ニートでも期間工で働ける?期間工が社会復帰におすすめな理由

ニートでも期間工で働くことはできます。

「ニート期間が長いけど大丈夫?」「コミュ障の自分でも期間工で働ける?」と心配になりますよね。期間工で働く人の中でも、元々ニートや引きこもりの人はいらっしゃるので、心配はありません。

今回は、ニートでも期間工働ける理由を解説します。

なお、今回の記事は下記の方におすすめです。

・ニート期間が長くて働くのが億劫になっている方
・コミュ障で人と働くのが苦手な方
・期間工に興味があるけど一歩踏み出せない方
目次

ニートでも期間工として働ける!

期間工の仕事は、ニートでも働くことができます。

期間工の仕事内容は、基本的に機械操作による単純作業になるため、知識がなくても誰でも簡単に作業をこなせます。なので、ニートや引きこもりの方関係なく働けるのです。

作業に慣れるまでは、先輩や上司などに教えてもらいながら一緒に作業することがあります。慣れてくると基本的に一人で作業することが多いので、コミュ障の人や一人で作業したい方には安心ですよ。

期間工には、さまざまな年齢層の人が働いています。力仕事がメインとなる期間工では、20代や30代の比較的年齢層が低いですが、小さい部品を取り扱ってる期間工では、40代や50代も働いています。

中には、女性の割合が多い期間工もあるので、ニート期間が長い女性でも働くことができるので、安心です。

期間工がニートにおすすめな8つ理由

期間工がニートにおすすめな理由は8つあります。

期間工の魅力を知ることで、自分が期間工で働くことをイメージしやすくなりますよ。

・未経験でも働ける
・学歴や職歴は不問
・待遇の良さ
・短期間でも働ける
・コミュ障でも安心
・初月からガッツリ稼げる
・寮完備なので安心
・正社員になる夢も叶えられる

未経験でも働ける

期間工は、未経験でも働くことができます。

期間工の仕事は、機械による単純作業が多いので、難しい作業は少なく、工場未経験でも安心して働くことが可能です。

作業内容は基本的に、ベルトコンベアから製品が流れてくるので、ネジを締めたり各部品を取り付ける作業を繰り返します。これを「ライン作業」と言います。

作業中に分からないことがあっても、先輩や上司が優しく教えてくれるので、すぐに覚えようとせずに徐々に覚えると、作業に慣れて淡々とこなせるようになるでしょう。
他にも、溶接や検査やピッキングがありますが、担当になる場所は入社時に分かります。

学歴や職歴は不問

期間工は、学歴や職歴不問で働くことができます。

期間工で働いている人は、20代から40代・50代と幅広い世代の方が働いています。そのため、職なし40代でニートしている方でも脱ニートを目指すことができます。

また、中卒や大卒でも働くことが可能です。「大卒が期間工で働くってマジ?」って思われるかもしれませんが、大学を卒業してからの道は人によります。また、面接時に「大卒なのになぜ期間工に?」と聞かれることもほぼありません。
学歴職歴不問でも、万が一聞かれた時の対策はある程度必要です。

待遇の良さ

期間工で働く上で1番魅力的なのは、給与や待遇の良さです。

・初月から30万円〜稼げる
・残業や夜勤手当など各種手当がしっかりとしている
・3ヶ月〜半年ごとに慰労満了金が支給される
・入寮の場合、食事補助金が支給される
・社会保険完備
・期間工によっては昇給制度がある

このように、手持ちのお金がほとんどない方でも、初月から30万円〜稼げるので、金欠から脱出することができます。また、期間工の契約期間は3ヶ月か6ヶ月更新となっているので、更新時に慰労満了金が支給されることで、まとめて貯金をすることが可能です。

期間工は最長でも2年11ヶ月〜3年間しか働けないので要注意です。

短期間でも働ける

期間工は、短期間だけ働くことができます。

期間工の契約期間は主に、3ヶ月か6ヶ月更新となっているので、「6ヶ月で100万稼ぎたい」など、短期間集中でお金を稼ぎたい方には向いているでしょう。また、働いてみて「合わないから辞めたい」と思ったら、契約更新月まで働くことで、慰労満了金を貰って辞めることができます。

期間工は、単純作業で楽と言っても、入社後1〜2週間の慣れるまではきつく感じることがあります。そのため、入社1ヶ月以内に辞めてしまう人も少なくありません。短期間だけ働くつもりでも、すぐに辞めてしまうのは勿体無いので、慰労満了金を貰ってから辞めることをおすすめします。

3ヶ月更新の期間工もあるので、短期集中で稼ぐのにはおすすめですよ。

コミュ障でも安心

期間工では、コミュ障のかたでも安心して働くことができます。

期間工の作業内容は部署によりますが、主に機械による単純作業なので、黙々と作業をすることになります。なので、基本的に人と話しながら作業することがありません。

作業を淡々とこなせたら、「今日は〇〇食べたいな〜」「給与がでたら新しいゲーム買おうかな」と楽しみを考えながら作業を行えます。あまりにも、自分の世界に入りすぎると、作業に支障が出てしまうかもしれませんので、注意が必要です。
コミュ障にとっては、最高の環境と言えるでしょう。

初月からガッツリ稼げる

期間工では、初月からガッツリ稼ぐことができます。

期間工で働く上での1番の魅力は、「金銭面」です。ただ工場でバイトとして働くよりも、高待遇で働くことができるので、初月から30万円〜稼ぐことが可能です。企業によっては、初月更新として手当として数万円支給されます。

その他にも、残業や夜勤、休日出勤をすることで、初月の給与から各手当が支給されるので、ガッツリと稼げて安定した生活を過ごすことができます。
金欠ニートでも、初月からガッツリ稼いで安定をゲットしましょう。

寮完備なので安心

期間工は、寮完備なので遠方でも安心して働くことができます。

大体の期間工では、無料の寮完備で設備は下記の通りです。

・水道光熱費は無料か有料
・自社寮か民間アパートやマンション
・相部屋(自社寮に多い)か個室などのワンルーム
・共同スペースあり(洗濯機・風呂・トイレ)
・家具家電完備
・車やバイクの持ち込み可能(不可や指定メーカのみ可の場合あり)
・食事補助あり(食堂)

このように、生活するにあたっての設備は整っているので、遠方の方でも着替えなどの手荷物だけで入寮することが可能です。寮によっては、自社寮で相部屋になっているところもあります。

また、自社寮の場合は、家賃や水道光熱費が無料になっている場合が多いですが、民間アパートになると一部自己負担となる可能性もあります。しかし、相部屋や共有スペースが無くなるので、プライベート空間を保つことができます。
期間工によって設備は異なりますので、事前確認が必要です。

正社員になる夢も叶えられる

期間工では、正社員登用制度があるので、正社員になることも可能です。

ほとんどの期間工では、正社員登用を設けており、期間工として入社してから約1年で正社員登用試験を受験することができます。しかし、正社員登用試験を受験するには、いくつか条件があります。

・日頃から真面目に仕事に取り組む
・先輩や同僚とのコミュニケーションをとる
・改善点や疑問点はすぐに上司に報告する

このように、日頃の行いによって上司から「正社員登用を受験してみないか?」と声を掛けてもらうことで、正社員登用を受験する推薦をもらうことができます。正社員登用は年に1.2回実施されているので、正社員を目指すには1番の近道となるでしょう。

ニートでも大手企業の正社員を目指せますよ。

ニートでも働きやすいおすすめな期間工

期間工には、さまざまな業種があります。

ここからは、ニートや引きこもりでも働きやすい期間工の特徴をご紹介します。

・軽作業の期間工
・日勤のみの期間工
・短期OKな期間工
・40代・50代でも働ける期間工
・女性でも働きやすい期間工

軽作業の期間工

期間工には、軽作業中心の作業もあります。

期間工といえば、クルマや航空機の製造が多いですが、手のひらサイズの部品で組み立てや検品などを行う期間工もあります。「ニート期間が長くて体力に自信がない」「元引きこもりだから重労働は嫌だ」という方でも、安心です。

軽作業でおすすめの期間工は「アイシン」です。

日勤のみの期間工

期間工は、日勤のみのシフトもあります。

期間工といえば、夜勤や交替制のハードな勤務体制とイメージしがちですが、中には、日勤のみの期間工もあります。そのため、朝から夕方の勤務なので、生活リズムを整えやすく健康的に生活することができます。

しかし、その分、交替手当や夜勤手当などの手当が少なくなる場合があるので、待遇面ではデメリットを感じてしまうかもしれません。ですが、久しぶりに仕事をする方や、長年引きこもりニートの方は日勤のみの期間工がおすすめです。

日勤のみでおすすめの期間工は「ダイハツ(京都工場)」です。

短期OKな期間工

期間工は、最低3ヶ月だけの短期で働くことも可能です。

期間工では、3ヶ月や6ヶ月などで契約更新を行うため、「ニートだけど3ヶ月だけなら働けるかも」「頑張って6ヶ月働いて脱ニートを目指すぞ!」という場合でも、働くことができます。

まずは、3ヶ月働いて「無理だな」と思ったら慰労満了金を貰って辞めても問題ありませんし、「次の更新まで働いて慰労満了金を貰おう」と頑張っても良いでしょう。

短期OKでおすすめの期間工は「日産栃木」です。

40代・50代でも働ける期間工

期間工は、40代・50代でも働くことができます。

期間工によっては、力仕事を必要としない軽作業もあります。そのため、体力に自信がない40代・50代や工場未経験の方でも問題なく働くことができます。

軽作業の期間工では、「部品の組立・検品・出荷」などがメインとなっているので、難しい作業もなく淡々とこなすことができます。中には、完全に部屋で一人で作業をする部署もあるので、ニート暦の長い40代でも無理なく作業を行えるでしょう。
40代・50代におすすめの期間工は「ジヤトコ」です。

女性でも働きやすい期間工

期間工は、女性でも働きやすい環境が整っています。

期間工は、男性が働くイメージが強いですが、工場によっては、女性比率が高い期間工もあります。女性が働きやすい期間工は、部品を取り扱っている工場となりますが、車関係でも働くことは可能です。

女性が働きやすい環境作りに取り組んでいる工場も多いので、求人をみて判断すると安心でしょう。

女性におすすめの期間工は「デンソー」です。

ニートが期間工で働く上での注意点

期間工は、ニートが働くことはできますが、その中でも2つの注意点があります。

注意点を理解することで、安心して期間工ライフを充実させることができるかもしれません。

・ある程度の体力は必要
・正社員を目指すならある程度の頑張りは必要
・面接を通過する必要がある

ある程度の体力は必要

期間工は、ある程度の体力は必要です。

数ある期間工の中でも、重労働や軽作業など業種によってさまざまです。中でも、軽作業は力仕事が必要ないので、ニートや引きこもりの方には魅力的に感じるかもしれませんが、ある程度の体力は必要となります。

・長時間立ちっぱなし
・出荷作業では段ボールを運ぶこともある
・細い作業で集中力が必要となる

このように、軽作業でも働く上で、ある程度の体力は必要となるので、立ち仕事に自信がない方や疲れやすい方は、ある程度の体力をつけておいた方が、無理なく働けるかもしれません。

最初はきついかもしれませんが、慣れると大丈夫でしょう。

正社員を目指すならある程度の頑張りは必要

期間工では、正社員を目指すにはある程度の頑張りは必要です。

期間工で正社員になるには正社員登用を受験する必要があり、いくつかのポイントがあります。

・日頃から真面目に仕事に取り組む
・先輩や同僚とのコミュニケーションをとる
・改善点や疑問点はすぐに上司に報告する

正社員登用を受験するには、「上司の推薦」が必要となります。そのため、日頃から仕事に真面目に取り組んで、コミュニケーションを取る必要があります。コミュ障には、ハードルが高いかもしれませんが、毎日長時間話す必要はないので、安心してください。

作業中に気になる点や改善点を上司に報告したり、たまに上司や同僚とランチを楽しむ程度で良いので、コミュニケーションを大切にすると、上司に気に入られて正社員登用の推薦を貰える可能性が高くなります。
ニートから正社員を目指すためにも、ある程度は頑張りましょう。

面接を通過する必要がある

期間工で働く上で、避けられないのが「面接」です。面接に合格しなければ期間工で働くことはできません。

期間工の面接では、「なぜ期間工で働こうと思ったのか?」「契約期間内はしっかりと仕事に取り組めますか?」「健康面で問題はありませんか?」などの質問がきます。

「貴社の製品が好きで愛用しており、実際に製造してみたいと思いました」「契約満了までしっかりと取り組ませて頂きたいと考えております」「健康で体力もありますので、問題ありません」この様に、やる気をアピールして、面接官に良い印象を残せるような回答を心がけましょう。

まとめ

期間工がニートにおすすめな理由をご紹介しました。

期間工は、ニートや引きこもりでも年齢や性別関係なく、働くことができて後々は、正社員も目指せます。

一歩勇気を踏み出してみると、世界が広がりますよ。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる