トヨタの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

トヨタの平均年収は851万円です。

トヨタに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、トヨタの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

トヨタの平均年収は851万円

トヨタの平均年収は851万円です。

日本の平均的な年収は420万円前後と言われています。一般的なサラリーマンよりも約2倍以上の年収を稼ぐトヨタ自動車の社員。

月収は50万円以上、年2回の賞与は約100万円が夏と冬に支給される計算となります。間違いなく高給取りと言えるのではないでしょうか。

競合他社との比較

自動車メーカーのトップを走るトヨタ自動車。

競合他社とはどのような収入差があるのでしょうか。自動車メーカーの競合と比較をしてみました。

企業名 平均年収
トヨタ 約851万円
ホンダ 約816万円
日産 約810万円
マツダ 約664万円
スズキ 約691万円
スバル 約640万円

競合他社と比較しても、トップの平均年収となります。

トヨタ自動車の平均年収の高さは業績の好調が従業員の年収に比例していると考えられ、トヨタ自動車は国内の乗用車部門では圧倒的なシェアを誇っています。

また全体での自動車メーカーの販売台数でも年間で155万台の販売実績をあげ、 2位の日産とも100万台以上の差をつけています。

想定される生涯年収

トヨタ自動車の従業員の生涯獲得賃金は3億2千万円以上と言われています。

一般的な企業の生涯年収は1億8千万円と言われておりますので、2倍弱の給与を獲得する事ができます。

上場企業の平均値でも2億数千万円と言われていますので、高給取りな事に間違いはないでしょう。

トヨタの年齢や役職・学歴別の平均年収

トヨタの平均年収は851万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。

トヨタの年齢毎の年収推移

トヨタ自動車は年次毎にどのような収入モデルとなっていくのでしょうか。

年齢 年次 想定年収
20代 1-9年目 500~700万円
30代 10年目~ 800~1,000万円
40代 20年目~ 1,000~1,300万円
50代 30年目 1300万円~

トヨタ自動車の年収モデルの特徴は、日系企業特有の年功序列制度が採用されています。

就職して30代になるまでは役職に就かない限りは大幅な年収増加はありません。年次毎で基本給は数千円の昇給を繰り返していきます。

トヨタ自動車は夏と冬に賞与が支給され、基本給の2か月分が支給されますが、業績により若干の変動があり、月収の変動よりも賞与の金額の上下によって想定年収が変動しています。

トヨタの役職毎の年収推移

役職 年次 想定年収
主任 5-9年目 850万円~
係長 10年目~ 950万円~
課長 20年目~ 1,200万円~
部長 25年目~ 1,400万円~

トヨタ自動車は役職によって想定される年収モデルが異なります。

大卒以上で入社した社員の多くは、入社10年を迎えた頃には主任職に就く事が多く、年収もトヨタ自動車の平均年収に近い数値となります。

課長職以上からは個人の実力や実績がより反映され、部長職に就ける社員は全体の10%以下です。

トヨタ自動車で年収の大台である1,000万円プレーヤーになる為には課長職以上の役職に就く事で実現が可能です。

学歴による年収の差

トヨタ自動車の年収差は大卒以上、高卒以上で年収に差が生じてきます。

トヨタ自動車の総合職はほとんどが大卒以上で、新卒採用によって人材が構築されており、高卒以上で就職した場合はトヨタ自動車の工場での勤務となるケースが多いです。

年収モデルとしては大卒以上では平均年収が850万円以上に対して、高卒は650万円となります。またトヨタ自動車の役員の多くは有名大学の理系出身者が多く、モノづくりのプロフェッショナルによって構成されています。

ですがいわゆる学閥と言われる慣習はほとんどなく、出身大学に大きな偏りは見受けられませんでした。

トヨタ自動車の役員は年収が3,000万円以上約束されていますが、完全に実力主義と言われており、実績が悪い場合は数年で解雇になってしまう厳しい環境な事に間違いはありません。

トヨタの就職難易度(偏差値)は75

トヨタの就職難易度(偏差値)は75です。
一般的な企業の就職難易度(偏差値)が50と仮定すると就職するには難易度の高い人気企業である事がわかります。

就職難易度(偏差値)からみるトヨタ就職難易度

自動車部門では1位平均獲得年収と販売累計売り上げを誇るトヨタ自動車。当然就活生にとっても人気の高い企業です。求められている学歴はMARCH以上と言われています。語学力に関しては、選考の段階で求められてはいません。ですが世界を相手にするグローバル大企業の社員としては遅かれ早かれ英語の習得は必須スキルとなる事でしょう。
他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

トヨタに転職する時の3つの注意点

トヨタ自動車の求める人物像を理解する

どのような企業に転職を希望する場合でも、その企業の求める人物像からかけ離れていてはいくら就職に有利な資格や特別な経験を所有していても内定をもらう事は困難です。トヨタ自動車の公式ホームページに掲載されている採用社員エピソードを引用して、求められている人間性をご紹介致します。

私たちが70円で仕入れたい部品があったとします。複数の仕入れ先さんに声をかけたところ、A社は100円、B社は90円、C社は80円という価格を提示してきた。では安いC社にお願いしよう。調達というと、誰もがこんなイメージを抱かれると思います。
私たちトヨタの進め方は違います。仕入れ先さんにとって80円が利益を出すぎりぎりのラインであるならば、私たちも一緒に知恵を出し合い、60円でつくれるように改善を重ねるのです。それを実現できれば私たちは目標の70円で調達できるし、仕入れ先さんも利益を得ることができる。これにより、Win-Winの関係を築けます。私が一番やりがいを感じるのは、このように「トヨタも嬉しい」、「仕入れ先さんも嬉しい」という関係を築けた瞬間。現在進めているプロジェクトでは、調達や生産技術をはじめトヨタの様々な社員が仕入れ先さんの工場に出向き、一体となって新しい生産ラインの構築に取り組んでいます。
トヨタにとって仕入れ先さんは大切なイコールパートナー。彼らなくしてトヨタの将来は語れません。技術立国日本を再構築するくらいの意気込みで、私はこの仕事に打ち込んでいます。

上記の様に、自社ファーストの考え方だけではトヨタ自動車の求める人間性に当てはまらない事がわかります。時には取引先の状況も考え、必要であれば部署の垣根を超える総合的な提案を行う為には、まずは社内外でもコミュニケーション能力は必須となる事でしょう。また既成の概念に囚われない柔軟な発想も不可欠となります。この人なら協力をしたくなるという人望や人間力も培われていなくてはいけません。

リファラル採用枠とキャリア採用枠

トヨタ自動車の公式ホームページには新卒採用と同様に、中途採用のページも設けられています。まずはキャリア登録を行い、自身の希望する職種などの最新の採用情報などを受け取る事ができます。また登録を行い、書類選考に通過した場合は1次面接と適正テストが行われます。その後は最終面接を行い最終的に内定が約束される選考プロセスです。年間でどれくらいの募集があり、どれくらいの倍率かは数値化されておりませんので、余程優秀な人材でなければ転職を成功させることは困難かと想定されます。そこで次にご紹介したい方法はリファラル採用という採用方式です。

リファラル採用とはいわゆる現役社員の紹介を経由して選考に参加するシステムを指します。リファラル採用で選考結果に影響を及ぼすとは記載がありませんが、現役のトヨタ社員であれば選考時の注意点や傾向、対策などの有意義な情報を所持している可能性は十分にあります。またリファラル採用の申請時には、紹介者の部署や個人名を申告する必要がある為、自身の売込みを少なからず期待できる可能性はあります。一般的なキャリア採用よりも有利情報を得られる可能性がある為、友人や知人にトヨタ社員がいる場合は積極的に相談をしてみても良いかもしれません。

トヨタ期間従業員という選択

転職活動を行う際に、特別な資格や経験があれば周りの転職希望者よりも有利になる事は間違いありません。ですが多くの転職希望者はそのような大きな武器を所有していない可能性は十分に考えられます。見方を変えてトヨタ期間従業員で働いてみるという選択肢が存在します。
トヨタ期間従業員とは実際にトヨタ自動車の工場で勤務を行う契約社員です。自動車の生産ラインでの仕事ですのでトヨタの車作りを肌で体感できるチャンスとなります。当然正社員雇用の道もあり、3年間の期間限定で従事する事になります。

給与面では一般のサラリーマンの平均程は支給され、福利厚生も充実しています。未経験者も広く受け付けている点から、トヨタ自動車の社員になるという目的だけで言えば、前述のキャリア採用よりもハードルは相当低いと想定されます。トヨタの人事制度は等級制度が給与に反映されます。入社後は人事制度を利用して等級と役職が上がれば年収も比例して増額する事が期待できるというわけです。

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまでトヨタの年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる