社会人1年目が辛く感じる理由とは?悩みを乗り越える解決策を解説!

新卒で会社に入って1年目で悩みを抱えている人もいますよね。確かに入社間もないと仕事で覚えることが多かったり、慣れない仕事で怒られたりして落ち込むこともあるでしょう。

新卒1年目は社会人という今までと異なる環境に飛び込んだこともあり、ストレスが溜まりやすいです。そしてストレスが溜まりやすい分、様々な理由で辛い気持ちにもなります。

社会人1年目は辛いのか?

今回は社会人1年目の人が辛くなりやすい理由を、適切な対処法も添えて見ていきましょう。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 入社間もない状態ですでにストレスフルな人
  • 毎日慣れない仕事で怒られるなどしてきつく感じている人
  • 入社1年目の辛い状態を何とかしたいと思っている人
目次

社会人1年目が置かれている立場とは

社会人1年目が置かれている立場とは

学生時代の厳しい就職活動を経て、社会人としての第1歩を踏み出した人で日常を辛く感じる人もいますよね。一方で社会人1年目についてイメージできない就活中の人もいるでしょう。

実際のところ、社会人1年目でも直面する悩みは様々です。ぶつかる壁や悩みについて理解するためにも、まずは社会人1年目の置かれている立場を知るところから始めると良いでしょう。

社会人としてのスタートを切ったばかりの訓練生のようなもの

社会人の1年目は、社会人生活を始めて間もない訓練生のようなものです。様々な研修や実際の業務を積んで仕事を覚えていくとともに、社会人としてのスキルを高めていくことになります。

下積みでもある分、給料は最も安く任せて貰える仕事も程度の軽いものである上、覚えることも山積みです。ストレスや辛さを感じることも多いでしょう。

しかし焦らず1つずつ前向きにこなしていけば、仕事にも慣れて辛い時期を乗り越えられます。基本的なビジネススキルや仕事について覚えていくことを優先することが大切です。

基本的に研修や学習・雑用を多くこなす

入社間もない社会人の1年目に課せられる仕事が、研修や学習・雑用をこなしていくことと言えます。まだ社会人としてスタートを切ったばかりで、戦力としてみなされる段階ではありません。

研修期間も会社によって様々です。大手企業であれば半年程度、中小企業であれば2~3ヶ月程度となります。特に大手企業の場合は研修が終わってからようやく配属が決まるのが一般的です。

配属が決まっても新人に任される仕事は、お茶汲みやコピーといった雑用ばかりになります。簡単すぎて不満を感じることはあるものの、雑用をこなせない人に大きな仕事は任せられないでしょう。

ただ2年目以降に比べると、学びのチャンスが非常に豊富です。むしろ会社にいる時間の全てを学びに変えて成長できるチャンスだと考えると良いでしょう。

給料・ボーナスも最低ラインに

社会人1年目について考える際、貰える給料やボーナスがいくらなのか気になる人もいますよね。新人社員の場合は入社して最も後輩である分、給料やボーナスも最低ラインになります。

厚生労働省が調査したところによると、社会人1年目の月収は平均21万200円、年収は約250万円です。ボーナスや残業代まで含めれば、約250~300万円程度になるでしょう。

税金や社会保険料を差し引くと手取り20万円を切るケースが非常に多い

なお実際には上記の月収や年収などから、税金(所得税)や健康保険などの社会保険料が天引きされます。天引き後に手取りとして支給されるのは、上記の8割程度です。

上記の月収で考えると約17万円程度が手元に残る計算のため、最終的には20万円を切ることになります。1人暮らしの場合は家賃や光熱費などを差し引いた金額でやり繰りする必要が出てくるでしょう。

もし貯金まで考えるのであれば、あまり贅沢することなく堅実なお金の使い方をすることが大切です。

車の購入はリース契約ならば通る可能性がある

入社後に給料が増えることを見越して車の購入を考える人もいますよね。社会人1年目は月収が20万円前後で入社間もないため、車の購入でローンは通りづらいです。

もし社会人1年目で車を購入する場合、リース契約であれば審査を通過できる可能性があります。一定の契約期間で毎月決まった金額を支払った後で、期間終了時に残った額を一括して支払う方法です。

初期費用を大きく抑えられる点でメリットがあるため、社会人1年目で車が欲しい人は考えてみると良いでしょう。

本当に辛いの?社会人1年目にあるあるな悩み9つ

本当に辛いの?社会人1年目にあるあるな悩み9つ

社会人1年目で悩みが多くて辛いという人もいますよね。確かに新入社員の立場でぶつかる悩みは非常に多く、人によっても異なります。

良く言われる悩みが、以下の9種類です。

仕事が中々覚えられない

まず仕事が中々覚えられない悩みが挙げられます。入社して日が浅く仕事に不慣れであるため、業務を適切に処理する方法が分かりません。

加えてせっかく覚えてもうまく実践できなくて落ち込むこともあります。散々メモを取っても覚えられないことにコンプレックスを抱き、自信をなくしてしまう人も多いです。

ミスに対して怒られるのが怖い

またミスをしたことで怒られるのが怖いケースもあります。社会人1年目は仕事が不慣れである分、ミスで上司や先輩から叱られることも多いです。

ひどい叱られ方をする職場の場合、怒られたことが原因で委縮してしまうこともあるでしょう。ただ上司や先輩もミスをするのは仕方ないと考えた上で、本人の成長を願って心を鬼にしています。

むしろある程度のベテランになった際のミスは大事になる場合もあるため、1年目で多く怒られることにも前向きになった方が良いでしょう。

こなすべき仕事や研修が多すぎる

こなすべき仕事や研修の量が多くてきついと感じる人もいますよね。社会人1年目でも多くの仕事を割り振られるケースもあります。また覚えるべき知識などが多い分、研修も多くこなすことになります。

中には仕事や研修での課題が多すぎて、土日の貴重な休みを犠牲にすることもあるでしょう。ただでさえ不慣れな社会人生活で疲れているのに、休む時間が少なくなるとなおさら辛くなりがちです。

慣れない生活リズムに体が付いていけない

慣れない生活リズムに付いていけずに辛くなる人もいます。社会人生活は自由な学生時代と異なり、会社での勤務時間を軸に過ごすことになるためです。

往復の通勤時間や残業時間まで含めると、1日の多くを仕事関係で使い切ってしまいます。不慣れでストレスを感じやすい上、仕事や研修で忙しいと疲れが溜まっていくため、辛く思いがちです。

ただ遅くとも半年程度経てば、体も社会人の生活リズムに慣れてきます。体を労わりながら少しずつ慣れていくようにすると良いでしょう。

職場の人間関係で悩みやすい

職場の人間関係で悩みやすいというケースも多いです。職場には様々なタイプの人がいる上に当初は知り合いではない分、まずお互いに理解して打ち解けていく必要があります。

気軽に話せる程度の間柄になるまでは気持ちが落ちつかないため、人間関係のことである程度ストレスを感じるでしょう。コミュニケーションが苦手な人にとってはなおさら苦痛に感じやすいです。

ただ職場は基本的にチームなど複数人で行動します。業務や日々のコミュニケーションを通じて、上司や先輩・同僚との距離を徐々に縮めていくことが大切です。

残業が多い上に納得がいかない

会社によっては残業が多く納得がいかないケースもあります。企業や部署の雰囲気として長時間の残業が奨励されているところは今でもある上、理由が理不尽なところも多いです。

残業が多いと、当然ながら退勤後にのんびりできる時間も短くなります。疲れやストレスで不満も溜まっていく分、今の職場で頑張っていく気力も減っていきやすいです。

休みが取りにくい

残業が多いケース以外にも、休みが取りにくくて辛いケースもあります。元から休日出勤を命じられていることや、仕事が多すぎて休日も出勤する羽目になるなどが原因です。

中には研修の課題をこなすために休日を犠牲にするケースもあります。社会人1年目は割と休日を犠牲にして、プライベートを楽しめなくなる点で辛くなりやすいです。

給料やボーナスが安い

社会人にとっての大きな楽しみである給料やボーナスが安い点も、社会人1年目には非常に辛く感じます。最後輩として基本給が一番安い設定である分、全体の給料やボーナスも少なく思えるでしょう。

手取りの給料から家賃などの必要な費用を差し引いて残ったお金で、何とか日々の生活をやりくりしていかなければなりません。給料が少ないと中々好きなことに使えない分、余計に虚しくなるでしょう。

同期との差を感じてしまう

最後に同期入社した人と差を感じて辛くなるケースもあります。特に優秀で人望がある同期が大きな仕事を任されるのを見て羨ましくなるようなパターンです。

同期が抜擢される姿を見ると、嫌でも自分が中々評価されない現実を直視することになります。同期との差を感じて「自分が劣っているのではないか」と思うと、なおさら辛い気持ちに陥るでしょう。

社会人1年目で辛い気持ちになった時の解決策6つ

社会人1年目で辛い気持ちになった時の解決策6つ

今まで見てきたように社会人1年目は入社できた喜びの一方で、辛い気持ちになる場面も多いです。一刻も早く辛い気持ちから解放されたいという人もいますよね。

社会人1年目で辛い気持ちに対処するには、以下の6つがおすすめです。

あえて満足に仕事できないことを自覚する

最初の方法として、あえて満足に仕事できないことを自覚すると良いでしょう。実際に社会人1年目はようやく職業人としてスタートを切ったばかりである分、仕事の経験も知識も不十分です。

ビジネスに対する経験も知識も不十分であれば、与えられた仕事の中で満足な成果を出せないことも多々あります。ミスで怒られることもあるでしょう。

ただ業務経験を積んでいくことでできる仕事の幅が広がったり、ミスが減っていったりします。「ミスをするのも仕方がない」といった気持ちで臨むと気持ちが楽になりやすいです。

自分でも理解できるようなメモを取る

次に自分でも理解できるようなメモの取り方をします。社会人1年目の際は覚えることは多い分、メモを通じた知識やスキルの吸収が欠かせません。

メモする際のポイントが、自分でも理解できるように書くことです。分かりやすい書き方をすれば、後から見直して復習したり疑問点を細かく聞いたりする際に役立ちます。

逆に汚い字でメモしたり、メモを怠ったりするのは論外です。あらためて最初から先輩などに聞き直さないといけない分、無駄な手間が掛かったりやる気のなさを指摘されたりするでしょう。

理解が追い付いていないところは上司や先輩に聞く

業務について教えて貰っても理解が追い付いていない場合は、疑問点を上司や先輩に聞くのがおすすめです。疑問点は時間が経ってから聞くよりも、早いうちに質問する方が聞きやすいでしょう。

時間が経ってから聞こうとすると、プライドなどが邪魔をして逆に聞きづらくなります。加えて早いうちに質問する方が、理解不足による大きなミスを未然に防ぎやすいです。

なお疑問点をまとめてから聞くことや、調べても分からない疑問だけ質問するようにします。上司なども多くの仕事を抱えている分、なるべく手短に聞いた方が良いでしょう。

休日は仕事のことを考えない

プライベートでできることとして、休日は仕事のことを一切考えないという方法があります。むしろ休日は仕事のことを忘れて、体を労わったり好きなことでストレスを発散すると良いでしょう。

休日に仕事のことを考えると、嫌なことを思い出して余計なストレスや心労の原因になるためです。趣味などに没頭すれば楽しい気分になれると同時に、ストレスも軽減できます。

仕事の際にパフォーマンスを最大限発揮できる条件を整えるのも、社会人として大切な要素です。休日はじっくり休んで、次の出勤日に備えるべきでしょう。

できる仕事から取り組む

もし劣っている自分に落ち込むのであれば、できる仕事から取り組むのがおすすめです。できる仕事を達成していけば、成功経験となり自己肯定感を高められます。

コピーの作成などの簡単な仕事でも成功経験になれば、自信を持てるようになるでしょう。同期と差を感じていたり自分に劣等感があったりしても、自信があれば落ち込みにくくなります。

目標を達成したら自分をほめる

社会人1年目で自信を持つには、目標を達成した時に自分をほめるのもおすすめです。自分をほめることでも自己肯定感を高められる上、1つの強みとして今後に生かせるようになります。

ほめる方法は実際に口を出したり日記などに書いたりするといったやり方が良いでしょう。特に何かに書き残す方法は、後で振り返った時に自分の強みを再確認する上でも役立ちます。

他にも何かご褒美をあげるのもおすすめです。うまく行ったことがあった日に美味しいものを食べに行くという方法もあります。

社会人1年目で意識すべきこと7つ

社会人1年目で意識すべきこと7つ

社会人1年目は世の中に出たばかりである分、1人の大人として意識するべきことも多いです。特に次の7つはきちんと理解しておくと良いでしょう。

社会人としての自覚を持って行動する

まず日々社会人としての自覚を持って行動することです。何らかの形で仕事をしていれば、経験などに関係なく責任ある1人の人間とみなされるようになります。

学生時代であれば、多少のミスが起きても周りも「学生だから」という理由で許してくれたでしょう。しかし社会人の場合は仕事でもプライベートでも、自分の行動が周りの人々を巻き込むことも多いです。

良くも悪くも自分の言動が様々な人間に影響を及ぼすため、普段から責任ある大人として振舞うべきでしょう。

基本的なビジネスマナーを身に付ける

また基本的なビジネスマナーを身に付けることも大切です。具体的には正しい挨拶・敬語や電話・メール対応の仕方、名刺交換の方法など多岐に渡ります。

特に取引先に対して守るべきマナーの良し悪しは、会社の評判に直結する要素です。日頃からマナーに注意するようにすれば、会社の内外で一目置かれるようになるでしょう。

日常の挨拶や報連相を欠かさない

さらに日頃から挨拶や報連相も欠かさないようにするべきです。挨拶は社会人にとって基本中の基本である分、元気良くできるだけでやる気や熱意を上司や先輩などに示せます。

また報連相(報告・連絡・相談)も会社などで働いていく上では重要です。特にトラブルやミスに直面した場合は、全体に情報共有することで損害を最小限に食い止められます。

会社などで仕事する際、コミュニケーションを交わす場は非常に多いです。挨拶や報連相は基本的なコミュニケーションであるため、1年目のうちにしっかり身に付けるべきでしょう。

仕事に優先順位を付ける

仕事で優先順位を付けられることも社会人として重要なスキルです。実際1年目で多くの仕事を割り振られるケースもいる分、期限を守れるようにスケジュール管理できるようになる必要があります。

優先順位を付ける際、納期限と重要度が軸です。特に納期が近く、重要度の高いものを最優先とします。加えて業務効率を上げるために、定期的な業務の見直しも欠かせません。

仕事を早く覚えるための努力を欠かさない

社会人1年目は仕事関係で覚えることが多いため、なるべく早く覚えるための努力も重要です。むしろ社会人1年目がこなすべき最大の仕事が、1日も早く業務を覚えて慣れることと言えます。

すでに触れたように、メモはなるべく自分が分かりやすい書き方で残すべきです。分からないことがあれば早めに先輩などに聞くようにします。空いた時間に自分でネット検索するのもおすすめです。

焦らず1つずつ覚えていくようにすれば、後から戦力としてスキルや知識を活用できるようになります。

失敗を恐れず挑戦し続ける

失敗を恐れず果敢に挑戦し続けることも大切です。確かに社会人1年目はベテラン社員に比べて経験も知識も不十分である分、失敗やミスで落ち込むことも多々あります。

しかし実際のところ失敗しなければ学べないことも多いです。失敗を通じて身に付けた知識や経験は普通に学ぶよりも忘れにくい分、後々の仕事でも色々と役立つでしょう。

また1年目の内は数多く失敗しても、ほとんどの場合で上司や先輩にフォローして貰えます。だからこそ果敢に挑戦することが大切です。

自分から率先して動く癖を付ける

最後に自分から率先して動く癖を付けるべきでしょう。上司などの指示を待って動くよりも、自分で仕事を探してこなす人材の方が周りの印象も良いです。

特に手が空いているときは、上司や先輩・同僚などにできることを聞いて回るのがおすすめでしょう。苦労している同僚の仕事を少し手伝うのも1つの方法です。

自分から積極的に動いて仕事をこなせば、行動力のある人材として評価も高められます。

社会人1年目を乗り切るために入社前からできること3つ

社会人1年目を乗り切るために入社前からできること3つ

社会人1年目は様々な試練に直面する分、辛さや悩みを抱えがちです。ただ来るべき社会人生活に向けて、就職活動や入社前にできることもあります。特におすすめなのが以下の3つです。

ビジネスマナーを早めに身に付ける

まずビジネスマナーは就職活動など早い段階でも身に付けられます。面接での敬語の使い方や身だしなみ、志望先企業への電話・メールでのマナーなども入社してから役立つものばかりです。

就職活動や入社までの時期にビジネスマナーを意識すると、入社直後から社会人としての株を上げられます。

基本的なパソコンスキル

ビジネスマナーと合わせて基本的なパソコンスキルを習得しておくと、入社後非常に便利です。むしろ業務の中ではパソコンを使う機会が非常に多いため、パソコンが使えないのは問題と言えます。

特に日頃スマホばかり使っていてパソコンに触れていない人は、入社前に少しでもパソコンに慣れておくべきです。最低でもWordやExcel、PowerPointは使いこなせるようになると良いでしょう。

ブラインドタッチができればなお良い

なおキーボードを見ないで入力できるブラインドタッチができると重宝します。キーボードの文字をいちいち確認せずに入力できる分、作業効率が飛躍的に向上するためです。

面接などでもブラインドタッチまでできることをアピールすれば、面接官にも好印象を与えられます。普段からパソコンに触れる機会を増やすことが習得への近道です。

語学力は高めておくと色々な場面で役立つ

最後に英語などの語学力は是非高めておくと良いでしょう。外資系企業や超大手企業、海外に関わる部署などでは仕事の中で英語を日常的に使うことが一般的であるためです。

加えて管理職への昇進の際、TOEICのスコアが大きく影響することもあります。将来的にスケールの大きな仕事に関わったり、海外で活躍したりしたい人にとっては特に重要です。

社会人1年目が本当に辛かったら職場を変える勇気も大事

最後になりますが、社会人1年目が本当に辛かったら職場を変える勇気も大事です。

本メディアを執筆している私も当時新入社員で入った企業を1年も経たずに退職しましたが、時間をかけて転職対策を行うことで問題なく転職することができました。

社会人1年目が本当に辛かったら職場を変える勇気も大事

頭の中に「転職して職場を変えることができるかも?」と考えると、少し今後の社会人人生に希望が持てることもあるでしょう。

今はまだ早い」「今すぐに逃げ出したい」「準備だけはしておきたい」など、様々な状況の人がいると思いますが、すぐに動ける準備だけはしておきましょうね。
今の状況 おすすめサービス その理由
将来転職希望 転職サイト 定期的に求人募集しているのは、人の出入りの激しいブラック企業の恐れがあります。そのため、早めにどんな求人があるのかは把握しておこう
今すぐ転職したい 転職エージェント 求人紹介から、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など全てを無料でサポートしてくれます
すぐに辞めたい 退職代行 鬱になりそうな場合、最終手段として使うようにしましょう

まとめ

今回は社会人1年目でぶつかりがちな悩みを、解決法とともにご紹介しました。入社直後で経験などが不足している分、辛い気持ちになることも多いです。

ただ社会人1年目は下積み期間である分、仕事を覚えることが最優先課題と言えます。分からないことは上司などに聞くなどしつつ、少しずつ基礎的なスキルや知識を身に付けていくことが大切です。

仕事も半年程度で慣れてくれば、楽しく思えてくることもあるでしょう。焦らずじっくりと仕事や研修をこなしていくことがポイントです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる