仕事で役立つ「伝え方が9割」の要約まとめ!感想やレビューも紹介

伝え方を間違えて、損したと感じた経験はないでしょうか?

実は相手への伝え方をしっかり学ぶと、相手から受ける印象やノーと言われるはずだった回答をイエスに近づけることが可能です。
そこで本記事では、仕事で役立つ「伝え方が9割」を要約して解説していきます。

この記事を読むことで、伝え方の技術についてしっかりマスターすることができますよ。

目次

「伝え方が9割」の要約

「伝え方が9割」を要約すると、下記の通りです。

どんな資格よりもまずは伝え方を学べ

この著書で最も大切なことは「どんな資格よりもまずは伝え方を学べ」という点です。

就職においても仕事の昇進においても、あなたを最後まで守ってくれるのでは、言葉による伝え方です。伝え方や言葉の技術を持っている人は、相手から持たれる印象やイメージを変えることができます。

本書で伝え方の技術を習得すれば、使えば使うほど洗練されていき、仕事で成果を出すことができますよ。

「ノー」を「イエス」に変える3ステップ

例えば意中の女性がいたとして「デートして下さい!」とど直球で誘うよりかは、「凄く美味しいパスタを食べに行かない?」と誘った方が成功率が高くなります。

具体的には「自分の思ったことを言葉にしない」「相手の頭の中を想像する」「相手のメリットと一致するお願いをする」という流れです。

上記は簡単な例でしかないですが、「ノー」となるはずだった回答を「イエス」に変えるには、3つのステップを踏むことで確率を上げていくことができます。

誰にでも強い言葉を作ることができる

また言葉に高低差を付けることができれば、誰でも感動する強い言葉を発することができるようになります。

強い言葉とは、人の感情を動かすエネルギーがある言葉です。これはジェットコースターと同じで、言葉に高低差を付けることによって、強い言葉を生むことができます。

伝え方を学べば突破することができる

上記のように伝え方のコツについて解説しましたが、伝え方はほとんどの人が自己流なので、専門的に学んでレベルを引き上げてしまえば、簡単に突出することができます。

次の章から、「ノー」を「イエス」に変える切り口や、「強い言葉」を作る技術についてさらに深掘りして解説していきます。

「ノー」を「イエス」に変える7つの切り口

次に「ノー」を「イエス」に変える7つの切り口について解説していきます。

相手の好きなことを考える

1点目は「相手の好きなことを考える」という点です。

例えば相手がお寿司が好きだと思っている時に「美味しいお寿司があるけど食べに行かない?」と誘ったとしたら来てもらえる可能性は高いですよね。

このように、相手の好きなことを考えて次の言葉を考えることで、相手の次の行動を変化させることが可能です。

嫌いなことを回避する

2点目は「嫌いなことを回避する」という点です。

例えば「芝生に入らないで」と言うよりも「芝生に入ると農薬がつくから危険ですよ」と伝えたほうが、言われた方はしっかり聞いてくれそうですよね。

このように単純に「〜するな」というよりかは、理由を踏まえて伝えたほうが相手も納得してもらいやすくなるでしょう。

選択の自由を与える

3点目は「選択の自由を与える」という点です。

例えば会議中に「どう思いますか?」と言われると中々発言しにくいものですが「AとBでどちらが良いですか?」と質問すれば、相手も決断しやすくなりますよね。

このように「選択の自由」を適度に与えることによって、相手も質問に答え易くなります。

認められたい欲求を刺激する

4点目は「認められたい欲求を刺激する」という点です。

仕事をしていて「この仕事お願いできる?」と言われると仕事を押し付けられただけのように感じてしまいますが、「君の資料が刺さるから、お願いできない?」と言われると、やる気が出ますよね。

このように相手に何かお願いする時に「認められたい!」という欲求を刺激することで、容易に受け入れてもらい易くなるでしょう。

限定であることを伝える

5点目は「限定であることを伝える」という点です。

会議があったときに「この時間に会議に参加して下さい」と伝えるよりも「あなたあけは会議に出てほしいんです!」と伝えたほうが、相手も参加してくれる確率は高いでしょう。

何かを伝えるときは、時に「限定感」を折り混ぜて伝えることが大切です。

チームワーク化する

6点目は「チームワーク化する」という点です。

仕事をお願いする時に「この仕事お願い!」と言われるよりも「この仕事を一緒にやろう!」と言われたほうが、相手も納得してくれる確率が上がります。

このように、何かを伝える時に「チームワーク化」することで、相手の了承を得やすくなるでしょう。

感謝する

7点目は「感謝する」という点です。

「〜して下さい」とお願いするよりも「いつもありがとうございます。〜していただけませんか?」と伝えたほうが、相手も嫌嫌な気持ちにならずに了承してくれます。

何かを伝える時には、時に感謝の言葉をしっかりと述べると良いでしょう。

「強い言葉」を作る5つの技術

次に「強い言葉」を作る5つの技術について解説していきます。

サプライズ法

サプライズ法は、何かを伝える時に+αで驚くような何かを付け加える方法です。

例えば「結婚して下さい」とプロポーズする時に、指輪を渡したり大きな花束を渡したりするのは、サプライズ法の1種だと言えますよね。

このように、何かを伝える時に+αで驚くような何かを付け加えるのは非常に有効です。

ギャップ法

ギャップ法は伝えたい言葉と正反対のワードを入れて、ギャップを作る方法です。

例えば「〜の部分は嫌いだけど、〜なあなたは好き」のような伝え方をすると、正反対の言葉のギャップによって相手の心は揺さぶられますよね。

このように、印象的なイメージを持たれたい時には時にギャップ法を使うことが効果的です。

赤裸々法

赤裸々法は自分の体の反応とセットで伝える方法です。

例えば「あなたが好きです」と言うよりも「胸が苦しくなるほどあなたが好きです」と言ったほうが、情熱が籠もった言葉に感じますよね。

使う場面は様々ありますが、時にこの赤裸々方を使って言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。

リピート法

リピート法は非常に単純で、伝えたい言葉を繰り返す方法です。

例えば「上手だね」と伝えるよりも「上手上手!」と伝えたほうが、感情をのせることができるので、相手の記憶に残り易くすることができます。

無意識に使っている人は多いと思いますが、意識して使ってみると良いでしょう。

クライマックス法

クライマックス法は「実はここだけの話なんですが〜」とクライマックスワードを入れることで相手の切れかけた集中を入れ直す方法です。

  • 誰にも言わないで欲しいんですが〜
  • これだけは覚えておいてほしいのですが〜
  • 3つのコツがあって、1つ目は〜

このように、要所要所で使うことで相手に非常に覚えてもらい易くなりますので、是非覚えておいて下さいね。

「伝え方が9割」の感想やレビュー

「伝え方が9割」の感想やレビューは下記の通りです。

読みやすく、30分~1時間で読み切ってしまうと思います。会話の中での伝え方というよりは、キャッチコピーの作り方など、文章構成の作り方がメインです。

コミュニケーションに関する悩みを改善する本かと思いきや、【キャッチコピーの作り方】であって、内容が薄い分、読者の潜在化したニーズに応えるかのようなタイトルが引き起こした部数なんじゃないかと…。

筆者のおすすめの「伝え方」を紹介したのちにすぐに実践例としていい問題が載っている。考え方を理解する上で大変助かった。

伝え方が今までわからずにいる自分がいました。ひらめきだと私も思いました。でもそれは大きな間違いだったのですね。この本を読んで目が覚める思いでした。これからは伝え方を工夫して話をしたいと思いました。佐々木先生有難うございました。

「伝え方が9割」の要約まとめ

「伝え方が9割」の要約は以上です。

最後になりますが、総務省の平成28年社会生活基本調査によると、日本の社会人の1日の平均勉強時間は約6分と言われています。非常に短いですよね。

時世的にも忙しい世の中になってきているので、効率的に読書などを行ってビジネススキルや教養を身につけていくことが大切です。

そこで数々の名著が要約されているサービス「flier(フライヤー)」を使うことで、1日10分程度で1冊の本を読解することができます。

flier

月額通常2,200円ですが、本サイトを経由することで10%オフの1,980円で無制限で本を読むことが可能です。

7日間の無料体験も実施しておりますので、まずはお試しで試してみてはいかがでしょうか。

\ 7日間の無料体験実施中 /

実際の評判や口コミはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる