「サラリーマンに向いてない」と感じたら?特徴や診断法を紹介!

日頃会社員として仕事していて、「自分はサラリーマンに向いてないのではないか?」と感じる時もありますよね。

確かに会社員として働く際、上司への報連相や会議への参加など会社にありがちな慣習やルールに慣れる必要があります。ただ会社のやり方に違和感を覚えるとき、自身のサラリーマン適性を疑うのもありです。

今回はサラリーマンに向いていない人の特徴や彼らに合ったキャリアなどを見ていきます。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 現時点でサラリーマンに向いていないと強く感じている人
  • 今の職場に不満や違和感があるため、新しいキャリアを目指したい人
  • どうしても会社員以外の働き方や生き方がしたい人
目次

「サラリーマンに向いてない」と感じる場面は割と多い

「サラリーマンに向いてない」と感じる場面は割と多い

日々会社で仕事をしていて怒られたり違和感を覚えたりする人もいますよね。中には「サラリーマン適性がないのでは」と落ち込む人もいるでしょう。

確かに会社での仕事は複数人がチームで動く分、特にコミュニケーション力や協調性が重要です。しかし世の中に様々な人がいる分、チームでの作業が苦手な人も多くいます。

集団行動を苦手に感じる場合、会社員向きではない点に気付いたり落ち込んだりする人も出てくるでしょう。特に個人で自由に動きたい場合、会社員の働き方が苦手に感じるのも無理もありません。

「サラリーマンに向いてない」と感じるときにあり得る原因3つ

「サラリーマンに向いてない」と感じるときにあり得る原因3つ

「サラリーマンに向いてない」と感じた時、理由を知らないとモヤモヤしますよね。特に会社での仕事が苦痛に感じている場合は、原因を知ることが解決への第1歩になります。

あり得る原因は以下に挙げられる3つです。

性格面でサラリーマンの生き方が合っていない

まず性格面の理由が挙げられます。主に他の人と一緒に動くよりも、1人で色々やる方が気楽に感じられる人などのケースです。

会社の仕事は基本的に上司や同僚とコミュニケーションを交わしつつ進めます。ただ他の人とのやり取りが苦手な人にとっては苦痛に感じるでしょう。

加えて内向的な人も、性格的に会社での仕事が合わないケースも多いです。会社では利益や成果が優先的に求められる分、積極的でリーダー気質がある社員ほど出世しやすくなります。

性格面でサラリーマンが向いていない人は、会社の一員として動く働き方自体が不得手な場合がある点に注意が必要です。

職場で携わる仕事の内容に違和感を感じる

また職場での仕事内容に違和感が感じるケースもあります。サラリーマンの仕事と言っても、会社や部署などによって、チームを引っ張る立場から単純作業を黙々と行う立場まで様々です。

もし仕事内容に違和感を感じる場合は、たまたま所属部署での仕事が自分に向いてないだけというケースが多いでしょう。手っ取り早い方法として、別の部署に異動すれば解消される場合があります。

ただ会社の事業内容自体が合っていない場合は、転職も有力な選択肢です。転職エージェントなどで自分の希望条件や適性を確認した上で、おすすめの求人に応募すると良いでしょう。

職場の社風が合っていない

さらに職場の社風と自分の性格が合っていない場合もあります。やたらと部署や会社全体の一体性を強調したり、体育会系の雰囲気が漂っていたりするようなケースです。

職場の社風や雰囲気は、社員として所属している限り日常的に接する存在と言えます。そして出勤するたびに不快な雰囲気にさらされ続けるため、ストレスも溜まるでしょう。

もし職場の社風が自分に合わないという場合は、別の会社に転職するのがおすすめです。求人を探すだけでも様々な社風の会社があることに気付けるでしょう。

加えて転職エージェントなどに自分が合う雰囲気の会社について伝えれば、おすすめの求人を紹介して貰えます。なおエージェント選びでは、求人数が多い業者を選ぶと良いでしょう。

サラリーマンに向いてないと言える人の特徴7つ

サラリーマンに向いてないと言える人の特徴7つ

社会人には様々なタイプの人がいる分、サラリーマンに向いてないと言える人も一定数存在します。「自分は本当に会社員に向いているのか?」と気になる人もいますよね。

サラリーマンに不向きな人の特徴は以下の7点です。一度自分の性格や特徴と照らしてみると、今後について考える材料になるでしょう。

会社にある古い風潮・慣習に不満を抱いている

まず会社にある古い風潮や慣習に不満を持っている人が挙げられます。会社には多かれ少なかれ、様々な古い慣習や考え方がある分、サラリーマンとして働くからには順応することが大切です。

具体的には「新人は早めに出社すべき」や「上司の命令には異議を唱えない」などがあります。しかし古くからの風潮などに疑問や不満を感じる場合、会社は居づらい場所に見えるでしょう。

疑問や不満などを抱いたまま、無理に古い慣習などを守るとストレスの原因になりやすいです。古い体質が目立つ会社が嫌でたまらない場合は、サラリーマンの働き方は性に合わないでしょう。

無意味で無駄を感じやすい仕事に関わりたくない人

次に無意味で無駄に感じやすい仕事に関わりたくない人も、サラリーマンとしての働き方を苦痛に感じやすいです。会社員として働いていると、実に多くの理解不能な仕事が存在します。

具体例を挙げれば、形式だけの会議や上司の体面を保つために存在している仕事などです。時間や労力の無駄に思いやすい分、会社に対する不満も次第に溜まっていくでしょう。

実際のところ、無意味だったり無駄が多かったりする仕事は多くの企業で見られます。自分にとって有意義な仕事だけに取り組みたい人には、やりがいを感じられにくいです。

会社にありがちな理不尽さに耐えられない人

さらに理不尽な考え方などに耐えられない人も会社員の働き方は合っていないでしょう。先ほど見た意味不明な仕事と同じく、会社には理不尽と思える点も多く存在します。

具体的には前例を重視する点や改革者に冷たい目を向ける点、飲み会には半ば強制的に参加させられる点などです。プライベートを重視したい人や問題意識の強い人には居づらく感じるでしょう。

とても内向的でコミュニケーションが苦手な人

とても内向的でコミュニケーションが苦手な人にとってもサラリーマンの世界には向いていません。会社は複数人で業務するケースが非常に多い分、コミュニケーション能力が強く求められます。

就職活動でも会社側はコミュニケーション能力や協調性のある人を求める傾向が強いです。加えて会社員として働くと、会議や飲み会などコミュニケーションを駆使する機会にあふれています。

内気だったり人前に立つだけで極度のストレスを感じたりする人にとっては、サラリーマンとしての働き方は苦痛に感じる時が多いでしょう。

HSPの傾向が非常に強い場合も注意が必要

なお刺激に対して感受性が強く敏感なHSPの傾向が強い人も注意が必要になります。彼らは人一倍刺激を感じやすかったり人に気を使いすぎたりする分、とても疲れやすいためです。

具体例としてオフィス内で聞こえてくるペンの音や話し声、社内の空気だけでも不安を感じます。加えて誰かが怒られているだけでも、共感のしすぎでストレスにさらされがちです。

会社ではほとんどの場合、1つ屋根の下で複数の人が作業に当たっています。他者の影響を受けやすい分、HSPの人には苦痛のように感じられやすいです。

チームプレーよりも個人プレーを好む

日頃の作業を個人でこなすのが大好きな人も会社での仕事は向いていません。サラリーマンの仕事はチームで進める一方、誰かが勝手に進めることに対しては厳しい目が注がれます。

何かあるたびに上司や先輩への報連相を行ったり、決められた範囲以上の仕事に手を出さなかったりすることも奨励されがちです。規模によっては他部署との調整が求められる場合もあります。

上司などへの報連相や他部署への調整などが面倒で、「全部自分でやった方がまし」と考える人にとっては回りくどさでイライラさせられるでしょう。

単調な日々に耐えられない人

単調な日々に耐えられない人もサラリーマン向きとは言えません。会社で仕事する場合、一定の場所で決まった役割に関わる業務を主に担当するケースが多いです。

一方で自分から新しく仕事を創り出すことが少ない分、仕事の幅を広げられないという意味ではつまらなさを感じるでしょう。加えて自宅と職場の往復ばかりになっている状態にも不満を抱きがちです。

仕事の内容や業務を行う場所が決まっている場合、刺激を求める人にとっては耐えられないでしょう。ノマドワークや海外出張など様々な経験を積みやすい会社がおすすめです。

単純に働くのが嫌な人

単純に働きたくない人もサラリーマンに向いていない人と言えます。待遇に不満がある人やストレスが溜まりすぎている人、やる気が出ない人などが当てはまるでしょう。

働きたくない気持ちになるのは、誰にでもあり得る話です。働きたくもないのに無理して仕事すると、ストレスにむしばまれるだけではなくモチベーションの低さで会社にも迷惑をかけるでしょう。

一度会社や仕事から離れてみて、じっくり休む必要があります。

「サラリーマンに向いてない」と感じたときの診断ツールを紹介!

「サラリーマンに向いてない」と感じたときの診断ツールを紹介!

サラリーマンに不向きな人の特徴を見てきたものの、「自分は本当にサラリーマンに向いてないのだろうか」と疑問に思う人もいますよね。

もし会社員としての適性に疑問を抱いた場合は、以下にご紹介する方法で診断すると良いでしょう。

転職サイト・転職エージェントの診断ツール

最初にご紹介するのが、転職サイトやエージェントで用意されている診断ツールです。転職活動の一環で利用する人が多いものの、転職しない人が利用できるものも多くあります。

短時間でできる分、仕事が終わった後や休日などに調べられるのが特徴です。性格や価値観、強みとなるスキルが分かるようになっています。

転職サイトなどを利用する際に一緒に活用してみてはいかがでしょうか。

適性診断アプリ

またスマホでは適性診断のアプリもあるため、移動中などに手軽に診断しやすいです。テストを受ければ、パーソナリティ診断や職務適性、上下関係適性などを分析できます。

転職サイトなどの診断テストに比べると、より働き方全体に焦点を当てているのが特徴です。空いた時間などに会社員の適性のあるなしを判断するにはおすすめでしょう。

サラリーマンに向いてない人におすすめの働き方・生き方5通り

サラリーマンに向いてない人におすすめの働き方・生き方5通り

「サラリーマンに向いてない」と強く感じる場合、今後の働き方などを深刻に考えている人もいますよね。しかしサラリーマン向きではなくても、自分らしさを発揮できる働き方・生き方もあります。

色々ある中、代表的なものが以下の5つです。

他の企業に転職する

もし今いる職場の雰囲気や仕事内容が合わないだけであれば、他の企業に転職すると良いでしょう。転職した結果、自分の性格や適性に合っていたケースは実際にとても多いです。

特に成長のチャンスに恵まれていたり風通しが良かったりする会社を選ぶのがおすすめでしょう。様々な業務に挑戦させてくれたり理不尽さを感じにくかったりするだけでも、働き甲斐があるためです。

なお求人選びの際は転職エージェントを活用するのが効果的と言えます。エージェント側に今の職場で不満に思っている点を伝えれば、極力不満を解消できる職場を紹介して貰えるでしょう。

起業で自ら会社経営に乗り出す

また起業して自ら会社を経営する方法もおすすめです。経営者として好きに会社の方針を決めたり、得意とする方法でお金を稼いだりできます。

成功すれば会社員時代よりも大きな収入を実現できるでしょう。大きなリスクの存在や手続きを全部自分で行う点に注意すべきではあるものの、自分の思うままに働けます。

フリーランスとして活動する

フリーランスとして活躍するのも1つの方法です。起業と非常に似ているものの、あくまでも1人の職業人として活躍する点で異なります。

ライティングやデザインなど自分の得意を活かす形で企業に成果物を納品し、報酬を得る方法です。クラウドソーシングサイトの登場で参入しやすくなっています。

起業の場合と同じく、手続き関係は自分で行うのが前提です。ただ好きな場所で自分のペースで仕事を進められるため、仕事での自由度は大きく広げられます。

複数の働き方を組み合わせる

働き方が多様化してきている現在、複数の働き方を組み合わせる複業も1つの選択肢です。例えば派遣社員として働きながら、休日に副業を行う方法などがあります。

副業できる会社であれば、退職せずに他の収入源を持つことも可能です。会社以外の収入源で高額の収入を出せるようになれば、将来独立することもできるでしょう。

ゆくゆくは独立したいものの実力に不安がある場合は、まず副業を始めてみるのがおすすめです。なお事前に就業規定の確認や上司の承認が必要になります。

一時的にニートになる

退職後に働く気が起きないのであれば、一時的にニートになるのも良いでしょう。しばらくの間は失業保険を受給しながら体を休めたり、今後のキャリアについてじっくり考えたりできます。

新しいスキルを身に付けたいのであれば、ハローワークの職業訓練もおすすめです。条件により失業保険の受給期間が延びたり、受講中に給付金を受け取ったりしながら学べます。

なお極端に長い間ニートでいる状態は、将来を考えるとあまり得策ではありません。今後の方向性が見えてきたところで行動した方が良いでしょう。

まとめ

今回はサラリーマンに向いていない人の特徴や対策などを見てきました。会社員に不向きな人の特徴は色々あるものの、会社の慣習や仕事をチームで進めるやり方が苦手な人は当てはまります。

もし今の職場でストレスを感じたり不満があったりする場合は、転職や起業などがおすすめです。事前に自分の性格や適性などをチェックした上で、次のキャリアを考えるべきです。

社会人には様々な人がいる分、サラリーマンに不向きな人も多いです。会社員の適性がないからと落ち込む必要はなく、自分に合った働き方をしていくと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる