MENU

フォークリフト業界の雄・三菱ロジスネクストの転職を分析!

三菱ロジスネクストはフォークリフトでは国内外で高いシェアを持つメーカーです。加えてライフワークバランスの取りやすさや勤続年数の長さでも知られています。

同社に転職選考で入社して、フォークリフトなど様々な物流製品に携わりたい人もいますよね。同社の転職選考を突破するには、様々なポイントを知る必要があります。

今回はフォークリフト製造で有名な三菱ロジスネクストへの転職について見ていきます。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 三菱ロジスネクストでフォークリフトなど物流関係の製品に携わりたい人
  • 三菱ロジスネクストで世界を舞台に活躍したい人
  • 三菱ロジスネクストという会社や転職対策について知りたい人
目次

フォークリフト業界大手の三菱ロジスネクストとは

三菱ロジスネクストは、物流倉庫などで活躍するフォークリフトで有名です。平均年収は647万円と安定しており、ワークライフバランスの取りやすくなっています。

三菱ロジスネクストの基本情報を紹介

最初に三菱ロジスネクストの基本情報を見ていきましょう。資本金や売上高、平均年齢などを見ていくと、以下の通りです。

会社名 三菱ロジスネクスト株式会社
代表者 久保隆(代表取締役社長)
設立年月日 1937年8月4日
本社所在地 京都府長岡京市
資本金 48億9,000万円
売上高(2020年3月時点) 4,483億8,100万円(連結)
従業員数(2020年3月時点) 11,491名(連結)・1,923名(単独)
社員の平均年齢 41.8歳

元々の創業は1937年と古く、国内最初のバッテリーフォークリフトを製造した経歴もあります。売上高はグループ全体で約4,500億円、従業員数も1万名以上と規模が大きいです。

社員の平均年齢も41.8歳と若干低い方であるため、転職時の年齢を気にせずに入社を目指せるでしょう。社員の平均勤続年数も16.5年と長いため、長期的に勤続しやすいです。

2017年にニチユ三菱フォークリフトとユニキャリアの統合で誕生

三菱ロジスネクストは2017年にニチユ三菱フォークリフトとユニキャリアの統合で誕生しました。統合には両者の強みを活かしつつ、業界内で上位のシェアを狙う背景があります。

ちなみに両社とも、各々フォークリフトで伝統の長い2社が合併した企業です。つまり三菱ロジスネクストには4社分の伝統と技術力が詰まっています。

ニチユ三菱フォークリフトは各種サイズのフォークリフトや物流システムに、ユニキャリアはフォークリフト以外に港湾の荷役機器に強みを持っていました。

両社の統合でフォークリフトでトップシェアを狙える立場になった上、フォークリフト以外の事業でも競争力を備えています。同社の今後からは目が離せません。

フォークリフトでは国内・世界で高いシェアを誇るメーカー

三菱ロジスネクストは統合の結果、国内・世界で高いシェアを誇るメーカーになりました。国内では豊田自動織機に次いで2位、世界でも3位と順位が高いです。

トップシェアとはいかなくても、国内・世界の様々な物流倉庫や港湾設備などで活躍する製品に携われます。世界各地の物流を支えられる点でやり甲斐を感じやすいでしょう。

なお同社はバッテリー・エンジンいずれのフォークリフトも強みです。サイズの面でも小型から超大型のものまで携わっているため、フォークリフト製造のスキルも身に付けられます。

企業規模や売上高などの面から将来性は安泰と言える

三菱ロジスネクストへの転職を考える際、将来性について気になりますよね。同社は企業規模や売上高などの面から将来性は安泰と言えるでしょう。

上記のように同社はグループ全体で約1.2万名の従業員数、約4,500億円の売上高を誇っています。加えてフォークリフト業界でのトップシェアも世界規模で勝負できるレベルです。

加えて同社は中国やアメリカを中心に海外展開も積極的に行っています。かつ海外市場が開拓の余地に恵まれていることからも同社には将来性があると言えるでしょう。

社員の平均年収は647万円で福利厚生も大企業レベル

三菱ロジスネクストでいくらくらいの年収が貰えるのか興味がある人もいますよね。2020年3月時点での平均年収は647万円です。

近年では下降気味ではあるものの、600万円台を維持しています。そして上場企業の平均630万円を上回っているため、上場企業の水準以上に年収が貰える形です。

ボーナスは業績によって変動するものの最低でも4ヶ月分は支給されます。年によって5~6ヶ月分支給される場合もあるため、手厚めと言えるでしょう。

福利厚生の内容も大手企業レベルと言えるほどの充実ぶりです。詳細は以下の通りになっています。

  • 各種社会保険
  • 退職金
  • 確定拠出年金制度
  • 持株会制度
  • 財形貯蓄
  • 共済会
  • 自己啓発助成
  • 独身寮・社宅
  • クラブハウス
  • 各種手当:家族手当・通勤交通費・時間外手当など

持株会制度や財形貯蓄、自己啓発助成など財産形成やスキルアップ関係の内容も含まれるため、長期的に自身の生活を充実させられるでしょう。

育休取得率100%などワークライフバランスは取りやすい

三菱ロジスネクストに入社した後、プライベートを重視したい人もいますよね。同社はワークライフバランスの取りやすさも魅力に数えられます。

残業時間は月平均19.1時間で、1日当たりで考えても1時間以内に収まるほどの短さです。定時退社しやすいとも言えるため、終業後にプライベートに没頭できるでしょう。

有給休暇については平均で13.1日の取得実績があります。月1日以上となる分、毎月1日は取得できる計算です。

他にも女性社員の育児休暇取得率が100%となっています。子育てが落ち着いてからも働きやすい点で女性にとっても働きやすいです。

社員によってはワークライフバランスが取りづらいという声も

ただ社員によってはワークライフバランスが取りづらいという声もあります。現場に近い部署や業務量が多い社員の場合は、休日出勤や長めの残業があるでしょう。

特に休日出勤については、客先対応の関係でやむなく土日でも出勤するというケースも多いです。勤務外でも職場から電話がかかってくるケースもあります。

上記のような場合もあるため、三菱ロジスネクストでは配属部署や担当業務によってワークライフバランスが取りづらいこともあります。

堅実さと車好きに向いている点が特徴的な社風

最後に三菱ロジスネクストの社風は、基本的に堅実さが目立つ点が特徴です。保守的な面はあるものの、全体的に穏やかで従業員を大切にする気風があります。

同時にフォークリフトをはじめとする多様な製品に携われる分、車が好きな人に向いている点も魅力的です。技術力の高さや職人気質な人の多さから、良い刺激を得られるでしょう。

ただ一方で同社自体が統合を経て誕生したため、出身メーカーによって雰囲気が異なる場合もあります。社員の様々なタイプを受け入れる度量も求められるでしょう。

三菱ロジスネクストへの転職を考える際に知っておきたいポイント4つ

三菱ロジスネクストでフォークリフトなど様々な物流機器に関わってみたいと考える人もいますよね。同社に転職するつもりであれば、以下の4点を知っておくと良いでしょう。

三菱ロジスネクストの転職難易度は高い

最初に三菱ロジスネクストは転職難易度が高いです。三菱グループ傘下である点や歴史の長い点、平均勤続年数が長い点などが転職難易度を押し上げています。

加えて中途採用求人の枠が、新卒採用に比べて狭くなっている点も押さえておくべきです。同社は堅実で保守的な社風である分、新卒採用を重視していることが理由になります。同社の中途採用では

転職選考では応募者が多く、競争率も高くなりがちです。転職エージェントも活用して、少しでも内定の可能性を広げておくと良いでしょう。

中途採用求人では総合職と技術職が良く見られる傾向

次に同社の中途採用では、総合職や技術職の求人が多い傾向にあります。実際に公式サイトや転職エージェントを見ても、総合職や技術系職種の求人が目立っている状態です。

ただ事務職の求人も探せば見つかります。公式サイトで見かけなくても、転職エージェントの非公開求人を探せば見つかる可能性も十分にあるでしょう。

なお大手の転職エージェントでは非公開求人が多い傾向にあります。1つの業者だけではなく複数に登録すれば、自分の希望条件に合った求人が見つかる可能性も高まります。

職種によっては高卒OKの求人もある

加えて三菱ロジスネクストの中途採用求人は、職種によって高卒OKの求人がある点も特徴です。物流システムの工事責任者や整備エンジニアなど、技術関係の職種で見られます。

学歴が低いことを理由に応募に躊躇せずに済むため、スキルや業務経験などに自信があれば挑戦しやすいです。大卒以上でなくても内定へのチャンスがあると言えるでしょう。

なお求人によって未経験でも応募できるものもあります。業務経験で自信がない人でも、熱意やスキルに自信があれば応募するのもおすすめです。

選考フローは書類選考と面接・適性検査

最後に同社の選考フローも見ておきましょう。転職選考の流れは、書類選考と面接・適性検査になっています。

応募者が多い分、書類選考は不合格になるケースがあることも理解してから臨むべきでしょう。十分な企業研究などを踏まえて、志望動機などを記入することがポイントとなります。

書類選考を突破すれば、面接と適性検査です。面接の回数は応募職種により異なるものの、最低でも2回行われます。ただ最初は人事担当と部署リーダーが、最後は役員が面接官です。

一方適性検査はSPIなどの形式で行われます。転職エージェントで試験内容の傾向を把握して対策すると良いでしょう。

三菱ロジスネクストへの転職選考を乗り越える際に意識したい5点

実際に三菱ロジスネクストの転職選考を受ける際、内定を貰える転職対策について知っておきたいですよね。入社に繋げるには、以下の5点がポイントです。

中期経営計画「Logisnext SolutionS 2023」で自己分析や企業研究を行う

同社の転職選考に臨むには、まず中期経営計画「Logisnext SolutionS 2023」を活用した自己分析や企業研究が欠かせません。

同計画は企業耐力の強化・成長戦略の推進・ブランド力の向上の3つが骨子です。そして具体的な戦略課題として、既存事業の強化や事業領域の拡大、商品開発などが挙げられています。

前計画「Perfect Integration 2020」の総括を経て立案されているため、反省点も熟読するべきです。熟読後、同計画の達成に向けて自分ができることを軸にした対策が重要になります。

豊田自動織機やコマツなど競合他社の研究も忘れない

豊田自動織機やコマツなど競合他社の研究も重要です。特に豊田自動織機はフォークリフトでトップシェアを誇るため、念入りに研究した方が良いでしょう。

競合他社の研究を同時並行で行うべき理由は、三菱ロジスネクストを選ぶ理由をより明確にするためです。同社の面接でも「うちを選んだ理由は?」は必ず質問されます。

質問に的確に答えるには、三菱ロジスネクスト独自の強みや魅力を把握し、自身の思いや業務経験などと照らし合わせることがコツです。同社の独自性は他社研究で浮き彫りにできます。

特に同社でなければできないことや是非同社でしたいことを盛り込むと、回答に説得力を持たせられるでしょう。

豊田自動織機への転職を解説!中途採用への難易度や年収も紹介

適性試験対策としてSPIや玉手箱などの問題を解く

面接と同時に行われる適性試験に対しても対策が必要です。転職エージェントで近年の傾向を把握した上で、SPIや玉手箱などの問題集を解くと良いでしょう。

ただ制限時間との勝負である以上、試験の本番前に手早く解けるようになるべきです。問題集で対策する際に、時間を測りながら解いていくのがおすすめでしょう。

面接では志望動機や成功・失敗体験など一般的な質問が中心

転職選考の際、面接で聞かれる質問の傾向は是非把握したいですよね。三菱ロジスネクストの場合は、志望動機や成功・失敗体験などの一般的な質問が中心です。

転職時の面接ではごく定番の質問ばかりが聞かれるため、事前に多く練習をこなすと良いでしょう。多く練習していれば、本番でも落ち着いて聞かれたことに答えられます。

可能であれば転職エージェントのアドバイザーに、同社の傾向に合わせた質問をして貰うのがおすすめです。予め同社らしい質問に慣れていれば、より緊張せずに本番に臨めます。

業務経験・海外勤務・英語力については深く問われる

同社の面接では業務経験や海外勤務、英語力が深く問われる点です。入社後の即戦力になれるかや海外で使えるかという点は、採用側にとって興味深い点になっています。

特に海外勤務への意思や英語力は、同社にとってグローバル展開が重要である分、力説できるようになるべきでしょう。少なくとも海外勤務への意思は前向きな姿勢を示せるようになるべきです。

加えて英語力については使用経験も一緒に問われます。使用する機会がない場合でも、事前にTOEICで高いスコアを出しておくと良いでしょう。

転職先としての三菱ロジスネクストにまつわる口コミ・評判を紹介!

フォークリフト大手の三菱ロジスネクストへの転職を考える際、是非現役社員の声も参考にしてみたいですよね。同社の社員が残している様々な口コミ・評判を見ていきましょう。

給料や福利厚生などの待遇にまつわる口コミ・評判

最初に給料など待遇にまつわる口コミ・評判をご紹介します。

基本給の割合が大きい。各種手当はそれほど高待遇とは言えない。(Openworkより)

点数によって評価される。
有給で休みを取りやすい。
残業時間は部署により異なるが20時間以内がほとんどであった。
労働組合はしっかり活動しており、常に情報展開している。(転職会議より)

基本的には、家族手当て、交通費全額支給等はあります。健康保険料が、通常の企業よりも、やや安くなります。提携している施設、テーマパーク、映画等の割り引きを申し込む事が出来ます。(転職会議より)

給料面では基本給が高く、各種手当についても一通り整備されているようですね。福利厚生面も内容が充実している上、健康保険料が他企業よりも安い点は魅力的でしょう。

ワークライフバランスに対する口コミ・評判

次にワークライフバランス関係の口コミ・評判も見ていきます。

毎日自宅に帰ることができ、年間休日も充実しているため、仕事と家庭を両立させることができる。サービスでは自分が受け持つエリアの仕事が終わらない限り残業となることもある。(Openworkより)

サービス残業や残業、休日出勤等がほとんどありませんので、ライフワークは良いと思います。部署等にもよると思います。残業代もきちんと支払われます。(転職会議より)

部署などによる差はあるものの、基本的にサービス残業や休日出勤がないようですね。年間休日の充実ぶりや残業代全額支給もあるため、残業があっても安心できるでしょう。

やり甲斐や成長に対する口コミ・評判

さらにやり甲斐や成長に対する口コミ・評判もご紹介します。

部署にもよるが、海外のグループ会社とのやり取りは結構ある。特に米国・欧州のグループ会社の存在感は大きく、彼らとのやり取りは基本英語になるので、英語力のある人は重宝され、活躍の場は広いと思う。(Openworkより)

フォークリフトが主力であるが、それ以外の物流機器を全て扱っており、商社のような仕事内容。何でも屋という感じで、仕事量が異常に多い。知識も幅広く持っていないといけない。(Openworkより)

通信教育などの補助あり。ただし、補助はしてくれるが、スキルが身につくかは当然自分次第なので、仕事で疲れたその後に自主的に取り組まなければいけない。(転職会議より)

フォークリフトなど多様な物流機器に携われる点や英語を使う機会が多い点などで、色々と経験を磨けそうですね。通信教育も自主性が求められるものの、補助して貰える点も大きいです。

女性の働きやすさに対する口コミ・評判

三菱ロジスネクストを目指す女性にとって、同社が働きやすい環境であるかは気になるところですよね。女性の働きやすさに対する口コミ・評判も見ていきましょう。

女性社員は多いほうだと思います。派遣社員の女性も多かったですが、正社員の女性もそれなりにいました。特に女性だからといって特別な配慮をされている様子はありませんでしたが、長く働き続けている人(正社員も派遣社員も)が多かったので、それなりに働きやすい会社なのではないかと思います。(Openworkより)

育休は非常にとりやすい環境です。女性の割合は管理系に関しては4割ほどで理解がある人たちばかりです。基本的に男性よりも女性の方が定時で帰れるのではないでしょうか。とはいえ、部署によっては残業が多いので、覚悟が必要です。(転職会議より)

社内は女性社員が多い上に、比較的長く働きやすいようですね。育児休暇が取りやすい点や部署により定時退社できる点も、女性社員が定着しやすい背景と言えます。

会社の体質に対する口コミ・評判

最後に会社の体質に対する口コミ・評判もご紹介しましょう。

組織は縦割り、管理部門と技術部門の連携不足が目に付く。2017年にユニキャリアと経営統合したが、異なる組織文化の人がある日突然一緒に仕事をすることになったため、軋轢が絶えなかった。最近は少しずつよくなっている。(Openworkより)

全体的に穏やか。途中入社の方も多く、途中入社のハンディは無い。
どの会社でもそうだがメーカー特有の奇人、変人は在籍している。
ただそれなりに優秀ではあるので、うまく付き合えば有効利用できる。(Openworkより)

大企業特有の縦割り組織の風潮が見られるようですね。ただ社員は穏やかな人が多いため、落ち着いて仕事する上では安心できるでしょう。

三菱ロジスネクストに本気で転職したいのであれば転職エージェントの活用がおすすめ!

三菱ロジスネクストの特徴や評判などを見て、本格的に同社への転職を目指したいと思う人もいますよね。同社に本気で転職したいのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントでは同社の転職選考に関する情報も集められているため、面接なども本番で役立つように対策できます。求人も非公開を含めて多く保有されている点も魅力です。

数ある転職エージェントの中でもリクルートエージェントは活用の価値があります。業界最大級の求人数を誇る上、転職業界で高い信頼性を誇っている業者です。

まとめ

今回は国内外でフォークリフトなどを供給している三菱ロジスネクストへの転職について見てきました。同社は年収や福利厚生で安定している上、ワークライフバランスも取りやすいです。

歴史があって安定している上、中途採用枠が狭い分、同社の転職難易度は高くなっています。中期経営計画を軸にした自己分析と企業研究、他社研究などで十分な対策が必要です。

同社の選考に臨む際は、転職エージェントを活用すると良いでしょう。求人数や同社への傾向をもとにした対策の面でも、内定に大きく近づけます。

三菱ロジスネクストはフォークリフトなどの様々な製品に高い技術力で携われるメーカーです。興味が湧いているのであれば、是非応募してはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる