スバル(SUBARU)の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

SUBARU(スバル)の平均年収は653万円です。

SUBARU(スバル)に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、SUBARUの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

SUBARU(スバル)の平均年収は653万円

SUBARU(スバル)の平均年収は653万円

SUBARU(スバル)の平均年収は653万円です。輸送用機器業界では低いものの、国内の有名企業では安定した金額になっています。またボーナスも最低5ヶ月分と手厚めです。

また新卒・中途採用に関係なく同じような給料が発生するのも魅力の1つと言えます。

業界内の年収ランキングで低いものの有名企業では高い方

アイサイトなどの安全技術で知られるSUBARUの平均年収653万円は、国内の有名自動車メーカーの中では低い方です。メーカー毎のランキングで並べた場合、トヨタなど大手だけではなくマツダにも及びません。

ただし日本の平均給与所得が436万円であることから考えると、SUBARUの平均年収は約1.5倍にもなります。普通のサラリーマンから見ればSUBARUの社員は比較的高い年収を稼いでいると考えて良いでしょう。

なおSUBARUの昇給制度は年功序列が基本です。入社後は毎年決まった金額が加算される形で、基本給が上がっていきます。真面目に担当の業務をこなせば、勤続年数に応じて安定した年収を得られるでしょう。

ボーナスも労使協定で最低5ヶ月分は支給される

SUBARUの年収面における魅力の1つが、ボーナスが手厚く支給される点です。ボーナスは最低でも基本給の約5ヶ月分が支給されます。労働組合と会社側の協定によって取り決めが交わされているためです。

ボーナスは2018年に6ヶ月分支給された実績もあるため、上記の最低支給分を考えると大型連休前に多くもらえることが期待できます。なお具体的な支給金額は約160~180万円程度です。

新卒・中途採用とも入社時から同額の月給

さらにSUBARUでは新卒・中途採用ともに入社時から同額の月給が発生します。たとえ中途採用で入社したとしても新卒採用者と初任給が一緒であるため、新卒との差を気にすることがありません。

加えて試用期間中から本採用と同じ月給が貰える点もポイントです。普通の企業のように試用期間中の月給が少なくならない分、初月から生活費の少なさで困ることはないでしょう。

期間工の場合は200~500万円程度

期間工としてSUBARUに入社する場合も、年間でいくら貰えるか気になりますよね。期間工の場合は200~500万円程度貰える計算です。

月収で30万円程度貰える例も多い上、寮や食事補助などの福利厚生も充実しています。他にも契約期間中に目覚ましく活躍した人には最大120万円程度の慰労金が支給される仕組みです。
SUBARUの期間工には正社員登用制度もあり、2020年も下半期に106名が正社員になりました。学歴や経験の面で転職が難しい場合は、期間工からのスタートがおすすめです。
あわせて読みたい
スバル(SUBARU)の期間工はきつい?仕事内容や給与・面接について解説
スバル(SUBARU)の期間工はきつい?仕事内容や給与・面接について解説 スバル(SUBARU)の期間工はきつい? スバル(SUBARU)の期間工の仕事や給与面は? スバル(SUBARU)の期間工の面接に受かる方法も知りたいこんな悩みに答えます。短期間...

SUBARU(スバル)の平均年収が高い理由2つ

SUBARU(スバル)の平均年収が高い理由2つ

転職活動の一環でSUBARUの平均年収について調べていると、金額に影響している要素について気になりますよね。確かに会社の年収は経営状態と密接に関わっている分、将来性を考える上で参考になる材料です。

SUBARUについては、業績が安定している点とボーナスの高さが年収に大きく影響しています。

ボーナスの高さと残業代全額支給によるところが大きい

SUBARUの年収が高い理由は、ボーナスの高さと残業代を全額支給する仕組みによるところが大きいです。ボーナスは上記の通り、最低でも5ヶ月分、調子の良いときで6ヶ月分支給しています。

加えて残業代の全額支給も年収を押し上げている要因です。基本給が安く設定されている分、残業代で上乗せしようとする社員が多いために年収が増えています。

安い基本給にボーナス・残業代などを加えて年収が高くなる構造です。一方で長時間労働の原因にもなっているため、会社側も残業時間の削減に乗り出しています。今後の基本給の動きには注目すべきでしょう。

業績が安定している点も影響

またSUBARU自体の業績が近年好調になっていることも、年収の上昇に影響しています。2020年3月時点の売上高は3兆3441億円で、前年より6%の上昇でした。営業利益も前年比7.6%の2103億円です。

以上のような業績の良さに支えられたこともあり、SUBARUはボーナスに還元する形をとっています。ボーナスが増えたことで、全面的な年収も上昇した形です。

SUBARU(スバル)の年齢や役職・学歴別の平均年収

SUBARU(スバル)の年齢や役職・学歴別の平均年収

SUBARUの平均年収は653万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。入社後のことを考えると、年齢などによる年収の変化は気がかりですよね。

年齢や役職などの項目で、SUBARU社員の年収が変化していく様子を一緒に見ていきます。

SUBARU(スバル)の年齢毎の年収推移

まず年齢別の年収推移から見ていきましょう。月給まで含めて見ていくと、以下の通りになります。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 295 20
25~29 459 32
30~34 484 36
35~39 500 38
40~44 558 42
45~49 638 48
50~54 705 51
55~59 698 50
60~64 450 34
基本的に40代前半までは緩やかかつ着実に上昇し、以降は50台前半にかけて急速に伸びる傾向です。より詳しく見ていくと、以下のようなポイントが見えてきます。

20代でも400万円台になる

まず注目すべき点が、20代でも400万円台になっている点です。多くの一般企業やメーカーでは、20代は成長段階の期間ということで、年収も200~300万円程度になっています。

しかしSUBARUについては当初から400万円台と、20代にしては破格の金額です。すでに触れたボーナス支給額の高さが大きく影響している分、20代でも年収が跳ね上がっていると言えるでしょう。

50代にピークを迎える

そしてSUBARUの平均年収は50代でピークを迎えます。特に50代前半は705万円で大手メーカーより見劣りするものの、大手企業にふさわしい金額です。

なお実際は課長や部長などの役職に就いていれば、800万円台や1000万円台を貰えるケースも見られます。50代時点でより高い年収を得たい場合は、管理職を目指すと良いでしょう。

SUBARU(スバル)の役職毎の年収推移

将来は役職者として高い年収を得たい」という人もいますよね。SUBARUで役職に就いた場合、年収は以下の通りです。

主任 600~800万円
係長 650~900万円
課長 700~1200万円
部長 900~1400万円

主任や係長の場合は、最低で600~700万円程度、最高で900万円程度を目指せます。課長クラス以上になれば最低でも700万円台や900万円台にも届くため、より安定した年収を得られるでしょう。

部長クラスで1000万円を超えるケースもある

部長クラス以上になれば、年収が1000万円を超えるケースも出てきます。課長クラスでも1000万円以上になるケースはあるものの、部長は最低でも900万円貰える分、より1000万円以上貰える可能性が高いです。

平均年収が低めのSUBARUでも管理職に就くほど努力すれば、年収1000万円も夢ではありません。早いうちから高い実績を残したりスキルを磨いたりするなどして、上位の管理職を目指すと良いでしょう。

学歴による年収の差

SUBARUを目指す際、自分の学歴でいくら貰えるのか気になる人もいますよね。50代時点での学歴毎の年収の差を示すと、以下のようになります。

院卒 1030万円
大卒 896万円
短大卒 766万円
高卒 652万円

比較的幹部になりやすい大卒で900万円近くで、短大卒とは130万円程度、高卒とは210万円程度の差です。大卒と短大卒であればまだ差は小さいものの、高卒との差は大きくなりがちと言えるでしょう。

高卒の場合は基本的に工場での作業を担当する技能職が多くなる分、幹部である大卒との差が開きやすいと言えます。

院卒が最も高め

なお大卒よりも院卒の方が年収が高めです。初任給の段階で院卒が約23.2万円、大卒が約21.0万円で2万円程度の差があります。

結果として50代時点での両者に見られる差は140万円程度です。大卒と短大卒の差とほぼ変わらないと言えるでしょう。

SUBARU(スバル)の職種毎の年収

職種毎の年収についても見ていきます。具体的には以下の表に記す通りです。

総合職 850~950万円
営業職 450~550万円
事務職 300~500万円
開発職 400~750万円
研究職 450~650万円
設計職 500~700万円
さらに詳しく見ていくと、以下に挙げる2点が主な特徴として浮かび上がってきます。

事務系よりも技術系の方が高い傾向

まず事務系職種よりも技術系職種の方が高い傾向です。事務系は最高でも500万円台であるのに対し、技術系は600万円や700万円台が最高額になっています。

SUBARUは妥協しないものづくりや技術力を重視する点が社風の特徴です。技術力を重んじる意味で技術系職種の年収が高めになっています。

総合職も年収が伸びやすい

職種の中でも目立って高いのが総合職です。将来SUBARUを背負って立つ有望な職種で、幹部も多く輩出する分、年収も高くなる傾向にあります。

幹部になって昇給したり残業が多くなったりする分、最高額で1000万円近くになるケースも多いです。社内で高年収を得られるポジションに行きたいのであれば、総合職への転職も検討すると良いでしょう。

SUBARU(スバル)の男女別の年収推移

最後に男女別の年収推移も見ていきます。具体的には以下の表の通りです。

男性(万円) 女性(万円)
20~24 295 295
25~29 544 459
30~34 542 484
35~39 561 500
40~44 604 558
45~49 690 638
50~54 760 705
55~59 753 698
60~64 487 450

いずれの年齢層で見ても男女差は50~60万円程度と小さくなっています。言い換えれば女性社員でも男性社員に近い水準まで年収を得られるでしょう。

加えて女性社員は50代前半には700万円に達せられます。SUBARUは女性社員にとっても頑張り甲斐のあるメーカーと言えるでしょう。

SUBARU(スバル)の就職難易度(偏差値)は60

SUBARU(スバル)の就職難易度(偏差値)は60

SUBARU(スバル)の就職難易度(偏差値)は60です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

同程度の偏差値にはいすゞ自動車やマツダ、スズキなどの有名メーカーが並んでいます。加えてトヨタ車体などトヨタグループ企業も多いです。

数値上では大手メーカーよりも低いものの、有名企業ばかりが目立つ分、選考は激戦になります。十分な準備や対策が必要です。

SUBARUに転職する時の3つの注意点

SUBARUに転職する時の3つの注意点

SUBARUへの転職を本格的に検討したり準備したりする人もいますよね。同社への選考に臨む際は、特に以下の3点に注意が必要です。

転職難易度が低い一方で求められる経験・スキルが高い

SUBARUの転職難易度は求人の多さもあって、トヨタ自動車や日産自動車に比べれば低くなっています。ただし技術力を重視する職人気質な社風である分、求められる業務経験やスキルは高いです。

事務系でも営業やマーケティングのような職種に特化した経験が求められます。技術系であれば、志望職種に対応する経験年数が3年以上という条件です。
加えて技術系であれば現状よりもハイレベルな車両の開発への強い熱意も求められます。今までの経験やものづくりへの思いに自信がある人向けでしょう。

英語力も最低でも日常会話レベルが必要

業務経験やスキル以外にも、SUBARUの選考では英語力も重要です。事務系職種の場合は技術系よりも海外企業とやり取りする機会が多いため、TOEIC600点以上の語学力が必要になります。

一方技術系職種についても、日常会話に困らない程度の英語力(TOEIC500点前後)があると良いでしょう。職種に関係なく転職選考に先立って英語力を高めておくべきです。

ものづくりへの愛着度も問われる

最後に選考ではものづくりへの愛着度も問われます。特に技術系職種の募集要項では、「妥協のないものづくりをしたい人」が求める人材像として明記されているほどです。

加えてSUBARUへの転職希望者は仕事へのやり甲斐を求めて応募してくる人が多く見られます。彼らとの競争に勝つには、ものづくりへの愛着や熱意をいかにしてアピールするかがポイントです。
熱意の他に誰にも負けない強みを業務経験とともに示せると良いでしょう。

スバル(SUBARU)の転職とは?難易度や評判などを徹底解剖

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまでSUBARUの年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

今回はアイサイトなどの安全技術力で定評があるSUBARUの年収について見てきました。平均年収は653万円で、国内企業では高い方です。また手厚いボーナスや残業代の全額支給が行われている特徴もあります。

平均年収自体は業界内で低いものの、課長や部長になれば年収1000万円も夢ではありません。また女性社員も男性社員との年収面での差は小さくなっています。

転職難易度はトヨタなど大手に比べれば低いものの、求められる経験・スキルやものづくりへの熱意は高めです。選考の中でしっかりアピールしていくと良いでしょう。

SUBARUは管理職であれば高年収が期待できる上に、ハイレベルな車両作りに携われるメーカーです。高い技術力による仕事と安定した年収を両立できるでしょう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる