MENU

日産車体の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

日産車体の平均年収は591万円です。

日産車体に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、日産車体の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

日産車体の平均年収は591万円

日産自動車から委託を受け、開発から生産までを担う完成車メーカーである、日産車体の平均年収や業績推移を詳しく見てみましょう。

日産車体の平均年収

従業員数1071名、平均年齢41.9歳の日産車体の平均年収は591万円です。

平均年収はその年によって多少異なり、ここ数年での平均年収の推移は約540~約620万円となっています。

日産自動車の平均年収は約820万円と比べると年収は低いと感じてしまいますが、ボーナスは高水準、収益減があっても従業員の収入にはほとんど関係ないと言う声もあり大手にも負けていない年収です。

また、日産自動車のグループ会社の平均年収では500万円代後半から、600万円代が多いため、グループ内でも平均あたりと言えるでしょう。

サラリーマンの平均年収が400万円程度だから、日産車体の平均年収は一般的には少し高めと言えるでしょう。

日産車体の業績推移

日産車体の過去3年の業績推移は、以下のようになっています。

売上(収益) 営業利益
2018年 5,586億円 13億円
2019年 6,029億円 78億円
2020年 4,988億円 93億円

近年の社会事情により日産自動車の成績が良くなかったこともあり、日産車体でも昨年より落ち込む結果となりました。

工場は最少人数での稼働、その他にも在宅勤務を強く推奨する対応を取っていました。

今後の活躍に期待しましょう。

日産車体の年齢や役職・学歴別の平均年収

日産車体の平均年収は591万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。

日産車体の年齢毎の年収推移

日産車体の5歳ごとに分けた平均年収は以下のようになります。

年齢 平均年収
20~24歳 約290万円
25~29歳 約360万円
30~34歳 約370万円
35~39歳 約380万円
40~44歳 約400万円
45~49歳 約490万円
50~54歳 約540万円
55~59歳 約540万円
60~65歳 約340万円

20代の若手のうちは評価されにくく年収が低いという声も多くありましたが、30代になると基本給が一気に上がると言われています。

実力主義を掲げているようですが、実際には年功序列の社風が根強く残っているようです。

また、定年後も働きたいというニーズも高くなりつつあるため、定年後の再雇用も積極的に取り組まれており、希望をすれば定年を過ぎても働ける傾向にあります。

若いうちは少し辛抱する時期があるね。

日産車体の役職毎の年収推移

日産車体の役職ごとの年収推移は以下のようになります。

役職 平均年収
主任 約470万円
係長 約530万円
課長 約700万円
部長 約770万円

主任と部長くらい役職が違うと年収も大きく変わります。

役職によって年収に大きな差ができるため、仕事へのモチベーションアップになるでしょう。

また、上場企業の平均勤続年数は14.7年に対して、日産車体では平均勤続年数は19.3年と、長く働きやすい環境にあることから頑張り次第では役職アップも期待できるでしょう。

新入社員~管理職まで教育研修プログラムが数多く用意されており、多彩な教育を受けることができます。

社員教育は充実しているから、上の役職を目指すにはあとは自分の頑張りが重要となってくるね。

学歴による年収の差

日産車体の最終学歴よる年収の差は、以下のようになります。

採取学歴 50~54歳の年収
大卒 約720万円
短大卒 約610万円
高卒 約520万円

若いうちは収入にそれほど差がありませんが、50代にもなると最終学歴によって平均年収は大きく変わることがわかります。

ただし、あくまでこの数字は平均なので、頑張り次第で年収を変えられることはできるよ。

日産車体の生涯年収

日産車体の平均年収は591万円のため38年間勤務すると、生涯年収は2億2,458万円となります

自動車産業の生涯年収は比較的に高く、約3億円ほどと言われているので、日産車体では平均を下回りますが、平均年齢が高いことや勤続年数が長いことから、働きやすい環境と言えるでしょう。

年収の高さも大事だけど、それ以上にどんな環境で働くかは、重要だよね。

ライバル会社の平均年収

日産車体のライバル会社の平均年収は以下の通りです。

会社名 平均年収
トヨタ紡績 697万円
トヨタ車体 650万円
ジーテクト 636万円
豊田合成 641万円
デンソー 797万円
アイシン精機 743万円
豊田自動織機 813万円

日産車体のように車の販売ではなく研究や製造がメインの企業の年収は600~800万円代が多くなっています。

車体の販売をしない分、平均年収は自動車業界の中でも少し低めとなっていますが、東京証券一部上場してることもあり、生活していく分には十分な年収と言えるでしょう。

ライバル会社の年収は、600万円代の企業が多くあるよ。

日産車体の労働環境

日産車体では、やる気アップに繋がる制度や、働きやすい環境が整えられています。

ここでは、代表的なの労働環境を3つ紹介します。

一人ひとりスキルアップができる制度

日産車体では社員を人材ではなく「人財」と考え、社員を育てることを経営戦略の一つとしているため、社員の人材育成を積極的に行っています。

例えば、部署ごとに様々な教育が組まれていたり、外部研修も毎年受けることができます。

さらに研修では実践的な内容のものが多くあるため、新入社員でも現場に溶け込みやすい環境と言えるでしょう。

社員一人ひとりが自主性、創造性が発揮できるよう個性や能力を伸ばしていけるよう、新入社員から管理職までトータル的に教育研修プログラムが完備されています。

また、一人ひとり明確な目標を持って業務を遂行できるよう、個々の能力や技術のレベルアップができるように、細やかなサポートがあります。

目標はそれぞれ異なるため、充実した教育を受けられ、しっかりと成長できるでしょう。

充実した教育体制だから、さらなるスキルアップしたい人に向いているね。

ライフワークバランスの充実

日産車体では、全ての働く人が能力を十分に発揮できるよう、ワークライフバランスの適正化を実現しています。

出生率の低下や、ライフスタイルの多様化により労働市場が変化しているため、従業員一人ひとにが働きやすいような福利厚生が多くあります。

例えば、勤務時間にはフレックスタイム制度の導入、在宅勤務制度などが導入され、子育てをしながらでも働きやすい環境と言えるでしょう。

その他にも、育児や介護の支援制度は以下のようなものがあります。

  • 社内保育園
  • 育児求職
  • 深夜残業制限
  • ファミリーサポート休暇
  • 子供の通院、療養のための休暇
  • 介護休暇
  • 介護休職など

さらに福利厚生に関しては、独身寮、社宅、保養所なども備えられています。

これらの取り組みにが評価され、次世代育成支援対策推進法による通称「くるみん認定」を2度も認定された実績があります。

また、日産車体の定年は満60歳とされていますが、定年後の再雇用も積極的に取り組まれており、2008年には再雇用者68名という実績もあるため、定年後も充実した生活が望めるでしょう。

自分のライフスタイルに合った働きかたを、選択することができます。

従業員が働きやすい環境づくりがされている

日産車体では、ライフステージに応じて働く全ての人が能力を十分に発揮てきるよう、働く環境づくりに力をいれています。

例えば、以下のような取り組みを実施しています。

  • 長時間労働削減
  • 生産性の向上
  • 有給休暇の取得促進
  • 在宅勤務制度の導入など

従業員全員が健やかな生活を送れるよう、会社の中期経営計画の中にこのようなダイバーシティ活動を位置付けているため、働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

また、グローバルな環境変化に対応するために、海外拠点での業務も増えているため語学教育、渡航時や現地滞在中のサポートも充実しています。

その他にも、健康保持増進の取り組みとして生活就活病予防やメンタルヘルス対策のために、産業医、看護師、社内カウンセラーの体制を整えることや、外部の専門機関などと連携し、社員が生き生きと働くことができるよう取り組んでいます。

労働環境を見ると、いかに従業員のことを大切にしているかがわかるね。

日産車体の就職難易度(偏差値)は55

日産車体の就職難易度(偏差値)は55です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職偏差値 企業名
75 トヨタ自動車デンソー豊田中央研究所
70 本田技研工業ブリヂストン豊田自動織機
65 日産自動車アイシン精機
60 SUBARUいすゞ自動車マツダスズキトヨタ車体トヨタ紡織ヤマハ発動機横浜ゴム
55 三菱自動車日野自動車豊田合成ダイハツ工業NOKボッシュフタバ産業住友理工テイ・エス・テック日産車体ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

この表からわかる通り就職難易度(偏差値)55では、豊田合成やテイ・エス・テックなどのライバル会社も同じくらいの就職難易度(偏差値)であることがわかります。

就職難易度(偏差値)は大学の偏差値とは異なるもので、入社難易度の目安としたものとなっています。

日産車体に転職する時の3つの注意点

日産車体では2017~2022年の経営計画にて「LCV・Frame車を技術力の核とし、高品質で魅力ある商品をお客様にお届けすることで、将来にわたる強靭な企業基盤を確立する」ことを基本方針としています。

そして「商品」「工場」「技術・技能」を3つの柱として競争力強化に取り組んでいます。

面接する際には、そのことを踏まえ以下3つのことに注意しましょう。

柔軟性があり挑戦意欲が高いことをアピールする

日産車体では、柔軟的な考えを持ちつつ、挑戦意欲が高い人が求められます。

日産車体はお客様との直接対話を大切にしており、多様なニーズに答えつつ、質の高い商品づくりに挑んでいます。

そして量産車だけではなく、特殊車両の同時開発・生産に取り組み市場要望に幅広く対応しているため、台数の拡大にもつながっています。

日産車体にしかできない様々な取り組みがあるからこそ、利便性や機能性を兼ね備えられた製品をお客様のニーズに素早く正確に答えられているのでしょう。

例えば、「NV350キャラバン」特装車は、「幼児車」「リフター付きバン」「冷凍バン」「送迎車」など、多岐にわたるバリエーションを展開しています。

また、今後さらなる価値観の違いやライフスタイルの変化に対応するためにも、挑戦的な人材が求められるでしょう。

マザー工場である湘南工場の生産ノウハウは世界各地の生産拠点でお手本となっており、日本のモノづくりの技術を世界に届けています。今後さらに世界へ向けた挑戦的な動きがあるでしょう。

コミュニケーション力が高いことをアピールする

日産車体では車づくりにおいて、最も重要なことはコミュニケーションであることを強調しています。

お客様一人ひとりが満足できるようハイレベルの製造基準が設けられており、製造現場では日々工程上の様々な問題に取り組んでいます。

作業は一人ひとりの指先で作りこまれており、何か問題があればすぐに共有し改善の手配をしなければなりません。

そのためにも部署を超えたきめ細やかなやり取りが必要であり、コミュニケーション力が高い人が求められるでしょう。

また、日産車体では取引拡大によるグローバル化によって業務の幅はさらに広がっています。

社内だけではなく、各メーカーとのやり取りも多くなると思われるので、幅広い業務に対応できるコミュニケーション力がある人材が求められます。

具体例やエピソードで伝えるのもいいね。

グローバルに活躍できることをアピールする

日産車体には、グローバルに活躍できる人材が求められます。

自動車業界は100年に1度の変革期と言われており、自動運転や自動化など新しい技術が広がり大きく変化している真っただ中のため、今後さらなるグローバル化が進展すると言われています。

日産自動車でも海外拠点との連携や交流に力を入れており、海外への出張や駐在などによる経験の場を増やす動きがあります。

そのためにも文化や考えの違いを受け入れられ、円滑にビジネスコミュニケーションが取れる人が求められるでしょう。

語学力だけではなく、異文化ビジネスへの対応力や、積極性も一緒にアピールできると良いでしょう。

また、日産車体ではTOEIC試験や英会話教室のプログラムも取り入れられているため、今はまだ語学力はそれほど優れていなくても、今後グローバルに活躍し、挑戦したいという気持ちを伝えるのも良いでしょう。

語学に優れているからグローバルな人材というわけではないよ。異文化を受け入れられたり、その時代に沿って柔軟な考えができることも大切です。

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまで日産車体の年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

以上で、日産車体の年収に関する記事を終わります。

日産車体には、さらなる日産車の高い品質を追い求めることができ、柔軟な考えを持ちつつグローバルに活躍したい人に向いているでしょう。

日産車体に挑戦しようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる