場合も適職診断や自己分析をしっかり行います。

時には自分をほめる

社会人4年目で悩みを抱えているとつい自分を非難してしまいますよね。悩みを抱えがちな時こそ、自分をほめることが重要です。

4年目にもなると同期や後輩と比べたり、中々評価されない仕事を担当したりすることも増えます。いずれも自身をうまく評価できていないと、劣等感で自己肯定感も低くなるでしょう。

だからこそ時には自分をほめることが大切です。4年目でも普段できている仕事などを数えることで、自信の向上に繋がります。

副業に乗り出すのも1つの方法

もし給料が思ったほど少なかったり、独立などを考えていたりする場合は副業もおすすめです。副業すれば副収入が得られる上、新しいスキルを身に付けられます。

今までの専門知識を活かして副業する場合もよりスキルの深化に繋がるでしょう。自分のスキルを通じて様々な人脈ができるチャンスもあります。

なお副業を始める際は、必ず就業規則を確認した上で上司の許可を得ることが欠かせません。無許可で行うとペナルティを受ける可能性もあります。

転職も1つの選択肢⁉社会人4年目が転職しやすい理由2つ

転職も1つの選択肢⁉社会人4年目が転職しやすい理由2つ

社会人4年目で悩む場合、解決する手段として転職も1つの方法です。しかし年齢的に20代後半を過ぎた4年目社員を受け入れる求人があるのか疑問ですよね。

実は社会人4年目も比較的転職しやすいと言えます。

ポテンシャル採用の可能性が高いため

まず社会人4年目はポテンシャル採用の可能性が高いです。「ポテンシャル採用」と聞くと20代前半に特有なイメージがあるでしょう。

実は社会人4年目から8年目、つまり20代後半は「準第二新卒」として扱われます。第二新卒ほどではないものの、企業が将来の成長性と実務経験を考慮して採用したいと考えている層です。

さすがに25歳までに比べると難易度は上がっているものの、まだまだポテンシャル採用される可能性はあります。特にIT業界や営業など人材不足に苦しむ業界ほど採用される率が高いです。

即戦力としても期待できるため

また社会人4年目であれば即戦力としても期待されます。3年以上働いてきて一定の知識やスキルがある分、自社のやり方をマスターさせればすぐ活躍して貰えるとみなされるためです。

加えて実務経験の中でビジネスマナーも磨かれてきている分、入社後のマナー研修なども必要ありません。研修が不要になる分、コストカットできる点も企業にとっては魅力的です。

社会人4年目で転職するメリット4つ

社会人4年目で転職するメリット4つ

社会人4年目で転職を目指す際、さまざまなメリットがあります。主に以下にご紹介する4点です。

転職市場でのニーズが高い

まず社会人4年目は全体的に転職市場でニーズが高い傾向にあります。実務経験や業務知識も入社した頃に比べて付いてきている上、20代ということで若さを活かしやすいです。

実務経験がある分、即戦力としてアピールできれば希望通りの求人で採用されるでしょう。加えて3年以上同じ企業で仕事してきた分、簡単に辞めづらい点で好印象を与えられます。

企業にとっても選考での中で感じる魅力が多い分、ニーズも高いです。

異業種・異職種にもチャレンジできる

また社会人4年目なら異業種・異職種にもチャレンジできます。若くて新しい知識やスキルを吸収する気力も十分とみなされる分、企業も是非育てた上で活躍して貰いたいと考えやすいです。

加えて今までいた職場でのキャリアをリセットするため、退路を断って別の業界や職種で活躍しようという気持ちが重要になります。違う業界などでも熱意をしっかり伝えれば比較的採用されるでしょう。

転職先の仕事内容とマッチすれば大きく成長できる

さらに転職先の仕事内容が自分と合っていれば、大きく成長できます。仕事内容が合っていればモチベーションが上がる分、意欲的に専門知識を吸収したり主体的に提案したりするためです。

積極的でやる気に満ちている様子が評価されれば、キャリアアップも夢ではありません。場合によってはより高いポジションに抜擢されることもあるでしょう。

自分の経験・スキルと仕事内容をマッチさせるには、転職活動時に自己分析や企業研究などをしっかり行うことが大切です。応募する前に綿密な準備の意味で行っていくと良いでしょう。

年収が上がる可能性もある

転職活動を通じて年収を上げたい人もいますよね。実は転職活動のやり方次第で年収を上げられます。

実務経験や年収などに自信がある場合は、ハイクラス向けの転職エージェントを使うと良いでしょう。コンサルタントに優良案件を多く紹介して貰えればハイクラスも目指せます。

また営業職も高年収を目指す上でおすすめです。営業職は成績によって高いインセンティブを得られるケースもあるため、活躍によっては今まで以上に年収が大きく跳ね上がります。

ハイクラス志望におすすめの転職エージェント13選!活用方法も紹介!

社会人4年目で転職するデメリット4つ

社会人4年目で転職するデメリット4つ

社会人4年目で転職することはデメリットもいくつかあるため、メリットと一緒に知っておくべきです。主に以下の4点が挙げられます。

無計画に進めると失敗しやすい

社会人4年目は転職市場では有利な立ち位置にいるものの、無計画に進めると失敗しやすいです。特にキャリアで一貫性がない場合、応募しても不採用が続きます。

転職活動では応募先に対する熱意に加えて、将来のキャリアプランまでアピールすることが大切です。あまりにも具体性や計画性がないと、面接官も「考えなしで動く人」とみなします。

応募する前に将来に向けたキャリアの展望と実現していくための方法を考え、プランとして具体化していくことがポイントです。

人間関係や経験などがリセットされる

また転職によって、今までの人間関係や経験がすべてリセットされます。つまり今まで培ってきた人脈などは今後一切活用できなくなると考えた方が良いでしょう。

そして入社後は新しく人間関係や職務経験を築くことになります。慣れて落ち着くまではストレスフルな日が続くことも覚悟すべきです。

早期退職の繰り返しでキャリアに傷が付く

さらに早期退職を繰り返す人についてはキャリアに傷が付きます。会社側としては極力長く自社で活躍して貰いたいと願うためです。

逆に早期退職を繰り返している人は、何らかの理由ですぐに辞めてしまうイメージが付いて回ります。面接官から見てもちょっとしたきっかけで辞められると思われる分、採用されにくいです。

今の職場で出世する可能性が断たれる

最後に転職した場合、当然ながら今の職場で出世する可能性が断たれます。例えば今後役職に就けそうな可能性があるにもかかわらず、何らかの理由で辞めれば管理職への道は閉ざされるでしょう。

同時に転職しても以前の職場以上に出世できるとは限りません。仮に転職先で出世コースから外れた場合、激しい後悔に苦しむ可能性もあります。

転職について考える前に、今の職場でさらなるキャリアアップやスキルアップができないか、慎重に見極めた方が良いでしょう。

動く前に押さえよう!社会人4年目で転職を成功させるポイント3つ

動く前に押さえよう!社会人4年目で転職を成功させるポイント3つ

社会人4年目で転職するのであれば、できるだけ不安なく進めたいですよね。転職を成功させるには、以下にご紹介する3つのポイントが役立ちます。

在職中に転職活動を始める

まず転職活動は在職中に始めるのがおすすめです。在職中に始めた方が収入源が確保されている状態で動ける分、金銭面の不安を感じずに済みます。

加えて余計な空白期間が生まれない点もメリットです。空白期間の存在は企業側に悪い印象を与える分、内定が遠ざかってしまいます。

収入源があり、かつ空白期間を生まない状態であれば、かなり落ち着いて転職活動できるでしょう。なお内定が決まるまでは、トラブルを避けるためにも同僚などには内緒にしておくべきです。

自己分析や企業研究はしっかり行う

転職活動を行う際は、事前に自己分析や企業研究はしっかり行うと良いでしょう。自己分析で自分の強みや弱み、価値観を把握することでミスマッチを防ぎやすくなります。

また企業研究を通じて知り得た事業内容や業界内の強みと掛け合わせることで、より説得力のある志望動機を作り出しやすいです。キャリアプランも一緒に提示すると、なお印象が良くなるでしょう。

転職エージェントなどのプロの力を借りる

転職活動する際は、転職エージェントなどプロの力を借りるのもおすすめです。非公開求人を多く保有している業者であれば、ライバルが少ない状態で選考に臨めます。

また選考対策でプロの客観的な目線やアドバイスなどがあれば、より内定に繋がりやすい志望動機や自己PRに仕上げやすいです。企業の内情に精通している業者を使えば、地に足の付いた内容となるでしょう。

他にもエージェントには交渉力の高いところも多いです。特に入社時の年収に納得がいかない時に代理交渉して貰えば、年収アップした状態で新しいキャリアをスタートできます。

社会人4年目など20代におすすめの転職支援サービス3選

社会人4年目など20代におすすめの転職支援サービス3選

転職支援サービスの中には、社会人4年目など20代に向いた業者もあるためにおすすめです。以下にご紹介する3つを活用すると良いでしょう。

リクルートエージェント:求人数が多く転職初心者向け

国内で活動する転職エージェントの中で最大の求人数を誇ります。非公開求人数も10万件以上ある上、業種・職種も非常に幅広いため、初めて転職活動する人向けです。

転職活動者の8割から支持されているため、エージェント探しが大変な場合に選んでも良いでしょう。なおアドバイザーの交渉力が高い点も魅力です。

求人数随一のリクルートエージェントの評判と口コミは?生の評判から検証

マイナビエージェント:20代・30代前半の転職に強み

20代や30代前半の転職に特化しています。求人も若いうちに転職活動する人の内定に結びつきやすいものばかりであるため、転職時の年齢が若くても安心です。

加えてアドバイザーも20代や30代など若い人が多い分、同じ年代の気持ちが分かる人間として親身にサポートしてくれます。

マイナビエージェントの評判は良い悪い?20代の支持が強い理由も解説

キャリトレ:ビズリーチと同じ運営元で高年収志望者向け

社会人4年目で転職を考える人の中には、ハイクラスに挑戦したい人もいますよね。20代でハイクラスを目指す場合はキャリトレがおすすめです。

ハイクラス向け転職サイトとして有名なビズリーチの若手向けで、条件に合う求人をレコメンドして貰えます。しかも学習機能によって利用者の指向に合った求人を紹介しやすくなっていく点が魅力です。

紹介される求人も年収500万円以上になっているものが多い分、若いうちから高年収を目指せるでしょう。

若年層向け転職サイト・キャリトレの評判!ビズリーチとの違いも紹介

まとめ

今回は社会人4年目でぶつかる悩みを解決法と一緒に見てきました。3年以上勤めているだけにベテランとして扱われやすい存在と言えます。

ただ評価や待遇に差が出てきたり、成長を実感できなくなったりするなどの悩みに直面しやすいです。分からないことを聞いたり、自らスキルアップしてみたりするのが良いでしょう。

もし今の職場でキャリアアップなどが期待できない場合は、転職も1つの選択肢となります。転職市場ではかなり有利な立場のため、事前にしっかり準備してから臨むべきです。

社会人4年目は様々な意味で転機となる分、色々と悩むこともあります。悩みを書き出した上で今回触れた解決法も活用してみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる