トヨタ車体の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

トヨタ車体の平均年収は650万円です。

トヨタ車体に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、トヨタ車体の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

トヨタ車体の平均年収は約650万円

トヨタ車体の平均年収は約650万円

トヨタ車体社員の平均年収は約650万円です。トヨタグループ内企業や業界の中では低いものの、国内企業では平均を大きく上回るほどの高さになっています。

加えて基本給が勤務年数に応じていく仕組みである他、ボーナスも年額で基本給の4ヶ月分以上が支給される点も特徴です。他にも期間工の年収も比較的高くなっています。

業界平均程度ではあるものの会社員平均を超える高さ

トヨタ車体はトヨタ自動車の子会社であるため、平均年収が公開されていません。ただ役職者の月収が親会社よりも10~20万円程度低いため、トヨタ自動車の平均865万円から推定すれば約650万円程度でしょう。

社員の平均年収は自動車業界の平均を少し超えている点が特徴です。業界の平均が約630万円であることを考えると、20万円程度高くなっています。

ただ一方で会社員の平均よりは大幅に高いです。2020年時点での平均給与所得436万円の約1.5倍になっています。

トヨタ車体は自動車メーカーにしては平均年収が低めであるものの、会社員全体では高いと言えるため、会社としては悪くない金額です。

トヨタ自動車に比べると低め

社名にも見えるように、トヨタ車体はトヨタグループの一員であるとともに、トヨタ自動車の完全子会社になっています。親会社との比較が気になる人もいますよね。

トヨタ自動車の平均年収は865万円であるため、約650万円のトヨタ車体は大きく差を付けられています。管理職に就いていても、トヨタ自動車の同じ役職に比べると20万円程度の差があるほどです。

他のグループ各社と比べても低くなっています。部品を扱うアイシン精機やデンソーで700万円台、内装を手掛けるトヨタ紡織でも697万円です。グループ内でも比較的低い点は理解するべきでしょう。

ただしトヨタ車の製造などを手掛けている分、技術力は高くやり甲斐を感じやすいです。充実した車作りに携わりたい場合は有力な候補になるでしょう。

ボーナス額は基本給の約4~6ヶ月分

同社の年収の大きな特徴として、ボーナス額が基本給の約4ヶ月分以上になっている点も挙げられます。年支給額は100~200万円程度となっており、平均年収が低めである分大きな収入源になるでしょう。

年功序列でもあるため、勤続年数に応じて基本給が上昇するほどボーナス金額も増えていきます。加えて近年のトヨタグループは海外市場を中心に業績が向上しているため、5~6ヶ月分支給の年もあるほどです。

基本的に年功序列で昇給していく

トヨタ車体は大手企業である分、給料も年功序列で上昇していきます。一度昇格すると余程の不祥事や勤務態度の悪さが目立たない限り、降格することはありません。

30代以降になれば役職に就けるようになり、役職手当や残業代が支給される分、年収も上昇します。管理職によっては年収が1,000万円以上になることもあるでしょう。
トヨタグループに属している以上、企業としての将来性も安泰です。転職を気に新しく人生設計する上でおすすめの企業と言えます。

期間工の年収は400~460万円程度

トヨタ車体でのキャリアを期間工から始めようと考えている人もいますよね。同社の期間工は年収が400~460万円で、時給も1,650円となっている点で破格の待遇です。

仮に月20日を残業なしで勤めた場合でも、月26万円程度・年320万円程度となります。加えて60~80万円の入社祝い金や残業手当なども含めれば、年収400万円を優に超える計算です。
年収以外にもワンルーム寮や社員食堂などの福利厚生がある点も魅力と言えるでしょう。

トヨタ車体の年齢や役職・学歴別の平均年収

トヨタ車体の年齢や役職・学歴別の平均年収

トヨタ車体の平均年収は650万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。入社後に定年や一定の年齢まで働く場合、年齢や役職に応じた年収が気になりますよね。

以下の各項目で同社の年収を年齢や役職、学歴など別にご紹介します。転職活動での志望先として検討する際に参考にしていただければ幸いです。

トヨタ車体の年齢毎の年収推移

まず社員の平均年収を年齢毎にご紹介しましょう。20代から60代前半まで5歳ごとに区切ると、以下の通りです。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 329 21
25~29 450 29
30~34 499 32
35~39 556 35
40~44 606 38
45~49 676 42
50~54 725 45
55~59 699 44
60~64 455 29

20代後半までに400万円台、40歳頃には500万円台となるため、比較的若い段階から同年代の人に比べて高い年収を得られるでしょう。月給も30~40万円台であるため、会社員としては安定している方です。

ピークを迎える50代前半には700万円台となります。700万円台は自動車メーカーでも比較的規模の大きい企業の平均並みです。全体の平均年収が低くても、長期的に勤めれば高年収も狙えます。

30代から50代にかけて上昇する傾向

社員の年収は、特に30代から50代にかけて上昇する傾向です。伸び幅は50~70万円で、特に40代以降は役職に就く人が出てくることもあり、年収が伸びやすくなります。

早いうちに焦ることなく着実に実績や勤務年数を積んでいけば、各年代の平均を上回る年収も得られるようになるでしょう。

トヨタ車体の役職毎の年収推移

次に役職毎の年収推移を見ていきます。各役職の年収幅は以下の通りです。

役職 年収推移
主任 500~650万円
係長 550~800万円
課長 800~950万円
部長 900~1,250万円

 

主任の段階では500~600万円台であるものの、係長になれば700万円台も狙えるようになってきます。課長クラスであれば900万円台で、部長クラスは1,000万円台の年収を実現できる位置です。

年功序列であるためか、管理職でも主任や係長は低くなっている一方、課長以上で大きく伸びる傾向になっています。

課長・部長まで昇進すれば年収が大手メーカー並みになる

なお課長や部長の年収幅は、大手メーカーの平均年収並みです。大手メーカーでは平均年収が800万円台になっており、トヨタ車体で同様の年収を得るためには課長以上に昇進する必要があります。

係長まではエスカレーター式で昇進できるものの、課長以上は昇進試験への合格が条件です。スキルや実績、語学力を早い段階から磨くことが高年収に近づく方法となります。

学歴による年収の差

さらに入社時の学歴による年収差もご紹介しましょう。学歴毎に50代の年収で見ると以下のようになります。

学歴 年収
院卒(修士) 1075万円
大卒 970万円
短大卒 750万円
高卒 650万円

最も高い修士課程修了者で1,000万円以上で、大卒者でも900万円台後半になる計算です。一方短大卒者は750万円程度、高卒者で650万円となっています。

大卒者と短大卒者の差が200万円程度、高卒者との差が300万円程度と厳然としているのが特徴です。典型的な学歴重視の傾向が表れているともいえるでしょう。

大卒・院卒の差はあまり大きくない

なお院卒(修士課程修了者)と大卒者の差は100万円程度と、短大卒者などと比べて目立った差が見られません。初任給でも院卒者が23万円、大卒者が20.8万円となっており、院卒者が1割程度多くなっています。

長期的に見れば両者の間にある1割程度の差では、年収に差は付きにくいでしょう。結果として表で示した50代時点での平均年収でも両者の差はあまり大きくなっていません。

トヨタ車体の職種毎の年収

最後に社内の職種ごとに年収幅を見ていきます。具体的には以下の通りです。

職種 年収
総合職 400~1,200万円
一般職(営業職・事務職など) 400~700万円
技術職 400~700万円
技能職(工場勤務:期間工含む) 300~500万円

より詳しく見ていくと、以下のような傾向があります。

一般職は事務系・技術系で差は見られない

まず事務職などの一般職や技術職に限れば、職種間で大差はありません。基本的に同じような年収幅となっているため、職種の違いで将来の年収が大きく異なってくることはないでしょう。

ただ工場勤務の技能職は期間工が含まれている分、一般職や技術職よりも安い年収幅です。ただ技能職でも600~700万円台の年収になる場合もあるため、大手企業並みに稼げる可能性もあります。

大卒以上の学歴で入社する場合は一般職になる人も多い分、職種による年収差を気にせずに済むでしょう。

総合職は一般職よりも伸びる傾向

一方総合職の場合は、最低金額が他の職種と同じく400万円になっているものの、一般職よりも伸びやすいです。将来管理職になる人もいる分、最高で1,000万円に至るようになっています。

総合職以外の職種では1,000万円の年収を狙う上でハードルが高いです。もし比較的高い年収を狙うのであれば、総合職への応募もおすすめでしょう。

トヨタ車体の就職難易度(偏差値)は60

トヨタ車体の就職難易度(偏差値)は60

トヨタ車体の就職難易度(偏差値)は60です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

同様の偏差値になっている企業に、スズキやいすゞ自動車などの有名企業があります。また同じトヨタグループのトヨタ紡織も並んでいることも考えると、偏差値60でも転職選考では油断できません。

表中の有名企業と同じランクになっている分、応募する際には企業研究や自己分析などで十分な準備が必要です。

トヨタ車体に転職する時の3つの注意点

トヨタ車体に転職する時の3つの注意点

トヨタ車体は、一般的には安定性や将来性のある企業とみなされています。もし入社を目指す場合、転職選考では内定に向けた熾烈な競争が展開されるでしょう。

実際に応募する際は、以下の3点に注意が必要です。

企業研究とトヨタ車体のビジョンを基礎に自己分析などを行う

まず基本として、トヨタ車体のビジョンを基礎にした自己分析と企業研究が欠かせません。同社が人気企業である分、内定を目指して応募してくるライバルが多いためです。

選考での倍率が高いため、書類選考に落ちる人も多く見られます。書類選考を通過するには、まず企業研究などを通じて熱意や業務経験をアピールする必要があるでしょう。

特に同社のビジョンでは、世界を視野に入れつつ事業基盤を強化することを謳われています。今までの業務経験やスキルを、海外市場や業界の動向と噛み合わせつつ自分がやりたいことをアピールすべきです。

向上心の高さや面接の練習量が内定に影響する

またトヨタ車体の選考では、向上心の高さや面接の練習量が内定に影響します。同社の将来に向けたビジョンの中でも、たゆまないチャレンジやスキルアップも謳われているためです。

上記のビジョンは選考の際に求められる人材像にも直結しています。十分な業務経験やスキルを備えながらも向上心が高いことも示すと、好印象を得られるでしょう。

また面接では気になった点を深く掘り下げる形が取られる分、質問数が多い傾向にあります。多くの質問に対応できるように、予め転職エージェントなどで練習を多く重ねることも選考突破へのポイントです。

高卒や未経験の場合は期間工からのスタートがおすすめ

トヨタ車体の転職選考は応募者が多い分、経験が豊かな人や高学歴者ほど有利になる傾向にあります。もし学歴や経験で自信がない場合は、期間工から始めることがおすすめです。

期間工は正社員ほどではないにせよ、ある程度安定した収入が見込めます。加えて契約期間中に良好な勤務態度や実績を示せれば、正社員登用のチャンスも出てくる点も特徴です。

正社員登用では試験を受ける必要はあるものの、合格できれば晴れて社員として安定した待遇を受けられるようになります。

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまでトヨタ車体の年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

まとめ

今回はトヨタグループ系列のトヨタ車体で得られる平均年収について、転職でのポイントとともに見てきました。同社の平均年収は650万円程度とメーカーにしては低いものの、国内企業では高い方です。

とくに課長や部長のような上位の管理職に就けば、年収も大幅に伸びる上、1,000万円の高年収を得ることもできるようになります。入社後は実績を積み、スキルなどを磨いていくと良いでしょう。

転職選考の際も十分な企業研究や面接の練習が欠かせません。転職エージェントなどを活用しつつ、みっちり対策することが内定への道です。

トヨタ車体に転職するには?就職難易度・年収・学歴などから解説

トヨタグループ所属企業である分、トヨタ車体に入社できれば安定した待遇や福利厚生を得ながら仕事できるでしょう。人気企業であるため、早めの準備が必要です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる