ハイクラスや外資系を目指せるロバートウォルターズの評判と口コミは悪い?

より良い待遇や語学力などを活かせる場を求めて、外資系企業やハイクラス求人を目指したい人もいますよね。加えて外資転職で確実な実績のあるエージェントを利用したい人もいるでしょう。

外資転職で飛び抜けた実績と強みを誇るのが、ロバートウォルターズです。外資系の大手企業求人があることに加え、キャリアアップでも強力なサポートを受けられます。

今回は外資系転職に強いロバートウォルターズの評判について見ていきましょう。なお今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 外資系企業やグローバル企業への転職・キャリアアップに興味がある人
  • 専門性に加えて英語力にかなり自信がある人
  • ロバートウォルターズの評判やメリットを知って利用の参考材料にしたい人
目次

世界31ヶ国に展開する転職エージェント・ロバートウォルターズとは

世界31ヶ国に展開する転職エージェント・ロバートウォルターズとは

国内企業の待遇や仕事内容に満足しないため、実力が給料などに反映されやすい外資系企業に転職したい人もいますよね。ロバートウォルターズは外資系転職で非常に強みを持つサービスです。

同サービスを利用する際、基本的な特徴を是非知っておきたいでしょう。まずは同社の特徴をご紹介します。

外資系やグローバル企業に特化した転職エージェント

ロバートウォルターズは、イギリスのロンドンを中心に世界31ヶ国に展開している転職エージェントです。基本的な情報は以下の通りになっています。

運営会社 ロバート・ウォルターズ株式会社
設立 1985年(日本法人設立は2000年)
オフィス 東京・大阪
対象年代 20~50代(制限はなし)
求人数 約1,400件+非公開求人(数千件)
料金 無料

日本には2000年に進出し、「ロバートウォルターズ・ジャパン」として転職サポートを提供中です。オフィスは東京と大阪にあるため、大都市在住者にとって利用しやすいでしょう。

公開求人は約1,400件程度と少なめではあるものの、質が非常高い内容になっています。なお非公開求人が数千件程度あるため、本格的な利用には会員登録がおすすめです。

40年近く活躍している分世界中の有名企業からの信頼が厚い

ロバートウォルターズは1985年の設立以降、40年近く世界中で転職支援を行ってきました。今までに世界中で専門性や語学力の高い人材を紹介してきた実績から、有名企業からの信頼が厚いです。

優秀な転職エージェントが対象の賞を数多く受賞してきた経歴もあることから、世界的な評判も非常に高いと言えます。高い信頼や実績から、大手の外資企業が紹介する優良案件も多いです。

コンサルタントも優秀かつバイリンガル

ロバートウォルターズの強みとして、コンサルタントの優秀さが挙げられます。所属するコンサルタントは様々な業界から集められた経験者で、提供できる専門知識も深いです。

各スタッフが専門別のチームでサポートしてくれるため、今後目指したい業種・職種に対する情報も豊富かつ詳しく取得できます。経験に基づいた実用的なアドバイスを得られる点も魅力的です。

加えてコンサルタントは日本人・外国人ともにバイリンガルであるため、困ったときは日本語でも対応して貰えます。英語でやり取りする機会も多いため、語学力向上にも繋がるでしょう。

丁寧かつスピードあるサポートも信頼の秘密

ロバートウォルターズの信頼性が高い秘密として、サポートが丁寧かつスピード感がある点も挙げられます。細かいヒヤリングや精度の高いマッチング、フィードバックの正確さでも評判が高いほどです。

加えて初回面談から内定に至るまでの作業が迅速な点も特徴と言えます。チーム制で情報共有している上、担当企業の役員や人事担当者との繋がりを活かせる分、交渉が進みやすいためです。

外資系企業やグローバル企業への転職を短期間で実現したい人には、非常に使いやすいでしょう。

良い評判・口コミから分かるロバートウォルターズのメリット5点

良い評判・口コミから分かるロバートウォルターズのメリット5点

ロバートウォルターズの利用を考える際、同社のメリットは是非知っておきたいですよね。良い評判・口コミから分かる同社のメリットは、以下の5点です。

自分の志望する業界・職種に応じたサポートを受けられる

まず自分が志望する業界・職種に応じたサポートを受けられます。ロバートウォルターズは扱われている業種・職種が幅広い上、コンサルタントも専門性が高いためです。

同社のサポートは、コンサルタントの専門分野毎にチームで動く仕組みになっています。チームもITなど業種別だけではなく、マーケティングなど職種別で組まれている点も特徴です。

求職者側が特定の業種または職種で外資系企業に転職したい際も、理想に適した求人紹介や内定を実現するためのサポートを受けられます。

専門性に加えて各企業の内情に応じた選考対策ができる

また各企業の内情に応じた選考対策ができる点も大きなメリットです。コンサルタントは単に専門知識が豊富であるだけではなく、個々に採用支援を担当する企業の情報にも精通しています。

各企業の役員や人事担当者との繋がりも深いため、日頃から企業の内情を得やすい立場です。特定企業での面接方式や求められる人材像に対して深い知識を持っています。

企業の内情に詳しい分、求職者に対しても志望先の選考に向けて的確なアドバイスを提供しやすいです。サポートを受ける立場としては、質の高い選考対策を行う上で頼もしく感じるでしょう。

給与水準が非常に高い求人が多い

さらに給与水準の高い求人が多い点もメリットと言えます。長年転職サポートを通じて、多くの優秀な人材を企業に送り込んできた実績によるところです。

公開求人の中でも、半分が年収900万円以上の求人になっています。中には年収2,000万円の求人もあるため、今の待遇と実力の不釣り合いに不満がある人にはおすすめでしょう。

加えて入社前の年収交渉でも不満があれば、コンサルタントが交渉を代行してくれます。交渉自体も同社への信頼性の高さによって、年収アップを実現しやすいです。

書類選考が通過しやすい

転職の際、書類選考は最初の難関であるため、さっさと突破してしまいたいですよね。ロバートウォルターズでは書類選考の通過しやすさでも定評があります。

同社のコンサルタントは、求職者に見所があると確信した場合、徹底的にサポートをするのが特徴です。加えて同社の信頼性の高さを理由に書類選考を合格させる企業も多くあります。

口コミの中には「書類選考に1度も落ちたことがない」という例もあるほどです。サポートの質の高さと同社が長年築いてきた実績により、書類選考は比較的受かりやすいと言えます。

非会員でも役立つ転職コンテンツが充実している

ロバートウォルターズは転職コンテンツの充実ぶりでも評判が高いです。公式サイトで外資系転職を中心に転職全般で役立つ情報が豊富に載っています。

応募書類の書き方や面接対策から退職に向けたアドバイスまで紹介されているため、転職を進める上で非常に有益です。また採用動向や給与調査のレポートなど独自のコンテンツも役立つでしょう。

非会員でも閲覧できるため、同社を利用しない人でも参考材料にできます。

悪い評判・口コミから分かるロバートウォルターズのデメリット5点

悪い評判・口コミから分かるロバートウォルターズのデメリット5点

一方でロバートウォルターズにはデメリットもいくつかあるため、事前に把握しておくと良いでしょう。主なデメリットが以下の5点です。

英語力やスキルに自信のない人には敷居が高い

まず英語力やスキルに自信がない人には敷居が高い印象があります。優良な外資系求人を多く紹介している分、応募者には高い専門性や語学力が求められるためです。

加えてロバートウォルターズのコンサルタントとやり取りする際も、英語でコミュニケーションする機会も多くあります。レジュメや応募書類も英語で書くケースが非常に多いです。

語学力やスキルに自信がない場合、求人の応募どころかサービスの利用に対しても後ろ向きになりやすいでしょう。

語学や専門性が低い人には冷たい印象がある

加えて「コンサルタントも語学や専門性の低い人に冷たい印象がある」という声も多く聞かれます。外資系サービスである分、コンサルタントも紹介実績を多く出すことが求められるためです。

コンサルタントも見込みがある人を優先するため、スキルなどが低い人には求人紹介をしない場合もあります。「返信が遅い」という口コミも、見込みがないとみなされているためでしょう。

ロバートウォルターズを利用して納得のいく形で外資系企業に転職したい場合は、一定以上の語学力やスキルを用意する必要があります。

求人が首都圏や関西に偏りがち

求人が首都圏や関西圏に偏りがちな点も大きなデメリットです。同社で扱う企業の多くが東京や大阪にオフィスを構えているという理由によります。

同社のオフィスも東京と大阪に展開しているため、地方在住者にとっては非常に不便に感じられるでしょう。地方のハイクラス求人に対応したサービスも一緒に活用するべきです。

営業電話などがやたらとしつこい

他にも営業電話などがやたらとしつこいデメリットもあります。ロバートウォルターズは外資系である分、実績や成果報酬のために積極的な電話をしてくるケースが多いです。

加えて同社では担当コンサルタントが決まっていない分、支援に関わる人からの連絡が多くなります。営業電話をしつこく感じる場合は、コンサルタントに苦情申し立てすると良いでしょう。

自分のニーズに合わない求人が紹介されることもある

最後に自分のニーズに合わない求人が紹介されることもあります。コンサルタント側が成果を求めるあまり、自分がおすすめする企業を推してくるためです。

ひどい場合は強引な担当者もいて、応募を押し付けてくる場合もあります。不快な気持ちになったら、やはり苦情申し立てするべきでしょう。

ロバートウォルターズと一緒に登録するべき転職エージェント4社

ロバートウォルターズと一緒に登録するべき転職エージェント4社

ロバートウォルターズは外資系転職では非常に使いやすいエージェントではあるものの、より満足できる転職を目指す場合は他社も併用した方が良いでしょう。

併用におすすめのサービスは、以下の4社です。

リクルートエージェント

全体の求人数が約30万件、非公開求人も膨大さを誇る点で高い評判を誇ります。業種・職種も求人に比例して幅広いため、目指す業界の求人も探しやすいです。

優秀なアドバイザーが多く、サポートの手厚さでも求職者から高い信頼を得ています。交渉力の高さでも定評があり、特に入社前の年収アップを実現した例も多いです。

求人数随一のリクルートエージェントは評判が悪い?生の評判から検証

doda

求人数の面ではリクルートに次いで約10万件を誇ります。加えて転職サイトとしても利用できるため、極力介入を受けずに転職活動を進めたい人にもおすすめです。

また高収入の求人も豊富で、大手サービスの中でも年収800万円以上を目指せる業者としても知られています。キャリアアップを重視したい人にも使えるでしょう。

JACリクルートメント

ロバートウォルターズと同じくハイクラスや外資系企業に強みや実績がある業者です。特に30代以上の専門職や役員職への転職ではトップクラスの実績を誇ります。

年収面でも求人全体の8割以上で800万円を超えているため、条件の良さを軸に転職活動したい人におすすめでしょう。ロバートウォルターズと一緒に是非活用したい業者です。

ハイクラスや外資系の転職に強いJACリクルートメントの評判と口コミは?

ビズリーチ

転職サイトの中でも求人数が約10万件と非常に多いことで知られています。中でも年収800万円以上の求人が8.5万件に及ぶため、高収入・高待遇にこだわりたい人は是非登録すると良いでしょう。

有料会員制度が設けられているものの、企業側もお金を出してまで登録する会員の本気度を見込んで優良案件を紹介しやすいです。経営幹部求人も多く揃えています。

ハイクラスを目指せるビズリーチの評判と口コミは?メリットや仕組みも解説!

ロバートウォルターズでの登録から内定までの流れ6ステップ

ロバートウォルターズでの登録から内定までの流れ6ステップ

ロバートウォルターズの利用を本気で考えるのであれば、内定までの流れを知っておくと良いでしょう。以下の6ステップに分けてご紹介します。

公式サイトから登録

まず公式サイトにアクセスし、応募フォームのページで会員登録です。名前や連絡先、現在の職種・年収などの基本情報を入力します。

なお入力後に送信する際は、職務経歴書の添付が必須です。英語のものでも日本語のものでも問題ありません。

コンサルタントとのキャリア面談

応募フォームを送信した後、コンサルタントとの面談に移ります。ただ専門性などで見込みがない場合は連絡が来ない点に注意です。

面談は東京か大阪のオフィスで行うものの、電話でもできます。面談では今までの職歴などを確認と、理想のキャリアを目指すための打ち合わせが主な内容です。

なお分からないことや不安なことがあれば、遠慮なく質問して大丈夫です。

適切な求人の紹介

面談が終わってしばらくすると、コンサルタントから適切な求人が紹介されます。ロバートウォルターズのマッチングは非常に精度が高いため、満足できる場合が多いでしょう。

一方でニーズに合わない求人の紹介や紹介自体がないケースもあります。紹介状況に満足できない場合は、もう一度コンサルタントに連絡すると良いでしょう。

書類選考・面接

興味のある求人があれば応募します。応募後は書類選考を受けるケースが一般的であるため、コンサルタントからの情報やアドバイスをもとに綿密に対策すると良いでしょう。

書類選考後の面接でも、コンサルタントが掴んでいる情報が対策に役立ちます。実力はあるものの、面接などにいまいち自信が持てない場合は、遠慮なく彼らに頼るのがおすすめです。

内定・入社

選考を経て内定が決まったら、年収などの交渉に移ります。企業から提示された待遇などに不満がある場合は、コンサルタントが代わりに交渉してくれる点で安心です。

一方で今までお世話になった職場の退職手続きも並行して進めます。分からない点などがあればコンサルタントが色々と答えてくれるため、遠慮なく質問すると良いでしょう。

入社後フォロー

ロバートウォルターズでは入社後も転職者をサポートしてくれます。コンサルタントは求職者の性格や特性、企業の内情を深く理解した上で、紹介時点で定着しやすい求人を選ぶ点も特徴です。

入社後の定着率が高い上、ミスマッチも防げるため、再転職するということにはなりにくいでしょう。加えて入社後の悩みに対していつでも相談対応してくれる点でも頼れます。

ロバートウォルターズの評判・口コミを紹介

ロバートウォルターズの評判・口コミを紹介

ロバートウォルターズについて評判や口コミを知りたいという人もいますよね。同社を利用した人が残した評判や口コミをご紹介します。

ロバートウォルターズの良い評判・口コミ3つ

まずポジティブな内容の口コミを見ていきましょう。最初は以下の内容です。

匿名さん
エージェントによるのかもしれませんが、私の担当者は英文レジュメや面接練習もかなり積極的に付き合ってくれました。直前の面接キャンセル調整などもうまくやってくれたので真面目なエージェントという印象です。

(参考:「Jobmark」)

企業との交渉や応募書類の添削などで親身になってくれると、とても頼り甲斐がありますよね。困った時も色々と相談に納得れそうです。次は以下の内容です。

ウロク@人材×企画さん
転職活動に際して自分の英語力を確かめてほしい場合は、外資系のエージェントに登録すると英語力チェックしてくれますよ。
外資系のエージェントだとマイケルペイジとかロバートウォルターズ、ヘイズ、エンワールドあたりが大手です。

(参考:「Twitter」)

外資系企業を受ける際に欠かせない英語力チェックまでして貰えるのは便利ですよね。確かに今の英語力のレベルが分かると、転職活動をする上で参考にしやすいでしょう。最後は以下の内容の口コミです。

SOさん
日系エージェントからは7社の企業紹介があり、応募もしましたが、面接まで進んだのは2社、最終面接は1社でした。私見ですが、エージェントの担当者は採用企業からの信用力が強いのではないかと思います。

(参考:「Jobmark」)

担当者が採用企業から信用されていると、求職する側にとっても転職活動がスムーズに進みますよね。良い案件を色々と紹介して貰える点でも、安心できるでしょう。

ロバートウォルターズの悪い評判・口コミ3つ

次にネガティブな内容の口コミも見ていきます。最初は以下の口コミです。

かなめさん
去年のMBA卒業生でロバートウォルターズ使った人は履歴書送った途端めっちゃ連絡きてビビったって言ってたけど俺は履歴書送ってもなんの音沙汰もなくてスペックの低さを改めて見せつけられて凹んでる

(参考:「Twitter」)

スキルなどの低さで全く連絡が来ないと、連絡が多く来た人との落差を感じますよね。次は以下の口コミです。

匿名さん
担当者がいい加減な印象で、私の伝えた希望に合わない案件を紹介してきたり、応募した案件がどうなったのかのフォローアップもなく、連絡してもコールバックがない担当者の方もいました。

(参考:「Jobmark」)

担当者によってはフォローアップや連絡が全くない人もいるようですね。場合によって担当者を代えて貰うという選択も必要でしょう。最後は以下の口コミです。

匿名さん
採用企業側のメッセンジャー的な役割を感じた。担当者はバイリンガルではあったものの、業界経験がまだ浅めの若いリクルーターの印象でした

(参考:「Jobmark」)

コンサルタントの中には業務経験があまり豊富ではない人もいるようですね。経験の浅い人が担当になるケースがあることも理解しておくと良いでしょう。

ロバートウォルターズにおすすめの人3タイプ

ロバートウォルターズにおすすめの人3タイプ

ロバートウォルターズを利用する際、特におすすめの人に当てはまれば、満足のいく転職活動ができるでしょう。主におすすめなのは以下の3つのタイプです。

自らの英語力や専門性に絶大な自信がある人

まず自らの英語力や専門性に絶大な自信がある人です。外資系で大手企業や管理職の求人を多く抱えている分、専門性や経歴が高い人ほど転職しやすくなります。

加えて外資系企業で役立つ英語力も、高いほど入社後に活躍しやすくなるでしょう。コンサルタントとも英語でやり取りする分、スキルが高いに越したことはありません。

外資系企業やグローバル企業への転職に熱意のある人

また外資系企業やグルーバル企業への転職に熱意がある人も歓迎されます。両方ともロバートウォルターズが主に強みを持っている分、同社サービスの持ち味を活かしやすいためです。

今の待遇に不満があったり、海外を舞台に活躍したいと思っていたりするのであれば、是非登録すると良いでしょう。

ハイキャリアを心から志向している人

他にもハイキャリアを志向する人にもおすすめです。特に年収が1,000万円や2,000万円の求人も豊富であるため、今以上に年収を高められる可能性も出てくるでしょう。

収入以外にも経営管理部門など責任ある立場や専門職も狙えるため、大きなスケールの仕事に携わりたい人にも使いやすいサービスです。

まとめ

今回は外資系転職に強みと信頼性があるロバートウォルターズの評判を見てきました。業務経験に加えて企業の内情に明るいコンサルタントのサポートで、内定を掴みやすい環境にあります。

求人の中には年収2,000万円を目指せるものもあったり、ハイキャリアのものが多かったりする点も魅力でしょう。ただスキルが低い場合は使いこなせない点に注意が必要です。

外資系企業や待遇の良い求人を目指すという点では、ロバートウォルターズは頼りになります。世界を舞台に活躍したい人やより実力を発揮できる環境を求める人は利用してみても良いでしょう。

あわせて読みたい
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!転職活動をする際、国内企業ではなく外資系企業を目指す人もいますよね。確かに外資系企業では成果が昇給などに反映されやすい上、実力を存分に活かせるイメージがあり...

最後になりますが、その他外資系サイト・エージェントに関しては上記の記事で纏めておりますので、是非確認してみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる