仕事で怒られてばかりで辛い場合の対処法を解説!年代別対策も紹介

誰もが仕事をしていると、ミスなどが原因で怒られるケースに遭遇します。人間である以上ミスは避けられないものの、あまりにも怒られてばかりいると辛い気持ちになりますよね。

そしてできれば怒られてばかりいる現状を何とかしたいという気持ちも強いでしょう。実は怒られがちな現状に対する対策は多く、簡単にできるものもあります。

今回は仕事で怒られてばかりで辛い場合の対処法を解説しましょう。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 日頃仕事で怒られてばかりで辛い気持ちの人
  • 怒られてばかりいる現状に不満があり、転職も検討している人
  • 仕事で怒られた場合の上手な対処法を知りたい人
目次

仕事で怒られてばかりいる人の特徴5選

職場で上司や先輩などから怒られてばかりいると、ストレスが溜まったり落ち込んだりしますよね。怒られてイライラするあまり、会社に不満を抱く人もいるでしょう。

しかし会社で怒られてばかりいる人には、いくつかの似通った特徴があります。以下に挙げる特徴を見てみて、自分が当てはまらないか確認してみると良いでしょう。

約束や時間を守れない人

まず約束や時間を守れない人です。具体的には遅刻が多い人や期限までに書類などを提出できない人などが当てはまります。

約束や時間を守ることは、社会人として最低限のルールです。同時に仕事以外の人間関係でも約束などを守れない人は信用されにくいでしょう。

仕事に携わる立場としては、約束や時間の厳守は最低限求められるため、日頃から遅刻などが目立つ場合は直ぐにでも改めるべきです。

同じミスを繰り返す人

また同じミスを繰り返す人も怒られやすいと言えます。人間である以上、ミスの発生は避けられないため、1度や2度であれば軽く叱られる程度で済むでしょう。

しかし同じミスを何度も繰り返した場合、「学習能力がない人間」として信用や評価が下がってしまいます。最悪の場合、降格や減給もあり得るでしょう。

ミスが多い場合は、指摘された点をメモする癖を付けることが大切です。メモを心掛けるだけでも、ミスの再発を防止する上で有効と言えます。

態度やマナーの悪い人

さらに日頃から態度やマナーの悪さが目立つ人も怒られやすいです。具体的には横柄な態度が目立つ人や相手の話をきちんと聞いてない人などが挙げられます。

態度やマナーの悪さが目立つ場合、相手にとっては軽く扱われたり侮られたりしていて気分が悪くなりやすいです。取引先の人間が相手の場合は、会社に大きな損失を与えるケースもあります。

普段の立ち居振る舞いや服装などを確認してみるのもおすすめです。マナーや態度の悪さは意外と自覚しづらい分、怒られる原因である場合があります。

挨拶や報連相がない・声が小さい人

挨拶や報連相(報告・連絡・相談)がない人、声が小さい人も怒られやすいケースです。いずれも業務を円滑に進めるだけではなく、仕事人として生きる上で基本的なマナーと言えます。

いずれも基本中の基本である分、普段からしっかりこなせていないとやる気のなさを印象付けることになるでしょう。加えて上司や同僚を不愉快な気分にする原因にもなります。

コミュニケーション能力や協調性は仕事で最も重要なスキルです。声の小ささを指摘される場合は、今からでもはきはきした受け答えを意識するべきでしょう。

言い訳が多い人

最後に言い訳の多い人も仕事の中で怒られやすいです。言い訳が多さを通じて、自身の仕事に対して無責任な態度や他人のせいにする姿勢が鮮明で醜く見えます。

特に他人のせいにする姿勢は、自分の非を認めようとしないことでもある分、上司や責任転嫁された人をより嫌な気分にさせてしまうでしょう。部署内の和を乱す原因にもなります。

人間関係の悪化は仕事の進捗にも悪影響を及ぼす行為です。上司などから怒られたり指摘されたりしたら、自分の非をきちんと認めて再発防止に取り組むべきでしょう。

仕事で怒られにくい人の特徴5選

仕事で怒られやすい人がいる一方、怒られにくい人もいます。怒られやすい人にとっては羨ましいと感じたり憧れたりする存在ですよね。

仕事で怒られにくくなるには、あまり怒られない人の特徴を知ると良いでしょう。彼らの主な特徴が以下の5点です。

自己肯定感の高い人

怒られにくい人の特徴として、まず自己肯定感が高い人が挙げられます。自分に自信を持っている分、普段から堂々としており、声も大きいです。

他人に対する態度の面でも、自らのありのままを認めつつ、非を認めるべきところで謝罪できます。立ち居振る舞いの面で清々しく見える分、周りの人からも好感を得やすいです。

自己肯定感の低い人と異なり、上司などが苛立つことも少ない分、怒られにくくなるでしょう。

成果を確実に出す人

また仕事の中で成果を確実に出す人も怒られにくいです。会社員などが仕事の中で最も求められることをきちんとこなしている分、上司や先輩からも好意的に評価されるでしょう。

仮に出した成果の中で改善すべき課題があって怒られても、将来に対する期待が込められているケースも多いです。また些細なミスについてはある程度大目に見てもらえます。

なお大きな仕事だけではなく、掃除や簡単なデータ整理などのささやかな雑務でもきちんとこなせば評価されやすいでしょう。

やる気や積極性に溢れている人

さらにやる気や積極性に溢れる人も怒られにくいです。熱意やモチベーションのある人が積極的に行動する様は、上司にとっても応援したくなります。

成果を出す人の場合と同じように失敗や改善点で怒られるケースはあっても、成長を期待してのことです。上司たちが応援の意味で温かく見守っていると考えて良いでしょう。

愛嬌のある人

愛嬌のある人も怒られにくい人の特徴に当てはまります。部署内でのムードメーカーとして、普段から笑顔で明るく振舞っているためです。

明るさや笑顔が目立つ人がミスを犯しても、上司は激しい剣幕で怒る気にはなれません。ある程度柔らかい言動で注意する程度に収まるでしょう。

気持ちの切り替えができる人

最後に気持ちの切り替えができる人も怒られにくいです。ミスや失敗を指摘されても、すぐ謝罪や感謝の気持ちを伝えることで前向きさをアピールできます。

加えて上司も部下が気持ちを切り替えた姿を見れば、怒ったことに後悔せずに済むでしょう。場の雰囲気もあまり暗くならずに済むため、全体のモチベーションも下がりにくいです。

逆に切り替えができないと、上司との関係で悪い影響が出るだけではなく、余計上司を苛立たせる原因にもなります。気持ちの切り替えは怒られにくくなる上で重要な要素です。

仕事で怒られてばかりいる場合の対処法6つ

実際に職場で上司に怒られてばかりいる場合、適切に対処で怒られる回数を減らすこともできます。おすすめの対処法は、以下にご紹介する6つです。

まずは素直に謝る

もし怒られた場合は、まず素直に謝るのが一番でしょう。素直に謝ることは、自身の過ちを認める最善の表現方法と言えます。

素直に謝る場合のポイントが、言い訳や責任転嫁をしないことです。言い訳や責任転嫁をすれば、逆に上司などの怒りを増大させてしまいます。

失敗やミスについて叱られるなどした場合は、すぐに謝罪することがおすすめです。

怒った相手に感謝の気持ちを示す

謝罪とともに怒った相手に感謝の気持ちを示すことも重要になります。怒ったり説教したりすることは、思っている以上にエネルギーが必要になるためです。

上司も本当は怒りたくないにもかかわらず、部下の成長や将来を期待するために怒ります。加えて上司が怒った後で悔やんでいるケースも多いです。

怒った相手に対して感謝の気持ちを示すことは、上司との関係を改善するだけでなく、教訓を今後に生かす意思表示にもなるでしょう。

明るく振舞う・怒られたことを引きずらない

明るく振舞ったり怒られたことを引きずらなかったりすることも有効な対処法です。逆に落ち込んだり説教について引きずったりすると、上司や同僚が暗く落ち込む可能性もあります。

加えて上司が気まずく感じると、仕事を進める上でも支障をきたすでしょう。後々の業務に悪影響を残さないためにも、早々と割り切ることも大切です。

明るい振舞いなどを意識していれば、暗い雰囲気を吹き飛ばして気持ちも切り替えられるでしょう。

気分転換する

怒られた直後は気持ちが沈むなどして中々立ち直れない人もいますよね。もしすぐ立ち直れない場合は、気分転換すると良いでしょう。

気分転換はなるべく短時間で気持ちを切り替え、改めて成果を出せる状態にする上でおすすめです。ちょっとした休憩を取ったりマインドフルネスしたりするのが有効でしょう。

気分が落ち着いたところで上司に感謝の気持ちを伝えるのもありです。上司も再度頑張る姿勢を認めた上で、色々と応援してくれるようになります。

怒られた内容・理由に向き合う

怒られた内容や理由に向き合うことも欠かせません。再びミスなどをしないように問題の原因や内容を把握し、改善策を考えることは重要です。

タイミングとしては、少し気持ちが落ち着いた段階が良いでしょう。怒られた直後では頭も心も混乱している分、怒られた内容に向き合いにくいためです。

わからないことがある場合は、少し時間を置いてから上司などに相談すると良いでしょう。再発防止に前向きな姿勢を示すことも大切です。

怒った上司などの気持ちを考える

最後に上司の気持ちを考えることもポイントになります。上司もできれば怒りたくない中で、部下の成長を願って一生懸命に怒ってくれているためです。

逆に上司を敵視することは避けるべきでしょう。敵視した状態が続くと上司との間にわだかまりが残って、仕事を進める際の壁になります。

むしろ上司の説教は応援の気持ちが込められたものだと考えれば、怒られてもあまり落ち込むことはありません。

年代別仕事で怒られてばかりいる人の対策

仕事の中で怒られることは、年代を問わず誰にでもあり得ます。ただ怒られることへの対策は年代によって様々です。

年代別に仕事で怒られてばかりいる場合の対策を見ていきましょう。

新人社員の場合:成長に対して積極的になる

新人社員の場合は入社から日が浅い分、不慣れさもあって怒られることも多いです。新入社員については、成長に対して積極的になることが対策と言えます。

上司や先輩が新入社員に対して叱る理由は、多くの場合で将来的な成長に期待するためです。期待しているからこそ手を抜かない態度で臨もうとします。

成長を期待されている以上、新入社員の側も成長への貪欲さを示せば、上司たちも熱烈に応援してくれるでしょう。仕事ができるようになれば、怒られてばかりの状態からの解放も可能です。

会社で新人が放置された場合の対策を解説!原因も合わせて紹介!

20代の場合:仕事を完璧にこなそうとしない

入社からある程度の年数が経てば、仕事にも多少慣れてくるようになります。20代でできる対策は、仕事を完璧にこなそうと無理しない点でしょう。

仕事にある程度慣れてきたとはいえ、先輩社員などから見ればまだまだ経験が浅いためです。経験が不足している分、ミスで怒られるケースも多いでしょう。

20代のうちは6~7割程度の成果を残し、残りは上司などに助けて貰うのがおすすめです。足りない点は成長するための課題と考えると、周りからも応援して貰えるでしょう。

30代の場合:不安に対して身構えない

30代になれば役職者としてチームを率いるケースもある分、責任も大きくなります。そして30代社員が怒られてばかりいる場合は、不安に対して身構えないことです。

不安は9割以上の確率で発生しないとされるため、取り越し苦労に終わりやすいと言えます。仮に怒られることを恐れていても、多くの場合で不安のうちに終わるだけでしょう。

もし怒られる不安がある場合は、一度紙に不安の内容と結果を書き出すと良いです。ほとんどの場合で不安が実現しないことを感じられるでしょう。

40代・50代の場合:ミスに対して建設的に考える

40代や50代の中年層も若手より経験があるとはいえ、ミスする場合もあります。もしミスしてしまった場合は、考え方を変えることがポイントです。

ミスが発生した事実は変えられないものの、ミスに対する今後の対処法は考えられます。ミスに対して恐れることなく建設的な姿勢になるだけでも、果敢に挑戦しやすくなるでしょう。

40代以上の場合は、役職だけでなく役員に就く人もいます。会社の経営に関わっていく分、ミスに対する前向きな姿勢も重要です。

仕事で怒られてばかりで辞めたい気持ちが強い場合の対策4選

仕事で怒られてばかりいることが原因で、職場を辞めたい気持ちが募っている人もいますよね。ただ一度会社をを辞めた場合、新しい職場への転職を実現するには時間がかかります。

もし辞めたい気持ちが強くなった場合は、以下のような方法がおすすめです。

怒られる理由に理不尽さがないか振り返ってみる

まず怒られる理由に理不尽さがないか振り返ってみると良いでしょう。自分の中に思い当たる原因がある場合は、単に改善するだけで解決します。

しかし理不尽さが目立つ場合は注意が必要です。理不尽な叱責を受ける原因として、対象が言われやすい人である点や上司が気分屋である点などが挙げられます。

もしあまりにも理不尽に説教を受ける場合は、さらに上の役職者に相談すると良いでしょう。信用できる相談窓口の利用もおすすめです。

家族や同僚などに相談してみる

また家族や同僚などに相談するのも1つの手でしょう。特に怒られてばかりいて、出勤さえ難しく感じる場合におすすめです。

親しい人に気持ちを打ち明けるだけでも気分が晴れるでしょう。加えて理不尽に叱られている現場を目撃している同僚がいる場合、相談相手に選ぶのもありです。

客観的な立場で判断しつつ辛い気持ちを共有して貰える上、理不尽さを訴える際に証人になってくれるケースもあります。

理不尽さを感じる場合は専門医などに相談する

あまりにも理不尽に叱られるあまり、心身に不調を感じる場合は専門医に相談することもおすすめです。症状によっては休職を勧めてくる場合もあるため、会社から離れられることもあるでしょう。

仮に休職に至らない場合でも、専門家の立場から理不尽な説教に対するケアをして貰えます。加えて理不尽に叱られる状態を乗り越えるためのアドバイスも得られやすいです。

転職を検討するのもおすすめ

叱られてばかりいる状態があまりにも嫌な場合は、転職も検討すると良いでしょう。転職エージェントなどのプロに現状を相談したり、スキルや希望の条件に合う求人を探したりできます。

転職エージェントを選ぶ際は、なるべく複数の業者に登録すると良いでしょう。中でもリクルートエージェントは求人数が業界最大級である分、自分に合った求人を見つけやすいです。

まとめ

今回は仕事で怒られてばかりいる場合の対策について色々と見てきました。怒られやすい原因は理不尽な場合も含まれる一方、意外と自分の態度にあるケースも多いです。

もし怒られた場合は、素直に謝罪したり気持ちを切り替えたりすると良いでしょう。ただあまりにも理不尽さを感じる場合は、周りの人に相談や転職の検討もありです。

仕事の中で怒られることは働いていれば誰にでもあり得ます。ただ気持ちの切り替え方などを理解していれば、多くの場合で乗り越えていけるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる