専門性の高い転職エージェント・コトラ(KOTORA)の評判・口コミを解説!

転職を機にコンサル業界や金融業界の外資系企業に移り、キャリアアップしたい人もいますよね。コンサル業界や金融業界向けの転職に強みを発揮しているのがコトラです。

特に今までコンサルファームなどに勤めてきた人であれば、コトラを利用してより条件の良い企業に移りたいと思うでしょう。しかしコトラの評判などを参考に考えたいところですよね。

今回はコンサル業界などの転職に強いコトラの評判や特徴を見ていきます。なお今回の記事は、以下の人におすすめです。

  • コトラを使ってコンサル業界や金融業界でキャリアアップしたい人
  • 超優秀な転職エージェントのコンサルタントの力を借りたい人
  • コトラの評判や強みなどを知りたい人
目次

金融業界やコンサル業界に強いエージェント・コトラ(KOTORA)とは

金融業界やコンサル業界に強いエージェント・コトラ(KOTORA)とは

コトラは金融業界やコンサル業界に非常に強みのある転職支援サービスです。在籍しているコンサルタントも非常に優秀で、会社とともに受賞歴を誇っています。

加えて様々なポジションの案件を扱うため、幅広い年齢層から支持が根強いです。まず同サービスの特徴をご紹介しましょう。

株式会社コトラが運営する転職エージェント

コトラは同じ名前の株式会社が展開する転職支援サービスです。基本的な特徴は以下の表に示す通りになっています。

運営会社 株式会社コトラ
設立 2002年
オフィス 東京
対象年代 20~50代(制限はなし)
求人数 約1万件+非公開求人
料金 無料

サービス開始は2002年と、転職エージェントにしては歴史はやや浅い方です。公開求人数も1万件と少ないものの、金融業界などで経営層を含めたハイキャリア求人を多く扱っています。

コンサルタントは優秀さに加えて粘り強く親身で、選考対策だけではなくメンタルサポートを受けられる点も魅力です。内定後も独自の診断システムで今後の仕事ぶりに対するヒントも貰えます。

金融業界・コンサル業界・経営管理層の求人に非常に強い

コトラの持つ最大の特徴が、金融業界・コンサル業界・経営管理層の求人に非常に強い点です。いずれもサービス開始以来注力してきた分野であるため、独自開拓による求人を多く持っています。

金融業界では投資銀行や不動産金融などの高収入を目指しやすい求人が多いです。コンサル業界でもデロイトトーマツグループやPwCグループなど、超大手ファームの求人を保有しています。

両業界で世界規模で活躍できる求人が豊富にあるため、ハイクラスやスケールの大きい仕事を狙うのであれば登録がおすすめでしょう。

ITや製造業の求人も扱っている

なおコトラでは、ITや製造業関係の求人も扱っています。求人数では金融業界などより少なめではあるものの、日本IBMなどの大手メーカーもあるほどです。

いずれの業界に対しても求人数が少ないとはいえ、専門チームでサポートして貰えます。IT業界や製造業で高収入を目指したい人にもおすすめです。

若手からハイクラスまで扱うポジションも様々

コトラは様々な年齢層やポジションに対応できる点も特徴となっています。年収面でも800万円を超える求人が多い上、20代でも高年収を目指せる条件のものがある点も強みです。

加えてハイクラスでは大手企業の管理職や、CEOなど経営幹部の求人も揃っています。特に経営幹部を目指せるサービスは非常に珍しいため、野心的な人にうってつけの業者です。

会社・キャリアコンサルタント共に受賞歴があるほど優秀

コトラは受賞歴があるほどの優秀さを誇ります。最高峰の転職エージェントに贈られる「日経ヒューマンリソースエージェントアワード」で5年連続MVPを獲得した実績です。

しかも会社だけではなく、所属しているコンサルタントも受賞者が大勢います。受賞の対象は主催する日経キャリアの会員の評価で決まるため、かなり評判が高いといって良いでしょう。

コンサルタントも後で詳しく触れるように業界経験・知識で精通している上、提案力も抜群です。上記の揺ぎない実績もあるため、ハイクラス転職ではかなり頼り甲斐があるでしょう。

評判・口コミから分かるコトラの強み5点

評判・口コミから分かるコトラの強み5点

コトラを利用するか考える際、同社の強みは是非理解しておきたいですよね。主な強みが以下の5つです。

非常に質の高いキャリアコンサルタントのサポートを受けられる

まず同社では、非常に質の高いキャリアコンサルタントによるサポートを受けられます。過去に金融業界やコンサル業界に身を置き、豊富な経験や実績を持つ人が多いです。

一流の外資系投資銀行や研究所にいた人もおり、専門知識だけではなく市場動向や業界の内情に対して詳しい情報を持っています。なお公式サイトでも経歴から確認することが可能です。

業界経験者が多く在籍している分、彼らのサポートや提案は転職選考でも実戦で役立てられます。特に提案力の高さにおいては、転職業界有数とさえ言われるほどです。

メンタル面のサポートも受けられる

またコトラのサポートでは、面接の前後でメンタルサポートも受けられます。金融業界やコンサル業界でも比較的ハイクラスな求人では高いレベルが求められる分、選考も厳しくなりがちです。

質問にも落ち着いて対応できるほどにメンタルの調子を整えておく必要があるでしょう。面接の前後にカジュアルな面談を設けた上で、話も親身かつ丁寧に聞いて貰えます。

面接前に不安を解消する機会を持てる点は、転職活動者にとっても安心できるでしょう。

マッチングの精度が非常に高い

さらにコトラではマッチングの精度が非常に高いことでも評判が高いです。コンサルタントが求職者の話を時間を掛けて聞いた上で、特性や職歴から慎重に適切な求人を紹介するためです。

紹介まで時間は掛かるものの、コンサルタントの実務経験や専門知識なども駆使して、おすすめの求人を選びます。求人の解説でも時間を掛けて説明する分、求職者側も納得しやすいです。

年収1,000万円以上の求人もある

せっかくハイクラスの求人を狙うのであれば、なるべく高い収入が見込める求人を狙いたい人もいますよね。コトラの求人には年収1,000万円を超えるものも扱われています。

1,000万円以上のものは、公開求人の中だけでも2,000件あり、非公開求人を含めればさらに見つかる可能性もあるでしょう。経営者案件も豊富な同社らしいメリットと言えます。

特に高所得や実力に対する対価を重視したい人には、同社はうってつけのエージェントです。

内定後のアフターフォローが非常に充実

最後に内定後のフォローが充実している点も、大きな利点となっています。コトラでは内定受諾から入社3ヶ月後の時期に無料でアフターフォローを受けられ、定着率97%を誇るほどです。

特に「KOTORA25」と呼ばれる独自の診断ツールが高く評価されています。新しい仕事への向き合い方など25の診断項目があり、将来のキャリアを考えるヒントにしやすいです。

コンサルタントも診断結果に基づいて的確なアドバイスをしてくれるため、不安を解消した状態で入社を迎えられるでしょう。

評判・口コミから分かるコトラの弱み5点

評判・口コミから分かるコトラの弱み5点

コトラは経験豊富なコンサルタントの手厚いサポートや超優良案件に出会えるなどのメリットがある一方、デメリットも何点かあります。主に以下にご紹介する5点です。

金融業界・コンサル業界・経営管理層以外の求人がない

まず強みである金融業界などでは求人が多いものの、他の業界や職種については全く取り扱いがありません。同社がもともと金融業界などに特化してスタートしたというのが理由です。

例えばサービス業界や事務職関係などは全く見かけないでしょう。ポジション面でも年収500万円以下のロークラス案件はほぼ見つかりません。

もし業種・職種を広く探したり、ハードルが低いロークラス求人を見つけたりしたい場合は、リクルートなど大手エージェントにも登録が必要です。

扱っている求人の大多数が東京都内のもの

また扱っている求人も、大多数が東京都内のものになっています。ハイクラス求人を提示している企業の多くが、首都圏に集中しているためです。

公開求人の中でも東京のものは3,000件以上に及ぶものの、大阪や名古屋など他の大都市のものは2桁程度の求人しかありません。地方のハイクラス求人を探す上で使いづらいと言えます。

ハイクラス志向の人以外には敷居が高い

コトラはハイクラス求人を多く揃えている分、求人を紹介する対象も一定以上の専門性や経験が必要です。キャリアアップを狙えるほどの実力がない場合は、敷居を高く感じるでしょう。

特に金融業界やコンサル業界が未経験の人や、経験や専門性が低い人にはほとんど求人の紹介がありません。コトラのサポートを受けたい場合は、最低でも一定以上の経験を積む必要があるでしょう。

大手エージェントに比べて全体的な求人数が少ない

全体的な求人数の少なさもデメリットと言えます。コトラの公開求人数は1万件になっているものの、リクルートエージェントの約10万件に比べるとかなり少ないです。

しかも求人のほとんどが金融業界やコンサル業界に偏っています。様々な種類の求人をじっくり見比べ、なるべく納得のいくものを見つける方法は取りづらいでしょう。

ただしコンサルタントが求職者の意向も汲んで厳選したものを紹介してくれます。むしろ自分で検討する手間がある程度省けるように感じやすいです。

オフィスがあるのが東京のみ

最後にコトラのオフィスは、本社所在地の東京にしか設けられていません。転職エージェントの面談は対面で行う方が効果があるとされている分、地方在住者には不便に感じやすいです。

ただ電話やスカイプを利用して面談を受けることもできます。対面に比べるとサポートに物足りなさを感じるものの、コトラのサポートを何としても受けたい場合は電話などを使うと良いでしょう。

コトラと併用するべき転職エージェント・サイト4社

コトラと併用するべき転職エージェント・サイト4社

コトラを利用する際は、納得できる求人を見つける可能性を広げるためにも、他のエージェントなどと併用するのが良いでしょう。金融やコンサル以外の求人も見つけやすいためです。

併用におすすめの業者として、以下の4社が挙げられます。

リクルートエージェント:求人の数や幅広さは業界随一

リクルートエージェントは全体の求人数が業界随一の約30万件を誇ることで有名です。求人に合わせて業種・職種も非常に幅広く、テクニカルライターなど珍しいものもあります。

加えてアドバイザーも交渉力の面で評判が高いです。入社時に行う年収交渉でも数十万円程度高くなったケースが多いため、うまく話せる自信がない人も安心でしょう。

求人数随一のリクルートエージェントは評判が悪い?生の評判から検証

doda:高年収求人も多い

リクルートエージェントに次ぐ約10万件の求人数を保有しています。転職サイトとしての性格も兼ね備えているため、サポートが必要な人も自力で転職活動したい人にもおすすめです。

加えて高年収案件の紹介にも力を注いでおり、800万円以上の年収が見込める求人も多く見つかります。キャリアアップを狙いたい人にもうってつけでしょう。

キャリアカーバー:ハイクラス求人を多く揃えている

リクルートが運営するヘッドハンティング型転職サイトです。リクルートが開拓してきたネットワークを駆使できるため、求人数は約5.6万件に及びます。

ハイクラス求人も非常に多く、業種でも外資系金融やIT、メーカーなど非常に幅広いです。コトラで見つからない業種・職種のハイクラス求人を探す上で併用すると良いでしょう。

JACリクルートメント:30代以上でハイクラス・外資系求人を多く持つ

日系転職エージェントでも、30代以上のハイクラス求人や外資系求人に強みがあります。特に専門職や役員求人への転職実績はトップクラスです。

コンサルタントは企業と求職者の両方を支援するため、担当する企業の内情にも明るいです。サポートでも企業事情への精通ぶりが反映されている分、実情に合った選考対策ができます。

ハイクラスや外資系の転職に強いJACリクルートメントの評判と口コミは?

コトラの評判・口コミを紹介

コトラの評判・口コミを紹介

コトラの利用を考える際、実際に使ったことがある人の声を参考にしたい人もいますよね。コトラの評判や口コミをいくつか見ていきましょう。

コトラの良い評判・口コミ3つ

まず同サービスの良い評判や口コミから見ていきます。最初は以下の内容のものです。

おかめ20代不動産投資家×ブロガーさん
20代でも年収800万円以上の案件ばかりなので、入金力を高めたい人にはもってこいです!!
また、無料でできる自己診断が非常に有用なので試してみてください!

(参考:「Twitter」)

20代でもチャレンジできる800万円案件の多さはやはり魅力的ですよね。若いうちに収入アップを目指したい人にはうってつけでしょう。次は以下の口コミです。

ネルさん
待遇さえ考えなければ、いくらでも転職先はありますよ

まずは、転職エージェントに問い合わせて、1度話を聞いてみるとよいと思います

メガバンクだとJACやコトラですかね

(参考:「Twitter」)

金融業界で有名である上、メガバンクを狙う上でもおすすめのサービスのようですね。大手銀行の責任ある立場を目指す上でも役立つでしょう。最後は以下の口コミです。

nmさん
転職でお世話になりました。仕事の内容、ポジションともに満足ができる仕事に内定をいただけました。コンサルタントの方は優しく粘り強く対応していただけました。

(参考:「Googleマップ」)

コンサルタントが優しく粘り強い人であれば、転職での悩みごとも相談しやすいですよね。専門知識も豊富である分、なおさら頼りがいがあるでしょう。

コトラの悪い評判・口コミ3つ

続いて悪い内容の評判・口コミもご紹介します。最初は以下の口コミです。

匿名さん
こちらの要望に合わせてというよりは、経歴にマッチした求人を提案してくる感じでした。都度こちらの要望を伝えはするものの、未だに行きたくないと伝えている部門の紹介メールが届く時もあります。

(参考:「Jobmark」)

要望より経歴を重視しているため、完全に希望条件に沿った求人が紹介されるわけではないようですね。なるべく希望に沿いたい場合は、予め十分な経歴を用意した方が良いでしょう。次は以下の内容です。

コロン太さん
コトラ(KOTORA)

金融系やコンサル業務、企業の経営幹部や管理部門の転職に特化した転職エージェントです。
マネジメント経験が豊富な人は、コトラに登録して適職を探しましょう。

ただし求人のほとんどが東京勤務の案件

出来の悪い私には縁がなさそうですね

(参考:「Twitter」)

求人のほとんどが東京勤務前提となると、地方に人にはハードルを感じそうですよね。逆に首都圏の人にとってはあまり負担を感じにくいでしょう。最後は以下の口コミです。

Yuさん
金融専門ということで昔一度登録しましたが、すぐにご紹介できる求人はないとの返事で残念な思いをしました。その後同僚に聞いたのですが、こういったエージェントはある程度上級職向けで、私のようなアシスタント職のキャリアでは難しいと言われるだろうとのことでした。

(参考:「Googleマップ」)

ある程度上級職向けであるため、アシスタントのキャリアでは難しいようですね。キャリアの低い人にはハードルが高いでしょう。

コトラの登録から内定までの流れ5ステップ

コトラの登録から内定までの流れ5ステップ

コトラを本格的に利用する場合、一通り内定までの流れを知っておくと便利です。登録から内定までの5ステップを見ていきましょう。

会員登録・職務経歴書の送信

まず公式サイトにアクセスして、下の方にある登録ボタンから申し込みフォームに入ります。基本的な情報を入力した後、履歴書と職務経歴書を送信する流れです。

なお履歴書などは、なるべく詳しく入力しておくと、面談で詳しいアドバイスなどを貰えます。

キャリアコンサルタントとの面談

登録が終わると、コンサルタントとの初回面談です。基本的に東京のオフィスで対面の面談を行います。なお遠方の場合は電話やスカイプでも可能です。

ただ送信した書類に基づいて今後の打ち合わせをする点では、対面の方が話しやすいでしょう。首都圏在住者はなるべくオフィスに足を運ぶのがおすすめです。

求人の紹介・応募

面談が終わると、コンサルタントが適切な求人を紹介します。時間が掛かる場合はあるものの、最適なものを慎重に判断してくれるため、焦らないことが大切です。

興味のある求人があれば、応募する意思を伝えます。もし紹介されたものの中に気になるものがない場合は、コンサルタントに再紹介を依頼するべきです。

書類選考・面接

応募すると、まず書類選考が行われます。そして合格すれば面接に進む流れです。

書類選考・面接のいずれも事前にコンサルタントと綿密に打ち合わせて対策すると良いでしょう。不安がある場合もメンタルサポートを通じて解消しやすいです。

内定・アフターフォロー

内定を得られたら、年収交渉などが行われます。企業が提示した条件に不満があれば、遠慮なくコンサルタントに伝えて改善して貰うべきです。

内定を受諾するとアフターフォローが受けられます。KOTORA25による診断や結果に基づいた面談は、利用者の高い定着率にも繋がっているため、今後に備える意味で受けるのがおすすめです。

コトラがおすすめの人3タイプ

コトラがおすすめの人3タイプ

コトラを使いこなすには、特徴やメリット・デメリット以外にも、同社におすすめの人に当てはまるかを知っておく必要があります。以下の3つのタイプがおすすめと言えるでしょう。

金融業界・コンサル業界志望でキャリアアップを成し遂げたい人

まず金融業界やコンサル業界志望でキャリアアップを目指したい人が挙げられます。コトラは両業界でも指折りの優良案件を多く抱えている分、業界内で上位職を目指す人向けです。

一方で上位職以外の案件はあまり多くないため、出世より安定を重視する人には使いづらいでしょう。加えて金融やコンサル以外の業界を目指す人にもおすすめできません。

経営者層を目指したい野心的な人

また同サービスでは経営者層求人も多いため、企業トップとして辣腕を振るいたい野心的な人にも向いています。コトラは経営者層への就職サポートを行う数少ないサービスであるためです。

経営者層以外にも人事や財務のトップとして、経営者を支える求人も用意されています。もちろん給料も極めて高めで裁量も広いため、今までの知識や経験をいかんなく発揮できます。

東京勤務に前向きな人

最後に東京勤務に前向きな人にもおすすめです。コトラで扱う求人のほとんどが東京など首都圏のものです。同サービス経由で転職する場合、上京が前提になるでしょう。

首都圏以外の地域に住んでいる場合、活躍の舞台を東京に移す覚悟も求められます。東京にやってきた上で、新しい職場や環境で活躍したい人にはうってつけです。

まとめ

今回は金融やコンサルの上位職への転職で名高いコトラの評判について見てきました。金融業界などのエキスパートをコンサルタントに迎えている分、丁寧かつ実用的なサポートが期待できます。

求人の幅の狭さや東京近辺の求人ばかり目立つ点などのデメリットはあるものの、優良案件が非常に多い点は魅力的です。より選択肢を広げるのであれば、他社との併用もおすすめです。

コトラを利用すれば、企業トップになるチャンスも出てきます。金融やコンサルで上を目指したい人には非常に使いやすいです。

あわせて読みたい
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!転職活動をする際、国内企業ではなく外資系企業を目指す人もいますよね。確かに外資系企業では成果が昇給などに反映されやすい上、実力を存分に活かせるイメージがあり...

最後になりますが、その他外資系サイト・エージェントに関しては上記の記事で纏めておりますので、是非確認してみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる