マツダの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

マツダの平均年収は664万円です。

マツダに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、マツダの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

マツダの平均年収は664万円

マツダの平均年収は664万円です。大手メーカーには及ばないまでも国内企業では高く、スズキなどの中堅メーカーと同水準になっています。昇給も年功序列であるため、勤続年数に比例する仕組みです。

スズキと近い水準でトヨタなど大手よりは低い

まずマツダの年収はスズキと近い水準になっています。スズキも平均年収は691万円であるためです。同時に664万円という平均年収は、800万円台にもなるトヨタなど大手に比べれば見劣りします。

ただ国内の平均給与所得が436万円となっていることを考えれば、マツダの年収は平均年収の約1.5倍と悪くない数字です。国内の会社員にしては高めの年収を貰えていると言って良いでしょう。

基本的に年功序列で年収が決まる

マツダの年収は基本的に年功序列で決まってきます。入社当初は一般的な大卒社員と変わらない給料になっているものの、20代後半に一気に伸びてからピークに達する50代まで緩やかに伸びる仕組みです。

平均勤続年数も16.4年と一般的な目安の15年を上回る長さであるため、働きやすい職場と言えます。そして年功序列の仕組みでは勤続年数が長いほど給料が高くなるため、マツダでは高年収を得やすいでしょう。

中途採用求人の年収は400~800万円を想定

2021年2月現在、マツダでは様々な中途採用の求人が募集されています。求人職種は多岐に及ぶものの、いずれの求人でも月給20万円以上、年収にして400~800万円が提示金額です。

勿論上記年収は目安で、実際に貰える年収は応募者の経験・スキルや勤務年数に応じて決まります。選考の際に経験などをアピールした上で、内定時にしっかり交渉すれば高年収でスタートできるでしょう。

なお年収交渉がうまくできる自信がない場合は、転職エージェントのアドバイザーに相談するのがおすすめです。アドバイザーが代わりに有利な条件で交渉してくれます。

期間工の基本年収は190~250万円程度

マツダに転職する際、期間工からスタートしようと考える人もいますよね。期間工の基本年収は平均190~250万円程度です。

期間工の年収は契約期間に応じて増えていきます。6ヶ月までであれば日給約8,000円、2年以上であれば日給約1万300円です。なお基本的な給料の他に、食事補助手当や皆勤手当なども支給されます。
契約期間中に良好な勤務態度で働いていれば、正社員登用の可能性が出てくる点もメリットです。

マツダの平均年収が高い理由3つ

マツダの年収は業界内では低いとはいえ、国内企業では高いと言えます。マツダの平均年収が高い理由が以下の3点です。

毎年3.5兆円前後の売上高を維持している

マツダの平均年収を高くしている理由に、まず好調な売上高があります。具体的には毎年3.5兆円前後の売上を維持している上、近年も北米や中国など海外での販売状況が良いです。

年によって前年を下回るケースもあるものの、長期的な視点で考えれば売上高は堅調と言えます。安定した売上高に支えられているからこそ、年収も毎年のように高めの数字です。

ボーナスが5ヶ月分以上と高いため

またマツダではボーナスが基本給の5ヶ月分以上と手厚い点も大きいと言えます。過去に業績が悪化した際は3ヶ月分まで減ったことがあることに比べると、近年は非常にボーナスの面で好調です。

具体的には2018年で5.4ヶ月分、2019年で5.2ヶ月分となっており、上記の売上高が堅調な状態に支えられていることが主要因になっています。ボーナスも年収に含まれる分、社員の平均年収も高めです。

広島の物価の安さも影響

さらにマツダは創業以来、広島に本社などの主要機能を設置してきたことも年収の高さに関係しています。広島県は首都圏などの大都市圏に比べると非常に物価が安い分、生活で余裕が出てきやすいです。

生活に余裕が出やすい分、大都市部に本社などを置くメーカーに比べると比較的充実した状態で暮らせます。生活に不安がなく働きやすくなるため、さらに売上高や年収の上昇に繋がるでしょう。

マツダの年齢や役職・学歴別の平均年収

マツダの平均年収は664万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。マツダへの入社を目指す際、年齢や役職に応じた年収が気になりますよね。

マツダは年功序列である分、年齢や役職、学歴などの高さに比例して年収も高くなる点が特徴です。

マツダの年齢毎の年収推移

最初に年齢毎の平均年収を見ていきます。20代前半から60代前半まで5歳ごとに見ていくと、以下の通りです。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 339 22
25~29 520 34
30~34 580 39
35~39 620 42
40~44 670 45
45~49 747 47
50~54 803 50
55~59 774 48
60~64 498 34

 

まず20代後半で500万円台に達する点が特徴と言えます。20代のうちに500万円台になる企業は中々ありません。若いうちから比較的高い年収を得ようとする場合、マツダは是非おすすめの企業でしょう。

以降は30代後半で600万円台になるなど緩やかに上昇し続けます。月収面でも40万円台になる時期も長いため、毎月安定した収入になるでしょう。

40代後半から50代にかけてピークに達する

マツダの平均年収は40代後半から50代にかけてピークに達します。年収で700~800万円台と、トヨタなど大手メーカーの平均年収に達する計算です。

もちろん役職に就いていれば、さらに高い年収を得られます。役職毎の年収については、次の項目でご紹介しましょう。

マツダの役職毎の年収推移

役職毎の年収についても見ていきます。表に示せば以下の通りです。

主任 600~800万円
係長 650~850万円
課長 900~1,050万円
部長 1,100~1,300万円

役職者の年収についてより詳しく見ていくと、以下のような傾向が見られます。

課長・部長など管理職で年収1,000万円貰えるように

管理職でも主任や係長の場合は、600~800万円台と中堅メーカーの標準的な水準です。ただ年功序列である分、30代や40代で主任や係長になれるため、役職者ではない同年代に比べれば安定します。

課長や部長に昇進すれば年収1,000万円を超えることも夢ではありません。平均年収664万円を遥かに超える金額であるため、マツダの社員ではかなり出世していると言える立場です。

社長など役員の報酬も紹介

マツダの経営状態から将来性を測るために、社長など役員の報酬を知っておきたいという人もいますよね。社長以下役員の報酬は以下の通りです。

代表取締役社長(丸本明氏) 1億600万円
取締役 約5,500万円
社外取締役 約1,200万円
監査役 約2,900万円

代表取締役社長の丸本明氏が1億600万円で他の取締役が5,500万円と、企業規模にしては標準的な金額と言えます。

学歴による年収の差

さらに学歴別に50代時点の年収もご紹介しましょう。院卒も含めると、以下の通りです。

院卒(博士) 1,196万円
院卒(修士) 1,012万円
大卒 920万円
短大卒 787万円
高卒 669万円

研究成果や専門知識の面で期待の高い院卒が比較的高く、大卒でも1,000万円近い年収になっています。一方短大卒は800万円近く、高卒は600万円台後半と大卒以上に比べれば際立って低いです。

院卒・大卒は将来的に伸びやすい

なお院卒・大卒は将来的に年収が伸びやすくなっています。初任給も博士課程修了者で約26.5万円、修士課程修了者で23.2万円、大卒で21万円です。

加えて院卒・大卒は総合職に就くケースが多い分、将来は管理職として活躍するケースも多くなります。管理職は役職手当や残業代が付くため、年収も途中から伸びやすいです。

マツダの職種毎の年収

職種毎の年収もご紹介しましょう。総合職も含めて見ていくと以下の通りです。

総合職 850~1,050万円
営業職 450~600万円
マーケティング職 500~1,000万円
事務職 400~650万円
開発職 550~800万円
生産技術・製造職 550~750万円
設計職 500~700万円
より詳しく見ていくと、以下のような傾向になっています。

職種別の差は基本見られない

まず総合職を除けば、基本的に職種別の差は見られません。ほとんどの職種が400~800万円の範囲内になっています。

ただしマーケティング職は500~1,000万円と高めです。専門性の高さや経営戦略に直結する分、他の職種より稼げる職種と言えるでしょう。

総合職は幹部候補である分年収が伸びやすい

総合職も多くの職種に比べて軒並み高いです。将来的にマツダの幹部候補として期待されていたり、管理職になる人が多かったりするために高く設定されています。

最低でも850万円と、大手メーカーの平均並みの年収が貰える点が魅力です。実力などに自信を持っているのであれば、総合職を目指すのも悪くないでしょう。

マツダの男女別年収

最後に男女別の年収についても見ていきます。詳しくは以下の表に示す通りです。

男性(万円) 女性(万円)
20~24 339 339
25~29 559 473
30~34 560 500
35~39 579 517
40~44 624 576
45~49 712 659
50~54 784 727
55~59 776 720
60~64 503 465

男女社員の年収差は60~80万円程度で、自動車メーカーの中では標準的と言えます。女性社員も40代で600万円台、50代で700万円台になるため、勤続年数が長くなれば高い年収を得やすいです。

なおマツダは子育てと両立しやすい職場としても知られています。産前・産後休暇など結婚や出産を機に退職しなくても仕事できる環境のため、女性社員からの評判も高いです。

マツダの就職難易度(偏差値)は60

マツダの就職難易度(偏差値)は60となっています。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職偏差値 企業名
75 トヨタ自動車, デンソー, 豊田中央研究所
70 本田技研工業, ブリヂストン, 豊田自動織機
65 日産自動車, アイシン精機
60 SUBARU, いすゞ自動車, マツダ, スズキ, トヨタ車体, トヨタ紡織, ヤマハ発動機, 横浜ゴム
55 三菱自動車, 日野自動車, 豊田合成, ダイハツ工業, NOK, ボッシュ, フタバ産業, 住友理工, テイ・エス・テック, 日産車体, ジーテクト, エイチワン, 愛三工業, 新明和工業, 八千代工業, 曙ブレーキ工業, 日本特殊陶業, TOYO TIRE
50 大豊工業, マレリ, ユニプレス, タチエス, ヨロズ, 東亜工業, KYB, 武蔵精密工業, 日本プラスト, 日立Astemo, 三菱ロジスネクスト, 河西工業, トピー工業, 極東開発工業, 日信工業, 岐阜車体, 日本精機, ハイレックスコーポレーション, エフテック, プレス工業, エフ・シー・シー, ユタカ技研, 太平洋工業, バンドー化学, エクセディ, ジャムコ, タカタ, チエス, 日本プラスト, IJT, 三櫻工業, シロキ工業, 今仙電機製作所, 日本車輌製造, 富士機工, 極東開発工業, 西川ゴム工業, 大同メタル工業, 鬼怒川ゴム工業, フコク, モリタHD, 村上開明堂, 自動車部品工業, ダイハツディーゼル, ニチリン, 東京ラヂエーター製造, 日本電産トーソク
45 深井製作所, 千代田工業, 丸順, ティラド, ミクニ, ニッタ, オカモト, ファルテック, GMB, 三ツ星ベルト, サノヤス, アイメタルテクノロジー, TBK, 日鍛バルブ, ティラド, ミクニ, オカモト, ファルテック, 田中精密工業, ユニバンス, 安永, 佐世保重工業

就職難易度(偏差値)は大学の偏差値とは異なるもので、入社難易度の目安としたものとなっています。

そのため、あくもでも参考値として捉えておきましょう。

マツダに転職する時の3つの注意点

年収が国内企業でも高めな点やボーナスが手厚い点などから、マツダに転職したいと考える人もいますよね。もしマツダの転職を目指すのであれば、選考の際に以下の3点に注意が必要です。

社風・自社製品への共感やチャレンジ精神が求められる

まず社風・自社製品への共感やチャレンジ精神が求められます。マツダの選考では何よりも社風に合う人材を重視する傾向があるためです。以下の「求める人物像」に合わせて対策することが基本になります。

  • 現状に満足することなく、自らありたい姿・夢を描き、 実現に向けてひたむきに粘り強くチャレンジし続けられる人。
  • その想いを仲間と分かち合い、本音で語り合いながら力を合わせていける人。

上記の人物像では協調性とチャレンジ精神、継続性が重要なカギです。過去に以上の点に関する業務経験をエピソードとしつつアピールすると良いでしょう。

加えてマツダ製品への愛着度も求められます。マツダ製品で好きなものについて聞かれる質問もあるため、企業研究とともに理解を深めておくべきです。

職種によって応募条件が細かいケースがある

転職選考では職種によって細かい応募条件が設定されている場合もあります。例えば技術系職種であれば理工系大学卒の学歴、デザイナーであれば特定のデザインツールを用いた業務経験などです。

細かい応募条件がある職種の場合、よく読まないと応募資格に合っていないというケースに遭うこともあります。応募前にしっかり募集要項を読み、分からないことがあれば採用担当に質問するべきです。

デザイナー系は実技試験の対策も必要

さらに募集職種の中でもデザイナー系職種は、書類選考や面接の他に実技試験の対策も必要になります。具体的な内容としては、テーマに沿った作品制作やプレゼンです。

与えられるテーマは年毎に異なるため、近年の出題傾向を転職エージェントなどで確認すると良いでしょう。職種によっても課題テーマが異なるため、企業研究を綿密に行いつつ準備するべきです。

後悔しないマツダへの転職成功法とは?難易度・評判・年収も紹介

本気で転職したい人は大手エージェントを使うのがおすすめ

本気で転職したい人は大手サイト・エージェントを使うのがおすすめ

ここまで評判や口コミについて解説してきましたが、本気で転職したいと感じている人は大手転職エージェントの利用がおすすめです。

履歴書や職務経歴書の添削から面接までの日程調整・年収交渉までサポートしてくれるので、転職にかける工数を限りなく少なくすることができます。

転職エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントが最もおすすめです。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 転職支援実績No.1
  2. 10万件以上の求人数
  3. 豊富なセミナー・イベントの開催

転職活動で「良い会社と出会いたい」「できるだけ待遇の良い会社を見つけたい」と感じている方は、リクルートエージェントを使うことで漏れなく探すことができますよ。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

まとめ

今回はマツダの年収について見てきました。マツダの平均年収は664万円で、業界内では高くないものの、国内企業では高い方です。年功序列である点やボーナスが手厚いなどの魅力もあります。

加えて総合職社員や管理職であれば年収1,000万円も可能です。もしスキルや経験などに自信がある場合は、総合職で入社して管理職を目指してみると良いでしょう。

マツダは独自の技術力を誇るメーカーでもあるため、とことんハイレベルな車を作りながら高年収を狙うにはうってつけと言えます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる