ムービンストラテジックキャリアの評判と口コミは?「冷たい」は本当?

コンサルタントとしてよりキャリアアップを目指そうと転職を考えている人もいますよね。できればコンサル業界に強いエージェントの力を借りたいと思うでしょう。

もしコンサル業界の転職を目指すのであれば、ムービンがおすすめです。コンサル業界専門のエージェントとして随一の実績を誇るため、業界でのキャリアアップを目指す場合に欠かせません。

今回はコンサル業界専門エージェントとして有名なムービンについて見ていきます。なお今回の記事は以下の人におすすめです。

  • コンサル業界でさらなるキャリアアップを目指したい人
  • コンサル業界独特の転職について知りたい人
  • ムービンの特徴や評判などが気になる人
目次

ムービンの基本情報を解説

ムービンの基本情報を解説

ムービンは国内で最初に設立されたコンサル業界専門の転職支援サービスです。業界への支援実績もトップであるため、コンサル業界の転職の際に是非活用すべきサービスとされています。

ムービンを利用する際は、最初に同社の特徴を知っておくと良いでしょう。主な特徴が以下に挙げる4点です。

日本初のコンサル業界向け転職エージェント

ムービンは国内でも有数のコンサル業界専門の転職エージェントとして知られています。基本的な特徴は以下の通りです。

運営会社 株式会社ムービンストラテジックキャリア
設立 2000年
オフィス 東京
対象年代 20~50代(制限はなし)
求人数 非公表(非公開求人は全体の約80%)
料金 無料

設立は2000年で、コンサル業界専門転職サービスでは日本で最初に開設されました。全体の8割が非公開求人であるため、本格的に利用する際は会員登録が欠かせません。

求人もボストンコンサルティングやマッキンゼーなど世界的に有名なファームから中小ファーム、リサーチャーまで幅広いです。業界内で自分に合った転職先を目指す上で非常に使いやすいでしょう。

コンサル業界への転職支援実績は業界トップ!

ムービンはコンサル業界への転職支援実績ではトップを誇る点でも有名です。設立から20年以上で通算数千名の転職支援を行ってきており、公式サイトには数多くの転職体験談も掲載されています。

未経験からコンサル業界への転職を実現した内容の体験談も多いため、今後業界を目指す人にとっても励みになるでしょう。転職初心者にも対応している点でも非常に心強いです。

コンサル業界の他にも金融業界やIT業界への転職にも強い

ムービンでは他にも金融業界やIT業界への転職にも強みがあります。コンサルタントにも金融業界などの出身者が多く在籍している分、コンサル転職と同じく内容の濃い支援を受けやすいです。

特に金融関係では、企業再生や成長企業の経営層ポジションへの転職を成功させた実績を数多く持っています。いずれの業界でも上位職を目指せる分、キャリアアップを実現できるでしょう。

キャリアコンサルタントは業界経験が豊富な人が多い

ムービンのコンサルタントは、実際に大手外資ファームでの豊富な業務経験を持っています。超一流ファームで活躍していた人も多い分、業界の内情や求められるニーズにも明るいです。

出身ファームや職種、得意分野も様々である分、目指す職種や分野に応じてきめ細かく対応して貰えます。アドバイスも実用性が伴う分、中身のある選考対策にもなりやすいです。

転職でムービンを利用するメリット5点

転職でムービンを利用するメリット5点

特にコンサル業界での転職を目指す上でムービンは是非使うべき業者とされています。ただ具体的に利用するメリットが良く分からない人もいますよね。

ムービンを利用する際に感じられるメリットが、以下の5点です。

コンサル業界の経験が豊富なキャリアコンサルタントが揃っている

まずキャリアコンサルタントの大半がコンサル業界経験が豊富である点が挙げられます。出身ファームが様々である分、各ファームの事情や選考の傾向にも詳しいです。

加えて出身ファームとの強力なパイプを持っており、役員や人事担当者とも繋がりがある分、常に最新情報を掴める位置にいます。選考に役立つ情報も応募書類などに反映しやすいでしょう。

コンサルタントは業務経験が豊富な分、経験者でなければ持っていない体験談もあります。転職先で働く際のイメージを膨らませて、将来のビジョンを考える上でも有益です。

なお各コンサルタントの詳しい経歴は公式サイトに掲載されています。目指すファームへの転職を考える際に、有力な情報となるでしょう。

コンサル業界関係の情報を存分に活用できる

またムービンではコンサル業界関係の情報を存分に活用できます。公式サイト上でコンサル業界の最新動向や、コンサル業界の解説記事やプロジェクトの事例も公開されているためです。

いずれの情報も会員にならなくても閲覧できます。コンサル業界について知りたい人や今後目指そうと考えている人にとって予習の機会になるでしょう。

金融業界やIT業界でもファンドや成長企業の経営層クラスを目指せる

ムービン経由で金融やITの転職を実現しようと考える人もいますよね。求人数はコンサル業界のものほど多くはないものの、質の高い求人を目指せます。

内容は主にコンサルティング関係が多いです。ただ中には法人営業やグローバル金融、テクノロジー部門のものもあります。未経験でも関係するスキルがあれば、内定の可能性も出てくるでしょう。

加えてCEOやCOOなどの経営層を目指せる求人がある点もメリットです。高収入が見込める上に、決定権をフルに活かして大きな仕事もしやすいでしょう。

キャリアや実績のある人への転職サポートが親身かつ実用的

ムービンのサポートは、特にキャリアや実績のある人に対しては親身かつ実用的です。一定以上のキャリアがある人ほど合格可能性も高い上、コンサルタントも少数精鋭であるため、優先度も高くなります。

実際のサポートでも求職者の話を丁寧に聞き取った上で、要望や職歴に合う求人を紹介する傾向です。各求職者に合わせて必要な選考対策やカウンセリングを行う点でも評価されています。

一定以上に有名なコンサルファームで働いており、さらなるキャリアアップを目指したり、違う環境の職場に移りたい人には使いやすいでしょう。

キャリアコンサルタントが志望先に推薦することで合格率もアップ

なおムービンではコンサルタントが求職者を志望先に推薦することで合格率も上がります。各コンサルタントが出身企業などと繋がりが強いためです。

日頃から担当する企業の役員などとも話がしやすいほど親密に付き合っています。求職者の転職選考についても熱烈に推薦してくれる傾向です。

求職者側は十分な選考対策が求められるものの、推薦という形でコンサルタントが援護射撃してくれるのは大きなメリットでしょう。

コンサル業界独特の選考対策も十分対応できる

最後にムービンはコンサル業界専門である分、業界独特の選考対策にも十分対応できます。コンサルタントも経験豊富である分、選考の内容や必要な対策を熟知しているためです。

コンサル業界ではフェルミ推定やケース面接など独特な選考が行われます。しかも内定を得るには高いスキルや豊富な業務経験、論理的思考法のアピールも必要です。

ムービンではコンサル業界への実績が非常に豊富であるため、膨大な支援データを活用する形で独特な選考に対しても十分に対策を練られます。

転職でムービンを利用するデメリット3点

転職でムービンを利用するデメリット3点

ムービンはコンサル業界の転職では大きな力になれるものの、利用するデメリットも理解しておいた方が良いでしょう。主に以下の3点です。

キャリアや実績の浅い人はドライな対応をされる

まずキャリアや実績の浅い人はドライな対応をされる点があります。人によってははっきりと紹介できない旨を伝えられ、冷たく感じてしまうことがあるほどです。

コンサル業界自体が、転職ではかなり難易度が高いとされているという理由があります。加えてコンサルタント側も人員や時間が限られている分、キャリアがある人を優先にしがちです。

ただ未経験でもコンサル業界に転職できた例もあります。ITや金融、営業などで豊富な経験やスキルがあれば、支援の可能性も出てくるでしょう。

対応が後回しにされるケースも多い

加えてキャリアなどが一定以上の人を優先する分、キャリア面などが不十分な人は後回しになることも良くあります。場合によっては連絡もなく放置されるケースもあるほどです。

もし利用登録しても音沙汰がない場合は、時間を浪費してしまう可能性もあります。転職活動は極力早めに終わらせる方が理想的でもあるため、別のサービスの検討も考えると良いでしょう。

コンサル・外資系企業・金融業界以外の求人は多くない

またコンサル業界や金融業界、外資系企業以外の求人が多くない点もデメリットです。ムービンはコンサル関係の求人に特化している分、求人の種類もあまり幅広くありません。

予めコンサル業界や金融業界を狙って転職したい人には使いやすいでしょう。もし他の業種・職種を目指したいのであれば、求人数の多いエージェントを利用するのがおすすめです。

地方のコンサル求人も少ない

さらにムービンで扱う求人で地方のものはあまり多くありません。紹介できるコンサルファームや金融関係の求人のほとんどが、首都圏や関西のもので占められているためです。

加えてムービンを利用する場合、対面で対応して貰えるのは東京のオフィスのみになっています。サポートの面でも首都圏在住者以外にはかなり使いづらいでしょう。

ムービンと一緒に利用すべき転職エージェント4社

ムービンと一緒に利用すべき転職エージェント4社

ムービンはコンサル関係の転職を目指す際、大変使い勝手が良いです。しかしコンサル業界も含めてより自分に適した職場を見つけるには、別のエージェントも利用するのがおすすめでしょう。

ムービンと一緒に使うべきサービスは、以下の4社です。

リクルートエージェント:キャリアなどに自信がなくても求人を探しやすい

全体の求人数が約30万件、非公開求人も10万件以上を誇る最大規模のサービスとして知られています。業種・職種も非常に幅広く、テクニカルライターなど珍しいものもあるほどです。

サポート面も手厚く、転職活動者の8割が利用するとされています。加えてアドバイザーの交渉力も高く、年収アップを実現した例も非常に多いです。

求人数随一のリクルートエージェントは評判が悪い?生の評判から検証

アクシスコンサルティング:ムービンとともにコンサル業界専門で有名

ムービンとともにコンサル業界専門の転職支援サービスとして知られています。大手ファームへの紹介実績も多く、全体の77%に及ぶ非公開求人でも優良案件が多いです。

加えてサポート期間も平均3年にも及ぶため、長期戦にも対応して貰えます。独自の企業動向を得られる点も合わせると、腰を据えてじっくりと対策しやすいでしょう。

キャリアカーバー:ハイクラス求人を目指す上で併用がおすすめ

リクルートが運営するハイクラス志望者向け転職サイトです。運営会社の信頼性や人脈の広さを背景に、多様な業種・職種の求人を扱っています。

ハイレベルな管理職層や年収1,000万円以上の求人も豊富であるため、キャリアアップを目指す上でおすすめです。幅広い業種で求人を探す上でも併用すると良いでしょう。

JACリクルートメント:キャリアカーバーとともにハイクラスを目指す上でおすすめ

ハイクラスや外資系転職で有名な転職支援サービスです。海外の有名企業の他、国内のグローバル展開している企業の求人もあります。

サポートも外資系企業の経験が豊富なコンサルタントが担当する分、実用的な選考対策ができるでしょう。海外法人への転職でも、現地の風土や文化を教えて貰える点も魅力と言えます。

ハイクラスや外資系の転職に強いJACリクルートメントの評判と口コミは?

ムービンの評判・口コミを紹介

ムービンの評判・口コミを紹介

ムービンについて知る際、実際に利用した人の声を参考にしたい人もいますよね。ムービンに関する評判や口コミをご紹介します。

ムービンの良い評判・口コミ3つ

まずポジティブな内容の口コミ・評判から見ていきましょう。最初は以下の口コミです。

Porcoさん
ムービンは支援も手厚くしっかり時間かけてサポートしてくれる(た)印象です。
初回面談までの繋ぎ役&面接アドバイスのみでフィー少なめに設定すれば、副業として片手間でやれそうな気がしてきました

(参考:「Twitter」)

支援に手厚さや丁寧さがあるようですね。じっくり時間を掛けてサポートして貰えると、転職活動でも焦りもなく不安を感じにくいでしょう。次は以下の口コミです。

まことGO!さん
コンコードさん、ムービンさんあたりがオススメです。
丁寧かつ幅広く案件を紹介してくれますよ。アラフォーの転職で苦労していますが、粘り強くフォローいただいております!

(参考:「Twitter」)

案件の紹介が丁寧で幅広いようですね。丁寧さがあるのは正確なマッチングを心掛けようとする表れでしょう。最後は以下の口コミです。

ろぜみちゃん@第二新卒で転職さん
コンサルでしたらコンサル特化のコンコード、ムービンあたりがおすすめです。
理由としてはケースの対策や過去問の対策にかなり実績があり、ESの書き方なども丁寧に教えてくれるためです。

(参考:「Twitter」)

コンサル業界独特の選考に対して、ケース面接や過去問の対策が充実しているのは助かりますよね。ムービンの大きな強みと言えるでしょう。

ムービンの悪い評判・口コミ3つ

今度はネガティブな内容の評判・口コミをご紹介します。最初は以下の内容です。

かみやんさん
サンプル数が少ないからあれだけど
転職エージェントのムービン(movin)の担当者はクソだった。
コンコード(Concord)の方が圧倒的に質が良いと感じたよ。

とりあえずムービンはサイトに大々的に釣り求人載せるのはやめような
その時点で圧倒的に信用度無くしてるから。

(参考:「Twitter」)

紹介される案件の中には、いわゆる釣り求人も含まれているようですね。紹介して貰っても、自分で吟味する必要があるようです。次は以下の内容になっています。

HISAYOさん
取り扱っている求人の質が非常に高いので、それなりの経歴やスキルを有する者でなければこちらのエージェントの紹介で転職を成功させるのは難しいと感じました。

(参考:「みんなの評判ランキング」)

求人の求めるレベルが高い分、一定以上のキャリアがない人には厳しいようですね。確かに経歴などに自信がない人にとっては敷居が高く感じられるでしょう。最後は以下の口コミです。

クリエイターさん
最近は電話だけで希望を把握し、案件を紹介してくれる紹介会社もある中で、こちらは直接対面で話をしたものの、私の経歴では希望に沿った形で進めていくのは難しいと思いますと言われてしまいました。そして結果的に希望の範囲外の紹介となりました。

(参考:「Jobmark」)

経歴によっては希望に合わない案件を紹介されてしまうようですね。案件があるとは言え、希望と外れると残念な気持ちになりますよね。

ムービンへの登録から内定までの流れ5ステップ

ムービンへの登録から内定までの流れ5ステップ

ムービンをうまく活用するには、内定までの流れを把握しておくことがおすすめです。

会員登録やプロフィールの作成

まず公式サイトにアクセスして、ページ右側の「無料転職支援・相談のお申し込み」ページにて会員登録します。登録の際には名前と連絡先、最終学歴、直近の職歴を入力する流れです。

任意の項目として英語力や要望などもあり、英語力はできるだけ入力すると良いでしょう。また履歴書や職務経歴書もWeb上で登録できるため、なるべく詳しく記入するのが望ましいです。

キャリアコンサルタントとの面談

送信した後コンサルタントから連絡が来て、初回面談の日程を決めることになります。当日は東京オフィスでの対面か、電話またはスカイプで面談です。

今までのコンサル業界での経験や実績などがあればしっかりアピールします。もし未経験の場合は、今までの業界での実績やスキルなどを伝えると良いでしょう。

合わせて今後の転職活動に対する不安や、サポート時の要望も一緒に伝えておくべきです。

求人紹介・応募・選考対策

面談後、コンサルタントからキャリアや経験に応じた求人を紹介して貰えます。気になる求人があれば質問などして前向きに検討するのがおすすめです。

一方で求人が紹介されなかったり、希望と外れた求人を紹介されたりした場合はコンサルタントに再度マッチングを依頼します。連絡がない場合は、運営側に直接伝えると良いでしょう。

応募する求人が決まったら、コンサルタントから選考の傾向や必要な対策などを聞き出します。求める人材像に応じて応募書類を編集する他、フェルミ推定などの過去問対策も必要です。

面接・内定

書類選考を経ると面接が行われます。コンサル業界ではケース面接も定番であるため、コンサルタントとともにみっちりと対策すると良いでしょう。

合わせて論理的な思考力をアピールする算段も立てておくべきです。やはり経験豊富なコンサルタントの力を借りれば、企業側が納得できるレベルになれるでしょう。

最終面接を通過すれば、内定の獲得です。

条件交渉・入社後コーチング

内定を得たら条件交渉に移ります。実際の入社日や年収についてコンサルタントが代行で交渉してくれるため、要望や不満な点などがあれば遠慮なく伝えるべきです。

入社した後も悩み事などがあれば、コンサルタントがいつでも対応してくれます。加えて一定の時期を見計らってステップアップのためのコーチングがあるのも大きな特徴です。

ムービンがおすすめの人3タイプ

ムービンがおすすめの人3タイプ

ムービンを利用する際は、同社にとっておすすめのタイプに当てはまるかを確認すると、より使いやすいでしょう。主に以下の3つのタイプがおすすめです。

コンサル業界で充分なキャリア・実績がある人

まずコンサル業界で十分なキャリアや実績がある人が挙げられます。ムービンでは、一定以上のキャリアなどがある人を優先的にサポートする傾向があるためです。

今までに業務経験を十分積み、スキルを磨いてきた人がさらに高いキャリアを目指す目的であれば、手厚いサポートが期待できます。外資系求人も多いため、語学力に自信があるとなお良いでしょう。

20代から40代の大手・外資系コンサルファーム勤務者

また20代から40代で大手・外資系コンサルファームに勤務する人もおすすめです。ファームの規模が大きい場合、十分にキャリアを積んでいるとみなされる分、支援も手厚くなります。

20代については、コンサル業界でも将来を期待される意味でポテンシャル採用求人を紹介されるケースも多いです。年収が想定より低い場合もあるものの、将来性を考えて検討すると良いでしょう。

現時点で年収が500万円以上の人

最後に現時点で年収500万円以上の人も利用する価値があります。ハイクラス求人が多い代わりに、条件に見合うだけの高いスキルや十分なキャリアが求められるためです。

加えて現時点での年収が低い場合、キャリアやスキルが不十分とみなされて十分なサポートを期待できないでしょう。具体的に300~400万円程度の年収では求人紹介も難しくなります。

まとめ

今回はコンサル業界の転職で名高いムービンについて見てきました。コンサル転職では実績もサポートの質も十分である分、キャリアアップを目指す業界人には利用しやすいです。

実際には業界未経験でも転職を実現している例もあるものの、前職までで十分なスキルやキャリアがあることを示すと良いでしょう。逆にキャリアが不十分な人には敷居が高めです。

ただコンサル業界や金融業界で上位を目指したい人や大手ファームで活躍したい人には、非常に力になって貰えるサービスと言えます。高いキャリアを目指す上でおすすめでしょう。

あわせて読みたい
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!
外資系企業への転職に強いエージェント14選!各業者の評判もご紹介!転職活動をする際、国内企業ではなく外資系企業を目指す人もいますよね。確かに外資系企業では成果が昇給などに反映されやすい上、実力を存分に活かせるイメージがあり...

最後になりますが、その他外資系サイト・エージェントに関しては上記の記事で纏めておりますので、是非確認してみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる