スズキの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

スズキの平均年収は691万円です。

スズキに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、スズキの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

スズキの平均年収は691万円

スズキの平均年収は691万円です。

自動車メーカーでも知名度が高い同社では、社員の年収は年功序列と学歴で左右されます。一方で中途採用で入社した社員の年収は、基本額に経験・能力を加味する仕組みです。

業界内ランキングでは5位でイメージに反して低い

スズキは国内の自動車メーカーでも、特に軽自動車関係の開発・製造で知られています。ただ年収のランキングについては、知名度とは裏腹に意外と低いです。

業界ではトヨタやホンダなどに続いて5位になっています。業界の中で意外と低いと聞くと、驚く人もいるでしょう。

ただしスズキの年収は自動車業界では低くても、国内企業の中では比較的高めです。

日本全体の給与所得平均が436万円で、上場企業平均が630万円であることから、スズキは上場企業でも年収が高い方に入ります。

基本的に年功序列と学歴で年収が決まる

スズキの社員が貰える年収は、基本的に年功序列と入社時の学歴によって決まる仕組みです。

特に入社時の学歴による年収差は決定的で、大卒社員は院卒社員には及ばないと感じられるほどになっています。

加えて勤続年数に応じて給料が増えていく点も含めれば、スズキでは勤続年数が長く学歴が高い人ほど年収が多くなりやすいです。
スズキで高い年収を得るには、着実にキャリアを積み重ねることに尽きます。

 

営業職は成果主義の傾向がある

なお営業職に限っては成果主義の傾向が強いです。社員の営業成績によって営業手当などの金額が決まり、月収の中に含まれます。

もしスズキに入社した後で自分の力量に応じた待遇を得たいということであれば、営業職を目指すのも1つの方法でしょう。

中途採用の初任給は基本額に経験・能力を加味して決定

スズキで中途採用された場合、初任給は基本額に経験・能力を加味して決まります。基本額は18万3500円となっており、経験や能力に応じて追加金額も合わせて最終的な初任給が確定する仕組みです。

もし転職後に年収面で幸先良くスタートしたい場合は、面接などで経験や力量をしっかりアピールしておくと良いでしょう。

加えて転職エージェント経由で年収交渉するのもおすすめです。アドバイザーは年収交渉の点でもベテランであるため、特に交渉に苦手が意識がある場合は任せてしまって良いでしょう。

期間工の年収は250~360万円程度

スズキに期間工で入社する場合、年収は250~360万円程度です。時給換算で1200円で、月20日を残業なしで稼働しても約20万円の月収を得られます。

基本給や残業手当に加えて、入社祝い金10万円や契約終了時の満了慰労金も貰える仕組みです。特に満了慰労金は契約期間に応じて増え、最大33ヶ月で約185万円になります。
スズキの期間工で入社を目指す場合に参考にしてみると良いでしょう。

スズキの平均年収が高い理由2つ

スズキの平均年収は国内企業でも高い方である一方、なぜ高めになっているのか気になりますよね。年収が高い理由を知ることは、企業の現状を知る上で大切です。

スズキの場合は以下に挙げる2つの理由で、年収が高くなっています。

毎年連続して売上高が増加している点が大きい

スズキの年収が高い理由はまず、毎年連続して売上高が増加しているためです。特に2016年から19年の4年間で3000億円以上も売上が増えており、2019年については過去最高記録を達成しています。

年収も売上高に合わせるように上昇しており、2016年から20年の5年間で約80万円もの上昇幅となりました。今後も海外市場を中心に増益の可能性が十分にあるため、年収の上昇が期待されています。

ボーナスが約6ヶ月分と極めて高いため

売上高以外にもスズキでは社員に支給するボーナスが、年額で基本給の約6ヶ月分と手厚い点も理由です。

自動車メーカーは基本的にボーナスが手厚いものの、6ヶ月分ものボーナスを支給する企業は多くありません。
仮に基本給が月25万円の場合、ボーナス支給額は年で約150万円にもなります。ボーナスが非常に手厚い分、年収を高く押し上げる仕組みです。

基本給が低いという裏事情もある

ボーナスが高いにもかかわらず、なぜ平均年収が業界で低いのか不思議な気持ちになる人もいますよね。実はボーナスは高いものの、基本給自体が低いという裏事情もあります。

後程年齢別の年収でも触れますが、スズキの基本給は割と伸びにくい点が特徴です。基本給が低いために、残業代とボーナス支給額を当てにするケースもあります。

ただ売上高が総じて上昇してきていることから、今後は基本給の上昇についても期待されるところです。

スズキの年齢や役職・学歴別の平均年収

スズキの平均年収は691万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。スズキは年功序列の傾向が強い分、入社後に年齢などに応じた年収の推移を知っておくのはおすすめです。

スズキの年齢毎の年収推移

まずスズキ社員の平均年収を年齢毎に見ていきます。5歳毎に区切って見ていくと以下の通りです。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 314 20
25~29 460 30
30~34 473 31
35~39 491 31
40~44 548 35
45~49 625 40
50~54 688 43
55~59 682 43
60~64 467 30

 

20代後半から39歳までは400万円台で、40代後半から50代にかけてピークを迎えます。50代での平均年収が688万円ではあるものの、課長や部長などの役職に就いている場合の年収はより高いです。

20代後半以降で着実に上昇する傾向

全体的な傾向としては20代後半以降で着実に増えていきます。月給で見ていくと30~40万円台であるため、一見するとなかなか伸びにくいように見える数字です。上記の基本給が低いことも影響するでしょう。

ただし年功序列である分、入社から年月が経ったり役職に就いたりすることで年収も大きく上昇していきます。焦らないことが大切になるでしょう。

スズキの役職毎の年収推移

次にスズキの役職毎に年収の推移を見ていきましょう。大まかな年収幅は以下の表に示す通りです。

役職 年収推移
主任 550~700万円
係長 600~800万円
課長 700~1,000万円
部長 900~1,100万円

さらに見ていくと、以下のような傾向があります。

課長・部長など管理職でも年収1,000万円に届かないケースも多い

主任や係長で平均年収と同等か超える程度です。特に係長になれば最高800万円と、大手メーカーに近い水準の年収を得られるでしょう。

さらに上の課長や部長クラスになれば、1,000万円前後の年収を貰える立ち位置です。ただし課長や部長になっても1,000万円に届かないケースもあるため、あまり過度な期待はしない方が良いでしょう。

社長など役員の報酬も紹介

社員の年収とともに社長など役員の報酬が気になる人もいますよね。スズキの場合、代表取締役会長以下の役員報酬は2020年3月時点で以下の通りです。

役員 報酬
代表取締役会長(鈴木修氏) 1億7,400万円
社内取締役 6,800万円
監査役 2,800万円

代表取締役会長で約1億7,400万円、他の取締役でも6,600万円となっています。いずれも中堅メーカーにしては少し高めです。加えて従業員の年収との差も歴然としています。

学歴による年収の差

学歴による社員の年収差についても見ていきましょう。博士課程修了の院卒を頂点に50代時点の年収を見ていくと、以下の表に書く通りです。

学歴 年収
院卒(博士) 1,075万円
院卒(修士) 968万円
大卒 896万円
短大卒 766万円
高卒 652万円

同じ院卒でも博士課程修了者と修士課程修了者とで100万円程度の差が付いています。また大卒社員と修士課程修了者も100万円程度の差です。

大卒社員と短大卒社員、短大卒社員と高卒社員でも各100万円の程度の差が付いています。学歴による年収の差は階層のようになっている状態です。

スズキの職種毎の年収

社内の職種毎でも年収を見ていきます。総合職を含めた各職種の年収は以下の通りです。

職種 年収
総合職 850~950万円
営業職 300~500万円
事務職 300~500万円
開発職 500~700万円
生産技術・製造職 400~700万円
設計職 400~700万円

より詳しく見ていくと、以下のような傾向があります。

技術系が高くなる傾向

まず開発職や設計職などの技術系職種が、事務系職種よりも高めです。事務系職種の年収幅が300~500万円であるのに対し、技術系の年収幅は400~700万円となっています。

最低金額の面でも100万円の差があるような状況で、スズキでは技術系職種が重視されていると言えるでしょう。なお総合職は将来の幹部にもなる職種であるため、ずば抜けて高い年収幅です。

営業職には営業手当など独特の手当も支給される

事務系職種の中でも営業職は成果主義が導入されているため、成績に応じた独特な手当が支給されます。主な手当が、4.4万円の営業手当や2.3万円のセールスカー手当、2~10万円の販売報奨金などです。

営業職は上記の表では300~500万円となっているものの、精力的に営業活動を行って結果を出せば各種手当が多く支給されます。結果として標準的な年収幅を超える年収を得られる場合もあるでしょう。

スズキの男女別年収

最後に男女別で社員の年収を見ていきます。5歳おきに示すと以下の通りです。

年齢 男性(万円) 女性(万円)
20~24 314 314
25~29 520 460
30~34 542 473
35~39 562 491
40~44 611 548
45~49 697 625
50~54 764 688
55~59 757 682
60~64 558 467

男女差は約60~80万円程度となっており、自動車メーカーの中では大きな差になっていません。特に30代前半までは差も小さめになっています。

加えて40代後半以降は男女とも平均年収が600万円以上です。男性社員でも平均年収の最高が700万円台ではあるものの、役職に就けばより多くの年収を得られます。

スズキの就職難易度(偏差値)は60

スズキの就職難易度(偏差値)は60です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職偏差値 企業名
75 トヨタ自動車, デンソー, 豊田中央研究所
70 本田技研工業, ブリヂストン, 豊田自動織機
65 日産自動車, アイシン精機
60 SUBARU, いすゞ自動車, マツダ, スズキ, トヨタ車体, トヨタ紡織, ヤマハ発動機, 横浜ゴム
55 三菱自動車, 日野自動車, 豊田合成, ダイハツ工業, NOK, ボッシュ, フタバ産業, 住友理工, テイ・エス・テック, 日産車体, ジーテクト, エイチワン, 愛三工業, 新明和工業, 八千代工業, 曙ブレーキ工業, 日本特殊陶業, TOYO TIRE
50 大豊工業, マレリ, ユニプレス, タチエス, ヨロズ, 東亜工業, KYB, 武蔵精密工業, 日本プラスト, 日立Astemo, 三菱ロジスネクスト, 河西工業, トピー工業, 極東開発工業, 日信工業, 岐阜車体, 日本精機, ハイレックスコーポレーション, エフテック, プレス工業, エフ・シー・シー, ユタカ技研, 太平洋工業, バンドー化学, エクセディ, ジャムコ, タカタ, チエス, 日本プラスト, IJT, 三櫻工業, シロキ工業, 今仙電機製作所, 日本車輌製造, 富士機工, 極東開発工業, 西川ゴム工業, 大同メタル工業, 鬼怒川ゴム工業, フコク, モリタHD, 村上開明堂, 自動車部品工業, ダイハツディーゼル, ニチリン, 東京ラヂエーター製造, 日本電産トーソク
45 深井製作所, 千代田工業, 丸順, ティラド, ミクニ, ニッタ, オカモト, ファルテック, GMB, 三ツ星ベルト, サノヤス, アイメタルテクノロジー, TBK, 日鍛バルブ, ティラド, ミクニ, オカモト, ファルテック, 田中精密工業, ユニバンス, 安永, 佐世保重工業

就職難易度(偏差値)は大学の偏差値とは異なるもので、入社難易度の目安としたものとなっています。

そのため、あくもでも参考値として捉えておきましょう。

スズキに転職する時の3つの注意点

軽自動車などの製造で有名なスズキに転職選考で入社を目指す際、いくつか注意すべき点があります。特に気を付けたい点が以下に挙げる3点です。

企業研究を通じてスズキへの理解度を高めるべき

転職選考ではスズキへの理解度に対する深さが問われます。特に技術系職種の面接では、スズキを選んだ理由に加えてスズキ製品への愛着度も良く聞かれるほどです。

転職選考の準備では、企業研究を通じてスズキを理解することが重要になってきます。公式ホームページや中期経営計画を熟読した上で、同社の現状やビジョンを踏まえて自分にできることを見出すと良いです。

なおスズキでは同社にない価値観や経験をもたらしてくれる人を求めています。企業研究と同時にスキルなどの棚卸しを行い、自分がスズキに対して貢献できる価値観などをアピールすることもポイントです。

ストレス耐性や語学力も重要なポイントとみなされる

またスズキの選考では、ストレス耐性や語学力も重要になります。

ストレス耐性についてはスズキで離職率が高い状態が続いている背景がある分、コミュニケーション能力を見ることで試す姿勢です。困難を乗り越えた体験をもとに粘り強さなどをアピールすると良いでしょう。

一方語学力については、近年スズキがインドを中心に積極的な海外展開を行っている分、英語力に堪能な人材を求めています。ビジネスレベル以上の英語力の他、海外経験があれば重宝されるでしょう。

高卒や未経験の場合は期間工から始めるのがおすすめ

スズキに転職したくても、学歴や経験の不足を理由に敷居を高く感じる人もいますよね。もし高卒や未経験の場合は、期間工から始めるのがおすすめです。

期間工では上記のように基本給や各種手当などが支給される上、最前線現場である製造ラインでスズキの技術を直接身に付けられます。また募集条件についても18歳以上で長期的に勤務できることとシンプルです。

期間工は健康と熱意に自信があれば採用されやすい上、問題なく勤務していれば正社員になれるチャンスも巡ってきます。学歴や経験に自信がない場合は、期間工からのスタートが良いでしょう。

スズキの転職難易度は高い?評判・面接の内容・年収もご紹介

本気で転職したい人は大手エージェントを使うのがおすすめ

本気で転職したい人は大手サイト・エージェントを使うのがおすすめ

ここまで評判や口コミについて解説してきましたが、本気で転職したいと感じている人は大手転職エージェントの利用がおすすめです。

履歴書や職務経歴書の添削から面接までの日程調整・年収交渉までサポートしてくれるので、転職にかける工数を限りなく少なくすることができます。

転職エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントが最もおすすめです。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 転職支援実績No.1
  2. 10万件以上の求人数
  3. 豊富なセミナー・イベントの開催

転職活動で「良い会社と出会いたい」「できるだけ待遇の良い会社を見つけたい」と感じている方は、リクルートエージェントを使うことで漏れなく探すことができますよ。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

まとめ

今回は軽自動車の開発・製造で有名なスズキの年収について色々見てきました。スズキの年収は691万円とメーカーとしては低めであるものの、国内企業では高い方です。

同時に基本給が低い代わりにボーナスや残業手当が手厚い分、上記の年収になっています。年功序列の風潮が強い分、長期的に勤続した上で役職に就けば年収1,000万円を狙うことも可能です。

スズキは技術力の高さや将来性の面で今後とも年収が増えることが期待されています。やりがいのある車作りに携わりたいのであれば、スズキも有力な候補になるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる