MENU

豊田自動織機への転職を解説!中途採用への難易度や年収も紹介

豊田自動織機はトヨタグループの一員であるとともに、同グループの源流となった企業です。待遇も安定している分、人気の転職先となっています。

人気があるために転職難易度も高く、内定を得るには綿密な準備が必要です。今回は豊田自動織機への転職を、難易度や転職にも触れながら見ていきます。

今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 豊田自動織機への入社を目指して活動中の人
  • 豊田自動織機への転職に向けて対策を立てたい人
  • 豊田自動織機の面接内容が気になる人
目次

トヨタグループの源流である豊田自動織機とはどんな会社

トヨタグループの源流である豊田自動織機とはどんな会社

「豊田自動織機」と聞くと、トヨタグループと関係があるように思いたくなりますよね。実は豊田佐吉が創業した企業で、トヨタグループの源流になっていることでも有名です。

そして自動車業界の中では人気の転職先にもなっています。トヨタ自動車に比べると知名度は低いものの、是非転職先として検討してみてはいかがでしょうか。

豊田自動織機の基本情報

まず豊田自動織機の基本情報から見ていきます。主に以下の表にまとめてある通りです。

会社名 株式会社豊田自動織機
代表取締役社長 大西朗
創立年月日 1926(昭和12)年11月18日
本社所在地 愛知県刈谷市
資本金 804億円(2020年3月末現在)
従業員数 66,478人

「豊田」と社名に付くように、自動車でおなじみのトヨタグループの源流企業として知られています。トヨタ自動車は、元々豊田自動織機の自動車部門が会社化して創業されました。

現在でもトヨタグループ内の一企業で、トヨタと同じように自動車や業務用車両などを開発・製造しています。また社名にある織機、つまり紡績機械の製造も事業分野です。

複数の世界トップシェア商品を扱うグローバル展開企業

豊田自動織機はトヨタ自動車に比べると知名度こそ低いものの、製品の中に複数の世界トップシェア商品があります。代表的なものが倉庫などでよく見かけるフォークリフトです。

他にカーエアコン用のコンプレッサー(圧縮機)やエアジェット織機も、豊田自動織機が世界に誇る商品となっています。カーエアコン用コンプレッサーの場合は45%と高いです。

もし倉庫などで「TOYOTA」のロゴが入ったフォークリフトを見かけたら、豊田自動織機製と考えて良いでしょう。意外と身近な場所で活躍する製品を作る企業と言えます。

年収の高さや福利厚生の充実ぶりでも有名

豊田自動織機への入社を目指す際、やはり年収や福利厚生の内容を知っておきたい人もいますよね。トヨタグループに属していることもあり、年収や福利厚生は充実しています。

従業員全体の平均年収は約790万円で、トヨタや日産に次ぐ数字です。加えて転職時の年収も約450万円以上であるため、比較的条件は良いでしょう。

福利厚生についても、社宅・寮・保養所・財形貯蓄制度・保険制度・持株制度など様々です。トヨタグループ各企業でも最も充実しているレベルになっています。

あわせて読みたい
豊田自動織機の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説
豊田自動織機の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説豊田自動織機の平均年収は813万円です。「転職先として豊田自動織機が気になっている」「豊田自動織機の年収や転職時のポイントが知りたい」と思っている人は多いのでは...

非常に保守的な一面もある

年収や福利厚生の面で充実している豊田自動織機も、一方で社風は非常に保守的な傾向です。トヨタグループの一員である安心感のためか、イノベーション意識が不足しています。

加えて女性が社内で昇進するには、男性以上に実績を上げる必要があるとされている点も保守的な一面を表す点です。仕事の中で体質の古さにうんざりすることもあるでしょう。

他にも社内では年功序列の慣行が根強く残っています。ただ見方を変えれば勤続年数に応じて給与が上昇する意味でもあるため、粘り強さがあればモチベーションも上がるでしょう。

難易度など豊田自動織機の転職事情を解説

難易度など豊田自動織機の転職事情を解説

安定した年収などを見て豊田自動織機に転職したくなる人もいますよね。実際に豊田自動織機に転職する際、難易度や募集職種、選考の流れなどを知ることが重要です。

以下の各項目で、豊田自動織機の転職事情について見ていきましょう。

豊田自動織機の転職難易度は高い

まず豊田自動織機の転職難易度から見ていくと、トヨタ自動車ほどではないにせよ比較的高い傾向にあります。歴史ある安定した大企業である分、応募者も多いためです。

応募者が多いということは、自然と選考の中で限られた採用枠を巡る熾烈な競争が展開されることを意味します。書類選考で不合格になる人も非常に多いほどです。

競争相手が多い分、いかにして他の応募者に差をつけて会社側に注目して貰うかがカギとなります。志望動機や業務経験、コミュニケーション力をしっかり示すことが大切です。

技術系職種で中途採用を行っている

次に豊田自動織機の中途採用は、圧倒的に技術系職種の求人が多くなっています。全体で見ると、技術系9割・事務系が1割となっているほどです。

特に事務系職種は人気が高い一方で求人が非常に少ない分、応募倍率も非常に高くなることが予想されます。激烈な競争が展開される覚悟で臨むべきでしょう。

技術系の職種では技術開発やエンジン開発、サービスエンジニアなどの求人があります。一方事務系は営業部門の募集が行われている状況です。

転職選考は書類選考から複数回の面接という流れ

豊田自動織機の転職選考は、最初に書類選考を行ってから複数回の面接に移る流れになっています。より具体的には書類選考後に一次選考があり、後に最終選考を行うフローです。

書類選考はエントリー時に履歴書と職務経歴書を提出した時点で始まります。所定の書式をダウンロードしてから、自身で記入する点は気を付けるべきです。

書類選考後の一次選考では適性検査と職場面接が行われます。特に職場面接は人事担当と部署職員の2人が質問する形です。ちなみに面接の回数は全体で2回のケースが多いです。

一次選考通過後は役員を相手に最終面接を行います。長期間継続的に勤められるかや将来のビジョンを試す内容です。最終選考に受かれば、めでたく内定となります。

面接では専門性や豊田自動織機への理解度が重視される

豊田自動織機の面接では、専門性や会社への理解度が重視される傾向です。専門性については即戦力に直結するため、具体的な業務経験や実績とともにアピールするべきでしょう。

一方豊田自動織機への理解度は、会社自体がトヨタ自動車ほど知名度が高くない分試されやすいです。しっかり理解できているか見ることで熱意を確認します。

専門性や理解度をしっかりアピールするには、事前の企業研究や自己分析が欠かせません。自分のスキル・業務経験と、会社の歴史・現状をきちんと把握することがポイントです。

未経験の場合は期間工からの採用を狙う

豊田自動織機で働きたくても、経験のなさを理由にあきらめそうになる人もいますよね。もし未経験の場合は、期間工から正社員を狙ってみるのがおすすめです。

期間工は雇用期間も決まっている上に待遇面も社員に劣るものの、豊田自動織機の仕事を1から身に付けられます。会社の雰囲気に慣れる上でも役立つでしょう。

一定の期間に無遅刻・無欠勤で真面目に勤め上げれば、正社員へのお誘いも受けられるでしょう。技術や知識に自信がない人にはおすすめです。

豊田自動織機の転職面接攻略法を紹介

豊田自動織機の転職面接攻略法を紹介

豊田自動織機の転職選考を受ける際、面接への対処法を練ることは避けられません。実は転職面接を攻略するポイントはあります。

以下に紹介する3つの方法を駆使すれば、面接を突破できる可能性が高くなるでしょう。

経営戦略「2030年ビジョン」を踏まえて自己分析

最初のポイントが、豊田自動織機が発表した中長期経営戦略「2030年ビジョン」を活用して自己分析することです。むしろ応募前にビジョンの内容を熟読するべきでしょう。

「2030年ビジョン」はトヨタ生産方式(TPS)と職場力が大きな柱です。ムダを削減しつつ職場の力を最大限に引き出すことが主眼となります。

そして自己分析に反映するには、作業の効率化や職場の活性化で貢献したエピソードを示すことが大切です。所属する部署の士気を高めたという内容でも良いでしょう。

なお2030年ビジョンでは持続可能性も重要なキーワードになっているため、入社後に持続可能性の中で会社に利益をもたらす展望を示すのも1つの手です。

トヨタ自動車など他社研究も欠かせない

豊田自動織機への選考対策を行う際は、トヨタ自動車など他社の研究も欠かせません。自動車メーカーの選考では、「なぜうちを選んだのか」は定番の質問であるためです。

特に豊田自動織機の選考では、トヨタ自動車を選ばなかった理由は必ず聞かれます。トヨタ自動車との違いを伝えた上で、豊田自動織機だからできることを力説するべきです。

以上の質問にしっかり答えるには、豊田自動織機の特色や他メーカーとの違いの理解が求められます。そして自分の業務経験も踏まえながら、志望動機に落とし込むことが重要です。

コミュニケーション能力についてもアピールする

最後にコミュニケーション能力についてアピールすることも大切な要素になります。豊田自動織機の面接では、コミュニケーション能力の質問もされやすいためです。

今まで働いてきた職場でコミュニケーションをうまく取ってきた事例を挙げるのが良いでしょう。2030年ビジョンも踏まえて職場の活性化に貢献した事例があれば重宝します。

他にも豊田自動織機は海外にも広く展開しているため、語学力とコミュニケーション能力を業務で併用したケースもあれば好印象を与えられるでしょう。

豊田自動織機の口コミ・評判を紹介

豊田自動織機の口コミ・評判を紹介

豊田自動織機への転職を目指す際、是非現役社員の声も参考にしたいという人もいますよね。豊田自動織機も有名企業である分、様々な社員が口コミを残しています。同時に口コミの内容も様々です。

待遇や仕事のやりがいなど4つの項目で紹介されている口コミ・評判を見ていきます。

年収や福利厚生に関する評判・口コミ

まず年収や福利厚生関係の口コミ・評判です。以下のような内容の声が聞かれています。

[chat face=”man1″ name=”男性管理職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]給与は同業他社と比較してもかなり高い印象。制度としては年功序列色がかなりつよいが、課長レベルに昇格するかどうかのタイミングで差がつくようになっている。(Openworkより)[/ふきだし]

[chat face=”man2″ name=”男性研究・開発職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]福利厚生はよい。保険や住宅補助などが充実している。また、工場での昼食代については半額補助されるので、500円あればお腹いっぱい食べることができる。食堂も美味しく、その点は非常に満足できる。[/ふきだし]

同業他社に比べて給与が高いと、確かに転職活動で目指し甲斐がありますよね。加えて年功序列色が強いということは、勤続年数が長いほど年収が増えることを意味します。

加えて昼食代も半額補助されれば、日頃の生活費の節約にもつながったり思い切り昼食を楽しめたりする点も魅力ですよね。

仕事のやりがいや成長に関する評判・口コミ

次に仕事のやりがいや成長についても見ていきます。

[chat face=”man1″ name=”男性生産技術職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]年功序列の組織で、基本的に仕事は上の代から教えてもらう形できちんと習得できる。仕事はシステム化されており、ルール通りにやれば一定の評価が得られる。上司に寄るが仕事の裁量もある程度認められており、やりたいと思ったことをきちんと報告できれば実行に移すことができる。(転職会議より)[/ふきだし]

[chat face=”man2″ name=”男性設計職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]上司との相性にもよるが、グループ内の方針から外れていなければ比較的に自分のやりたいことができる環境にある。成長できるかできないかは基本的に個人がどう仕事していくかに尽きる。ただし変な指示をしてくる上司多いため、最初の配属先は十分に注意する必要がある。(Openworkより)[/ふきだし]

原則として部署のルールに沿ってさえいれば仕事はしやすい傾向にあるようですね。そして上司との相性や配属先も重要な要素になるでしょう。

豊田自動織機でうまく仕事をこなしていくには、上司や同僚との協調性も不可欠と言えます。

ワークライフバランス関係の評判・口コミ

さらにワークライフバランスに関する評判・口コミも見ていきましょう。

[chat face=”man1″ name=”男性開発職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]組合員は強力に保護されているため、有給消化100%、残業もほどほどであり、プライベートとのバランスは調整しやすい。一方で、管理職になると残業時間が急激に増加し、ほとんど有給も取れなくなる。(Openworkより)[/ふきだし]

[chat face=”man2″ name=”男性企画職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]所属するグループ次第にはなるが、基本的にワークライフバランスは取りやすい。有給も申請すれば却下されることはなく取得可能。カットもできないので年次が上になると逆に有給消化が大変になる人もいる。残業時間も基本的に40時間までしかできない。(転職会議より)[/ふきだし]

基本的にワークライフバランスは取りやすいものの、組合員であるかないかや配属される部署によって左右されるようですね。

特に部署ごとの残業時間については事前に聞くこともできるため、転職エージェントや面接で聞いてみると良いでしょう。

社風や職場の雰囲気に関する評価・口コミ

最後に社風や職場の雰囲気についての評判・口コミも見ていきます。

[chat face=”man1″ name=”男性製品開発職” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]風通しが良いです。若手の意見も重視しますし、若いうちから特許を出すこともできます。人間関係も比較的良く、平社員と部長の間の壁は全然ないです。(Openworkより)[/ふきだし]

[chat face=”man2″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]残業がなく、上司は社員に対して優しい。しっかりと教育の時間を設けており、不器用な人でも、出来る仕事を任せられる為、気負いすることなく仕事ができる。(転職会議より)[/ふきだし]

特に部署内の人間関係が良好である点に触れられています。まるで家族のように付き合えそうな感じですよね。

豊田自動織機に転職したいなら転職エージェントがおすすめ

豊田自動織機に転職したいなら転職エージェントがおすすめ

豊田自動織機への転職を実現するには転職エージェントがおすすめです。転職のプロであるアドバイザーが面接指導や応募書類のポイント提案をするため、成功率も上昇します。

また各エージェントのみが保有する非公開求人の存在も魅力的です。公開求人と合わせて検討すれば、より自分に合った職種が見つかるでしょう。

転職エージェントには様々な業者があるものの、特にリクルートエージェントがおすすめです。非公開求人が10万件以上と業界随一のため、より内定を手繰り寄せやすくなります。

まとめ

今回は豊田自動織機の転職について、内定への難易度や従業員の年収などに触れつつ見てきました。安定した待遇やトップシェア製品もあるために難易度は高めです。

選考は書類選考と面接が中心となっています。特に面接では専門性と豊田自動織機への理解度が試されるため、2030年ビジョンも活用しながら対策するべきでしょう。

加えて転職エージェントの活用も欠かせません。サポートが厚く非公開求人も多く扱っているため、自分だけで転職活動するよりも内定を得られる可能性が高まるでしょう。

豊田自動織機はトヨタ自動車ほど知名度は高くないものの、転職選考での競争は激しいです。事前にしっかり準備した上でエントリーするべきと言えます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる