仕事での能力不足が辛いと感じる時の対処法を解説!原因も紹介!

仕事をしていると、上司からの指摘や自らのミスなど色々な原因で能力不足を感じるケースが多いです。そして能力不足を感じると、自分が劣っているように思えて辛いですよね。

ただ多くの場合で仕事での能力不足を解消する方法があります。今能力不足を感じているのであれば、是非対処法が知りたいでしょう。

今回は仕事で能力不足を感じて辛いときの対処法をご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 最近職場で能力不足を感じて辛い人
  • 自分の能力不足を何とか克服したい思いが強い人
  • 今の職場で能力を活かし切れていると思えない人
目次

仕事での能力不足を辛いと感じるタイミング4選

仕事での能力不足を辛いと感じるタイミング4選

普段仕事をしている時、上司などから指摘や注意を受けるケースは比較的多いです。自身を能力不足と痛感して落ち込む人も多いですよね。

自身の不甲斐なさを感じるタイミングはいくつかあります。中でも多いのが以下の4つです。

同じミスを繰り返してしまう

同じミスばかり繰り返すあまり、能力不足を感じる人もいますよね。確かに仕事中のミスは大きさに関係なく誰もが犯してしまうため、ある程度は仕方がなく感じるでしょう。

ただ同じミスを繰り返す場合、注意したにもかかわらず教訓や上司などからの指摘を活かせなかった分、「学習能力や注意力がないのでは」と疑いがちです。必要以上に自分を責める人もいるでしょう。

一方で同じミスの繰り返しについては原因や対策が明らかである分、より慎重になれば再発は防げます。

他の同僚にできることが自分にできない

また他の同僚ができることを自分ができないため、能力不足を感じる人もいるでしょう。特に同僚が同期の場合は、キャリアや待遇がほぼ一緒である分、より自分の至らなさを痛烈に感じやすいです。

ただ20代前半まではほぼ横並びであっても、20代後半以降のキャリアで能力に差が生まれてきます。また本人が疲れ切っていて、パフォーマンスを十分に発揮できていないケースも考えられるでしょう。

他にも原因は色々とあり得るものの、同僚との差を感じて辛い状況は放置するべきではありません。早めに原因を特定した上で、対策するのがおすすめです。

上司や先輩から能力不足を指摘される

さらに上司や先輩から直接能力不足を指摘されて辛い人もいますよね。相手が会社員や社会人の経験が長い分、ベテランからの意見として重く受け止めがちです。

もし上司などから能力不足と伝えられた場合は、素直に認めて改善に取り組むべきでしょう。そして改善点が分からない場合は、折を見て相談するのがおすすめです。

逆に能力不足に対して言い訳すると、改善策が浮かばない上に社内での信用も下がってしまいます。素直な態度で臨むべきでしょう。

長期間携わっているのにすべきことが分からない

最後に長期間携わっていてすべきことが分からないことが原因で、能力不足を痛感する人もいます。周りから取り残されている気分で、劣等感や孤独に打ちひしがれやすいです。

加えて自分の成長を感じられないと、なおさら将来を悲観してしまうでしょう。業務に悪影響が出れば、自分に対する評価が下がるだけではなく自責の念に駆られやすいです。

すべきことが分からない場合は周りの人にアドバイスを仰ぐか、担当する業務について見直すと良いでしょう。あるいは部署や職場を変えるなどすれば、能力を発揮できる場合もあります。

仕事での能力不足を辛いと感じる原因5つ

仕事での能力不足を辛いと感じる原因5つ

仕事をしていて自身の能力不足が辛いと感じる時は色々あるとともに、原因も様々です。ただ主な原因として以下の5つが挙げられます。

周りに優秀な人が多い

まず周りに優秀な人が多い点です。職場や配属された部署がたまたま優秀な人が多すぎる分、自身の能力不足を痛感しやすくなります。

ただ優秀な人が多い場合は、「あまりにも自分が目立たないだけ」のケースが多いです。つまり周囲の優秀な人が大きな成果を残すあまり、自分の成果や仕事ぶりが評価されにくいと言えます。

優秀な人の技を盗んだり高い成果を教えて貰ったりして、自身の能力を向上させると良いでしょう。あるいはほどほどに競争心を奮い立たせるのも1つの手です。

仕事でメモを取っていない

また仕事でメモを取っていないことが原因というケースも良く見られます。普段から自分の記憶力を頼りに、上司や先輩の言ったことを覚えようとする人に当てはまるでしょう。

メモなしで相手の話を理解できる人は優秀そうに見えるものの、長期的には知識量で差が大きく開いて逆効果です。加えてメモを取らなければ、上司などから白い目で見られるでしょう。

メモの習慣がない場合、能力不足は自分の癖が原因となります。今すぐにでもペンとメモ帳を用意し、次から意識的にメモを残すように心がけるべきです。

教育体制の不十分さ

会社の教育体制が不十分である点も、能力不足を辛く感じる原因になっている場合があります。上司や先輩があまりにも多忙で、後進を指導する余裕がない場合などです。

他にも職場によっては、スキルや能力を盗んで覚えるべきものとみなしているケースもあります。主に製造業など技術関係の職場に良く見られる傾向です。

上司などが忙しすぎる場合は、仕事の合間で独習などを心掛けると良いでしょう。また担当業務で質問があれば、積極的に聞きに行く姿勢も重要です。

自分の能力が会社の社風・環境などと合わない

自分の能力が会社の社風・環境と合わずに能力不足を感じるケースもあります。仕事と言っても会社によってはチームで1つの仕事をする場合もあれば、1人で複数を担当するケースなど様々です。

他にも1人で黙々仕事するのが好きな人もいれば、協調性を発揮する仕事が好きな人もいます。もし自分の性格や能力が会社の環境と会っていない場合、やる気も業務効率も下がりやすいです。

やる気などが低いと能力を最大限に活かしにくいため、結果的に能力不足で辛く感じやすくなります。

純粋な能力不足

最後に純粋な能力が不足している点も原因として多いです。現在の職場や部署で発揮できる能力や適性がないために、周りと比べて劣っているように感じるでしょう。

もし能力や適性がないと強く感じる場合は、別部署や職種への配置換えや転職を検討するのがおすすめです。加えて転職エージェントなどで自身の適性を改めて把握すべきでしょう。

年代別仕事で能力不足を感じて辛い場合の対処法

年代別仕事で能力不足を感じて辛い場合の対処法

業務中に能力不足を感じるケースは、年代問わず良くあることです。辛い気持ちになった場合に備えて、予め対処法を知っておくと良いでしょう。

20代でできる仕事で能力不足が辛い場合の対処法3つ

まず20代の若手社員が能力不足を感じた場合から見ていきます。主に以下の3つがおすすめです。

メモを取る癖を付ける

20代の場合は、まずメモを取る癖を付けるべきでしょう。まだ仕事に慣れていないため、色々と学ぶべき知識や身に付けるべきルールが非常に多いです。

加えて経験が浅い分、上司などから頻繁に指摘や注意を受けるでしょう。成長するためにも日頃からしっかりメモを取る癖を付けておくのがおすすめです。

特に日常的に能力不足に苦しんでいる場合は、メモを通じて補いやすくなるでしょう。

重要性を軸に仕事の優先順位を付ける

メモと同時に仕事の優先順位を付けることも重要です。若手でも作業量の多さが原因で能力不足を感じる人もいます。

もし量の多さでスキルを発揮できていない場合は、重要性を指標にこなすべき順番を考えるのがおすすめです。順番さえ決まれば、各タスクで能力をいかんなく発揮できるでしょう。

上司や先輩に遠慮なく相談する

さらに上司などに相談するのも手です。20代のうちはまだ理解できていない点も多い分、疑問点の解消で能力を向上しやすくなります。

たとえ知識やスキルに自信があっても、上司などに予め苦手な点などを伝えておけば、色々とサポートして貰えるでしょう。結果的に能力不足の改善にも繋がりやすいです。

30代・40代でできる仕事で能力不足が辛い場合の対処法4つ

役職に就いたり部下ができたりする30代・40代でも能力不足に苦しむケースが多いです。主な対処法に以下の4つが挙げられます。

PDCAサイクルに基づいて目的達成の方法を考える

まずPDCAサイクルの上手な活用です。30代以上は部署のリーダーとして目的を達成する段取りを考える機会が増える分、計画・実行・確認・改善からなる同サイクルの理解が欠かせません。

一方で目的や計画の設定がうまくいかず、結果的に能力不足を痛感する人も多いです。もしうまくいかない場合は目的設定の方法から考え直してみると良いでしょう。

日々自分を信じるようにする

また常に自分を信じることも大切です。役職に就くケースが多い30代以上の社員は、責任も重くなると同時に、問題があればより叱責されやすくなります。叱責される分、自分を追い詰めやすくなるでしょう。

あまり自分を追い詰めると自己評価が下がるために、持ち前に実力を発揮しづらくなります。加えてリーダーでもある分、落ち込む姿ばかり見せては部署の士気にも関わるでしょう。

日常的に自信を持つことで、能力を最大限に発揮できるようにするべきです。実力を発揮する姿を見せれば部署全体の成果も向上します。

調べたり聞いたりして疑問点を潰す

さらに疑問点は遠慮なく潰すべきです。ベテランや役職になっても新しく知らない点や学ぶべき課題は色々と出てきます。

日頃から読書や語学学習などを通じて貪欲に学びを深めれば、能力不足を解消できるケースも多いです。なお社会人の勉強時間は10分未満である分、ライバルに差を付けられます。

有能な部下に任せる

もし担当部署の作業量が多い場合は、有能な部下に任せるのもおすすめです。あまり自分1人で抱えこんでいると、過労やストレスによって能力を発揮しにくくなります。

加えて部署のリーダーになった場合は、適切な仕事の割り振りも重要な課題です。任せるべきところを任せられるようになるのも、有能なリーダーの条件と言えます。

今の職場で能力不足の克服に限界を感じる場合の対処法3つ

今の職場で能力不足の克服に限界を感じる場合の対処法3つ

能力不足は今の職場でも改善する方法は多いです。ただ場合によっては簡単に行かない場合もあるでしょう。

今の職場で能力不足を克服できない場合、以下にご紹介する方法もおすすめです。

他部署への異動

まず会社を辞めない範囲で改善を目指すのであれば、他部署の異動が良いでしょう。今までと全く異なる仕事に従事して、才能が開花するケースもあるためです。

能力不足には部署の風潮・環境や上司の評価方法なども大きく影響します。特に上司のやり方に不満がある場合や、部署の業務内容に気が乗らない場合は、異動を考えるのもおすすめです。

他の企業・業界への転職

今の職場で能力不足の克服が難しい場合は、他の企業・業界への転職を考えるのも1つの方法でしょう。特に今いる会社の社風が自分に合わないのであれば、転職がおすすめです。

転職先を探す際は、エージェントの適性診断を受けると良いでしょう。自分でも気付かなかった面も見つかる上、適した職種や業界などを探す際にも役立つためです。

なお転職活動では今までの経験や能力を過大にアピールしないように注意が必要になります。あまりにも盛ってしまうと、新しい職場で苦労して能力不足を感じやすいためです。

他の働き方に転身する

職場よりも会社員としての働き方に疑問を持ったり苦痛を感じたりする場合は、他の働き方を検討すると良いでしょう。具体的にはフリーランスや起業などの雇われない働き方です。

特に組織の一員として動くことや会社の慣習に嫌気が差す場合におすすめでしょう。一方で営業や税金申告なども自分でしなければいけない点に注意です。

なお退職する際は引継ぎなどをきちんとしてから去るべきでしょう。現在の職場が次のクライアントになるケースも十分あり得るためです。

仕事での能力不足でクビになる可能性は低め

仕事での能力不足でクビになる可能性は低め

仕事での能力不足でクビになる不安を抱える人もいますよね。ただ能力不足を理由に解雇される可能性は低めです。能力不足による解雇は程度のひどい成績不良とみなされる必要があります。

少なくとも一般的に良く見られるミスや課題の未達成は程度のひどい成績不良とみなされないため、解雇は認められません。最悪の場合でも役職を解任される程度でしょう。

ただ会社に大きな損害を与えるほどの能力不足である場合はクビになる可能性があります。他にも試用期間中の能力不足が著しい場合も解雇の可能性があるため、注意が必要です。

仕事での能力不足に悩んでばかりいると鬱病のリスクもある

仕事での能力不足に悩んでばかりいると鬱病のリスクもある

仕事での能力不足が辛いことに日頃悩んでいる人もいるでしょう。しかしいつまでも悩んでいると、鬱病などのリスクがあります。

能力不足で悩むことは自分を責めたり傷つけたりすることと同じで危険です。自己肯定感が低くなる分、自信を失って能力も発揮できなくなるでしょう。

能力を発揮できない分、自分を追い詰めることになるため、最後はメンタルを病んでしまいがちです。精神疾患になると回復に年単位の時間を要します。

貴重な時間や人生を大切にする意味でも、能力不足で悩みすぎないように気を付けるべきでしょう。

まとめ

今回は仕事での能力不足が辛いと感じる場合の対処法を見てきました。社会人として活躍していると、多かれ少なかれ自らの能力不足で悩むケースがあります。

ただ能力不足であることを理解した上で、上司などに相談したり自ら学んだりすれば克服できるでしょう。もし今の部署・職場で難しい場合は、移動や転職なども選択肢です。

能力不足で悩むケースは誰にでもあり得る一方、うまく対処すれば大きく成長できます。能力不足をチャンスにして自らを振り返ったり成長のきっかけにしたりしてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる