ウズキャリ(UZUZ)の評判と口コミは?メリットや利用方法を徹底解説

就職活動中の方の中には、「ウズキャリ(UZUZ)」を利用しようか迷っている方もいるのではないでしょうか。就職エージェントにはそれぞれ特徴があり、サポート内容や保有求人数なども異なります。

就職エージェントを利用する前には、口コミや評判を確認して自分の希望に合うところを選びましょう。そこで今回は、ウズキャリのメリットや評判、利用方法について詳しく解説します。

目次

ウズキャリ(UZUZ)とは

ウズキャリは、第二新卒やフリーターなど職歴の浅い20代の方をメインに求人紹介している就職エージェントです。2012年にできたばかりの新しい就職エージェントなので、大手のエージェントに比べると実績は多くないものの、ベンチャー企業らしい勢いがあります。

また、ウズキャリの運営企業であるUZUZで働く社員は28名いますが、第二新卒の方ばかり=一度は社会の挫折を味わっている方が多いため、共感性の高いサポート体制に定評があります。

ウズキャリの面談拠点は「東京」と「大阪」のみなので、大都市圏に住んでいる方は利用しやすいでしょう。

新しい会社だからこそ、丁寧にサポートしてもらえそうな印象です。

ウズキャリ(UZUZ)の5つのメリット

就職エージェントごとにメリットを比較することも大事です。ウズキャリのメリットは5つあります。

サポートが充実している

充実したサポート体制は、ウズキャリの一番大きなメリットです。ウズキャリには無料で利用できる「職業訓練コース(ウズウズカレッジ)」があります。

ウズカレにはインフラエンジニアとSEのコースがあり、IT関係の知識やスキルを身に付けることができます。ウズカレに通った方の満足度は5段階中「4.42」、就職後の定着率は97.3%です。ウズカレを通して就職が決まった方は以下のような大手企業にも就職しています。

  • 毎日新聞
  • 読売新聞
  • AbemaTV
  • クローズアップ現代 など

(参考:ウズウズカレッジ「パフォーマンスデータ」)

IT系の求人が多い

IT関係の知識やスキルを学べる職業訓練コース「ウズウズカレッジ」がある影響からか、ウズキャリではIT関係の求人数が多くなっています。

順位 業界 職種
1位 ソフトウェア・通信(40.4%) 情報処理(49.3%)
2位 サービス・インフラ(20.2%) 営業職(30%)
3位 広告・マスコミ(15.7%) 製造技術職(9%)
4位 メーカー(8.9%) その他(11.7%)
5位 商社・小売り・金融(14.8%)

(参考:株式会社UZUZ「紹介先職業・業種分布」)

IT系の仕事は、接客や営業ほど人と関わらずに仕事をできる職種です。コミュニケーションが苦手でニートを続けている方や、人間関係が原因で会社を辞めた方でも安心でしょう。

面接対策があるから安心

書類の添削や面接対策にも力を入れているところも、ウズキャリのメリットの一つです。第二新卒やフリーターなど、職務経験の少ない方は、キャリアを積んで転職する方に比べると書類の面では劣ってしまいます。そういった「経験」の部分を、人柄や積極性など個人の能力でカバーできるようにサポートしてくれるので安心して就活を進められるでしょう。

また、自分では気づかなかった長所や短所も冷静に分析したもらうことができるので、自分だけの力で就職を目指すよりも就職率があがります。マイナビの調べによると、ウズキャリの内定率は86%ですが、自力で就活を行った既卒者の内定率は45%です。

離職率の高い職業は紹介なし

ウズキャリから就職が決まった方の定着率は93%以上といわれています。これは、ウズキャリがブラック企業の求人を排除しているためです。ウズキャリの公式サイトでは、以下のような審査基準を公表しています。

  • 離職率が高い
  • 残業時間が慢性的に長い
  • 社会保険に加入有無
  • 求人情報との差異
  • ハラスメントの有無
  • 雇用形態

ウズキャリの審査基準をクリアした求人しか紹介しないので、安定した会社に就職できる確率が上がるでしょう。自分で求人を探す場合は、自分でブラック企業を選別しなければなりませんが、ウズキャリではその手間がなくなります。

ニートやフリーターの内定率が良い

ニートやフリーターの内定率が高いのも、ウズキャリの特徴の一つです。未経験からでも応募しやすい求人をメインに取り扱っています。ウズキャリと取引している会社は1,500以上といわれており、数はそこまで多くないものの、1つ1つを厳選しているので安心して就活できるでしょう。

ウズキャリの求人はブラック企業を排除しているので、就職後の定着率が良いのかもしれません。

ウズキャリ(UZUZ)の4つのデメリット

メリットが多いウズキャリですが、中には気になるデメリットもあります。ここでは、ウズキャリのデメリットを4つご紹介します。

職種をあまり選べない

ウズキャリは、IT関係の求人が多くなっています。ウズキャリを利用して「接客」や「事務」「秘書」などのジャンルに就職するのは難しいかもしれません。ただ、口コミの中には「事務職に就職できました!」といったものもあったので、可能性が0というわけではないでしょう。

ウズキャリはIT関係に就職したい方にはメリットですが、そうでない方には「求人が偏っている」といった印象になる可能性があります。ただし、どの就職エージェントにも多少の偏りはありますので、就職エージェントの企業調査をしっかりと行ってから会員登録しましょう。

対象年齢は20代まで

ウズキャリの対象年齢は、18歳~29歳までです。また、「高卒以上」といった条件もあります。未経験からでも始められる仕事は、20代を対象にした求人が多いので、このような条件が設定されていると考えられます。

ただ、学歴に関しては他の就職エージェントの基準と比較するとやや厳しめです。一般的には、「不問」や「中卒以上」になっていることが多いでしょう。

拘束時間が長め

ウズキャリのモットーの一つに「他社の10倍時間をかける」というものがあります。就職エージェントにとっては非効率的なため、求職者のために行っているサービスと言えますが、それでも拘束時間が長くなることにデメリットを感じる方もいるでしょう。

特に初回カウンセリングは2時間かけれ行われます。これまでの経歴や希望の仕事内容についてしっかりと聞いて聞いてくれるので、ミスマッチは起こりにくいですが、拘束時間が長いことに辛さを感じる場合は、事前に相談しましょう。

地方の求人が少ない

面談場所が東京都大阪に限られることもあり、地方在住の方は利用しにくいかもしれません。就職活動のサポート対象地域は全国になってはいますが、やはり求人数は東京や大阪が多くなっているようです。

時間的な余裕のある、大都市圏在住の20代の方は利用しやすいでしょう。一方、地方在住者やIT関係以外の仕事に就きたい方には向かないかもしれません。

ウズキャリ(UZUZ)の評判と口コミ

ウズキャリはメリットが多い就職エージェントですが、利用する前には実際に利用した方の口コミや経験談も確認しましょう。ここでは、ウズキャリの良い評判と気になる評判をご紹介します。

良い評判

みんなの評判ランキング

就職エージェントの口コミが多数載っている「みんなの評判ランキング」で、口コミを調べました。

カウセリングからアドバイス、面接練習を行って戴き利用前よりも確実に自信を着けることが出来ています!面接練習以外にも勉強会や自習スペースも提供していただけるので活用し放題です。1人での就活は不安だらけで脚がガクガクプルプルでしたが、UZUZさんに出会って段々と不安を払拭する事が出来ています。

最初の面談では世の中にはどんな求人があるかとか、新卒の就活との違いとか、基本的なところから図に描きながら教えてくれました。ここまで教えてもらえるとは思っておらずとても助かりました。面接対策は本当に手厚いです。1企業ごとにやってくれます。大学のキャリセンとかでやるようなそれっぽいやつを想像して行ったんですが、全然違いました。その企業ならではの特徴や受ける職種のポイントを教えてくれます。ここまでやってくれるところって他にはあまりないんじゃないかと…

私は、自分がちゃんと就職できるのかとても不安だったのですが、UZUZの方は一からサポートしてくれました。はじめに電話対応していただいた方もとても丁寧でホッとしたのを覚えています。LINEでいつも素早く連絡をくださって、安心感がありましたし、スムーズに企業エントリーも進みました。本当に感謝したいです。

Twitter

正直な感想やつぶやきがのぞけるので、Twitterでも検索しました。

私が調べていた中では、サポート体制が整っていて、就職活動がスムーズに進んだという口コミが多かったです。「厳選された求人だけを紹介してくれた」「丁寧に面接練習をしてくれた」といった内容に関する書き込みが多いのも印象的でした。

悪い評判

気になる口コミもありましたので、確認していきましょう。

みんなの評判ランキング

「ブラック企業排除!」を売りにしてるが、求人は人売りITしかないです。求人数は少ないですし、ここにある求人は大手にも必ずあります。良いところは面接サポートが手厚いところくらいです。

このご時世なので電話での面談でしたが、後ろの人の声が普通に聞こえてきました。あと、担当者のノリが軽くて印象が良くなかったです。前職がIT関連だったのでIT関連の仕事はやりたくないと言ったのですがそれでも他の方と同様にIT関連のSEなどを勧められました。

なんだかんだで説明して、IT関連の企業への求職と進めてきます。というかそれが目的と思われる。また、スタッフがどこか胡散臭い。過度な愛想笑い。見た目が胡散臭い。ブースが吹き抜けになっており、他のブースで話をしている方たちの声もかなり聞こえます。

 

Twitter

ウズキャリの気になる口コミの内容としては、「IT系の求人ばかり」「担当者と合わない」といったものが多いようでした。幅広い職種・業界の求人を見たいのであれば、他の就職エージェントや就職サイトにも登録することをおすすめします。

全体的には高評価が多かった印象です。ただ、担当者と合わないといった口コミは多かったので、もし気になる場合はカウンセリングの雰囲気を見て利用するかどうか決めましょう。

ウズキャリ(UZUZ)の利用方法

ウズキャリを利用してみたい!と感じた方も多いことでしょう。ここでは、ウズキャリの利用方法について詳しく解説します。

1.会員登録

ウズキャリの公式サイトから会員登録します。ウズキャリは無料で利用できるので、気になっている方はひとまず登録しましょう。登録自体は簡単で、以下のような情報を入力するだけです。

  • 名前
  • 連絡先
  • 最終学歴
  • 現在の就業状況
  • 希望勤務地

登録はパソコンだけでなく、スマホからでも可能です。

2.連絡に返事を入れる

カウンセリングの日程に関する連絡が来ます。また、カウンセリングの日程が決まると、アンケートの回答や書類の提出を求められます。履歴書や職務経歴書は事前に用意しておくとスムーズでしょう。ただ、ウズキャリの方でもひな形を用意しているので、後から作成することも可能です。

3.カウンセリング

ウズキャリのカウンセリングは、オフィスに行き対面式で行うか、スカイプで行うかを自分で選択できます。しっかりと話をしたい場合や、担当者の方ともコミュニケーションを取っておきたい方は対面式の方が良いでしょう。地方在住者や、外出を控えている方にはスカイプ面談が便利です。

じっくりと時間かけて職務経歴や希望職種について聞かれますので、事前に話したいことをまとめてメモにしておきましょう。時には、就活アドバイスや求人紹介をその場でしてもらうこともあります。

4.求人紹介

カウンセリングが終了すると、希望に合わせた求人を探し紹介してくれます。その中で、気になる企業があれば応募したい旨を伝えましょう。ウズキャリの方が仲介してくれるので、自分で手続きを行う必要がなく安心です。

企業研究は自分でも行いましょう。質問や条件交渉はウズキャリの担当者の方が代行します。給料や休みのことなど、自分では聞きにくいことを聞けるのも就職エージェントのメリットです。

5.面接練習・履歴書添削

応募に備え、面接練習や履歴書の添削などを行います。ウズキャリのサポート内容に含まれていますので、お金を支払うことなくサービスを受けることが可能です。

面接に苦手意識を持っている方は多いですが、ウズキャリでは熱心に面接対策を行ってくれます。自分では気付けなかったことや新しい発見もあるかもしれません。面接練習は1回限りでなく、何度でもできるのも嬉しいポイントです。

6.入社後サポート

ウズキャリには、入社後のサポートもあります。不安や悩みがあれば、担当者の方に何でも相談しましょう。通常、就職が決まれば同時にサポートも終了することが多いですが、入社後にも気軽に相談できるようサポートが続くのは比較的珍しい制度です。

アフターフォローもしっかりしてるので、ウズキャリのサービスは手厚いといえます。

ウズキャリ(UZUZ)の利用がおすすめな人

ウズキャリはメリットが多く、比較的評判の良い就職エージェントですが、特に以下のような方におすすめです。

  • 機械に強い人
  • 20代の人
  • ニート・フリーター

IT関係の求人が多いので、機械に強い方やプログラミングの知識がある方などに向いているでしょう。IT業界は、人手不足の業界と言われていますので、就職も決まりやすい傾向があります。

また、ウズキャリはできる方が20代に限られます。経験豊富でキャリアアップを狙う方にも物足りない印象のある求人が多いでしょう。ウズキャリは若年層で、第二新卒やフリーターなど職歴の浅い方に利用しやすい就職エージェントです。

まとめ

ウズキャリは特徴の多い就職エージェントです。ウズウズカレッジという就職支援サービスがあったり、IT関係の求人が豊富といったメリットがあります。ただ、東京・大阪以外に支店がないため地方在住者には利用しにくいかもしれません。

就職エージェントには良い部分も気になる部分もあります。ウズキャリの利用を検討している方は、今回ご紹介した口コミなども参考にしてみてください。また、就職エージェントとは相性もあるので、1つに絞らず2~3個掛け持ちで利用しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる