MENU

豊田合成に転職するには?仕事内容から採用フロー・就職のコツを解説

  • 豊田合成に転職するには?
  • 豊田合成の仕事内容や年収についても知りたい

こんな悩みに答えます。

本記事では、豊田合成への転職を希望している人に向けて、企業情報から採用情報、さらには実際に働いたことのある人からの口コミや転職活動のポイントなどについて解説します。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

目次

豊田合成の企業情報

まずは、豊田合成がどのような会社なのか、企業情報について解説します。

豊田合成の仕事内容

豊田合成は「合成ゴム」と「合成樹脂」をベースに他の材料と組み合わせることで自動車部品を作っている会社です。

具体的には、ウェザストリップ製品・機能部品・内外装部品・セーフティシステム製品などの自動車部品、さらにはオプトエレクトロニクス製品・特機製品などの製造に取り組んでいます。

ちなみに上記の製品以外にもスポーツチームの運営やスポーツ施設の管理も行っているのが特徴です。

豊田合成は1949年の会社創立以来、長年にわたってゴムや樹脂を活用した自動車部品の製造を中心に社会に貢献してきました。また現在では、世界17カ国/地域にグループ会社が事業展開を行うなど、グローバルな企業だと言えます。

一方で、近年の自動車業界は自動運転や電動化など大きな変革期を迎えている状況です。豊田合成では、この機会をチャンスとして考えており、この事業環境に柔軟かつ迅速に対応することを目的として、2018年5月に中長期経営計画である「2025事業計画」を策定しています。

今まさに豊田合成が何を課題と考えていて、何に取り組むべきなのかが表されている計画であるため、転職を希望する人はチェックしておくといいでしょう。

社名の由来

豊田合成は、なぜ「豊田合成」という社名なのでしょうか?

「豊田合成」の「豊田」は、日本の発明王と呼ばれる「豊田佐吉翁」ゆかりの地に豊田合成が設立されたこと、そしてトヨタグループの中でも非金属部門の中核を担う存在であることから使用されています。

そして「豊田合成」の「合成」は、自動車部品の製造に使用する「合成ゴム」と「合成樹脂」のことを表しているほか、「新しいものを生み出す」という理念に基づいて付けられています。

社名の由来を理解することも会社を理解することにつながるため、ぜひ覚えておいて下さい。

豊田合成の採用情報

ここでは、豊田合成の採用実績について解説します。どのような職種があるのか、平均年収はどのくらいなのか、働きやすい環境であるかどうか、といった点は転職活動に取り組む上で重要なポイントです。

豊田合成の採用職種

先述の通り、豊田合成では、主に合成ゴムや合成樹脂を活用して自動車部品の製造を行っています。

そのため、採用職種もそれらの事業に関連したものとなります。以下は、新卒採用で募集がかかっている職種です。

種類 詳細
技術系 先行開発、開発・設計、金型設計、試作評価、生産技術、材料開発、施設環境、半導体開発、自動車部品の開発設計、白色・青色LEDの研究開発、LED応用製品の開発設計、生産技術開発、設備・金型の設計、材料開発、評価解析、デザインなど
事務系 総務、人事、財務管理、原価管理、営業、調達、生産管理、情報システム、品質保証、経理、法務、合企画など

中途採用に関しても、主に上記の職種の中から募集がかかると考えられます。そのため、自分の経歴だとどの職種が向いているのか参考にしてみて下さい。

豊田合成の平均年収

豊田合成の平均年収は、500万円〜600万円代となっています。

この水準は一般的なサラリーマンよりも高いと言えるため、給与面に関しては決して悪いとは言えないでしょう。

ちなみに、役職が上がるとこれよりもさらに年収が高くなっていきます。

あわせて読みたい
豊田合成の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説
豊田合成の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説豊田合成の平均年収は641万円です。豊田合成に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。本...

豊田合成の労働環境

転職活動に取り組むうえで気になることの1つが労働環境です。

豊田合成は、グローバル人材の育成にも力を入れており、「若手育成出向制度」と呼ばれる教育制度が用意されています。

これは、20代後半〜30代前半の社員が海外拠点で実務を経験できる制度です。期間は1年となっており、一定期間海外の業務にどっぷりと浸かることができます。

また豊田合成では10人に1人の割合で海外出向をしており、海外で働きたい人にも適している環境だと言えるでしょう。

福利厚生に関しては、住宅資金融資やマイカー資金融資などが受けられるほか、独身寮も用意されています。

また子育て関連でいうと産前産後にそれぞれ8週間ずつの取得ができる出産休暇、子供が満2歳になるまで取得できる育児休暇、子供が小学校を卒業するまで適用される短時間勤務などの制度も整えられています。

そのため、子育てと仕事の両立を目指したい人でも安心して働くことができるでしょう。

豊田合成の採用フロー

豊田合成の中途採用における採用フローは以下の通りです。

  • エントリー
  • 書類選考
  • 一次選考(配属予定の部門との面接)
  • 最終選考(配属予定の部門担当役員との面接)
  • 内定

なお、エントリーの際は、写真を貼り付けた履歴書と職務経歴書を送る必要があります。これは、紙面ではなくデータでの送付でも構いません。

豊田合成の求人情報

豊田合成では、2021年1月現在以下の職種で中途採用が行われています。

  • 自動車部品の開発・設計

現時点で求人が出ているのは1つのみですが、今後別の職種の募集がかかる可能性もあります。そのため、こまめに採用ページを確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、「自動車部品の開発・設計」は、ハンドルやエアバック、などの設計が主な仕事内容です。社内外で会議に参加し、時には出張に行くこともあります。

豊田合成に関する評判まとめ

ここでは、豊田合成で実際に働いていた人たちが、会社に対してどのように感じているのか、その評判について解説します。

実際に働いていたことのある人、今も働いている人たちの声はホームページなどではわからないリアルなものです。ぜひ参考にしてみて下さい。

豊田合成の口コミ

豊田合成の口コミとしてみられたのは、トヨタグループであることが強みになっていることです。またそれに伴い資金力もあります。

トヨタグループの一会社として、組織におけるピラミッド構造は非常に明確な為、企業統治は他のトヨタ系同様しっかりしていると思う。

(参考:「openwork」)

中にはトヨタへの依存度が高いといった意見も見られましたが、トヨタ依存を脱却しようとする動きもあります。

豊田依存をなくそうとする動きもあるがまだまだ結果として出ていないと思う。

(参考:「openwork」)

給与・福利厚生

給与に関しては、以前までは年功序列だったものが、近年では成果によって評価されるようになっています。そのため、若いからといって成果が伴わなければ給与が頭打ち状態になると述べている人もいます。

新しい人事管理制度により、若くても昇級しないと給与が頭打ちになりました。また、昇級しても給与は大きく上がらず、毎年ダラダラと上がる傾向になりました。

(参考:「openwork」)

そのほかにも、有給休暇は取得しやすく、残業も多くないことからワークライフバランスを取りたい人にはぴったりな環境であるといった意見もあります。

有給休暇は取りやすい環境にある。会社として、有給休暇を取ることを推奨している。残業は部署によって差が大きいが、残業規制があるため、深夜まで会社に残ることはない。比較的、プライベートとのバランスを調整しやすいと思う。

(参考:「openwork」)

仕事のやりがい・成長

仕事に関しては若いうちから様々なことにチャレンジできる環境でもあり、海外で働ける可能性もあるなど、社員にとっては働きやすさを感じられる会社であることが伺えます。

グローバルに事業展開しているため、海外とのやりとりもあり、やりがいにもつながる。社内関係部署とのやりとりが多くなるため、多くの人と関われる点は大変でもあるが、やりがいが大きい点でもある。

(参考:「openwork」)

また成長に関しても、学ぶことが多いと感じている人もいます。

部内の情報共有は活発で、キャリア開発組にとっては学ぶことが多い。また管理体制も行き届いており、適正な指示で動きやすい。

(参考:「openwork」)

社内の雰囲気・人間関係

社内の雰囲気に関しては、仲間と働いているという雰囲気を感じられることが少なくありません。

部内の情報共有は活発で、キャリア開発組にとっては学ぶことが多い。また管理体制も行き届いており、適正な指示で動きやすい。
課長級以上の人間は、それなりに鍛えられていて、どこにいても通用するだろうと感じた。しかし、平の現場人員のモチベーションは、必ずしも高くはなく、個人で頑張ろうととする意欲を維持するのは大変かも知れない。

(参考:「openwork」)

また管理職につくような人たちは、スキルが高いと感じられる一方で、非管理職の平の人員のモチベーションにばらつきがあるため、意欲を失ってしまう可能性があるといった意見も見られます。

(参考:「openwork」)

豊田合成に転職するための2つのポイント

ここでは、豊田合成に転職したい人が覚えておきたい2つのポイントについて解説します。

転職活動の際に活用できるサービスについても解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

これまでの経験および自身の知識をわかりやすく説明する

2021年1月時点で募集されている「自動車部品の開発・設計」に関しては、以下のような経験や知識、スキルが求められます。

求められているもの 詳細
経験 自動車業界の経験、同業他社での経験、内装設計やエアバッグ設計の経験、電子設計の経験 など
知識 物理学、機械工学、各種力学、図面、成形、樹脂材料、金属材料、電子系 など
スキル 語学力(日本語+英語が理想)、Excelやパワーポイントでの資料作成、CAD操作 など

上記の求められる経験や知識、スキルに関しては、中途採用の募集要項にも明記されています。

そのため、自分が希望する職種の中途採用が始まった時は、どういった経験などが求められるのか必ずチェックし、自分の経験をわかりやすくまとめておくようにしましょう。

自分の希望する職種の募集がかかっていない、という人でも、自分の経験やスキル、知識などに関しては整理しておいて損はしないので取り組んでみて下さい。

チームで仕事をした経験・成功を収めた経験をアピールする

豊田合成は、合成ゴムや合成樹脂を活用して自動車部品を作るものづくりの会社です。

そして、ものづくりは様々な部署、関係会社、人員が協力し、チームワークを発揮することが求められます。実際に豊田合成のホームページにも「豊田合成で仕事をする上で、チームの存在は重要です。」といった言葉が記載されています。

そのため、これまでの自分の社会人生活、人生においてチームで何かに取り組んだ経験、そこでの成功体験、失敗体験などについて説明できるようにしておきましょう。

チームにおいて自分の役割はどのようなもので、何に取り組んだのか、チームで何かに取り組むうえでどういったことを心がけていたか、どのようなトラブルがありそれを乗り越えたのか、などできるだけ具体的に自分の言葉で考えてみて下さい。

豊田合成に転職したいなら転職エージェントがおすすめ

これまで の仕事内容や年収・転職のコツについて解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

今回は、豊田合成への転職を希望する人に向けて、企業情報から採用情報、実際に働いたことのある人からの評判、転職活動時のポイントなどについて解説しました。

大手企業への転職となると一筋縄では行きません。そのため、転職エージェントを利用するなど各種サポートを利用することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる