20代ハイクラス層向け転職サイト・AMBI(アンビ)の評判と口コミを解説!

20代でも、年収が見込めたり大規模な仕事に関われたりするハイクラスの仕事に転職したい人もいますよね。特に自分のスキルなどに自信がある場合は、人の上に立って腕を振るいたいでしょう。

しかし20代と言えば、まだまだ職務経験が浅いと思われがちです。若くてもハイクラスを目指せる転職サイトに、AMBI(アンビ)があります。

今回は20代でハイクラスを志望する人向けの転職サイト・AMBIの評判などを見ていきましょう。今回の記事は、以下の人におすすめです。

  • 若くても大きな仕事に携われる企業に転職したい人
  • 都会にある大手企業に転職したい人
  • AMBIの特徴や評判、メリット・デメリットが気になる人
目次

AMBI(アンビ)の基本的な特徴について紹介

AMBI(アンビ)の基本的な特徴について紹介

AMBI(アンビ)は主に20代で上位管理職や高年収を目指したい人向けの転職サイトです。名前を聞いたことはあっても、具体的な特徴が良く分からない人もいますよね。

まずは同サイトの基本的な特徴を4つ見ていきましょう。

エン・ジャパンが運営する20代ハイクラス向け転職サイト

AMBIは国内有数の人材サービス企業のエン・ジャパンが運営する転職サイトです。基本的な情報は以下の通りになっています。

運営会社 エン・ジャパン株式会社
設立 2017年
オフィス なし
対象年代 主に20代
求人数 約6万件
料金 無料(登録時に審査あり)

主に20代など若い世代をターゲットにしているため、スマホゲームをイメージしたシステムです。例えば一定の条件をクリアすると、サイト使用に欠かせないポイントを入手できます。

基本的には登録したスキルや職歴を見たヘッドハンターが求人を紹介し、気になったものに応募して選考を受ける仕組みです。加えて合格可能性診断の機能で市場価値の見極めもできます。

年収500万円以上や大手企業の求人が圧倒的に多い

AMBIで扱っている求人は、全部で約6万件です。そして全体の8割近くに当たる約4.7万件が年収500万円超えとなっています。

20代の平均319万円に比べると、比較的破格の金額です。加えて楽天やApple、サイバーエージェントなど大手企業の求人も豊富に揃えています。

つまり同世代の一般的な会社員よりも高待遇で、やりがいを感じやすい大きな仕事を任せて貰えるような案件が多いのが、当サイトの特徴です。

メーカーやIT・デジタル関係の求人が多く見られる

転職支援サービスを利用する際、得意な業種・職種が気になる人もいますよね。AMBIについては、特にメーカーやIT・デジタル関係の求人が多いです。

中でもIT関係は、若い世代には比較的人気の高い職種に数えられます。管理職案件も多いため、人の上に立ってITの世界で活躍したい人におすすめでしょう。

ただ一方で、銀行や商社関係の求人が少なめです。金融や流通関係を目指すのであれば、大手業者も一緒に登録すると内定のチャンスを広げられます。

会員登録時に審査がある

AMBIは高年収や管理職を狙えるものの、登録時に審査を受けなければなりません。主な基準は、登録の時点で年収が400万円以上である点です。

年収400万円以上という金額は、20代ではなかなかハードルが高いでしょう。若くして大手企業に入社できるほど学歴が高く、かつ早くから一定以上の専門性や経験がないと難しいです。

一見厳しい条件ではあるものの、合格すれば破格な条件の求人を紹介して貰いやすくなります。

AMBIのメリット6つ

AMBIのメリット6つ

厳しい条件はあるものの、本気でAMBIを利用したい人もいますよね。そして利用するからには、同サイトのメリットも知っておきたいでしょう。

同サービスが誇るメリットは、主に以下の6つです。

合格可能性診断「マイバリュー」機能で市場価値を把握できる

まず合格可能性診断「マイバリュー」機能があり、自身の市場価値を把握できます。使い方は非常に簡単で、気になった求人を見て「興味あり」ボタンを押すだけです。

ボタンを押すと、ヘッドハンターが3段階で選考を通過できる確率を診断してくれます。結果によって一目で本当に応募するかの判断材料にしやすいです。

加えて自身の市場価値を見極める上でも役立てられます。例えば大手企業などを通過できる確率が高ければ、他の様々な企業への選考でも比較的内定を得やすいと考えられるでしょう。

年収やキャリアアップに前向きな人には使いやすい

また高めの年収やキャリアを目指す人には使いやすいです。確かに審査の基準は厳しめではあるものの、認められれば待遇の良い求人を多く紹介して貰えます。

一方で大手業者で扱っているような、一般的なレベルの求人は少なめです。別の書き方をすれば、若く上昇志向のある人には相性の良いサイトと言えます。

人生の早い段階で年収などの面で、周りよりもリードしたいという人にはうってつけでしょう。

ゲーム感覚で楽しく操作できる

同サイトの特徴の1つが、スマホゲームをイメージさせるような作りです。実際の操作も、まるでゲームをプレイしているように楽しい気分になれます。

例えばログインするだけでボーナスポイントが貰えたり、取り組むべき課題がクエストのように設定されていたりする点です。簡単にできるものが多い分、転職活動も楽しく進められます。

日常的にスマホを使う20代がターゲットになっているからこそのシステムと言えるでしょう。

プラチナスカウト求人では内定に大きく近づける

AMBIでは一般のスカウト以外にも、優先度が高いプラチナスカウトもあります。一斉送信されるスカウト以上に企業が興味を示している分、内定に至る確率もやや高めです。

またヘッドハンターが送ってくるケースもあり、熱烈にサポートをしたい意思表示と言えます。送り主に関係なくプラチナスカウトを受け取ったら、一度生で会ってみると良いでしょう。

会員登録しなくても求人を閲覧できる

厳しい審査があるため、AMBIに閉鎖的なイメージを持ちますよね。一方で同サイトは、会員にならなくても求人の閲覧が可能です。

わざわざ会員にならずに閲覧できるため、具体的な求人の内容をじっくり眺められます。転職活動でより優遇された求人を目指す上で、色々と参考材料にできるでしょう。

加えてまだ利用するサービスが決まっていない場合も、他の業者との比較を通じて方向性を決める上で役立ちます。

内定後にAmazonギフト券が貰える

内定が出た際、Amazonギフト券が貰える点も魅力的です。内定が得られた件を運営側に伝えると、全員もれなく5,000円分のギフト券が送られてきます。

転職サイトでありながらお祝いして貰えるのは、とても嬉しいですよね。貰ったギフト券は、入社の準備などに役立てると良いでしょう。

AMBIのデメリット5つ

AMBIのデメリット5つ

一方でAMBIにはデメリットも存在します。主に指摘されるのが、以下に挙げられる5点です。

敷居を高く感じる

まずAMBIに対して敷居を高く感じる人も多くいます。審査の基準が厳しいため、収入や専門性が不十分だったり自信が持てなかったりする人にとっては使う気がなれません。

特に年収面の要件である400万円以上は、平均300万円程度の20代にとっては中々高いハードルです。大手企業や知名度の高い会社の総合職でもなければ難しく感じるでしょう。

他にも学歴がやや低い人にとっても、審査は通りづらくなっています。大手企業の採用には学歴も重要な要素となる分、高い年収には程遠いためです。

スカウトメールがしつこく感じる

次にスカウトメールがしつこく感じる人も多くいます。特に一般的なものは、企業などが条件に合う会員に一斉送信しているためです。

加えてログインしていなくても、数多くのメールが送られてくる口コミも見られます。同期中のアドレスをチェックする際に大量のメールを目撃し、うんざりする例も多いです。

釣り求人もある

紹介される求人の中には、いわゆる釣り求人も多く存在します。具体的には希望条件や職歴から考えて、あり得ないほど高い年収をうたっている求人などです。

中には年収1,000万円以上の求人が紹介されるケースもあります。より悪質な場合、社名さえも伏せているものも見られるため、内容をしっかり見極めることが大切でしょう。

地方の求人が少ない

AMBIで地方のハイスペックな求人を探そうという人もいますよね。ところが地方の求人は比較的少ない点もデメリットです。

求人を出している企業の多くが大手であるとともに、大手企業は東京など大都市にオフィスを構えています。特に東京など関東の求人が圧倒的に多いです。

求人が見つからない地域もあるため、地方転職に強い業者も活用すべきでしょう。

マイバリューの結果が中々来ない場合もある

AMBI独特の強みであるマイバリューも、結果が中々送信されてこない場合があります。リリースが2017年と新しい分、改善すべき点がまだまだ多いためです。

忘れた頃に結果が届くケースも良く見られる点を不満な点に挙げる人も大勢います。加えて散々待ったにもかかわらず、合格可能性が低いという結果で落ち込むケースもありがちです。

診断の結果自体はあくまでも目安であるため、あまり神経質にならずに付き合った方が良いでしょう。

AMBIと一緒に利用すべき転職エージェント・サイト5社

AMBIと一緒に利用すべき転職エージェント・サイト5社

AMBIは比較的条件の良い求人を目指す上でおすすめです。ただ内定の可能性を広げるには、他のエージェントやサイトも一緒に活用するのが良いでしょう。

一緒に使うべきエージェント・サイトは、以下の5社が挙げられます。

キャリトレ:20代でキャリアなどに自信がなくても求人を探しやすい

まず同じく20代向けのサービスとして、キャリトレがおすすめです。同じ層が対象であるものの、あまりキャリアに自信がない人でも使いやすい点が利点と言えます。

募集中の企業の規模も、大手からベンチャーまで様々です。加えて届いた求人を振り分ける方法が基本であるため、忙しくても転職活動を進められます。

若年層向け転職サイト・キャリトレの評判!ビズリーチとの違いも紹介

ビズリーチ:30代以上でハイクラスを目指したい人向け

ビズリーチは30代以上でハイクラスを目指したい人向けです。AMBIでは30代以上の案件がほとんどないため、ある程度年齢を積んだ人にとって使いやすくなっています。

転職サイトにしては珍しく有料会員を募集している点も特徴です。ただ企業から見れば本気でキャリアアップを狙う人を見つけられる仕組みになっています。

高年収を狙える求人の他にも、年収500万円前後のミドルクラス求人を探せる点もポイントです。現実的な目線で今よりも年収やキャリアの向上を目指したい人にもおすすめでしょう。

リクルートエージェント:幅広い求人探しや厚いサポートが期待できる

転職業界で最も多い30万件前後の求人を誇るエージェントとして著名です。求人が多い分、業種・職種や年収の幅も広いため、希望条件に深くこだわれる点もメリットになっています。

また非公開求人も10万件以上あるため、会員限定の競争率が低い環境で有利に選考を進めやすいです。長年の支援実績に基づくデータによって、手厚いサポートも期待できます。

加えてアドバイザーの交渉力は非常に高いことでも有名です。特に年収交渉では数十万円規模で昇給に成功した例も数多く、入社前の条件で妥協したくない人にも向いています。

求人数随一のリクルートエージェントは評判が悪い?生の評判から検証

doda:リクルートの次に求人が多い

リクルートエージェントに次ぐ約10万件前後の求人の多さを誇っている点が特徴です。10万件単位の求人を保有するエージェントは多くないため、リクルートとともに登録する価値があります。

加えて高年収案件の紹介にも力を注いでいる点もポイントです。800万円や1,000万円以上の年収を狙える求人も目立つため、年収の高さを軸に転職活動したい人は活用すべきでしょう。

パソナキャリア:サポートの手厚さで評判が高い

パソナキャリアも大手の業者に数えられ、求人数は4~5万件に及びます。業種や募集中の企業規模の幅も広く、希望条件に合う求人を見つけられやすいです。

加えて支援サポートも志望先の現状をしっかり把握した上で行われるため、ミスマッチも極力防げます。交渉力も高く、利用者の約7割が年収アップに成功しているほどです。

AMBIの評判・口コミを紹介

AMBIの評判・口コミを紹介

AMBIの評判や口コミを参考にして、実際に使うか考えたい人もいますよね。同社の評判などをご紹介しますので、是非判断する材料に使っていただければ幸いです。

AMBIの良い評判・口コミ3つ

まずポジティブな内容の評判などを見ていきます。最初は以下のような内容です。

youko@営業女子が本音で転職活動中さん
またいいの見つけましたよ
エンジャパンのAMBI(アンビ)!
キャリア志向の若手用みたい
興味ありを押しておくと、エージェントが合格の可能性を算出してくれて
△だったら遠慮しとく、みたいな感じ

無形×法人経験者が年収アップ時に見る求人もいくつか探してみた
当てはまるのたくさんある

(参考:「Twitter」)

条件さえ合っていれば満足いく内容の求人が結構見つかるようですね。多いほど選択肢が広がるのは確かに希望を持てるでしょう。次は以下の口コミです。

9/20さん
週末から転職サイト新しいとこ増やしたんだけどambiめっちゃいいプラチナスカウトしか来なくて怖い今よりうん100万余裕で上がる求人しかない、、全部マネージャーだけど、、経験ないから受かっても首にされそうだけど弊社の年収の倍ある、、これが世界、、

(参考:「Twitter」)

非常に年収アップが期待できる求人が多いようですね。今よりもさらに高めの年収を狙いたい人には役立つでしょう。最後は以下の口コミです。

きたがわんさん
AMBI:☆☆☆☆☆
Bizreachと同じで登録しとけば勝手に企業側からスカウト来る。
気になるボタンポチポチ押せば合格可能性を企業側が判断してくれる機能がまじでいい。

(参考:「Twitter」)

登録するだけで自動でスカウトが来るため、あまり操作に負担が掛からないようですね。合格可能性もほぼ自動で診断される点も、忙しい中で役立つでしょう。

AMBIの悪い評判・口コミ3つ

今度はネガティブな内容の評判・口コミも見ていきます。最初は以下の内容です。

なかば@広告マンさん
AMBIで合格可能性大のところにエントリーしたら即お祈りされた笑。昨日寝る前にエントリーして、今朝お祈り、、。逆になんで合格可能性大だったの

(参考:「Twitter」)

合格可能性が大だったにもかかわらず、選考落ちしてしまった内容になっています。診断結果は過信しない方が良いようですね。次は以下の内容です。

はさまるさん
AMBIのスカウトメールってどこまで真に受けて良いのやら。乱発してるんかな?
ウォークマンの会社から来るとか笑えるわw

(参考:「Twitter」)

スカウトメールの乱発ぶりで怪しく感じるものも多いようですね。内容はよく吟味した方が良いでしょう。最後は以下の口コミです。

Lia@人生楽しむさん
AMBI登録してみたけど的外れすぎてびっくりする。
学歴と現職、希望職種登録したのに全くかすらない求人ばかり。
私はAMBIのマーケティングからは外れた人間なんだろうな笑

(参考:「Twitter」)

希望条件とかけ離れた求人が多くてうんざりしているようですね。あまりにも条件に当てはまらない求人が送られるケースの存在も考えて付き合った方が良いでしょう。

AMBIへの登録から内定までの流れ5ステップ

AMBIへの登録から内定までの流れ5ステップ

実際にAMBIを使う際、内定までの流れを知っておくと色々役立ちます。登録からの流れを5つの段階に分けてご紹介しましょう。

会員登録やプロフィールの作成

まず公式サイトからアクセスして、会員登録のぺージに進みます。なおスマホ向けアプリはないため、パソコンを使って操作するのが原則です。

個人情報や職務経歴書、資格などを入力します。特に職務経歴書は質の良い求人の多さに影響を及ぼすため、実績も盛り込んで詳しく書くことが望ましいです。

登録に向けた審査

一通り入力が終わったら、最大の関門と言える登録審査を受けます。現時点で年400万円の給料を受け取っているかが主な基準です。

ただ年収以外にも、学歴や専門性なども審査の対象になります。特にスキルなどへの自信が強い場合は、入力時に遠慮なくアピールするのがコツでしょう。

求人検索・マイバリュー診断・応募

審査を通過したら、正式にサービスを利用できるようになります。求人検索やスカウトの振り分けが主な操作です。ゲーム感覚で楽しめるため、スムーズに作業も進むでしょう。

関心の持てる求人があれば「興味あり」ボタンを押します。自動的に選考通過への可能性を診断されるため、結果に応じて応募を決めると良いでしょう。

なおプラチナスカウトを受け取った場合は、企業が数ある会員の中から特に注目していることを意味します。前向きに考えてはいかがでしょうか。

面接・内定

応募したら書類選考や面接を受けます。サポートが必要な場合は、ヘッドハンターとの繋がりを活かすと良いでしょう。人によって適切な指導をしてくれるケースもあります。

内定が決まったら、運営側に必ず伝えると良いでしょう。5,000円分のAmazonギフト券を受け取れるため、伝えなければもったいないです。

入社後フォロー

再就職しても、色々と不安や悩みに襲われるケースも多々あります。もし悩み事がある場合は、運営元・エン・ジャパンの入社後フォローサービスを利用するのが良いでしょう。

入社後も3年間サポートを受けられる上、定期的なメールや無料のスキルアップ講座を通じてバックアップを受けられます。入社後の心配がだいぶ払拭されるでしょう。

AMBIがおすすめの人3タイプ

AMBIがおすすめの人3タイプ

転職支援サービスは内容によって合う人と合わない人がいます。もしAMBIを使うことになった場合、おすすめの人のタイプが気になるでしょう。

是非同サービスを利用した方が良いのは、以下の3タイプです。

20代や第二新卒でさらなる高年収やキャリアアップを望む人

まず20代でさらなるキャリアアップを目指したい人が挙げられます。主に20代で上昇志向の強い人に合った求人が数多いため、今の環境に満足しない野心的な人には特に向いているでしょう。

スケールの大きな仕事に携われる求人も豊富に用意されているため、大きな裁量を任せられる環境を望む人にもおすすめです。

都会の大手企業で働きたい人

また東京など大都会の大手企業で働きたい人にとっても使えます。同サービスで扱っている求人の大半が東京など首都圏のものばかりであるためです。

情報や刺激の多い都会に憧れる人や、様々な人脈を築きたい人にとっては非常に役立つでしょう。ただ大阪や名古屋など関東以外の大都会の求人はかなり少ない点に注意が必要です。

自分の市場価値を把握したい人

最後に将来の職探しに向けて準備したい人にも向いています。マイバリュー機能やスカウトメールを通じて、現時点での自分の市場価値を把握できるためです。

診断結果はあくまで目安には過ぎないものの、今後取り組むべきスキル面や経験面の課題も浮き彫りになるでしょう。

まとめ

今回は若手のハイクラス求人に強いAMBIの評判を、特徴などとともに見てきました。主に20代で上昇志向の強い人が満足する案件が豊富であるため、現状に満足できない人は使う価値があります。

会員になる際に審査は必要になるものの、優良な求人の多さや自身の価値を把握する上で役立つでしょう。楽しく操作できる点も魅力の1つです。

20代は給料が低かったり大きな仕事を任せて貰えなかったりして不満を覚えるケースも多いでしょう。もし今以上に活躍できる舞台に移りたいのであれば、AMBIはおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる