ニートも公務員になれる⁉無理ではない理由や試験のポイントを紹介!

ニートの人で将来のことを真面目に考えている人もいるでしょう。あるいは家族からいい加減就職するように言われる人もいますよね。

もし将来の進路に迷っているのであれば、公務員を受験するのも1つの選択肢です。実はニートでも年齢制限に引っ掛からなければ公務員試験を受けられます。

今回はニートから公務員になる方法を、目指せる理由や試験のポイントにも触れながらご紹介しましょう。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • ニートで公務員を目指すことを考えている人
  • ニートから公務員を目指せるのか気になる人
  • 面接でニートであることや空白期間があることに不安を感じている人
目次

そもそも公務員試験とは

そもそも公務員試験とは

会社などへの就職と聞くと、一般企業への就職を思い浮かべがちですよね。しかし一般企業以外にも、公務員として役所に就職する選択肢もあります。

そして公務員になるには試験の受験は避けられません。まず公務員試験の基本情報について解説します。

大きく分けて国家公務員試験と地方公務員試験がある

公務員試験は役所に勤務する職員の資格を与えるための試験です。大きく分けて国家公務員試験と地方公務員試験があります。

国家公務員試験は、中央省庁の職員を選ぶために人事院が行う試験です。総合職や一般職に分けられ、総合職として採用された人が、いわゆる官僚になります。

一方地方公務員試験は都道府県や市町村の職員を選ぶ試験です。基本的に都道府県庁や市町村の役所が行うもので、採用されれば各機関の職員になれます。

なお他にも警察官や消防官、自衛官を採用する試験などもあるため、公務員になれるチャンスは意外と広めです。

基本的に筆記試験と面接試験から構成されている

公務員試験を受ける際、試験の内容が気になる人もいますよね。基本的には筆記試験と面接試験から構成されています。

筆記試験は教養試験と専門試験からなるケースが多いです。教養試験では国語や英語、数学などの一般教養を、専門試験では政治学や憲法など公務員に直接関係ある科目で出題されます。

なお自治体によっては、専門試験の代わりに小論文試験がある場合や、教養・専門に加えて小論文が出題される場合などパターンは様々です。試験の内容は事前に確認すると良いでしょう。

面接試験は筆記試験合格者が受験できるもので、地方公務員については志望先役所で行います。ただし国家公務員の場合は人事院が行うものの以外に、各省庁で行う試験の合格が必須です。

受験料は無料

ニートの状態で公務員試験を受ける際、「受験料が高いのでは」と心配する人もいますよね。実は受験料は無料になっています。

公務員試験に必要な費用は、人事院や各自治体の人事部署が税金を投入する形で負担しているためです。受験会場までの交通費や宿泊費だけを用意するだけで済みます。

受験時の年齢に制限がある点に注意が必要

公務員試験を受験する際は、年齢制限に注意が必要です。そして受験先や職種によって年齢の上限が異なるため、事前にチェックすると良いでしょう。

例えば国家公務員試験や多くの自治体の場合は30歳前後までになっています。ただ自治体によっては30歳以上でも受験できるところもあり、中には59歳まで受験できる自治体もあるほどです。

つまり自治体によってはある程度高めの年齢でも受験できるため、諦めずに募集要項を良くチェックしてみるべきでしょう。

試験合格と省庁・自治体による採用で初めて就職できる

最後に公務員試験は面接試験まで合格すれば、採用というわけではありません。国の場合は人事院の面接と各省庁の面接の両方を合格する必要があります。

各省庁の面接は、毎年夏頃の官庁訪問で行われるのが一般的です。数度の面接を経て内定を出して貰い、人事院面接にも合格していれば採用となります。

一方自治体の場合は、筆記試験合格後に行われる面接試験に合格すれば採用です。

ニートでも公務員を目指せる理由5つ

ニートでも公務員を目指せる理由5つ

試験の種類が多く、自治体によっては年齢が高くても受験できる点で公務員試験に希望を見出す人もいますよね。一方で「ニートでは公務員を目指せないのでは」とネガティブにとらえる人もいるでしょう。

実はニートであっても公務員を目指せる可能性はあります。主な理由が以下に挙げる5つです。

公務員試験では学歴・職歴や性別による差別が禁止されているため

まず公務員試験では学歴・職歴や性別によって受験者を差別してはいけない点が挙げられます。公務員法の中で受験での差別的な取り扱いが禁止されているためです。

つまり年齢要件に注意していれば、学歴が中卒の人でも、また履歴書に書ける職歴がない人でも受験できます。現在ニートの人も応募の際に受験を断られる心配はありません。

ただし反社会的な団体と関係のある人や執行猶予期間中の人など、試験を受けられない人の条件もあるため、事前に確認しておくべきです。

地方公務員の場合は自治体・職種により高齢受験もできるため

また地方公務員の場合は、受験する自治体や職種によって高齢受験もできます。

国家公務員や多くの自治体の行政職や事務職では30歳前後が年齢制限になっている中、30代後半や40代でも受験できるところも多いです。社会生活から長く離れているニートでも可能性はあります。

例えば福井県の行政職で34歳、山形県の行政職で39歳などが代表例です。また徳島県三好市の45歳や茨城県牛久市の59歳のケースもあるため、年齢が高くても希望は持てます。

受験者に公務員浪人になっている無職も多いため

さらに公務員試験の受験者には浪人して無職で勉強に励んでいる人も多いです。試験の難易度自体が比較的高い分、1年目で不合格になる人もたくさんいます。

試験を主催する各役所も、無職で浪人しながら合格を目指す人が多くいることを把握している分、ニートも安心できるでしょう。無職の受験者が多い分、ニートである理由で受験を諦める必要はありません。

公務員試験の受験枠は必要とされる学力を基準にしているため

公務員試験の募集要項で「大卒程度」や「高卒程度」の文字を見て、「受験して良いのか」と思う人もいますよね。実は「大卒程度」などについては学歴ではなく、必要とされる学力を指すものです。

例えば「大卒程度」であれば、「大学を卒業した程度の学力が求められている」という意味になります。つまり求められる学力を証明できる自信があれば、学歴に関係なく受験できる仕組みです。

ただし求められる学力のレベルに応じて難易度も高くなるため、当日に向けてみっちり勉強することが必要です。

近年では就職氷河期世代向けの受験枠もある

公務員試験では近年、90年代から2000年代の経済情勢で正社員になれなかった就職氷河期世代向けの試験もあります。年齢にしておおよそ30代後半から50代前半の人が対象です。

同世代向けの試験は国・地方自治体に関係なく中途採用という形で行われています。倍率が非常に高く、国については2022年度までとしている点で難易度は高いです。

ただ就職氷河期の影響でニートになっている人にとっては、少しでも希望を持てる話と言えるでしょう。

ニートから公務員を目指すための勉強方法3つを紹介

ニートから公務員を目指すための勉強方法3つを紹介

ニートでも公務員試験を受けられるとわかっても、試験の難易度が高いことに変わりはありません。そして難関を突破するには公務員を目指すための勉強方法を知る必要があります。

ニートから公務員を目指す場合、以下の3つが主な勉強方法です。

予備校を利用する

最初の方法として、公務員試験向けの予備校を利用する方法があります。大学受験などと同じように、教室で講義を受けたりサポートを受けたりして役所への採用を目指す方法です。

学校に通うため、規則正しい生活やモチベーションの維持ができるメリットがあります。加えて他人の目がある分、勉強も継続して進められるでしょう。

ただし学費が数十万円程度と高い点がデメリットです。自分の貯金で負担するか、場合によっては親などに負担してもらう必要があるでしょう。

独学で勉強する

予備校に通う代わりに独学で勉強する方法もあります。教材費が必要にはなるものの、基本的に費用が掛かりません。加えて自分のペースを維持しつつ、好きな場所で勉強できます。

ただし講師から教わるわけではないため、疑問点が出てきた時に苦労しやすいです。また予備校と違って周りの目がない分、スマホをいじるなどして時間を無駄にするリスクもあります。

さらには一緒に学ぶ仲間がいないため、モチベーションを維持するのも大変でしょう。節約しつつ独学でやり抜ける自信のある人向けの方法です。

通信講座を利用する

予備校と独学以外の方法として、通信講座を利用する方法もあります。業者から購入した教材を使って勉強する方法で、予備校よりも金額が安いです。

ただし周りに人がいない状態は独学と同じであるため、誘惑に負けたりやる気の維持に苦労したりするデメリットがあります。ただ業者によって模試や面接対策が含まれている点は独学よりおすすめです。

ニートが公務員の面接を乗り越える3つのコツ

ニートが公務員の面接を乗り越える3つのコツ

めでたく筆記試験に合格しても、面接試験を突破しなければ公務員にはなれません。そしてニートの中には、人と話すのが苦手だったり空白期間があることに負い目を感じたりするでしょう。

たとえニートでもコツを活かせば面接試験を乗り越えられます。主なコツが以下の3点です。

省庁や自治体ごとの求める人物像を理解・アピールする

まず志望する省庁や自治体で求めている人物像を理解するべきです。様々な省庁や自治体がある分、求める人物像も色々あるため、志望先のニーズに合わせる必要があります。

特に自治体の場合は、主に受験先の地域を愛している人を求めているところが多いです。事前に省庁や自治体の現状も含めて理解し、ニーズに応えられる人材であることをアピールすると良いでしょう。

空白期間や無職である事実も理由を付けて説明する

ニートが公務員を目指す場合、面接では必ず空白期間について問われます。空白期間については正直に答えるべきです。嘘をつくと別の質問で矛盾した回答を伝える可能性があります。

空白期間や無職である事実については、理由付きで伝えると良いでしょう。空白期間を使ってチャレンジしていたことやひたすら公務員の勉強をしていたことなどがおすすめです。

空白期間があるとは言え怖気づくことはありません。前向きな理由と一緒に伝えれば、面接官にも良い印象を与えられます。

自信を持って熱意やビジョンを語る

最後に自信を持って採用後の熱意やビジョンを語るのがおすすめです。今までニートであっても今後への熱意などをしっかり伝えられれば、採用の可能性が高まります。

熱意などを伝えるには、綿密な自己分析や省庁・自治体への研究を通じた志望動機作りが欠かせません。国や自治体の現状や問題をしっかり把握した上で、成し遂げたいことを伝えると良いでしょう。

逆におどおどした態度は見せるべきではありません。ニートであることへの後ろめたさでおどおどすると、面接官の方が不安になるためです。

ニートが公務員を目指す際に気を付けたい5点

ニートが公務員を目指す際に気を付けたい5点

ニートの状態でも公務員を目指すことはできます。ただし目指す際に気を付けるべき点があるのも事実です。主に以下の5点が挙げられます。

試験勉強には膨大な時間や労力が必要

まず試験勉強には膨大な時間や労力が必要です。特に筆記試験は教養試験と専門試験を合わせると勉強すべき科目数が多いです。加えて出題範囲も広くなっています。

そして勉強に必要な年数も2~3年は必要です。実際に1年間しっかり勉強した人でも、不合格になるケースは非常に多いです。加えて1日の勉強時間も10時間は割く必要があります。

公務員試験は受験者が多い上、出題範囲も広いことから毎年多数の不合格者が出やすいです。試験の勉強にはかなり前から取り組むべきでしょう。

試験に失敗してニートから脱せないケースもある

また試験に失敗してニートから変わらなかった人もいます。公務員試験に何年も挑んだものの合格できずに年齢制限を超えてしまうケースも見られがちです。

中にはプライドの高さから、国家公務員総合職などの難易度が高い試験ばかりを受けて失敗する人もいます。結果として合格できずにニートになるリスクがあることも、前もって理解するべきでしょう。

部署によって長時間労働もある

公務員に定時帰宅のイメージを持つ人もいますよね。ところが部署によっては長時間労働や深夜残業があるため、注意が必要です。

特に国家公務員でも本府省に勤める場合は、国会開会中など驚くほど多忙になる時期もあります。また自治体でも福祉関係の部署などは業務量を多く抱えがちです。

役所も部署などによって忙しくなる点も事前に知っておくと良いでしょう。

副業は許可制になっている

働き方改革の影響で役所でも副業が解禁された話を聞いたことがある人もいますよね。しかし公務員の場合、副業は許可制になっています。

役所の職員として副業をするには、まず直属上司の承認が必要です。もし無許可で行った場合は、内部で処分を受けるでしょう。

加えて副業の種類も注意する必要があります。主に営利目的ではないものや本業に支障が出ないものなどの条件に当てはまるものが無難です。具体例として投資や執筆活動などが挙げられます。

場合により民間転職を考えた方が良いケースもある

最後に民間転職を考えた方が良いケースもある点も気を付けるべきです。主に業績が待遇に反映されたい場合や、学歴で待遇に差があることに耐えられない場合などが挙げられます。

役所は民間企業と異なり、昇進は年功序列が基本です。たとえ大きな業績を上げても待遇がすぐに良くなるわけではありません。

加えて公務員は確かに学歴に関係なく受験はできるものの、採用後の待遇は有名大出身者ほど速いです。組織内で学歴を重んじるため、学歴で待遇に差が出ます。

もし実力で出世したかったり、学歴による待遇の差に我慢ができなかったりする場合は民間企業を狙った方が良いでしょう。

まとめ

今回はニートから公務員になる方法を見てきました。公務員試験は年齢制限を超えていなければ学歴や職歴に関係なく受験しやすいため、ニートにもチャンスがあります。

また試験によって30代や40代でも受験できるため、今まで社会生活から離れていても十分にやり直しがきくでしょう。ただし合格するには膨大な時間や労力を掛けて勉強する必要があります。

公務員は業績に応じた出世とは程遠いものの、合格すれば基本的に定年まで勤めやすいです。ニートでも試験を受けるチャンスはあるため、気になる試験について調べてみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる