トヨタ紡織の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

トヨタ紡織の平均年収は697万円です。

トヨタ紡織に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、トヨタ紡織の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

トヨタ紡織の平均年収は697万円

トヨタ紡織の平均年収は697万円

トヨタ紡織の平均年収は697万円です。自動車関連メーカーでは低い部類に入るものの、日本国内の企業全体では比較的高い年収を誇ります。

基本的に年功序列で年収が決まる上、ボーナスも最高200万円になる仕組みです。また期間工も年収が300万円台後半と、中小企業の社員並みになっています。

業界内ランキングでは低いものの国内企業では十分高いレベル

トヨタ紡織の年収は自動車業界の中では低い方です。800万円台を誇る大手メーカーや、700万円台になっている「いすゞ自動車」などよりも低い方と言えるでしょう。

ただしスズキやマツダなどの中堅ながらも有名なメーカーに比べると高い数字になっています。業界平均の692万円も超えているため、極端に低いわけではありません。

加えて日本の平均給与所得436万円の約1.6倍と、企業としてはかなり高めです。上場企業の中でも全体平均の約630万円を超えているため、大企業として申し分ない平均年収になっています。

基本的に年功序列で年収が決まる

トヨタ紡織は大企業の風土が残るためか、年収も基本的に年功序列で決まるのが特徴です。昇給率は低いものの、会社での勤続年数が長さに応じて基本給やボーナスも高くなっていきます。

特に上司からの受けが良い人ほど昇格しやすい傾向です。もし社内で順調に昇進したい場合は、上司との関係も良好にすると良いでしょう。

なお近年では同じポジションに長期間留まった場合、昇給率が下がる仕組みになってきました。年功序列であるとは言え、長期的に高い年収を得るには、社内でしっかり実績を残しながら昇格する努力が必要です。

ボーナスは40代から50代にかけて200万円に達する

ボーナスも基本給の約4ヶ月分が支給されます。全体的な支給額の幅は約97~230万円で、基本給と同様に勤務年数で増えていく仕組みです。

特に40代から50代になると月給も50万円前後になるため、ボーナスも200万円台に達します。ボーナスの男女差も50万円台であるため、女性社員も高いボーナスが支給される点も大きな特徴です。

期間工の基本年収は360~380万円程度

トヨタ紡織に転職したくても、学歴や経験の面で難しさを感じる人もいますよね。もし高卒や未経験などの場合であれば、期間工から始めるのもおすすめです。

同社の期間工では基本年収が360~380万円程度で、最初の時給も1,600円と高めに設定されています。時給は年ごとに高くなる仕組みで、3年目には1750円とより高いです。月収でも30万円を超えていきます。

中小企業の正社員と同じ程度の年収が得られる上、経験不足を補えたり優良なスタッフは正規採用のチャンスが訪れたりする点でも魅力です。正社員に登用されれば、より安定した年収を得られるようになります。

トヨタ紡織の平均年収が高い理由2つ

トヨタ紡織の平均年収が高い理由2つ

トヨタ紡織の年収は大手ほどではないにせよ、中堅メーカーよりも高い水準です。企業研究する際、平均年収が高い理由から同社の現状を把握したい人もいるでしょう。

同社の平均年収が高くなっている理由として、以下の2点が挙げられます。

売上高が1.3~1.4兆円の間で極めて安定している

トヨタ紡織の平均年収が高くなっている最大の理由が、近年の売上高が極めて安定している点です。年によって上下しているものの、1.3~1.4兆円の間で推移しています。

売上高が安定している背景には、同社最大の取引相手がトヨタグループ各社である点が大きいです。事業でもトヨタ車の内装を担当することが大きな割合である分、トヨタグループの売上に左右されます。

そしてトヨタグループも近年の自動車業界が好調な状態を受けて、売上が増えている状態です。

以上の背景があるために、トヨタ紡織の売上高も安定している分、年収を高くできるようになってきています。

勤続年数の長さが影響している

売上高とともに勤続年数の長さも年収の高さを支えている要因です。トヨタ紡織社員の平均勤続年数は16.1年で、上場企業の平均約15年を上回っています。

勤続年数の平均が長いことは、長く勤続している社員が多いという意味です。年功序列の仕組みが導入されている分、勤続年数の長い社員が多いことで、全体的な平均年収も高くなっていると言えるでしょう。

トヨタ紡織の年齢や役職・学歴別の平均年収

トヨタ紡織の年齢や役職・学歴別の平均年収

トヨタ紡織の平均年収は697万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。将来的に同社の社員として長期的に働く場合、先々貰える年収の金額は非常に気がかりですよね。

将来の人生設計にも役立つように、以下の各項目では年齢や役職など毎に年収が推移していく様子をご紹介します。是非とも転職活動で参考にしていただければ幸いです。

トヨタ紡織の年齢毎の年収推移

最初に年齢毎の年収推移についてご紹介しましょう。20代から60代前半まで5歳ごとに見ていくと、以下の通りです。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 335 22
25~29 544 35
30~34 587 37
35~39 617 39
40~44 678 42
45~49 753 46
50~54 817 50
55~59 793 48
60~64 512 33

 

20代前半で300万円台である点は一般的な企業と同じ基準と言えます。ただし30代前半には500万円台、40代には600~700万円台に達する状況です。

30代までの昇給は緩やかである一方、40歳を過ぎると一気に伸びてきます。40代以降に役職者が増えることで、役職に応じた高めの年収を貰う人が多くなってくることが大きな要因です。

50代に平均が800万円台になる

なお50代にはピークを迎えて800万円台となります。800万円台はトヨタや日産など業界最大手メーカーの水準です。

全体的な平均年収が700万円に及ばなくても、ピークで大手メーカーの平均以上になります。1,000万円以上を貰う高い役職者もいるため、平均年収や転職当初の年収が低くても、あまり気にしなくて良いでしょう。

トヨタ紡織の役職毎の年収推移

次に役職別に年収の推移を見ていきます。各役職の年収幅を見ていくと以下の通りです。

役職 年収推移
主任 600~740万円
係長 650~830万円
課長 850~1,100万円
部長 1,000~1,350万円
さらに詳しく見ていくと、以下のような傾向になっています。

課長・部長など管理職になれば年収1,000万円も実現できる

主任で600~700万円台、係長で600~800万円台です。主任の時点でトヨタ紡織の平均年収を超えられ、係長で大手メーカーの平均年収と同じくらいになります。

課長以上になれば年収1,000万円を超えることも可能です。基本的に年功序列である程度の役職までは昇格するため、スキルアップを怠らなければ年収1,000万円以上も狙えるでしょう。

社長など役員の報酬はトヨタグループの中では控えめな数値

社長など役員陣の報酬からトヨタ紡織の経営状態や将来性を判断したい人もいますよね。同社役員の年収は以下の通りです。

役職 年収
代表取締役会長 非公開
社長 非公開
取締役 3,800万円
監査役 1,600万円

取締役や監査役の役員報酬を見ていくと、大手企業にしては控えめな数字と言えます。トヨタグループ各社の中でも低いことから、役員陣はあまり報酬を貰っていない状態です。

ただ役員報酬は低い一方で、社員の年収は高くなっています。売上の好調さを考えれば、経営状態や将来性の面で不安要素は少ないでしょう。

学歴による年収の差

さらに入社時点での学歴による年収差もご紹介します。50代時点での年収を修士課程修了者から高卒者まで並べると、以下の表に示す通りです。

学歴 年収
院卒(修士) 1,100万円
大卒 950万円
短大卒 810万円
高卒 690万円

最も高い修士課程修了者で1,000万円を突破しています。大卒者でも900万円台であるため、十分な実績やスキルを備えていれば1,000万円以上を狙えるでしょう。

一方短大卒者や高卒者は大卒者などに比べると100~300万円程度の差が付いています。ただ最も低い高卒者でも700万円近くであるため、大手企業の社員にふさわしい年収は受け取れるでしょう。

院卒・大卒は将来的に伸びやすい

なお学歴の中でも院卒や大卒は将来的に伸びやすいです。院卒者や大卒者の中には総合職として入社する人も多くいます。

総合職からは管理職を多く輩出する分、年収も大きく伸びやすいです。また院卒者などは総合職以外の職種でも管理職になりやすい分、結果的に各部署を引っ張るリーダーとして年収が増えます。

トヨタ紡織の職種毎の年収

職種別でも年収幅を見ていきましょう。具体的には以下の通りです。

職種 年収
総合職 600~1,050万円
事務系職種(一般職) 350~750万円
技術系職種 400~800万円
さらに数字を良く見ていくと、以下の2点の特徴があります。

技術職と一般職ではほぼ差が見られない

まず技術職と一般職(事務系職種)を比べると、両者には大きな差はありません。年収差も50万円程度となっています。

両者とも400~700万円台で重なるため、総合職以外であればほとんど同じような年収額で推移していくでしょう。

両者では色々な職種はあるものの、年収差が小さい分、志望する職種が他職種よりも年収が極端に少ないことを気にする必要がありません。ただ年収1,000万円を貰うには役職に就くことが条件でしょう。

総合職であれば年収1,000万円を目指せる

一方で総合職では一般職や技術職よりも年収幅が高めです。最低でも600万円となっており、最高であれば年収1,000万円以上も目指せます。

役職手当なども加われば、1,100万円台や1,200万円台などより高い年収を得られるでしょう。比較的高めの年収を狙いたい場合は、総合職への応募も重要な条件になります。

トヨタ紡織の男女別年収

最後に男女別の年収もご紹介しましょう。詳しく示すと以下の表に書かれている通りです。

年齢層 男性(万円) 女性(万円)
20~24 335 335
25~29 636 544
30~34 657 587
35~39 678 617
40~44 732 678
45~49 813 753
50~54 882 817
55~59 856 793
60~64 552 512

男性社員は20代後半時点で600万円台に達し、40代から50代にかけて800万円台を貰えるようになります。女性社員も40代後半で700万円台、50代前半で800万円台となる点もポイントです。

女性社員の方が男性社員よりも低くなる点はあるものの、最終的に大手メーカー並みの年収を貰える点も魅力と言えます。女性でもトヨタ紡織が気になる場合は、狙ってみても良いでしょう。

男女差は80~100万円程度

なお男女の年収差は80~100万円程度です。50~60万円程度の差で落ち着いているメーカーがある点も考えれば、トヨタ紡織の場合は少し差が開いています。

一方で同社では女性社員が少ない分、昇進しやすい点もポイントです。女性管理職を増やす動きも活発になってきているため、業務経験やスキルに自信のある女性にとってはむしろチャンスと言えるでしょう。

トヨタ紡織の就職難易度(偏差値)は60

トヨタ紡織の就職難易度(偏差値)は60

トヨタ紡織の就職難易度(偏差値)は60です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

同じ偏差値になっている企業にSUBARUやスズキ、いすゞ自動車などの業界でも知られた企業が並んでいます。就職難易度(偏差値)は知名度が高かったり安定を得られたりする企業ほど高くなりやすいです。

そして有名企業では、毎度の転職選考で多くの志願者が応募してきます。トヨタ紡織も上記の有名企業と同じ偏差値になっているため、転職選考に臨む場合は十分な準備が必要です。

トヨタ紡織に転職する時の3つの注意点

トヨタ紡織に転職する時の3つの注意点

トヨタ紡織は高い技術力を背景に車の内装関係で事業を行っていたり、有名企業だったりするため、転職選考も激しい競争になります。

同時に転職選考を受ける際には、いくつかの注意点を知っておくことがポイントです。主な注意点として以下の3点があります。

中長期経営計画を踏まえつつ企業研究を綿密に行う

まず同社が公開している中長期経営計画や事業内容を踏まえながら企業研究を綿密に行う点です。同計画は2025年に向けた目標である分、入社直後に担当する仕事と深く関わってきます。

また主な骨子として、競争力の強化や持続可能性を盛り込んだ事業方針などを挙げている点も特徴です。入社後に経験やスキルで、いかにして競争力の強化などを実現できるかアピールすると良いでしょう。

加えて社風や事業内容なども綿密に研究することも重要です。同社に関わる内容をきちんと調べた上で、トヨタ紡織を選んだ理由や入社後に携わりたい仕事などをしっかり説明できるようにするべきでしょう。

向上心や協調性のある人が求められている

トヨタ紡織の選考を受ける際、同社が向上心や協調性のある人を求めている点も重要です。同社で挙げられている「求める人物像」には、以下の4点が挙げられています。

    • 従来の考え方や活動を続けていくことに満足せず、より高い目標を掲げ、その実現を目指し、創造力と勇気を持ってチャレンジし続けられる人。
    • 量産のものづくりは多くの人々が協力しあって初めて良い製品ができます。また、当社は事業をグローバルに展開しておりますので、チームワークを大切にでき、様々な文化・価値観の違いを尊重し、受入れられる人。
    • 「現地・現物を実践し、常に事実を把握して事にあたる」ことのできる人。具体的には、話を聞いて理解できないことがあれば、すぐに現地へ行き、全神経を使って、わかるまで観察し、モノを取って見て、動かすことをすすんで実践できる人。
    • 自分のエリアを決めてしまうのではなく、幅広く様々なことに積極果敢に取り組むことのできる人。

(参考:「トヨタ紡織「採用の考え方」」)

まとめれば現状に満足しないチャレンジ精神の持ち主や協調性を備えた人、現地現物を重視できる人です。スキルアップや行動力などを発揮した業務経験を軸に、アピールすると良いでしょう。

加えて今後の仕事で身に付けた方が良いスキルについて逆質問したり、海外駐在への前向きな思いを語ったりするのもおすすめです。

楽しい会話のような面接でコミュニケーション力が試される

トヨタ紡織の面接は、基本的に質疑応答よりも楽しい会話とも言える和やかな雰囲気で進みます。楽しい雰囲気で面接は本音が出やすい分、質問にきちんと答えられるかを試されていると言えるでしょう。

面接で質問にきちんと答えられるようになるには、やはり面接の練習量が大きく影響してきます。事前に転職エージェントなどでアドバイザーを相手にみっちりと面接練習することが大切です。

トヨタ紡織に転職するには?難易度・面接試験・年収などを紹介

トヨタ紡織に本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

トヨタ紡織に本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまでトヨタ紡織の年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

まとめ

今回はトヨタグループでも車両の内装を手掛けるトヨタ紡織の年収について見てきました。同社の平均年収は697万円で業界では低いものの、国内企業としては非常に高いです。

加えて総合職や管理職であれば、年収でも大手メーカー並みの水準や1,000万円規模も狙えます。平均年収が業界内で低いとはいっても、将来的には高年収を得られる機会がある点がポイントです。

車両の内装では高い技術を誇っている企業でもあるため、安定した年収を貰いながら高品質の仕事が出来ます。少しでも魅力を感じたのであれば、転職での志望先として検討してはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる