求人数随一のリクルートエージェントの評判と口コミは?生の評判から検証

転職活動をしようと決めても、実際の動き方が分からない人もいますよね。もし転職活動に自信がない場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

そして数あるエージェントの中で特におすすめなのが、業界屈指の求人数やサポートの手厚さで知られるリクルートエージェントです。ただ同社の評判が良いのか悪いのかも気になる人もいますよね。

今回はリクルートエージェントの評判について色々と見ていきます。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 転職活動を自分で進める自信がない人
  • なるべく多くの求人を見比べたい人
  • リクルートエージェントの評判が気になる人
目次

最大規模の転職エージェント・リクルートエージェントとは

最大規模の転職エージェント・リクルートエージェントとは

転職エージェントを選ぶ際、求人数や知名度を参考にする人もいますよね。確かに応募できる求人数が多いほど、自分の希望に合う求人にも巡り合いやすいです。

リクルートエージェントは数ある転職エージェントでも最大規模の求人数を誇ります。同時に実績の豊富さやアドバイザーの優秀さの点でも求職者からの支持が強いです。

1977年の創業以来多くの求職者を支援

リクルートエージェントはリクルートグループが運営する転職エージェントです。1977年のサービス開始以来、40年以上にわたって求職者の転職を支援してきました。主な基本データは以下の通りです。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
設立 1977年
オフィス 18拠点
対象年代 20~50代(制限はなし)
求人数 約30万件
料金 無料

求人数が圧倒的に多いことに加えて、扱っている業種や職種も非常に広範囲に及びます。特に職種ではテクニカルライターや教員、自衛官など、転職業界では珍しいものもあるほどです。

また通算で約45万人の転職を支援してきた分、膨大なデータをもとにした手厚いサポートでも評判があります。求人数や充実したサポートなどから、会員登録する転職活動者も非常に多いです。

オフィスが多く国内外の様々な地域に対応

リクルートエージェントはオフィスが多い分、国内外の様々な地域に対応できる点も強みと言えるでしょう。オフィスは東京や名古屋、大阪、福岡など18ヶ所と多いです。

日本を代表する主要都市には必ず設置されている分、都市部・地方問わず様々なエリアでの転職活動に対応できます。地方在住者や地方で働きたい人も転職へのハードルを低く感じられるでしょう。

加えて海外についても、アジアや欧州、太平洋地域などの求人を広く扱っています。世界を舞台に仕事をしたい人にとっても、リクルートエージェントは使いやすい業者です。

既卒者や中高年の転職希望者向けの求人も充実

リクルートエージェントの求人は数が非常に膨大であるため、様々な年代に対応している点も大きな特徴になっています。第二新卒などの既卒者から、40代・50代まで幅広く対応できるほどです。

一般的に転職活動では年齢が高さに応じて十分な実績やスキルが求められます。特に中高年で転職する場合はハードルも高くなりがちです。エージェントによっては求人が見つからない場合もあるでしょう。

しかしリクルートエージェントであれば求人数が多い分、対応できる年齢も幅広いです。年齢がネックで求人が見つからないと嘆いている人にとっても救いになるでしょう。

優秀かつ交渉力の高いアドバイザーがサポート

リクルートエージェントはアドバイザーの優秀さでも知名度が高いです。非常に多くの求職者を支援してきた分、十分蓄積された支援データを活かす形で良質なサポートに応用できています。

加えて在籍しているアドバイザーの中には、業界経験が豊富な人も数多いです。希望する業界を目指す上でも実務経験に基づいたアドバイスを受けられる分、選考合格率も上がります。

また交渉力が高い点もアドバイザーたちが高く評価される根拠です。選考に落ちた際の再チャレンジや内定時の年収交渉など、彼らの交渉力で実現する確率は高めになっています。

良い評判・口コミから分かるリクルートエージェントのメリット5つ

良い評判・口コミから分かるリクルートエージェントのメリット5つ

リクルートエージェントの名前を聞いたことがあっても、利用するメリットがあまり良く分からない人もいますよね。もしメリットを知っていれば、利用にも前向きになれるでしょう。

業界最大手のエージェントである同社には、特徴的なメリットが数多くあります。主なものが以下に挙げる5点です。

求人数が業界随一で比較検討しやすい

まず求人数が業界随一の規模である分、応募の際に比較検討しやすい点が挙げられます。公開・非公開を合計して約30万件抱えている分、希望条件に合う求人も多く紹介される傾向です。

紹介される求人が多ければ、自分が満足できる転職先が見つかる可能性も高まるでしょう。同時に自分がこだわりたい条件についても妥協せずに済みやすいです。

加えてリクルートエージェントでは、会員のみが応募できる非公開求人も10万件以上あります。比較検討しやすさに加えて競争率も低いため、より落ち着いて転職活動しやすくなるでしょう。

ちなみに扱っている職種で比較的多いのが、全体の約半数を占めるIT関係と営業・販売関係の求人です。いずれも経験や学歴に関係なく応募しやすいため、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

中卒OK?学歴に関係のない仕事を徹底紹介!稼ぐコツも解説!

アドバイザーが丁寧かつ親身

またアドバイザーが丁寧かつ親身である評判も多く見られます。運営元が大手人材サービス企業である分、優秀な人材を集めた上に膨大な支援データを活用できる仕組みであるためです。

登録後の面談などでも、求職者の希望条件や転職に賭ける思い、今までの実績などを丹念に聞こうとします。傾聴を心掛けつつ、豊富な業務経験や知識に基づいた助言を行う分、求職者も安心しやすいです。

加えて多様な求人を扱っているために、利用者にも色々な人がいます。様々な人の転職支援をしてきた経験が豊富な点から見ても、アドバイザーに安心して頼れるでしょう。

応募書類や面接の対策が非常に充実

さらに応募書類や面接への対策が非常に充実している点も大きなメリットです。選考対策についても今までの支援実績による膨大なデータがあるおかげで、十分な対策が取れます。

面接対策では企業毎に頻出の質問に関するデータが豊富であるため、説得力のある返し方のコツなどを提案して貰えます。面接力向上セミナーも開講されており、通過率が約20%上昇した実績があるほどです。

膨大なデータに基づいた手厚い対策ができる分、選考通過率まで高められる点もリクルートエージェントのメリットと言えます。

内定後に年収アップを実現できる可能性が高め

内定後に年収アップを実現できる可能性がある点も見逃せません。在籍しているアドバイザーの交渉力の高さや、同エージェントが長年にわたって築いてきた信用が要因です。

求人によっては、最初の提示額よりも数十万円上昇したケースも多く見られます。もし自分で年収交渉できる自信がない場合は、是非リクルートエージェントのアドバイザーに任せると良いでしょう。

スマホアプリが使いやすい

忙しい中での転職活動でスマホアプリを使ってサクサクと求人応募などしたい人もいますよね。実はリクルートエージェントはスマホアプリの使いやすさでも評判があります。

アプリでは求人検索・応募の他にも、履歴書や職務経歴書などを作成できるエディターがある点も大きな特徴です。移動時間などで手早く作れるうえ、一時保存機能も付いています。

在職中の仕事や資格の勉強と並行してリクルートエージェントで転職活動する際、スマホアプリは大変使いやすいと言えるでしょう。

悪い評判・口コミから分かるリクルートエージェントのデメリット5つ

悪い評判・口コミから分かるリクルートエージェントのデメリット5つ

リクルートエージェントは求人数の多さやアドバイザーの丁寧さなど使いやすい部分が多いです。しかし一方でデメリットも色々と存在します。主なものが以下の5点です。

アドバイザーの対応に差がある

まずアドバイザーで対応に差がある点が挙げられます。国内でも屈指の規模を誇るエージェントでアドバイザーが多い分、雑な対応をする人もいるでしょう。

雑なアドバイザーの場合、希望条件に合わない求人を色々と紹介したり、親身に接しなかったりするケースも多いです。アドバイザーが自分に合わないと感じたら、早めに変更を申し出ると良いでしょう。

サポート期間が3ヶ月のみになっている

またリクルートエージェントでは、サポート期間が3ヶ月のみになっている点も大きなデメリットです。別の書き方をすれば、じっくり腰を据えての転職活動がしづらいとも言えます。

一般的な転職活動に必要な期間が3ヶ月とされていることや、エージェント側もなるべく多くの求職者を支援して回転を良くしたいことが原因です。

なお登録から3ヶ月経つと、もう一度登録し直すことになります。なるべく再登録を避け、短期間で成果を出したいのであれば、事前準備をある程度済ませてから登録した方が良いでしょう。

アドバイザーに急かされて煩わしく感じる

さらにアドバイザーの中には、求人への応募を急かしてくる人もいます。実際の口コミでも、「アドバイザーから急かされて嫌な気分になった」というものも多いです。

アドバイザーが急かす場合、なるべく多く支援に成功した実績を積みたいと考えているケースが多くあります。急かされて煩わしく感じる場合も、アドバイザーの変更を依頼すると良いでしょう。

希望に合わない求人を紹介される場合がある

他にも希望に合わない求人を紹介されることもあります。求人数があまりにも多いものの、希望に合わない条件が見つからないケースも良くあるためです。

希望に合わない求人の中には、待遇などが明らかにブラックと言えるものも含まれています。怪しい内容の求人を紹介された場合は、遠慮なくエージェント側に異議を申し立てると良いでしょう。

なおアドバイザー以外にも、求人メールで意に沿わない仕事を紹介されることもあります。あまりにも合わない内容の紹介メールが送られる場合は、メールの設定を調整することも大切です。

内定辞退の理由をしつこく聞かれる

最後に内定辞退の理由をしつこく聞かれることもあります。内定辞退での質問が多い点についても、アドバイザーによって実績をなるべく積み増したいという背景があるためです。

実際に内定を辞退したいにもかかわらず、質問が多いとうんざりしますよね。内定辞退は転職活動でも良くあり得るため、登録前の注意点として知っておくと良いでしょう。

リクルートエージェントと併せて登録するべき転職エージェント4社

リクルートエージェントと併せて登録するべき転職エージェント4社

転職活動でエージェントを利用する場合、複数の業者に登録した方が自分に合う仕事が見つかりやすいです。もしリクルートエージェントと併せて登録する場合、以下の4社がおすすめでしょう。

doda:求人数が多い

まずdodaがおすすめです。同社の求人数は約10万件で、リクルートエージェントに次いで多いことで知られています。

転職活動で求人数の多さは、少しでも自分に合う求人に巡り合う上で非常に重要な要素です。dodaも一緒に活用すれば、リクルートエージェントと合わせて約40万件もの求人に巡り合うチャンスがある分、転職活動も進むでしょう。

マイナビエージェント:第二新卒や30代の間で人気

またマイナビエージェントも、第二新卒を含めた20代や30代など若い世代に人気がある点で一緒に登録すると良いでしょう。アドバイザーも基本的に同年代である分、転職活動での悩みなどで共感して貰いやすいです。

加えて若い世代でも転職がしやすいように、中小企業やベンチャー企業の求人を多く揃えています。新卒で入った会社からの転職に不安を感じている人は、是非併用するのがおすすめです。

キャリアカーバー:ハイキャリアや高年収を目指したい人向け

高年収やハイクラスを目指したい場合は、キャリアカーバーにも登録するべきでしょう。リクルートエージェントは求人数が多いものの、ハイクラス求人はやや少ないためです。

特に30代以降の場合、結婚や出産などで家族ができる分、年収が比較的高い点は重要になるでしょう。同じリクルートが運営している分、人脈で高年収や管理職の求人が見つかりやすいです。

JACリクルートメント:外資系求人を目指したい人向け

求職者の中には、転職を機に外資系企業で働きたい人もいますよね。もし外資系企業を目指すのであれば、JACリクルートメントにも登録すると良いでしょう。

同エージェントは30年以上にわたって約43万人の外資系企業転職を支援してきた実績があります。特に外資系企業のハイクラス転職についてはトップクラスです。

キャリアコンサルタントも外資系企業での業務経験や知識に精通している分、難易度の高い外資系企業転職でも実用性のあるサポートを期待できます。

リクルートエージェントの評判・口コミを紹介

リクルートエージェントの評判・口コミを紹介

リクルートエージェントを利用する際、実際に利用した人の声を参考にしたいですよね。業界最大の業者である分、同社には様々な評判・口コミがあります。

以下に良い評判と悪い評判を3つずつご紹介しましょう。

リクルートエージェントの良い評判・口コミ3つ

まず良い評判から見ていきます。最初は以下のような内容です。

ワタフネ・転職活動中さん
リクルートエージェントとの初回電話面談終わりました。

担当の人の転職活動についても聞けて、大変参考になりました。

求人数も業界No.1ということで、自分の希望にマッチした転職先候補も数多く紹介していただきました。

マイナビ・リクルートの各エージェントを上手く利用していきます

(参考:「Twitter」)

希望に合った求人を多く紹介して貰えるのは転職活動中の立場として非常に助かりますよね。また転職活動で大変参考になる話をして貰える点も、中々転職に慣れていない場合に安心できるでしょう。

次は以下のような内容です。

リクオ@リモートワーク中さん
転職サイト・転職エージェント
種類がたくさんあってわかりにくいと思うけど、朗報です!

最短で転職を成功させたいなら、リクルートエージェントだけ登録すればOKです。
人材業界にもう4年ほどいますが、わかりました。人材業界においては大は小を兼ねる。でかいとこが最強。

(参考:「Twitter」)

求人数の多さが転職期間の短さにも影響するようですね。確かに条件に合う求人を多く紹介して貰えるほど、転職活動に身が入るでしょう。最後は以下の口コミです。

まろにーさん
スタートして1ヶ月弱の転職、リクルートエージェントの人が凄い。他で落ちた求人でも書類選考通ったりする。一体どんな力を使っているのか。あと彼氏かってくらい電話かかってくる。わたしのスケジュールも完全に把握している。

(参考:「Twitter」)

他で落ちた求人の書類選考に合格する点やサポートの熱心さが伝わってくる口コミですね。特に一度落ちた求人でも合格できる点は、選考に未練を感じる人には大助かりでしょう。

リクルートエージェントの悪い評判・口コミ3つ

今度は悪い内容の評判や・口コミも見ていきます。最初は以下のような内容です。

yurikoさん
リクルートエージェントから応募したとこ一週間経つのにまだ返事ないし、住宅手当調べとくって言ってたところの返事もないし、そのくせ希望じゃない求人ばっかり送ってくるし、結構適当だな。あまり信用しないでおこう.
自分でも色々調べるぞ。全頼りはしない。

(参考:「Twitter」)

中々返事がないなどのひどいケースがあるようですね。アドバイザーによってはサポートが厚くないために、余計に自分で動く羽目になるのは損に思えるでしょう。次は以下の内容です。

にるさん
リクルートエージェントに登録するとめっちゃ電話来んねんけどやめて平日にして。
私が良いよって言うまで掛けてくんな

(参考:「Twitter」)

休日でも構わず電話がかけてくるケースもあるようですね。確かに休日ののんびりしたい時に電話が掛かってくると、ストレスを感じやすいでしょう。最後は以下の口コミです。

うっちーさん
リクルートエージェントってわりと変な案件多い?

(参考:「Twitter」)

求人数が多い分、何だか構えてしまうような怪しい案件も紹介されるようですね。紹介された求人を見極める目も必要でしょう。

リクルートエージェントへの登録から内定までの流れ5ステップ

リクルートエージェントへの登録から内定までの流れ5ステップ

リクルートエージェントを利用する際、登録から内定までの流れを一通り知っておくと使いやすいですよね。登録も含めると主なステップは全部で5つです。

会員登録

まず会員登録から始めます。公式サイトにアクセスするか、専用のスマホアプリをインストールすれば登録可能です。

登録画面では個人情報の他、職務経歴なども入力します。なるべく具体的かつ数字を盛り込んで書くと、面談や求人の紹介でも役立つでしょう。

アドバイザーとの面談

会員登録が終わると面談です。登録後にメールが来て面談の日程を調整します。

当日はオフィスで対面で行うか、オンラインで行うかのいずれかです。特にオフィスまで出向けない事情がある場合はオンラインで行うと良いでしょう。なお服装は私服で問題ありません。

面談の際は履歴書があれば、より具体的にやり取りできます。カジュアルな雰囲気で進むため、あまり緊張しなくても大丈夫です。

条件をもとにした求人の紹介

面談が終わった後、希望する条件に合った求人が紹介されていきます。電話やメールで紹介されてくるのが一般的です。

なお希望に合わない求人の場合は、はっきりと断ったり送ってこないように伝えたりすると良いでしょう。メールで多く紹介される場合は、設定画面で減らすこともできます。

応募・面接

紹介された求人で興味がある場合は是非応募すると良いでしょう。なお面接の日程などは任せて問題ありません。

選考の準備もアドバイザーと相談しながら対策を進めていきます。手厚いサポートで知られるため、応募書類の添削や面接の練習も安心できるでしょう。

ちなみに面接などに不合格の場合でも、結果の通知やフィードバックが行われます。今後の転職活動に活かせる点でもメリットと言えるでしょう。

内定・年収交渉

内定が決まった後、企業側から年収など待遇が提示されます。もし不満がある場合は、代理で交渉して貰えるため安心できるでしょう。

アドバイザーは交渉力が非常に高いため、あまり悪い結果にならないケースが多いです。

リクルートエージェントから退会するには?

リクルートエージェントから退会するには?

サービス内容に満足できないなどの理由で、退会を考えている人もいますよね。退会の際は専用のフォームから手続きを行います。

なお手続きの際は、登録時に送られてきたメールに書かれている「お申し込み受付番号」も必要です。紛失などした場合は専用の電話番号で問い合わせると良いでしょう。

ちなみに退会時には個人情報も消しておくことも忘れるべきではありません。

リクルートエージェントがおすすめの人3タイプ

リクルートエージェントがおすすめの人3タイプ

リクルートエージェントを利用する場合、「自分は利用した方が良いのか」と悩む人もいますよね。同社は以下のような人におすすめです。

多くの求人を比べたり検討したりしたい人

まずなるべく多くの求人を比べたりしたい人が挙げられます。全部で約30万件に及ぶ求人がある分、様々な求人を紹介して貰えるため、じっくりと自分に合った求人を検討できるでしょう。

加えて他の業者で求人が見つからない場合でも、自分が挑戦できる求人に出会える可能性があります。早めに転職を決められる可能性も高まるため、短期決戦で転職活動したい人にも向いているでしょう。

転職活動の経験がない人

また転職活動の経験がない人にもおすすめです。利用者には初めて転職する人も多いため、アドバイザーも転職活動の基本から丁寧に教えてくれます。

加えて転職に向けた応募書類の作成や面接対策も手厚いです。転職活動を始めたばかりで不安な人にとっても安心できるでしょう。

きめ細かいサポートを受けたい人

最後にきめ細かいサポートを受けたい人にもおすすめです。リクルートエージェントは求人数の多さに加えてアドバイザーのサポートが手厚いことでも知られています。

ほとんどのアドバイザーが非常に親身で、業界経験や専門知識も豊富であるため、必要なサポートを十分に受けられます。特に独力での転職活動に自信がない人は、登録すると良いでしょう。

まとめ

今回は転職エージェントで最大規模の求人数を誇るリクルートページェントの評判を色々と見てきました。約30万件もの求人を保有している上に、アドバイザーが親身かつ優秀であるため、様々な人に支持されています。

一方で対応が雑なアドバイザーがいたり、希望に合わない求人が紹介されたりする点がデメリットと言えるでしょう。もしアドバイザーと相性が合わない場合は、早めに変えて貰った方が良いと言えます。

求人数の多さや求職者からの信頼の厚さ、サービスの充実度などにおいてリクルートエージェントは業界屈指です。転職活動をうまく進めていく上でも、是非利用してみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。