外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!

転職活動をする際、国内企業ではなく外資系企業を目指す人もいますよね。確かに外資系企業では成果が昇給などに反映されやすい上、実力を存分に活かせるイメージがあります。

しかし外資系企業の求人は中々公開されていない上、日本企業と特徴が異なる分、なおさら転職エージェントの力が必要です。プロの力を借りれば、外資系企業への転職に大きく近づけるでしょう。

今回は外資系企業への転職に強いエージェント14社を評判とともにご紹介します。なお今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 外資系企業への転職にエージェントの力を借りたい人
  • 外資系企業で高いキャリアを目指したい人
  • 外資系企業の特徴が気になる人
目次

外資系企業への転職にはエージェントの活用が不可欠な理由4つ

外資系企業への転職にはエージェントの活用が不可欠な理由4つ

高い収入や地位、刺激的な環境を得るために外資系企業への転職を模索している人もいますよね。確かに外資系企業では成果によってキャリアアップがしやすい分、魅力的にも見えます。

しかし外資系企業に転職するには、エージェントの力が欠かせません。エージェントの力が必要になる理由に、以下の4つが挙げられます。

日系企業以上に即戦力を重視するため

まず外資系企業は、日系企業以上に求職者の即戦力を重視する傾向にあるためです。転職時点で高いスキルやキャリアなどをアピールできない限り、内定は掴みにくいでしょう。

アピールできる即戦力を理解するには、自身のキャリアやスキルの棚卸が必要です。ただ自分で棚卸するよりも、転職のプロの力を借りた方が客観的かつ説得力のあるアピールに繋がるでしょう。

同時にエージェントのコンサルタントが、企業の求める人物像に合うように即戦力とともに求職者を推薦してくれます。外資系企業にうまく即戦力をアピールする上でエージェントは欠かせません。

外資系企業の情報はかなり少なめだから

また外資系企業は、国内企業以上に求人関係の情報を公開していません。独力では情報収集により困難が伴う分、対策の不十分さで不採用の可能性も高まるでしょう。

一方外資転職に強い業者では、コンサルタントが企業と強いパイプを持っています。人事担当者や役員からも最新情報を引き出しやすいため、より企業のニーズに合った選考対策に反映しやすいです。

加えて外資系企業の求人は非公開求人に埋もれる傾向にあります。様々な求人を色々と見比べて満足いくものを見つけるためにも、なおさらエージェントの力が欠かせません。

面接が内定への決め手になりやすいため

外資系企業では面接が内定の決め手になりやすいです。求職者の雰囲気や適切なジェスチャー、英語力の高さなどが試されます。いずれも入社後に必須の能力である分、重要視されやすいです。

加えて外資系企業の面接は、日系企業とは求められるポイントや対策すべき点も大きく異なります。独学での対策よりも、外資系転職の実績が豊富なプロにサポートして貰った方が安心です。

高い英語力のアピールも求められるため

外資系企業では業務を進めるに当たって英語でやり取りします。当然ながら企業側としても、求職者に高い英語力を期待するでしょう。

最低でもビジネスレベル、最も理想的なレベルとしてネイティブレベルの語学力が必要です。面接も英語で行われるケースが多いため、応募時に高い英語力は欠かせません。

ただ面接は日本語で行う場合も緊張しやすいです。英語で行う場合は不慣れな分、なおさら緊張しやすいでしょう。エージェントであれば英語面接の対策も十分に行えます。

外資系企業への転職におすすめの総合型エージェント5選

外資系企業への転職におすすめの総合型エージェント5選

転職エージェントのうち、求人数や業種・職種が豊富な業者が「総合型」です。様々な求人を見比べたり色々挑戦したりするメリットがあります。

外資系企業への転職に挑戦する際、特におすすめの総合型サービスが以下の5つです。

JACリクルートメント:転職未経験からでも求人数・実績ともに信頼できる

JACリクルートメント:転職未経験からでも求人数・実績ともに信頼できる

JACリクルートメントは、様々な業種・職種の外資系求人に対応している業者です。海外の現地企業や国内の大手企業求人も扱っているため、国内外の大手企業を狙えます。

加えてハイクラスな求人も多く、全体の8割以上が年収800万円以上です。実績面では通算約43万人をサポートし、特に30代以上の専門職や役員求人への支援でトップクラスを誇ります。

コンサルタントも豊富な業務経験や知識に加え、経営者目線を持っている点が特徴です。転職未経験でも経歴やスキルが基準以上であれば、手厚くサポートして貰えます。

JACリクルートメントの評判・口コミ

同サービスの評判や口コミもご紹介しましょう。まず以下の口コミです。

匿名さん
外資系企業の案件が豊富で、年俸も高めの求人の扱いが多いです。日系企業から外資への転職を希望し、最初に登録したのがJACですが、面談に至るまでの対応がスピーディーで、そういった点も信頼できると思いました。

(参考:「Jobmark」)

優良案件が多い上、転職が初めての人に対しても対応が迅速なようですね。もう1つは以下の口コミです。

40代匿名さん
とにかく、コンサルタントの質が総じて高いです。過去2回とも、転職者の側に立った親身なアドバイスを頂いてとても嬉しかったです。

無理に進めてきたりする事もなく、転職者の意見を尊重してくれます。

(参考:「Bestwork」)

コンサルタントの質が高い上に、転職者の立場をしっかり尊重しながらサポートしてくれるようですね。

あわせて読みたい
ハイクラスや外資系の転職に強いJACリクルートメントの評判と口コミは?
ハイクラスや外資系の転職に強いJACリクルートメントの評判と口コミは?転職を考える際、外資系や専門職の求人を狙う人もいますよね。ただ外資系などを狙う際、普通以上に高いスキルや十分な経験が求められる分、エージェント探しにも苦労す...

リクルートエージェント:求人数が業界最大級

リクルートエージェント:求人数が業界最大級

リクルートエージェントは求人数が業界最大級を誇ることで知られています。非公開求人だけでも10万件以上、全体で約30万件にも達するほどです。

業種・職種も求人数に比例して広範囲であるため、志望する種類のものが見つかりやすいでしょう。警備職やテクニカルライターなど珍しいものまで扱われています。

アドバイザーは優秀でサポートも手厚いため、転職活動中の求職者からの人気は高いです。交渉力の高さもずば抜けており、入社前の年収アップに成功した人も多くいます。

リクルートエージェントの評判・口コミ

同社の評判や口コミも見ていきましょう。最初は以下の内容です。

担当の女性アドバイザーが熱心にサポートはしてくれました。もともとの紹介案件がかなり多く、精査して応募するまでに1週間ほどかけましたが、具体的な面接の段階まで進むとアドバイザーの方が面接後の企業側の反応や率直な感想などを共有してくれ、その情報はかなり参考になりました。

(参考:「Jobmark」)

紹介案件が比較的多い上、アドバイザーも正確かつ詳細な情報を共有してくれるほどサポートが手厚いようですね。もう1つは以下の口コミです。

ミノくまさん
リクルートエージェントの案件で内定を得られた後、他者転職エージェントの内定と迷っていることを告げても、「あなたの人生ですからゆっくり決めてください」と、特に回答を焦らせるようなこともなく待ってくれた。

(参考:「Bestwork」)

あくまでも求職者の気持ちを第一に考えてくれて、決定も焦らずじっくり待ってくれるほど親身のようですね。

あわせて読みたい
求人数随一のリクルートエージェントの評判と口コミは?生の評判から検証
求人数随一のリクルートエージェントの評判と口コミは?生の評判から検証転職活動をしようと決めても、実際の動き方が分からない人もいますよね。もし転職活動に自信がない場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。そして数あるエ...

ランスタッド:外資系エージェントでは世界最大級

ランスタッド:外資系エージェントでは世界最大級

外資系のエージェントでは世界最大級の規模を誇ります。求人の半分が年収800万円以上で、2,000万円の求人もある分、ハイクラスの外資求人を目指す上でおすすめでしょう。

扱っている企業もアメリカでトップクラスの超一流企業からスタートアップ企業まで様々です。業種面では、特にIT業界に強みがあります。

初めての外資転職にチャレンジしたい人に向いているサービスです。

ランスタッドの評判・口コミ

ランスタッドの評判・口コミもご紹介しましょう。最初は以下の内容です。

papapaさん
面談に出たコンサルタントは、いい意味であんまり外資っぽくなく、話をしっかり聞いてアドバイスしてくれるような、マイルド系の転職コンサルタントで、そこも安心しました。

(参考:「Bestwork」)

話をしっかり聞いてくれた上に、雰囲気も柔らかいと安心してサポートを受けられますよね。もう1つは以下の口コミです。

フリスクさん
転職活動は求人が大事で、転職エージェントのサポートは受ける気はまったくなかったですが、その求人に対する応募の仕方や面接の際に聞かれる事と、その会社で求められている人柄など。普通にネットを調べても出てない情報を教えてくれるので、素晴らしいと感じました。

(参考:「Bestwork」)

求人に対する応募の方法からネットでは見つからない情報まで丁寧に教えて貰えると、すごく頼り甲斐があるように感じますよね。

エンワールドジャパン:グローバル求人が豊富

エンワールドジャパン:グローバル求人が豊富

大手人材サービス会社エン・ジャパンが運営するエージェントです。IT関係や製造業を中心に、様々な業種・職種の求人を扱っています。ハイクラス案件も常時1万件以上あります。

サポート面もきめ細かさや手厚さで評価が高いです。中でもアンケートに基づいたアフターフォローは親身さで定評があります。

エンワールドジャパンの評判・口コミ

エンワールドジャパンの評判・口コミも見ていきましょう。最初は以下の口コミです。

ペコグリ@へっぽこワーママさん
◎エンワールド
外資大手の良ポジションを
何件も紹介してくれる
担当者が高スキル・親身
3人以上と話したが全員好印象

(参考:「Twitter」)

優良案件を何件も紹介して貰えたり、コンサルタントが感じが良かったりすると信頼性も増しますよね。もう1つは以下の口コミです。

おかきさん
はじめての転職エージェント利用感想
・エージェントは5社くらい声かけといた方が良い。中小と大手
・コンサルタントとの相性があるので駄目なら担当を早く変えた方が良い
・JACが一番熱心で紹介数も多かった
・エンワールドはレアかつ面白そうな案件を紹介してくれた。ここの面接対策は超役に立つ!

(参考:「Twitter」)

様々な業種・職種を扱っている分、レアで面白い案件を紹介されるケースもあるようですね。

あわせて読みたい
外資系やグローバル企業に強いエンワールドジャパンの評判と口コミを紹介!
外資系やグローバル企業に強いエンワールドジャパンの評判と口コミを紹介!今の職場から転職しようと考えたとき、外資系企業や国内グローバル企業を目指したいという人もいますよね。もし外資系企業を目指すのであれば、エンワールドジャパンの...

ビズリーチ:エグゼクティブ以上を目指す上でおすすめの外資系転職サイト

ビズリーチ:エグゼクティブ以上を目指す上でおすすめの外資系転職サイト

求人の中でハイクラス案件を扱っていることで知られています。全体で扱われる約10万件のうち、8割以上が800万円以上になっているため、高年収を目指したい人におすすめです。

なお同サービスは転職サイトで、コンサルタントのサポートを直接受けられるわけではありません。代わりに自分のペースで転職活動を進める助けになるでしょう。

転職支援サービスの中でも有料会員制度が設けられています。ただ企業側も会員の本気さと豊富なキャリアを見込んでいるため、優良な案件に出会いやすいです。

ビズリーチの評判・口コミ

ビズリーチについても口コミをご紹介しましょう。最初は以下の内容です。

30代食品メーカーさん
おすすめできる点は何より収入が高い求人が多い事。食品メーカーの求人を探しておりましたが、以前よりも年収が高い求人が多く、他の転職サイトでは出てこないような案件ばかりでした。

(参考:「Jobmark」)

優良案件が多いことに加えて、他のサイトではなかなか見られないような求人にも出会いやすいようですね。もう1つは以下の口コミです。

雄輝さん
最初の設定時に自分の職務経歴を詳細に記入しておくと、自分の経験してきた職種の求人が自動的にメールで送られてくる点です。これはスカウトメールではないのですが、自分の経験とマッチングしている求人を定期的に自動で教えてくれることで選択する幅が広がりました。

(参考:「Bestwork」)

正確には転職エージェントではないものの、登録した職歴に合う求人を自動でマッチングしてくれると、負担も軽くなりそうですね。

あわせて読みたい
ハイクラスを目指せるビズリーチの評判と口コミは?メリットや仕組みも解説!
ハイクラスを目指せるビズリーチの評判と口コミは?メリットや仕組みも解説!今の職場での待遇に満足できずに、より条件の良い職場を探す人もいますよね。もし年収やポジションの高い求人をなるべく多く見比べたいのであれば、ビズリーチがおすす...

外資系企業への転職におすすめの業界特化型エージェント7選

外資系企業への転職におすすめの業界特化型エージェント7選

転職エージェントには総合型の他にも、特定の業界への転職を高い専門性でサポートする「業界特化型」のサービスもあります。おすすめは以下の7つです。

アクシスコンサルティング:コンサル業界の転職で定評

アクシスコンサルティング:コンサル業界の転職で定評

コンサル業界に特化した転職サポートで定評があります。特にデロイトトーマツなどのBIG4などの大手ファームへの転職実績や、シニアコンサルタントの入社実績が豊富です。

サポート期間も平均3年と長めになっているため、落ち着いて対策できるでしょう。フェルミ推定やケース面接など業界特有の選考対策にも強みがあります。

アクシスコンサルティングの評判・口コミ

アクシスコンサルティングの評判も見ていきましょう。最初は以下の口コミです。

KENMORI@転職さん
コンサル業界に転職したい方はアクシスコンサルティングを利用して損はないかと。

20代や30代だけでなく、第二新卒といった”実務未経験可”の求人も扱っています。

コンサル以外にも外資やIT系求人有り

(参考:「Twitter」)

求められるキャリアやスキルが高いコンサル業界で若手向けの未経験OKの求人があると、ハードルを低く感じますよね。もう1つは以下の口コミです。

ロジ廻りマンさん
アクシスコンサルティングさん
@kwlabo
はオススメです。真摯な対応と確かな情報、実績が魅力的なエージェントです。

転職エージェントの綺麗事を貫いてる希少なエージェントだと思っています。

(参考:「Twitter」)

サポートの中で真摯な対応をされて確実な情報を得られると、転職活動もスムーズに進みそうですよね。

ムービンストラテジックキャリア:元祖コンサル業界向けエージェント

ムービンストラテジックキャリア:元祖コンサル業界向けエージェント

コンサル業界向けでは国内最初に設立されたものです。20年以上で数千人の支援実績があるため、サポートで活かせるデータは膨大になっています。

国内外の主要ファームへの支援実績も豊富である上、コンサル業界でのキャリアアップを目指したい人におすすめです。金融やITの求人もあり、経営層への転職もできます。

コンサルタントも大手ファームなどの出身者が多く、十分な業務経験や専門知識によるサポートが期待できるでしょう。業界特有の選考へのサポートも質が高いです。

ムービンストラテジックキャリアの評判・口コミ

同サービスの口コミもご紹介します。最初は以下の内容です。

Porcoさん
ムービンは支援も手厚くしっかり時間かけてサポートしてくれる(た)印象です。
初回面談までの繋ぎ役&面接アドバイスのみでフィー少なめに設定すれば、副業として片手間でやれそうな気がしてきました

(参考:「Twitter」)

手厚くかつ丁寧なサポートを時間を掛けて行ってくれると、じっくりと対策を行う上で安心できますよね。もう1つは以下の口コミです。

スズキンさん
転職エージェントは私はJACリクルートメントが1番良かったな。外資狙いなのでパイプが太い。聞いたこと無いベンチャーも沢山知ってる。次がムービン。優秀な人達ばかりである。

(参考:「Twitter」)

専門知識や業務経験が豊富なほど優秀なコンサルタントが担当になると、膨大なデータとともに手厚い支援が期待できますよね。

あわせて読みたい
ムービンストラテジックキャリアの評判と口コミは?「冷たい」は本当?
ムービンストラテジックキャリアの評判と口コミは?「冷たい」は本当?コンサルタントとしてよりキャリアアップを目指そうと転職を考えている人もいますよね。できればコンサル業界に強いエージェントの力を借りたいと思うでしょう。もしコ...

コトラ:金融業界を目指す上でおすすめ

コトラ:金融業界を目指す上でおすすめ

金融業界やコンサル業界、経営幹部求人に特化しているエージェントです。金融業界では投資銀行や投資ファンドなどを、経営幹部ではCEOやCOOなどを扱い、若手歓迎のものもあります。

サービスに加えて所属するコンサルタントも、優秀なエージェントを対象にした賞の受賞歴があるほど専門性が高いです。実用性のあるアドバイスの他、メンタル面でもサポートして貰えます。

同サービスのアフターフォローは97%の定着率を出すほどに内容が濃いです。特に診断システム「KOTORA25」を使った面談は、今後のキャリアを考える大きなヒントになります。

コトラの評判・口コミ

コトラの評判も見ていきましょう。最初は以下の内容です。

おかめ@20代不動産投資家×ブロガーさん
20代でも年収800万円以上の案件ばかりなので、入金力を高めたい人にはもってこいです!!
また、無料でできる自己診断が非常に有用なので試してみてください!

(参考:「Twitter」)

20代でも高年収を狙えたり、自己診断の精度が高かったりすると利用にも前向きになりそうですね。もう1つは以下の口コミです。

匿名さん
私に合う案件がたくさんある訳ではなさそうでしたが、ハマれば面白そうな案件を紹介してくれるエージェントだという印象は残っています。クライアント側の社内状況や採用状況を見ながら必要な人材をイメージし、その流れの中で私に案内があるといったような感じでした。

(参考:「Jobmark」)

コンサルタントが企業の状況をしっかり把握し、必要な人材をイメージした上で紹介している点は、慎重ながらしっかりマッチングしようとしているようにも見えますね。

あわせて読みたい
専門性の高い転職エージェント・コトラ(KOTORA)の評判・口コミを解説!
専門性の高い転職エージェント・コトラ(KOTORA)の評判・口コミを解説!転職を機にコンサル業界や金融業界の外資系企業に移り、キャリアアップしたい人もいますよね。コンサル業界や金融業界向けの転職に強みを発揮しているのがコトラです。...

アズール&カンパニー:消費財やスポーツなどに対応

アズール&カンパニー:消費財やスポーツなどに対応

消費財メーカーへの転職に特化しているエージェントで、高級消費財・一般消費財いずれのメーカーへの転職にも強みがあります。またスポーツやエンタメ業界の転職支援でも有名です。

消費財を含めて9つの分野に専門チームがあり、各分野に精通したコンサルタントが配置されています。求人もハイクラスからミドルクラス以下まで様々です。

サポートの面では、特に面談にこだわりがあります。コンサルタントが親身にサポートすることを重視する分、面談を通じて求職者のニーズを細かく掴もうとする姿勢です。

アズール&カンパニーの評判・口コミ

アズール&カンパニーの評判も見ていきましょう。最初は以下の口コミです。

まりこさん
サイト登録からエージェント面談・採用まで、サービスはかなり手厚いです。外資系の転職に特化しているため英語力は必須だな、と感じました。レベルの高いエージェントに対応していただけるので、ある程度自分の転職する意義や今後のキャリアを考えた上で面談に臨まなければ時間の無駄になるので、しっかり面談前に準備していくことをおすすめします。多くの企業から手当たり次第探すというよりは厳選した求人を紹介してもらえます。

(参考:「みんなの評判ランキング」)

サポートの手厚さやコンサルタントのレベルが高い代わりに、事前準備はしっかりした方が良さそうですね。もう1つは以下の内容です。

ベタールースーンナップさん
利用して良かった点は、さまざまな企業の求人情報がある中で、外資系企業の情報がとても多かった点です。さらにワンストップで就職するまで面倒みてくれたことも大きなメリットです。これで自分が得意な英語を活かせる仕事につくことができて、感謝しています。

(参考:「みんなの評判ランキング」)

全体的な企業が多い中、外資系企業も多く扱っている分、海外企業を目指すハードルも下がりそうですよね。

ISSコンサルティング:搬送機や機械業界でハイクラスを目指したい人向け

ISSコンサルティング:搬送機や機械業界でハイクラスを目指したい人向け

外資系企業のハイクラス求人を多く扱っており、中でも自動車など搬送機や機械業界のものが中心です。取引先も日本GEやボッシュなど、世界の製造業でトップを走るメーカーが挙げられます。

製造関係以外にもファッションや外食、化学、製薬など、転職支援の対象となる業界は様々です。分野別に支援チームを作っているため、志望業界の案件紹介を多く受けられます。

なお同サービスの求人は英語で書かれているため、英語力に自信があることがサポートを受ける上での前提となるでしょう。

ISSコンサルティングの評判・口コミ

ISSコンサルティングの評判も見ていきます。まず以下の内容の口コミです。

30代メーカー・人事マネージャーさん
実際、コンサルテーションを行って頂いて、企業の雰囲気やその企業で働く方の共通する行動特性、はたまた面接での質問パターン等個人で行っていてはなかなか得難い貴重な情報を提供頂き、またアドバイスもして頂きました。そうした外部からは分かりづらい「組織風土・人材」のソフト面も転職前に把握しておくことは、転職後に「こんなはずではなかった」という個人・企業側双方のミスマッチを避けることでも有意義かと思います。

(参考:「Bestwork」)

企業の雰囲気や面接傾向に加え、組織風土までレクチャーして貰えるため、綿密な対策を行う上で役立ちそうですね。もう1つは以下の口コミです。

匿名希望さん
前職が多忙だったため、転職カウンセリングに訪問する時間はなかったのですが、電話インタビューで転職理由や希望等を細かく聞いてもらっただけではなく、こちらの意向も理解してくださっているという、安心感もありました。

(参考:「Bestwork」)

対面のカウンセリングに足を運べなくても、電話インタビューを通じてしっかりとニーズを把握して貰える点は、安心できますよね。

ヘイズジャパン:医療や製薬関係を目指す上で不可欠

ヘイズジャパン:医療や製薬関係を目指す上で不可欠

医療や製薬関係を中心に15業界への転職支援を行っています。生命科学領域で世界的なネットワークと長年にわたる転職支援実績があるため、医療関係の転職で非常におすすめです。

転職支援の対象になる各業界には、専門知識に精通したコンサルタントを配置しています。公式サイトでは労働市場レポートをダウンロードできるため、最新の転職情勢を掴む上で便利です。

ヘイズジャパンの評判・口コミ

ヘイズジャパンの評判も見ていきましょう。最初は以下の口コミです。

あぽろ@人事さん
外資に勤めたいのであれば、
外資の転職エージェントがオススメ

・ロバートウォルターズ
→圧倒的な求人数、コンサルタントは外国人(英語必須)

・ヘイズ
→細やかな対応、コンサルタントはバイリンガル

会う時は自分の職場近くのカフェやランチでOK
外資は日系と違い給与交渉が強い

(参考:「Twitter」)

コンサルタントの対応が細やかである上、日本語でも話せる点は安心できますよね。もう1つは以下の内容です。

MASAさん
外資系金融に転職したいけど、どうすればいい?

答えは

転職エージェントへの登録。

ただ、転職エージェントにもそれぞれ得意分野がある。

外資系金融の場合、

・ロバートウォルターズ
・ヘイズ
・JACリクルートメント
・リクルートエージェント

このあたりの転職エージェントは押さえておこう。

(参考:「Twitter」)

JACやリクルートなどと並んでおすすめである上に外資金融にも強いと、金融業界を目指す場合でも頼りになりますよね。

レバテックキャリア:ITやWeb業界でのキャリアアップを目指したい人向け

レバテックキャリア:ITやWeb業界でのキャリアアップを目指したい人向け

ITエンジニアやWeb関係のクリエイターの転職に特化したサービスです。特にITエンジニアを募集する求人が多くなっています。

コンサルタントはITやWeb関係の業務経験や専門知識が豊富です。クライアント企業の内情にも詳しいため、志望先のニーズに合わせた選考対策や精度の高いマッチングが期待できるでしょう。

レバテックキャリアの評判・口コミ

レバテックキャリアの評判も見ていきます。最初は以下の口コミです。

サファリさん
どの転職エージェントも基本的な聞く事は一緒ですが、レバテックキャリアのコンサルタントはフランクな感じだったので一番話しやすかったです。普通に会話するかのごとく自分のやりたいことや、方向性の話しをして、その内容を元に現在の転職市場で私が入社可能な会社の話しなんかをしていきました。

(参考:「Bestwork」)

コンサルタントに対して率直に話せる雰囲気だと、自分の要望も伝えやすい上に正確なマッチングにも繋がりますよね。もう1つは以下の口コミです。

レバーさん
担当者の業界に関する知識力も高く、予めこの会社はこういう知識が必要になるとか、具体的な職務内容などを伝えてくれました。案件を探すうえで非常にためになるし、分かりやすいのです。この会社は自分には無理だとか言う判断もしやすくなります。

(参考:「Bestwork」)

担当者の業界への知識が深い上、企業の職務内容や必要なスキルも具体的に伝えて貰えると、結果的に応募するかしないか背中を押して貰えそうですね。

総合型・業界特化型の両方に対応できる転職エージェント2選

総合型・業界特化型の両方に対応できる転職エージェント2選

エージェントの中には、総合型と特化型の両方に対応できるサービスもあります。中でもおすすめなのが、以下の2社です。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン:バイリンガルにも対応できる

ロバート・ウォルターズ・ジャパン:バイリンガルにも対応できる

設立以来30年以上にわたって、専門性の高い人材やバイリンガル人材の転職支援で様々な実績を残してきました。求人の半分が年収900万円以上で、2,000万円に達する案件もあるほど質が高いです。

コンサルタントも全員が日本語と英語のバイリンガルであるため、国内外の企業との交渉でも活躍して貰えます。業種・職種で専門チームがあり、各コンサルタントは専門知識が豊富です。

加えてアドバイスも実用的である上、フィードバックも正確かつ具体的な点で高い評価を得ています。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンの評判・口コミ

同サービスの評判も見ていきましょう。まず以下の口コミです。

アラフォーさん
勤務中に電話がかかってきて、出れなくてもメールでのフォローアップはありましたし、面接対策として、面接官の人柄なども教えてくれました。またこういう人は落ちてしまうようだというような注意事項ももらえ、結果的に内定を何社かいただきました。

(参考:「Bestwork」)

面接対策で面接官の人柄や注意事項を教えてくれる分、綿密に選考対策する上で効果が期待できそうですね。もう1つは以下の内容です。

匿名希望さん
基本的にエージェントとのやり取りは英語でしたが、それによって英語面接対策もしていただき、履歴書もうまく伝わるようレクチャーしていただき変更をしました。

(参考:「Bestwork」)

英語面接対策やうまく伝わる応募書類の書き方までしっかり指導して貰える分、サポートの内容が親身かつ具体性を伴っているようですね。

あわせて読みたい
ハイクラスや外資系を目指せるロバートウォルターズの評判と口コミは悪い?
ハイクラスや外資系を目指せるロバートウォルターズの評判と口コミは悪い?より良い待遇や語学力などを活かせる場を求めて、外資系企業やハイクラス求人を目指したい人もいますよね。加えて外資転職で確実な実績のあるエージェントを利用したい...

マイケルペイジ:ノウハウや実績の豊富さと対応の速さが強み

マイケルペイジ:ノウハウや実績の豊富さと対応の速さが強み

設立が1976年で、40年以上にわたり約1,400社の外資系企業への転職を成功させてきた実績があります。外資転職関係のサポートを受ける際に、膨大な支援データの活用への期待も大きいです。

扱っている企業は一流の外資系企業のみで、年収1,000万円以上の案件も揃っています。現地法人の求人もあるため、海外を舞台に活躍したい人にもおすすめです。

加えて同サービスは対応の速さも大きなポイントと言えます。登録から内定までの所要期間も2週間前後と、非常に短期間です。

マイケルペイジの評判・口コミ

マイケルペイジに対する評判もご紹介しましょう。最初は以下の口コミです。

ヒロさん
年配の人は、長年のくせが、態度、語り口、しぐさに出やすいことを、具体的な例で注意してくれて参考になった。私も 逆に、面接する立場になった時に、すごく印象が悪いことを感じ、今思えば、非常に良いアドバイスをもらったと感謝しています。

(参考:「Bestwork」)

サポートで具体例を用いて分かりやすく解説されると、非常に理解しやすく対策でも役立てやすそうですね。もう1つは以下の口コミです。

kakakoさん
コンサルタントの対応はとてもよく、面接対応アドバイスも細やかでポイントをついていました。
対応の早さ、求人の件数も豊富で、アクションの早さは沢山のエージェントで1番だと思います。

(参考:「Bestwork」)

求人が豊富である上、対応が早いと、転職活動が早めに終わるために余計な不安を感じなくて済みますよね。

あわせて読みたい
マイケルペイジの評判と口コミを徹底解説!「最悪」というのは本当なのか?
マイケルペイジの評判と口コミを徹底解説!「最悪」というのは本当なのか?外資系企業や条件の良い求人を目指していて、できるだけ短期間で内定を得たいという人もいますよね。ハイクラス求人の豊富さと内定までの期間の短さで有名なのがマイケ...

外資系企業に強い転職エージェントを活用するコツ7つ

外資系企業に強い転職エージェントを活用するコツ7つ

外資系企業に強い転職エージェントを使えば、海外企業に転職する可能性も見えてきます。ただエージェントの持ち味を活かすには、いくつかのコツを心掛けると良いでしょう。

主に以下の7つが挙げられます。

総合型と業界特化型の両方に登録するのがおすすめ

まず登録するべきサービスを選ぶ際は、総合型と業界特化型の両方を選ぶべきです。総合型は多くの求人数や業種・職種の幅広さを誇るものの、専門的なサポートが弱くなります。

一方で業界特化型は特定の業界や職種のサポートに対しては強みを発揮するものの、求人数は総合型に比べて少ない傾向です。個々の持ち味を活かす意味でも、両方登録した方が良いでしょう。

なお登録する業者の数は、3社から5社程度がおすすめです。3社以上に登録した方が、志望する業界・職種でより多くの求人を検討・応募できます。

担当のアドバイザーが合わない場合は変更して貰う

転職支援サービスでは多くの場合、アドバイザーが担当する仕組みです。ただもし担当者との相性が悪かったり、対応ぶりに不満を感じる場合は変更して貰った方が良いでしょう。

サービスを利用する際、担当者は相棒のような存在である分、転職活動にも様々な影響を及ぼすためです。もし頼りになるはずの担当者が合わないと、逆に転職活動に支障をきたしてしまいます。

担当者の態度などで気になる場合は運営側に相談した上で、必要に応じて変更して貰うべきです。

前向きになれる求人に対してはすぐ転職できる意志を示す

利用中はアドバイザーから色々と求人を紹介されるでしょう。そしてもし前向きになれるものがあった場合は、すぐ転職できる意志を示すべきです。

外資系に強いエージェントは合理性を重んじる傾向にあります。求職者があまり積極的に転職活動しない場合は、優先度を低く考えてあまりサポートしなくなりがちです。

アドバイザーとの関係やサポートの質の高さを保つためにも、極力惹かれる求人については応募に向けて動くべきでしょう。

企業の情報はなるべく詳しく聞く

外資系企業への転職を目指す際、志望先企業の情報はしっかり聞いておくことがおすすめです。海外の企業はエージェントの非公開求人の中で募集する傾向にあります。

同時にエージェントのアドバイザーは、日頃企業の採用を支援している分、求人関係の詳細な情報を得られる立場です。外資系企業への選考対策でも、アドバイザーの力が欠かせません。

選考で重視される点や求められるスキル・人材像など気になる点は、遠慮なく聞くと良いでしょう。

経歴やスキルなどをごまかさない

サポートを受ける際は、経歴やスキルはごまかさないようにするべきです。実はエージェントに登録する職歴やスキルなどの情報は、原則長期的に残るようになっています。

もし経歴などにごまかしがあったり、頻繁に変えた形跡があったりすると、「平気で虚偽申告する信用できない人間」とみなされるでしょう。場合によってはサポートの停止に繋がります。

同じ求人に複数のサービスから応募しない

求人に応募する際は、複数のサービスを経由しないようにするべきです。複数のサービスから応募した場合、企業の人事担当者が振り回されて、正確な対応がしづらくなります。

加えて企業やアドバイザーから不審に思われやすいです。応募の取り消しやサポートの停止に繋がることもあるので、絶対避けるべきでしょう。

気になる求人については口コミも確認する

最後に求人の情報については、口コミサイトなどで評判などを確認するのがおすすめです。コンサルタントによっては成果のために、不良な案件を紹介しているケースもあります。

求人の中には、ブラック企業など条件の悪いものが含まれていることもあるため、自分を守るために確認は欠かせません。Openworkや転職会議などを利用すると良いでしょう。

外資系転職エージェントの登録から内定までの流れ6ステップ

外資系転職エージェントの登録から内定までの流れ6ステップ

外資系エージェントを使いこなすには、一通り登録してから内定を得るまでの流れを知っておくのがおすすめです。一般的には以下のような流れで利用していきます。

公式サイトから登録

最初が各サービスの公式サイトから会員登録する段階です。サービスによってはスマホのアプリでも利用できるため、インストール後に登録を進めても良いでしょう。

登録の時点では名前や連絡先、簡単な職歴を入力します。サービスによっては、より詳しいキャリアやスキルを記入する場合もあるでしょう。

一通り入力が終わったら、履歴書や職務経歴書とともに送信すれば完了です。応募書類はサイト上で保存することができる場合もあります。

コンサルタントとのキャリア面談

フォームを送信した後、コンサルタントからキャリア相談の連絡が来るため、都合の良い日程を伝えると良いでしょう。面談は各サービスのオフィスか、電話やスカイプなどで行われます。

当日は筆記用具やメモ帳、職務経歴書を持参すると良いでしょう。服装は私服でも問題ありません。面談の雰囲気はカジュアルなものであるため、緊張せずに臨めます。

面談では希望のキャリアや今後の転職活動の進め方について話し合うのが一般的な流れです。疑問や不安などがあれば遠慮なく質問します。

適切な求人の紹介

面談が終わってしばらくすると、コンサルタントが適切な求人を紹介するため、色々検討すると良いでしょう。気になるものがあれば、前向きに検討する旨を伝えます。

ただ職歴によっては希望に合わない求人を紹介されたり、逆にまったく求人が紹介されなかったりするケースも多いです。再マッチングを依頼するなど適切に対応して貰う必要があります。

書類選考・面接

興味を惹かれる求人があれば、応募の意志に伝えて選考開始です。基本的に書類選考から始まるため、求める人材像などに沿って応募書類のブラッシュアップを済ませておくと良いでしょう。

なお企業の興味度によっては、いきなり面接からスタートすることもあります。書類選考が免除される求人は内定に繋がる可能性が高めであるため、前向きに選考に臨むのがおすすめです。

面接についても、コンサルタントから企業毎の傾向を聞いた上で、受け答えができるように練習を重ねます。加えてコンサルファームの場合は、ケース面接の対策も欠かせません。

内定・入社

選考の結果、内定が得られたら入社前の交渉に移ります。主に年収や入社日を調整する内容であるため、交渉を代行するコンサルタントに要望などを伝えると良いでしょう。

合わせて今までの職場についても退職手続きを行います。円満退職の方法もコンサルタントからアドバイスして貰えるため、手続きで不安があっても背中を押して貰えて安心です。

入社後フォローでの相談

転職支援サービスでは入社後も色々とサポートして貰えます。新しい職場への定着も今後のキャリアに大きく影響するため、転職活動では重要な段階とみなされるためです。

各サービスでは入社後に抱く不安や悩みなどに対して、相談に応じられる体制になっています。業者によってはステップアップの機会も設けているため、存分に活用するのがおすすめです。

転職前に知っておくべき外資系企業の特徴5点

転職前に知っておくべき外資系企業の特徴5点

外資系企業は日本の企業とは様々な点で異なります。独特の特徴を良く知っていれば、転職後に戸惑うことなく職場環境になじめるでしょう。

外資系企業の主な特徴は、以下の5点です。

成果こそが全て

まず徹底した成果主義が導入されています。伝統的な日本企業のように勤続年数で給料が上昇するのではなく、出した成果の良し悪しが昇給や昇進の基準になるという考え方です。

たとえ入社直後でも目覚ましい成果を挙げれば、勤続年数の長い先輩を追い抜くこともできるでしょう。しかし成果があまりにも悪い場合は降格や解雇もあり得ます。

会社の中でうまく生きていくには、出した成果に左右されると考えると良いでしょう。

トップが変わりやすい

また徹底した成果主義である分、社長などのトップも変わりやすいです。たとえ社長であっても任期中に出した成果によって続投や昇給する場合もあれば、逆に解任されることもあります。

外資系企業ではトップの成果の悪さや不始末が原因で、交代するケースも少なくありません。経営者によって方針が変わることが多い分、対応への柔軟さも求められるでしょう。

即戦力や専門性が重視されやすい

さらに外資系企業では、社員の即戦力や専門性が重視されやすい傾向です。成果を出すことが何よりも求められる分、人材の配置も専門性などに応じて適材適所で行われます。

日本企業のように数年おきの配置換えが基本的にない分、同じ部署で長い間勤めることになるでしょう。配置換えのなさに飽きないように仕事を楽しんでいく工夫も必要です。

他にも会社が人材を育成するという発想もありません。新しいスキルや知識を身に付ける場合も、全て自分で勉強などしていくことになります。

社内で英語を使う機会が多い

外資系企業は文字通り外国人が運営する企業であるため、英語を使う機会も多いです。業務上のやり取りだけではなく日常会話も英語を使うため、日頃から語学力を磨いておくべきでしょう。

語学力は転職選考でも重要な基準で、最低でもTOEIC700点のレベルにしておくことが望ましいです。可能であれば高めるだけではなく、生の外国人とやり取りする機会も増やすと良いでしょう。

なお転職エージェントによっては外国人のコンサルタントが多い業者もあります。多少英語力に自信がある場合は、外国人スタッフに担当になって貰うのも1つの手です。

残業する社員に厳しい

最後に残業する社員は厳しく評価されます。海外企業では「勤務時間内に仕事を終えるべき」という考え方が支配的であるためです。

社員も退勤時間になればすぐに帰宅します。残業をした社員については、「するべき仕事に時間が掛かる能力の低い人物」とみなされるでしょう。

将来の昇給や昇進にも悪影響を及ぼすため、極力残業せずに済む工夫が必要です。

まとめ

今回は外資系転職を目指す上でおすすめの転職エージェントをご紹介しました。外資系企業は日本の企業とは特徴が色々と異なる分、転職エージェントを使った方が有利です。

転職支援を受ける際は、総合型と特化型の両方に複数登録した方が自分の満足しやすい転職先が見つかるでしょう。加えて高いスキルや語学力があると望ましいです。

加えてハイクラスの求人が多いサービスもあるため、より安定した収入やスケールの大きい業務内容を狙う際に役立ちます。外資系企業を目指す上で、紹介したサービスを活用すると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる