楽に生きるためにおすすめの仕事とは?精神的に楽に生きることはできる

「あまり苦労することなく楽に生きられたらどんなに良いことか」と感じる人もいますよね。できれば仕事も楽してお金を稼げたらと思う人もいるでしょう。

さすがに楽して高収入という仕事はほとんどないものの、楽に生きるために仕事の中で工夫することはできます。精神的に少しでも楽になれば、生きやすさも感じられるでしょう。

今回は楽に生きるためにおすすめの仕事や、楽に生きるために仕事でできることをご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 日々仕事の中で苦労して疲れ果てている人
  • 仕事の中で少しでも楽になれるように工夫したい人
  • 極力苦労の感じられない仕事を探している人
目次

楽に生きることや仕事から逃げたいと思うことは悪いことではない

楽に生きることや仕事から逃げたいと思うことは悪いことではない

「楽に生きたい」と考えたとき、「自分はなんて根性がないんだろう」と責めてしまいますよね。しかし楽を追い求めたり仕事から逃げだしたかったりすることは、ごく自然な感情です。

同時になるべく楽な生き方を大切にしようとする人も増えています。

楽な生き方や仕事からの逃げを求めるのは本能によるもの

日々の仕事で辛い思いをしたり疲労が溜まっていたりすると、つい楽な方向に逃げようと考えるでしょう。実は楽な生き方や仕事からの逃げを求めるのは、本能によるものです。

人間を含めた動物は身の危険を感じたとき、生存を優先するために安全な方向に逃げようとします。仕事で苦痛を感じる場合も、楽なやり方や仕事をしないで済む方法を模索しがちです。

仕事自体は多かれ少なかれストレスや苦痛を感じやすい分、楽な生き方などを追い求めようとすることは悪いことではありません。

実際に楽な生き方を大切にする人は増えている

加えて近年の日本でも、楽な生き方を大切にする人は増えています。具体的には高収入や高い地位への出世よりも、自分のプライベートを充実させることを重視する生き方です。

内閣府が2017年度に行った調査によれば、対象の1万人のうち約64%の人が仕事よりプライベートを優先する結果が出ています。2011年度の調査時で約53%であるため、数年で1割程度の増加です。

また日本人の総労働時間も1990年に2,031時間だったのが、約30年経過した2018年には1,680時間にまで減りました。働き方改革の影響もあるものの、かつてほど仕事を重視しなくなったと言えます。

バリバリ仕事して高い収入や地位を確保するよりも、自分らしさやあくせく働かない生き方を重視する人が増えてきていると言って良いでしょう。

楽な生きることを大切にしながら今の職場で仕事する方法6つ

楽な生きることを大切にしながら今の職場で仕事する方法6つ

人生を楽しむのであれば、なるべく楽な生き方をしたいのが本音ですよね。ただ生きていくにはまとまったお金が必要であるため、仕事もこなす必要があります。

加えて今の職場を辞めることは簡単ではあるものの、転職先を見つけるまである程度の苦労があるのも事実です。なるべく今の職場で楽に生きることを大切にできる方法をご紹介します。

仕事をあくまでも「生きるための手段」と考える

まず仕事に対して、あくまでも「生きるための手段」と考えると良いでしょう。仕事=目的と考えると、ミスなどをした際に強い自責の念に駆られ、精神を病む要因になりかねません。

「仕事はお金を得るための手段に過ぎない」と考えれば、何かあった場合でもあまり気に病まずに済みます。同時に自分の時間を大切にしたり、合わない職場から転職したりできるでしょう。

仕事を1つの手段に過ぎないと考えると、自分自身を大切にすることにも繋がります。長時間労働や厳しいノルマに向き合う必要性も感じにくくなるため、仕事を楽に思えるようになるでしょう。

定時退社や趣味の充実などでプライベートを大切にする

また今日からできる方法として、定時退社や趣味の充実などがあります。退勤時刻になった途端にすぐに帰宅するようにすれば、プライベートの時間を十分に確保できるでしょう。

毎日十分なプライベートの時間を確保できれば、仕事のことを忘れてのんびりできる上、心に余裕も生まれます。加えて時間を忘れられる趣味があれば、ストレスの軽減もしやすいです。

家に帰った後の楽しみがあれば、毎日の仕事への向き合い方も変化します。オフの時間の楽しみがあることで、仕事に集中したり残業を断りやすくなったりするためです。

自分のペースを優先しつつ出世や高年収にこだわらない

同時に自分のペースを優先しつつ出世や高年収にこだわらない点もコツと言えます。出世は快適な生活に繋がるものの、途中様々な点で自分を犠牲にすることになるでしょう。

出世を気にすると、関わりたくもない人間と付き合ったり好きでもない上司と仲良くしたりする必要があります。飲み会など気を使う場面が多い分、心身が疲弊しやすいです。

しかし出世や高年収にこだわる代わりに自分のペースを大切にすれば、心身の疲労もあまり大きくはなりません。出世から遠ざかる可能性はあるものの、人生を充実させられるでしょう。

同僚などと比較しない

さらに同僚と比較しないことも大切です。同僚を含めた他人と自分を比べても、劣等感が増すだけでメリットがほとんどありません。

特に疲れていたり自己肯定感が低くなっていたりするときに優秀な同僚と比較すると、落ち込みでメンタルを病む場合もあります。最悪の場合、仕事どころではなくなることもあるでしょう。

周りと比較するよりも、自分のペースを確認することが大切です。そして自分にしかできない仕事のやり方を考えて実行すれば、より仕事を楽に感じられるようになるでしょう。

上司と相談して在宅ワークを認めて貰う

職場の人間関係が苦手で仕事が苦痛に感じる人もいますよね。もし可能であれば、上司と相談して在宅ワークを認めて貰う方法もおすすめです。

在宅ワークの場合、基本的に他人と顔を合わせずに作業するため、人付き合いが苦手な人でも仕事しやすいでしょう。満員電車に揺られずに済む点も大きな利点です。

加えて通勤時間もほぼ0分のため、プライベートでの趣味や家事の時間も十分に取れます。在宅ワークは導入する企業も増えてきているため、一度上司に相談すると良いでしょう。

マニュアル化やテンプレートで作業を楽にする

実際の作業をマニュアル化やテンプレートによって楽にする方法もおすすめです。マニュアル化などでやり方を整理したりまとめたりしておけば、抵抗なく作業に取り組めます。

実際の作業にかかる時間も短くできる分、負担も軽減できるでしょう。やり方を考える段階も省略しやすいため、メンタル面での疲れも溜まりにくいです。

今の職場で仕事が楽にならない場合の対処法5つ

今の職場で仕事が楽にならない場合の対処法5つ

職場環境によっては、今の職場で仕事が楽にならない場合もありますよね。もし今の職場で仕事が楽になりにくい場合は、以下に挙げる5つの対処法を試してみてはいかがでしょうか。

自分の性格や適性に合う仕事に転職する

まず自分の性格や適性に合う仕事に転職する方法です。慢性的な長時間労働や厳しいノルマなど耐えられない職場環境の場合は、心身のことを考えて転職するべきでしょう。

転職へのハードルは一昔前よりもずっと低くなっている上、残業時間の短さなどで有名な企業も多いです。残業時間が短ければ早く退社できる分、プライベートに時間を割けられます。

求人を探す際は労働環境を軸にすると良いでしょう。なお「転職先の実態がブラックだった」という事態を避けるため、事前に口コミサイトなどでチェックしておくべきです。

趣味を優先できる仕事ができる職場を探す方法もあり

趣味を優先できる職場を探すのも良いでしょう。主にワークライフバランスの取りやすさや休暇を奨励する企業などがおすすめです。

他にも自分の趣味を活かせる仕事も探せばあります。例えば映像制作が好きであればYouTuber、ゲームが好きであればゲーム会社という具合です。

せっかく転職活動するのであれば、なるべく納得のいく職場を見つけたいですよね。趣味を優先したり活かしたりできるという軸で探すのも1つの手です。

上司などの指図を受けたくない場合はフリーランスや自営業者もあり

上司や先輩からいろいろ指図されたり口出しされたりすることに苦痛を感じる人もいるでしょう。もし指図を受けたくない場合は、フリーランスや自営業者という選択肢もあります。

いずれも自分で仕事の内容やこなす量、業務時間などを自由に決められる点がメリットです。特に他人の視線や介入を気にせずに仕事したい人には向いています。

体調や作業量、納期までのスケジュールなどで自己管理は欠かせません。ただ自分で色々決められる分、ストレスを感じにくいでしょう。

派遣社員など正社員以外の雇用形態で仕事する

正社員以外にも派遣社員などの雇用形態で仕事する方法もあります。派遣社員などは正社員に比べてあまり残業がない分、プライベートの時間を確保しやすいです。

業務内容も簡単にできるものも多い分、作業の複雑さに悩みにくいでしょう。加えてシフトを自由に組める点でも、時間やスケジュールに融通を利かせられます。

正社員以外の雇用形態であれば、派遣社員と別の副業など働き方も自由に組み合わせやすいです。工夫次第で正社員以上に収入を増やすこともできるでしょう。

不労所得が得られる収入源を持っても良い

働かないで収入を得る不労所得の手段を持つのもありです。ある程度の稼げる仕組みを作っておけば、文字通りあまり負担を掛けることなく収入を得られます。

不労所得の代表例が、家賃収入や印税収入です。もし両方ともハードルが高そうに思えるのであれば、古い本などのせどりも1つの手でしょう。

他にもお金に余裕がある場合は、株などの投資という方法もあります。最近ではワンコインで始められるものもあるため、小遣い稼ぎのレベルからスタートしやすいです。

ニートになって一時的にのんびりする

働くことに疲れてしまった場合は、ニートとして一時的にのんびりすると良いでしょう。仕事での重圧感やストレスからも解放される上、趣味に没頭できる時間を多く得られます。

ニートの期間を利用して、旅行など今までできなかったことでリフレッシュするのもおすすめです。自分と向き合いつつ、再スタートの日に向けて英気を養えます。

新しい資格の取得や職業訓練もおすすめ

ニートになると時間の余裕も出てくるため、スキルアップもしやすいです。スキルアップするのであれば、新しい資格の取得や職業訓練が良いでしょう。

新しい資格を取得していれば、転職活動でも有利に働きます。また空白期間があっても資格の取得を理由にすることも可能です。

他にも職業訓練は、失業保険を給付しながらスキルを身に付けられます。給付対象ではない場合も専門の給付金を受給できるため、お金の心配も軽減できます。

人生を楽に生きるための仕事を見つけるには自分を知ることが大事

人生を楽に生きるための仕事を見つけるには自分を知ることが大事

人生を楽に生きられる仕事を見つけられれば、プライベートなどもより充実できるでしょう。ただ適切な仕事を見つける前に、自分について良く知ることが大切です。

自分について知り、楽に生きるための仕事に繋げるためには、以下にご紹介する3つの方法がおすすめでしょう。

転職エージェントやハローワークのキャリアカウンセリングを受けてみる

まず転職エージェントやハローワークのキャリアカウンセリングを受けてみる方法があります。アドバイザーとのやり取りを通じて診断する分、実用的なアドバイスを受けられるでしょう。

特に転職エージェントについては、業者により優秀かつ業務経験や専門知識に長けたコンサルタントも多いです。気になる業界や職種などがあれば、積極的にサポートを依頼すると良いでしょう。

もちろん職種などが決まっていない場合も、性格などの診断も可能です。自分の性格をもとに理想の働き方を見つけるのも1つの手と言えます。

転職サイトの適職診断を受けても良い

他にも転職サイトの適職診断を受けるのもありです。精度が高い診断もあるため、コミュニケーションを通じて診断して貰うことに消極的な人も抵抗を感じないでしょう。

特にリクナビNEXTのグッドポイント診断は、ストレングスファインダー並みに的確な診断結果を表示します。しかも無料で受けられるため、軽い気持ちでも診断して貰いやすいです。

他にもミイダスのように理想の働き方を判定するサイトもあります。指摘などを恐れがちな人でも安心して使える方法です。

リクナビNEXT(ネクスト)の評判の良い悪いは?スカウトも紹介!

趣味を仕事にする方法も考えてみる

趣味など自分の好きなことを仕事にするのも良いでしょう。最近ではインターネットの発達で、自分の趣味などを仕事化することも随分と簡単になってきました。

特にクラウドワークスなどの大手クラウドソーシングサイトでは仕事にできるカテゴリも豊富です。加えてブログや動画チャンネルなどを立ち上げて収入にする人も増えています。

趣味などでまとまった収入を稼ぐには時間はかかるため、最初は副業の一環として始めるのがおすすめです。まとまった収入になりそうであれば、独立を考えて良いでしょう。

まとめ

今回は楽に生きる上でおすすめの仕事について見てきました。基本的には今の職場でも楽に生きられる工夫をすることは可能です。

ただ今の職場で仕事を楽にしづらい場合は、転職や独立などの方法をとると良いでしょう。転職などの際に自分について知ることも大切です。

現在では働き方の選択肢が多い分、仕事面で楽に生きるための方法もたくさんあります。自分の性格や特性を把握した上で、理想的な仕事や働き方を探したり、工夫をこなしたりすると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる