外資系やグローバル企業に強いエンワールドジャパンの評判と口コミを紹介!

今の職場から転職しようと考えたとき、外資系企業や国内グローバル企業を目指したいという人もいますよね。もし外資系企業を目指すのであれば、エンワールドジャパンの利用がおすすめです。

同社は外資系企業の求人が多いことに加え、ハイクラスの管理職が目指せる案件も豊富にあります。ただ同社を利用する際、実際の評判などが気になるでしょう。

今回は外資系企業などへの転職に強いエンワールドジャパンの評判などをご紹介します。なお今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 外資系企業やグローバル企業への転職を目指している人
  • 上位の管理職や高年収を軸に転職活動中の人
  • エンワールドジャパンの特徴や評判が気になる人
目次

外資系求人に強い転職エージェント・エンワールドジャパンとは

外資系求人に強い転職エージェント・エンワールドジャパンとは

高年収や自分の実力を遠慮なく活かせるなどの理由で、外資系企業に転職したい人もいますよね。ただ外資系企業に転職する場合、国内の一般企業の場合以上にエージェントの力が欠かせません。

エンワールドジャパンは外資系企業や国内グローバル企業への転職で多くの実績があります。まずは同社について簡単に見ていきましょう。

大手人材サービス会社エンジャパン傘下の転職エージェント

エンワールドジャパンは、国内有数の人材サービス会社・エンジャパン傘下のエージェントです。基本的な情報は以下の通りになっています。

運営会社 エンワールドジャパン株式会社
設立 1999年
オフィス 4ヶ所(東京<2ヶ所>・名古屋・大阪)
対象年代 20~50代(制限はなし)
求人数 1,104件+非公開求人
料金 無料

主に管理職などにキャリアアップしたい人や、海外企業への転職を実現したい求職者向けに転職サポートを行っている業者です。求人数は大手ほど多くないものの、扱っている業界・職種は多岐にわたります。

特に提供するサービスの評判は非常に良く、アドバイザーも業界経験が豊富な人が多いです。サポートの中でも入社後フォローは、内定後の心配を軽減できる点で高く評価されています。

ハイクラスや外資系企業の求人がメイン

エンワールドジャパンが扱っている求人は、ハイクラスや外資系企業のものが中心です。

ハイクラスについては、転職業界で1,2を争うほど多くの求人が揃っています。AmazonやHP(ヒューレット・パッカード)などの名だたる企業の管理職案件が目立つ点も大きな魅力でしょう。

外資系企業の求人についても、公開求人の8割を占めるほどの多さです。外資系企業が4,000社以上ある取引企業の7割にも及ぶ分、海外で活躍できるチャンスも大きく広がるでしょう。

扱っている業界も幅広い

エンワールドジャパンは、扱っている業界や職種が幅広い点も魅力です。特に製造業やテクノロジー・デジタル・通信業、経理・財務職、ライフサイエンスなどの案件が目立っています。

中でもテクノロジー・デジタル・通信業は、公開求人全体の約2割です。今後とも伸びていくIT関係が中心の業種であるため、業界の長期的な持続性や年収の高さを考えると狙いどころと言えます。

他にも多様な業界・業種の求人を扱っているため、今までの経験やスキルを活かしてより高いステージで活躍したい人にはおすすめの業者でしょう。

主に大都市部の求人が中心

同社の求人は、大都市部のものが多い点も大きな特徴です。都道府県別で特に多いのが東京約65%・愛知約12%・大阪約7%で、合計で8割以上に及びます。

大都市部の求人が多いのは、同社のオフィスが東京と名古屋、大阪に配置されていることと関係が深いです。特に東京については2ヶ所が配置されている分、都内の求人が集まりやすい傾向にあります。

基本的に大都市の求人が高い割合になっているため、東京などの外資系企業や大手企業で働きたい人にも向いているでしょう。

入社後フォローにも力を入れている

内定が決まった転職者に入社後のフォローを行っていることも大きな特徴です。同社は「入社後活躍」というミッションを掲げている分、転職後の定着率を高める取り組みも熱心に行っています。

中でも「HR OnBoard」と呼ばれるWebアンケートに基づいた支援体制は好評です。入社後1年目の転職者が回答した結果に応じて、彼らのニーズに対応した支援を行っています。

入社して1年目は転職したとはいえ、色々と不安になりやすいです。転職後きめ細かい支援が受けられることも、同社の重要な特徴と言えるでしょう。

エンワールドジャパンのメリット5点

エンワールドジャパンのメリット5点

エンワールドジャパンを利用する際、メリットについて予め理解していると、利用を検討する上でヒントになります。同社が誇るメリットは、主に以下の5点です。

年収800万円以上の求人が常時1万件以上

まず年収800万円以上の求人が、常時1万件以上保有されています。国内の各事務所に加えて、タイやベトナム、インドなど海外5ヶ国にもネットワークを持っているためです。

優良な外資系企業求人を多く保有しているため、特に高年収や上位管理職にこだわりたい人に向いています。より実力を正当に評価してくれる企業に行きたい人にとっては、登録必須の業者です。

コンサルタントのサポートが非常に親身

またコンサルタントのサポートが非常に親身である点でも知られています。実際の口コミでも、彼らの丁寧さや親切さを高く評価する声が多いです。

特に管理職の多忙な現状をしっかり理解した上で、応募書類のチェックや志望先企業との交渉も迅速かつ丁寧に行って貰えます。求職者の価値観や性格に基づいて支援する点も魅力の1つです。

忙しい中でもより良い転職先に向けて寄り添ったサポートを受けられるため、活用する価値は十分にあるでしょう。

コンサルタントのアドバイスが的確

さらにコンサルタントのアドバイスが的確な面もメリットに数えられます。所属しているコンサルタントのほとんどは外国人であるものの、日本の事情に精通している点で安心です。

加えて実際にアドバイスする際も、志望先の面接官や部署などの現状をしっかり踏まえた上で提案して貰えます。内容も非常に具体的であるため、綿密な選考対策に役立つでしょう。

面接前にも詳細な内容の連絡や助言などをして貰えるため、きめ細かい受け答えの準備ができます。他にも現地法人の採用では、現地の事情についてレクチャーを受けられる点も魅力です。

職歴やスキルに応じた最適な求人を紹介して貰える

エンワールドジャパンでは、求職者の職歴やスキルに応じて最適な求人を紹介して貰えます。コンサルタントも求職者の思いや希望条件を十分汲んだ上で、対応しようとするためです。

求職者側も自分に合った条件の求人を多く紹介して貰う分、自らの職歴やスキル、志望動機をもとに選考の準備ができます。内定率の向上にも繋がるため、自分の条件をどんどん示すと良いでしょう。

正社員以外に派遣や契約社員の求人もある

最後に同社では、正社員以外にも派遣や契約社員の求人も揃えています。全体の1割程度になっているものの、正社員の働き方に前向きになれない人もチャンスを得られるでしょう。

加えて派遣先も外資系の大手企業などのため、時給も2,000円以上のものが目立って全体的に高いです。ワークライフバランスも取りやすいため、派遣社員などで稼ぎたい人に向いています。

エンワールドジャパンのデメリット4点

エンワールドジャパンのデメリット4点

エンワールドジャパンを利用する場合、デメリットも知っていた方がじっくり検討できますよね。同社の主なデメリットが、以下に挙げる4点です。

稀に対応の悪いコンサルタントがいる

まず稀に対応の悪いコンサルタントがいます。求人紹介でも質より量を優先しすぎて、求職者にとって絞り込みにくいほど多くの求人を紹介するケースがあるほどです。

中には求職者の希望に全く合わない求人を紹介するケースや、途中で音信不通になることもあります。もし不誠実な対応をされた場合は、コンサルタントの変更を申し出た方が良いでしょう。

Linkedinなどでの営業がしつこい

次にLinkedInなどを使った営業がしつこい点です。エンワールドジャパンのコンサルタントも、なるべく多く実績を出して出世しようとするためです。

加えて外国人特有の積極的すぎる押しで、うざく感じたり疲れたりすることもあるでしょう。あまりにもしつこい場合は、はっきりと営業を控えてほしい旨を伝えるのもおすすめです。

場合により求人を紹介して貰えないケースがある

さらに場合によって求人を紹介して貰えないこともあります。主に英語力やスキルが水準以下とみなされた場合です。

英語力は同社を利用する際に日常的なやり取りで使用されます。英語が拙い場合、コンサルタントのサポートを受けられないだけではなく、外資系企業などからも必要とされません。

加えてスキルについても、高年収や上位の管理職に見合った水準が求められます。逆にスキルがあまりにも低い場合、求人が全く紹介されにくいです。

もし英語力やスキルに自信がない場合、リクルートエージェントなど比較的大手の業者を使った方が内定への可能性が出てきます。

地方求人を探す人にとっては使いづらい

最後に地方の求人を探す人にとって使いづらいことも知っておくべきです。首都圏や関西圏などの案件が多い一方で、地方の求人はあまり多くありません。

外資系企業や国内グローバル企業の多くが、事業所を大都市部に開設しているためです。仮に内定が決まっても、東京や大阪の近辺まで引っ越す必要があります。

特に西日本の求人は比較的少なめです。やはり求人数に恵まれた大手エージェントも併用するのがおすすめでしょう。

エンワールドジャパンとの併用におすすめの転職エージェント4社

エンワールドジャパンとの併用におすすめの転職エージェント4社

エンワールドジャパンは外資系企業などを目指す上で非常に優秀です。ただ他のエージェントと一緒に利用すれば、より内定への可能性を広げられます。

併用におすすめの業者は、以下に挙げる4社です。

リクルートエージェント

最初にご紹介するリクルートエージェントは、国内で最大の約30万件もの求人数を誇ります。競争率の低い非公開求人も10万件を超えるため、希望の条件に沿った企業を目指したい人向けです。

加えて業種や職種の幅も非常に広いです。自分がこだわりたい職種などについても比較的多くの求人を紹介されやすいでしょう。

コンサルタントの交渉力も高く、年収交渉の末に何十万円も高くできたというケースも多いです。満足いく条件で新しい一歩を踏み出す上でもおすすめと言えます。

求人数随一のリクルートエージェントは評判が悪い?生の評判から検証

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営するスカウト型の転職サイトです。特に地位の高い管理職の求人が多い分、年収1,000万円以上も十分に狙えます。

全体の求人はおよそ6万件と、上位職を目指せるサイトにしては多い方です。加えて外資系で業種や職種も幅広くカバーしているため、今までの経験を海外企業で活かしたい人に向いています。

ランスタッド

外資系転職エージェントでは世界最大級を誇ることで有名です。39ヶ国に展開しており、年収800万円以上の求人が全体の半分を占めています。中には2,000万円の案件もあるほどです。

特にIT関係の求人に強みがあり、ITのスペシャリスト案件も多く揃えています。扱う求人の企業規模もベンチャーから世界を代表するものまで幅広いです。自分に合う求人も探しやすいでしょう。

パソナキャリア

業種・職種を幅広く扱い、かつ常時4万件以上の求人を扱っていることで有名です。また年収アップ交渉にも定評があり、利用者の7割近くが入社時の年収が高くなった実績があります。

加えてサポートの手厚さでも有名で、女性利用者にとっては女性特有の悩みに寄り添ってくれることでも評価が高いです。他にも企業の実態を十分に把握したアドバイスでも知られています。

エンワールドジャパンでの登録から内定までの流れ6ステップ

エンワールドジャパンでの登録から内定までの流れ6ステップ

エンワールドジャパンを利用する際、前もって登録から内定までの流れを知っていると、抵抗なく使えますよね。以下に内定までの流れを説明していきます。

公式サイトから登録

まず公式サイトにアクセスし、無料面談の申し込みボタンをクリックするところからです。そして個人情報や英語力、職歴などを入力していきます。

職務経歴書の提出を求められるものの、強制ではありません。ただしコンサルタントとの面談できめ細かいアドバイスを得られるため、提出するのが望ましいでしょう。

コンサルタントとのキャリア面談

次にコンサルタントとの面談が行われます。オフィスに出向いて対面で行う他、電話口でも可能です。

希望条件やスキル・職歴などを伝えながら、今後の転職活動の見通しについて話し合います。仮に紹介が難しそうでも、まずは条件を遠慮なく伝えると良いでしょう。

適切な求人の紹介

面談からしばらくすると、コンサルタントから条件に合う求人が紹介されます。複数件ある場合は、じっくりと見比べてみるのがおすすめです。

気になった案件があれば、コンサルタントに応募の意志を伝えます。選考を受けることになった場合は、志望先企業に関する情報やアドバイスをきちんと受けるべきです。

書類選考・面接

エンワールドジャパン経由で応募した場合、書類選考から始まるケースが多く見られます。そして書類選考を通過すれば、面接を受ける手順です。

選考対策についてもコンサルタントから綿密なサポートを受けられます。事前に何度も応募書類の添削や模擬面接を行い、内容のブラッシュアップを図るべきでしょう。

内定・入社

無事に内定となったら、入社前の年収交渉などに移ります。年収や労働条件で不満がある場合は、コンサルタントに交渉を代行して貰うのがおすすめです。

もし入社に当たって疑問や不安がある場合も、コンサルタント経由で質問や相談ができます。入社後に後悔しないように、できる限り疑問などは解消しておくべきです。

入社後のアフターフォロー

入社後も慣れるまでは不安や心配が付きまとうでしょう。もし不安などがあっても、Webアンケートの回答結果を踏まえて適切なサポートを受けられます。

持ちえ論自分から言い出しづらい場合は、担当者に代理で色々と交渉して貰うことも可能です。心の中に溜めずに遠慮なく相談すると良いでしょう。

エンワールドジャパンの評判・口コミを紹介

エンワールドジャパンの評判・口コミを紹介

エンワールドジャパンを実際に利用した人の口コミが気になる人もいますよね。同社に関する口コミを良いものと悪いものに分けてご紹介します。

エンワールドジャパンの良い評判・口コミ3つ

まずは良い内容の評判を見ていきましょう。最初は以下の内容です。

おかきさん
はじめての転職エージェント利用感想
・エージェントは5社くらい声かけといた方が良い。中小と大手
・コンサルタントとの相性があるので駄目なら担当を早く変えた方が良い
・JACが一番熱心で紹介数も多かった
・エンワールドはレアかつ面白そうな案件を紹介してくれた。ここの面接対策は超役に立つ!

(参考:「Twitter」)

レアで面白い案件を紹介して貰ったことに触れられています。確かに業種や職種が幅広い分、独特な案件にも出会えそうですよね。次は以下の口コミです。

ぽたお@爆量マーケターさん
【使って良かったエージェント3選】

お勧めエージェントです
マーケター転職時にも是非!

■JACリクルートメント
→質の高い求人が豊富、年収アップも見込める

■エンワールド
→力のあるエージェント在籍、直結で役員面接も結構あります

■ホールハート
→ITに強い、キャリアも丁寧に企んでくれる

(参考:「Twitter」)

コンサルタントの力で直接役員面接に行くケースもあるようですね。エンワールドジャパン自体の信頼やコンサルタントの優秀さによるのでしょう。最後は以下のような口コミです。

ペコグリ@へっぽこワーママさん
転職エージェント

○doda
案件多数
担当者も良いが
たまにゴリ押ししてくる

△リクルートエージェント
案件多数
担当者が頼りない
時間を守らない
→あまり信用できなかった

◎エンワールド
外資大手の良ポジションを
何件も紹介してくれる
担当者が高スキル・親身
3人以上と話したが全員好印象

(参考:「Twitter」)

外資系で大手の良いポジション求人を多く紹介して貰ったことに触れられています。ハイポジションを目指す人にとっては使いやすいですよね。

エンワールドジャパンの悪い評判・口コミ3つ

今度はネガティブな内容の評判を見ていきます。最初は以下のような内容です。

もみあげマンさん
LinkedinとFacebookで2日に1回位の頻度でエンワールドの人からお話しましょうって来る怖い

(参考:「Twitter」)

コンサルタントから頻繁に連絡が来ることに驚いている内容のようですね。確かにあまりにも頻繁だと、かえって怖い気分になるでしょう。次は以下の口コミです。

chuckさん
エンワールド・ジャパン(en japan の外資系求人に特化したバージョン)から不定期に電話がくる
エージェントがペラペラと英語で近況を聞いてくる それが今唯一の英語を喋る機会かなww だいたい、スラスラと喋れなくてヘコむ

(参考:「Twitter」)

コンサルタントとうまく話すには、ある程度英語力がないと難しいようですね。最後は以下の内容です。

エン/ワールドから連絡ブッチされてる
紹介する気がないなら一言くれよ

(参考:「Twitter」)

前触れもなくコンサルタントからの連絡が途切れることもあるようですね。特に見込みがないとみなされた場合は音信不通もあり得るため、注意が必要でしょう。

エンワールドジャパンにおすすめの人3タイプ

エンワールドジャパンにおすすめの人3タイプ

エンワールドジャパンの力を最大限に活かす場合、自分が合っているかという点が重要です。最後に同社におすすめのタイプを3つご紹介します。

外資系企業やグローバル企業でのキャリアアップを目指したい人

まず外資系企業や国内グローバル企業でのキャリアアップを目指したい人です。外資系企業などの紹介は、同社の得意とする分野であるため、目指す上で十分活用できます。

加えてコンサルタントも外資系企業での業務経験を十分に積んでいる点が特徴です。彼らの経験や専門知識に基づいたアドバイスを活かせれば、キャリアアップも夢ではありません。

転職エージェントで丁寧なサポートを受けたい人

また丁寧な転職サポートを受けたい人にもおすすめです。エンワールドジャパンはサポートの手厚さや親身さでも定評があるため、十分な英語力やスキルがあれば内定まで徹底的に支援して貰えます。

応募書類の添削や面接の準備でも、志望先の詳しい事情に基づいてブラッシュアップが図れるでしょう。内定後も1年間は入社後フォローを受けられるため、再就職後に不安があっても安心でできます。

大都市部のハイクラスな求人を探したい人

最後に大都市部のハイクラスな求人を探したい人にもおすすめです。今までの職場で待遇面に不満がある人や、もっと大きな仕事をしたい人にとっては、是非活用すべきエージェントと言えます。

加えて東京や大阪などの大都市のオフィスで活躍したい人にも向いているでしょう。同社の求人のほとんどが大手企業の集中する大都市部に進出しているため、都会で仕事したい人にも役立ちます。

まとめ

今回はエンワールドジャパンの評判を、特徴などとともに見てきました。主に外資系企業や国内グローバル企業の求人が多いものの、業種も幅広い点が特徴です。

利用する際は一定水準以上の英語力やスキルを証明する必要があります。ただ能力の高さを認められれば、内定までだけではなく、入社後も手厚いサポートを受けられるでしょう。

外資系企業やグローバル企業に強く、サポートも手厚いのが同社の強みです。海外で大きな仕事をしたい人などは、是非利用を考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!転職活動をする際、国内企業ではなく外資系企業を目指す人もいますよね。確かに外資系企業では成果が昇給などに反映されやすい上、実力を存分に活かせるイメージがあり...

最後になりますが、その他外資系サイト・エージェントに関しては上記の記事で纏めておりますので、是非確認してみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる