【要約】なぜか話しかけたくなる人、ならない人の感想レビュー

突然ですが、日々生活している中で、自分ではなく友達ばかりが喋りかけられるということはないでしょうか?

実は世の中には「話しかけやすい人」「話しかけにくい人」の2種類が存在し、話しかけやすい人になることで周囲から人気者になることが可能です。
本記事では「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の要約と、感想レビューについて解説していきます。

この記事を読むことで、周囲から話しかけられやすい人間になることができますよ。

目次

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の要約

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の内容を要約すると、下記の3点が非常に大切だということが分かります。

1点ずつ解説していきますね。

話しかけられやすい人は機嫌が良さそうな人

まず大切なこととして、話しかけられやすい人というのはいつでも機嫌の良さそうに見える人で、逆に話しかけにくい人というのは機嫌が悪そうに見える人です。

確かに機嫌が良さそうでニコニコしている人には近づきやすいですが、いつも仏頂面をしている人には話しかけにくいですよね。これは直感的に理解できると思います。

笑っている人と無表情な人とでは天と地ほどの差があるので、まずはどんな時も笑顔が大切であることを覚えておきましょう。

目を合わせて話すことが大切

次に目を合わせることが非常に大切です。

目が合うというのはあなたに興味がありますというサインになります。どんなに会話していても、あからさまに目が合わない人と「この人私のこと嫌いなのかな」と感じてしまうでしょう。

もし目を合わせるのが恥ずかしいと感じる場合は、相手の鼻や顎あたりを見れば目を合わせているように相手は感じるので、難しい場合はこの方法を使ってみましょう。

面接でも使われるテクニックですので、覚えておいて下さいね。

欠点を隠さないことが大事

次に欠点を隠さないことが非常に大切です。

例えば欠点のない人間を想像してみましょう。高学歴で大企業に入社し、家柄もお金持ち、容姿端麗の人と友達になりたいかと言われたら、少し尻込みしてしまうでしょう。

欠点がある程度あることでその人に隙が生まれて、話しかけるきっかけになったり、好まれるポイントになります。

つまり、ある程度オープンな人間になるようにしましょう。自分のことを何でも話してくれる人の方が見ていて気持ちがいいですし、周りから好感が持たれます。

しかし注意点としてお金や恋愛・家族関係に関してオープンに話すのは止めましょう。思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

その他の内容であれば、オープンに話してしまって問題ありません。

話しかけたくなる人は自分からも話しかけている

話しかけたくなる人の特徴について要約しましたが、実は話しかけられやすい人は自分からも話しかけている人だということを知っておきましょう。

基本的に世の中の人間は8割以上の人が話しかけてきてほしいと待っているものです。自分が上手く話しかけることができれば、残りの2割の方に入ることができます。

話すことがわからない人は相手の最近変わったことを探して言及するのが良いでしょう。

例えば「そのブランドいいですね」だったり「お洒落な帽子かぶってますね」と言ったり、「最近大変そうですね」と現状を伝えるのでも問題ありません。

自分の変化に気づいてもらえた人は相手に気にかけて貰っているみたいで嬉しくなるので、相手の変化を常に気にして、それを伝えられる人間になりましょう。

話しかけた後の会話で注意するべき4つの項目

次に実際に話しかけた後に、会話で注意するべき4つの項目について解説していきます。

相手の話を聞いてあげる

まず「相手の話を聞いてあげる」という点です。

基本的に美容師や営業マン、サービス業の人達は話を聞くことが非常に上手いですよね。なぜなら人は自分の話を聞いてくれる人が好きになってしまうからです。

話をしっかり聞いてくれる人に対して嫌な気持ちになることはないと思います。寧ろ「聞いてくれた代わりに何かしてあげたい」と恩を感じるのが人間の特徴です。

そのため、相手の話を聞いてあげるを意識すると良いでしょう。

相槌に感情を乗せていく

次に「相槌に感情を乗せていく」という点です。

話を聞く時に大切なのは、とにかく相槌に感情を乗せることです。とにかく相槌を入れれば良いという訳ではなく、様々なバリエーションで相槌することが重要になります。

お笑い芸人のリアクションに例えると、たとえそれがわざとらしくてもリアクションは大きいほうが人に好かれやすいですよね。

そのため、自分が思ったよりもやや誇張してリアクションするくらいで丁度良いでしょう。

自分が話す時はゆっくり

次に「自分が話す時はゆっくり話す」という点です。

よく自分の話すことばかりに夢中になってマシンガントークで話してしまう人がいますが、そこを一旦落ち着いて笑顔でゆっくりと話すようにしましょう。

早口で話してしまうと会話のテンポが悪くなってしまい、相手も困ってしまいます。焦らずゆっくり話すことだ大切です。

ネガティブな意見はできるだけ避ける

最後に「ネガティブな意見はできるだけ避ける」という点です。

話していて「あの人はこういうところが嫌だ」とか「あの人はつまらない」だとか言っていると、「ああ私も陰で文句言われているんだろうな」って思われしまいます。

ネガティブな意見も時には大切ですが、露骨に言い続けていると人が離れていきますので、極力注意するようにしましょうね。

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の感想やレビュー

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の感想やレビューは下記の通りです。

実際に共感している方や、自身でしっかり行動に移して改善していこうとする方など、様々な感想レビューがありました。

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の要約まとめ

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の要約は以上です。

最後になりますが、総務省の平成28年社会生活基本調査によると、日本の社会人の1日の平均勉強時間は約6分と言われています。非常に短いですよね。

時世的にも忙しい世の中になってきているので、効率的に読書などを行ってビジネススキルや教養を身につけていくことが大切です。

そこで数々の名著が要約されているサービス「flier(フライヤー)」を使うことで、1日10分程度で1冊の本を読解することができます。

flier

月額通常2,200円ですが、本サイトを経由することで10%オフの1,980円で無制限で本を読むことが可能です。

7日間の無料体験も実施しておりますので、まずはお試しで試してみてはいかがでしょうか。

\ 7日間の無料体験実施中 /

あわせて読みたい
flier(フライヤー)の評判と口コミは?メリットや効果的な利用方法も紹介
flier(フライヤー)の評判と口コミは?メリットや効果的な利用方法も紹介「本を読みたくてもなかなか読む時間がない」「買っても読めずに溜まってしまう」という方は多いのではないでしょうか。本は1冊読むのにも数時間かかるので、毎日少しず...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる