仕事が泣きたいほど辛いと思ったら?疲れた場合の対処法を紹介!

上司に怒られたり仕事量がきつかったりして、誰もが1度は職場で泣きたい気持ちになったことはありますよね。しかしむやみに泣くのは恥ずかしかったりみっともなかったりして、涙を我慢する人もいるでしょう。

しかしたとえ仕事中でも泣きたいときに無理して我慢することは、逆に良くないことです。場合によっては精神疾患などに見舞われることがあります。

今回は仕事で泣きたいと思う時の原因や適切な対処法を見ていきましょう。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 仕事中であるものの、今すぐ泣きたいほど辛い気持ちになっている人
  • 普段から仕事中に泣きたくても無理して我慢している人
  • 今の職場で悩みがありすぎて辞めたいと思っている人
目次

仕事で泣きたいと感じるケースは多いのか?

社会人として仕事していると、様々な事情で泣きたい気分になる時は誰にでもあります。「仕事中に泣くなんてみっともない」とは思っていても、涙を押さえられないケースも多いです。

果たして仕事で涙を流したい気持ちになることはごく自然なのでしょうか。

仕事内容や職場環境などが異常な場合に十分あり得ること

実際に仕事で泣きたいと感じる時は割と多くあります。特に仕事内容や職場環境が異常な場合は、ストレス耐性の強い人でも泣きたい気持ちに襲われやすいです。

具体的に上司の圧力が強い場合やノルマが厳しい場合、仕事量が多い割に給料が安い場合などが挙げられるでしょう。いずれも普通の職場よりもストレスが溜まる度合いが高いケースです。

心身の負担が異常に大きい分、耐え切れなくなって涙を流す形で解消しようとします。普通の職場以上に環境が厳しい場合、仕事中に泣きたい気分になるのは無理もないことです。

ストレスで涙が出ることはごく自然

実際にストレスが一定程度を超えると、人の体は様々な形で反応しようとします。涙もストレスに対する反応の1つであるため、辛く嫌な思いをした時に涙が出るのはごく自然な反応です。

たとえ職場環境が異常ではない場合でも、能力不足やミスの大きさ、傷つきやすさなどで涙が出るケースもあります。辛かったり悲しかったりする場合は涙を流すと良いでしょう。

たとえ男性の場合でも泣いて良い

男性も人間である以上、仕事中に辛い気持ちになった時に泣きたくなりますよね。ただ「男がやたらと泣くものではない」など古風な考え方もあるため、無理に我慢する人もいるでしょう。

男性でも仕事中に辛い気持ちになったら泣いても良いです。泣くのをやたらと我慢すると、後で触れるような精神疾患の引き金になって健康を害してしまいます。

人前で泣くのがみっともなく感じる場合は、トイレの個室など目立たない場所に行くと良いでしょう。誰も見ていない分、遠慮なく泣きやすいです。

仕事での能力不足が辛いと感じる時の対処法を解説!原因も紹介!

仕事で泣きたいと感じてしまう原因6選

仕事で泣きたいタイミングは色々とあります。上司に厳しく注意された場合や取引先からクレームを受けた場合など様々です。

そして職場や人によっては、普通に仕事をしていても泣きたいと思う時があります。主に以下の6つが原因です。

作業量やノルマが非常に多い

まず仕事中の作業量やノルマが非常に多いことが挙げられます。あまりにもこなすべき課題が多すぎると、普通に仕事をしていても心身が極端に疲弊していくためです。

加えてノルマが厳しい場合は、納期と作業量のバランスが悪くなります。限られた納期で無理なノルマを達成しようとするため、なおさら心や体に大きな負担がかかるでしょう。

作業量の多さなどは普通以上に大きなストレスとなるため、こらえ切れずに涙を流したい気持ちになりやすいです。

長時間労働や残業が慢性化している

また長時間労働や残業の慢性化も原因と言えます。ただでさえストレスを感じるタイミングが多い仕事で毎日10時間以上も業務していれば、普通以上にストレスが溜まりやすいです。

加えて残業についても、早く帰りたい本音を押し殺しながら遅くまで働く分、余計に疲労が蓄積していきます。サービス残業の場合は残業代も出ない分、不満やうんざりする気持ちも感じやすいです。

日常的に心身の負担が大きい働き方では、疲れや待遇の悪さなどが原因で泣きたくなるでしょう。

社内外の人間関係が非常に悪い

さらに社内外の人間関係の悪さも原因です。仕事での人間関係は、モチベーションや作業効率に直接影響する重要な要素と言えます。

特に部署内の人間と仲が悪い場合、相談したくても言い出せないため、自分で悩みを抱えることになるでしょう。加えて常に落ち着かない環境の場合、よりストレスを感じやすいです。

仕事中の緊張感が非常に強まる分、我慢の限界を超えるとこらえきれずに泣きたくなります。

職場で疎外感を感じる人の特徴は?おすすめの対処法も徹底解説

上司や先輩のハラスメントで悪影響を蒙っている

上司や先輩のハラスメントも大きな要因です。日頃から罵声や人格否定などされていると、上司などのちょっとした態度にさえおびえるようになります。

内心で恐怖を感じると業務に支障をきたす分、自ら能力がないと思いがちです。加えてセクハラを受けている場合は、不快さのあまり心に深い傷を負ってしまいます。

深刻なハラスメントが原因で安心できない場合、仕事中であっても涙を流したくなるでしょう。

飲み会でうざい説教に対処するには?説教する側の特徴・心理も紹介!

忙しい仕事量の割に待遇が悪い

作業量と待遇が見合わないことも原因です。特に作業量が非常に多いのに給料やボーナスなどに反映されないと、働く目的を見失ってしまいます。

一生懸命働いても待遇などが良くならないことは、頑張りや能力を正当に評価されていないのと同じです。大きな不満を抱くとともに、自分の価値も低く感じるようになってしまいます。

特に自分より高い給料を貰っている人と比べるようになると、なおさら悲しい思いになりやすいです。働く目的を見失いがちな分、虚しさのあまり泣きたくなります。

今の仕事でやりがいを感じられない

今の仕事にやりがいが感じられない場合も、業務中に涙を流したくなる原因です。長く続けられる自信さえ喪失している分、将来に対する不安が強くなります。

仕事中も楽しさや刺激を感じられないため、なおさらネガティブさが強まる分、ストレスや不満が溜まりやすいです。悩みが深いあまり、泣きたくなることもあるでしょう。

仕事で泣きたい気持ちやストレスを放置した場合の5つのリスク

仕事中に泣きたくなっても、様々な理由で我慢する人もいるでしょう。ところが泣きたい気持ちは1つの感情である分、無理に我慢することは非常に危険です。

もし泣きたい気持ちを放置すると、以下のようなリスクに見舞われます。

うつ病など精神疾患の危険がある

無理に泣くのを我慢すると、まずうつ病など精神疾患の危険が出てくるでしょう。仕事で泣きたい感情は、仕事の中で襲われるストレスへの自然な反応です。

しかし自らの感情を押し殺しながら仕事を続けていると、精神自体が疲れ切ってしまいます。刺激に対して適切に反応できなくなるため、何となく涙が出るなど正常ではない反応も多くなりがちです。

蕁麻疹や帯状発疹など身体面に影響が出るケースもある

無理に泣きたい感情を殺した場合、身体面に悪影響が出ることもあります。ストレスは身体の様々な部分に危害を加えるため、免疫機能をも弱めてしまうでしょう。

気が付いたら蕁麻疹や帯状発疹ができるケースも多いです。特別な持病もないのに体に異常が見られる場合は、すぐに仕事から離れた方が良いでしょう。

自己肯定感が極度に低くなる

悲しい気持ちやストレスは、自己肯定感にも悪い影響を及ぼします。普段から怒られたり注意されたりして嫌な気分になる場合は、自らの能力不足を痛感しやすいでしょう。

加えて悲しい思いを我慢するとストレスも発散しにくい分、仕事への集中力も下がってしまいます。ミスを連発して周りに迷惑をかけると、自己肯定感も低くなりやすいです。

結果的に自信喪失に繋がり、さらに業務効率が下がりやすくなる悪循環に陥るでしょう。

仕事での能力不足が辛いと感じる時の対処法を解説!原因も紹介!

成長の機会を逃してしまう

泣きたい気持ちやストレスを放置すると、成長の機会も逃しがちです。普通は疑問の解消などを通じて成長できるものの、周りの人への恐れが原因でコミュニケーションしづらくなります。

質問や相談できないと、上司などからもアドバイスして貰いにくいです。成長に繋がりにくい分、社会人としての市場価値も低くなってしまいます。

勉強しない社会人は損!勉強するべき人の特徴や勉強のコツを伝授

貴重な時間を失う

泣きたい気持ちやストレスに対処しないままでいると、多くの貴重な時間を失いかねません。特に精神疾患かかると、回復するまで年単位の時間がかかってしまいます。

仮に何の病気にならない場合でも、辛く感じる職場で長く仕事することは何の得にもなりません。自身をむやみに傷つける上、日々も楽しく感じにくいためです。

本心に向き合わないと、自分が望む生き方や働き方さえ見失ってしまいます。理想に向けて動き出す機会も逃す分、なおさら人生の貴重な時間を浪費するでしょう。

仕事で泣きたいと感じた場合の対処法6つ

仕事をしていて泣きたいのに我慢することは、様々なデメリットを伴います。もし泣きたいと感じたら、是非以下の対処法を実践するのがおすすめです。

我慢しないで極力涙を流すようにする

まず今本当に泣きたい場合は、我慢しないで涙を流すようにします。涙は強いストレスへの反応である以上、我慢はメンタルが壊れる原因です。

逆に泣くことは気持ちをすっきりさせると同時に、ストレスの軽減に繋がります。泣かないことによる心身への悪影響を考えれば、今泣いておく方がはるかに得です。

ただし泣くのであれば集中できる場所を選ぶべきでしょう。誰もいない休憩所やトイレの個室など、人の視線が気にならないところで泣くと、ストレスにうまく対処できます。

家族や友人など身近な人に相談する

また家族など周りの人間に相談するのもおすすめです。辛い気持ちを親しい人に聞いて貰うだけでも、胸がすっきりして気分が晴れるでしょう。

できれば聞き上手な人に聞いて貰うのがおすすめです。気持ちが落ち着いていない時にアドバイスして貰うよりも、ひたすら愚痴を聞いて貰う方がより心が軽くなります。

泣くことができないなど異常を感じたら医療機関を受診する

もし泣きたいはずなのに涙が出にくい場合は、医療機関を受診するべきです。心から泣きたくても涙が出てこない場合、うつになりかけています。

逆に大したことではないのに涙が出る場合も診てもらった方が良いでしょう。いずれにせよ、自然な泣き方ではない場合は心がうまく反応しないため、専門家の力が必要になります。

異動や休職も考えてみる

今いる職場でストレスを受けてばかりいる場合は、異動や休職もおすすめです。もし今の部署でスキルを発揮できない場合や他の職種で頑張れそうな場合は、上司に異動を申し出る方が良いでしょう。

一方で仕事に支障をきたす状態になっている場合は、長期間の休職を願い出るべきです。心身を休ませた上で復職した方が、パフォーマンスや自己肯定感の面でも良好な結果に繋がります。

辞めたいと感じたら退職・転職も考えてみる

今の会社で今後の仕事が難しいと感じる場合は、退職や転職も選択肢になるでしょう。退職の際に声をかけづらい場合は、退職代行サービスの利用もおすすめです。

退職後は失業保険や貯金などでしばらくのんびりしたり、スキルアップに励んだりしても良いでしょう。一方で転職したい場合はエージェントを活用するとスムーズに選考対策ができます。

エージェントの適性診断や自己分析を通じて、理想の職場像を確認すると納得できる職場も見つけやすいです。エージェントを選ぶ際は、なるべく求人数が多いところに登録すると良いでしょう。

「仕事辞めたら人生楽しすぎ」は本当?会社を円満退職する方法を解説!

働き方を変えてみる

職場で泣きたい気持ちになる場合、会社員に向いていない可能性もあります。もしサラリーマンとしての生き方に違和感を覚える場合は、働き方を変えるのもおすすめです。

具体的にはフリーランスや会社経営者、投資家などが挙げられます。あるいは本業と副業を掛け持ちするやり方も良いでしょう。

現代では一昔前に比べると働き方も色々あります。少しでも興味を惹かれる働き方があれば、一歩踏み出すのもありです。

「サラリーマンに向いてない」と感じたら?特徴や診断法を紹介!

まとめ

今回は仕事で泣きたいと感じる場合の対処法などを見てきました。業務中に泣きたいと思うのは、労働環境や人間関係の悪さによってストレスや疲労が溜まっているためです。

もし泣きたいと思ったら、遠慮なく涙を流せる場所で泣くと良いでしょう。ストレスなどで泣くことは決して恥ずかしいことではありません。

他にも話せる人に相談したり仕事を休んだりするのもおすすめです。泣きたいと思ったら、まず自分をいたわることが最優先課題と言えます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる