マレリ(旧カルソニックカンセイ)の転職を解説!評判や将来性も紹介

マレリは世界有数の規模を誇る自動車部品メーカーで、様々な部分の部品を国内外のメーカーに供給しています。

世界有数の規模を誇る分、安定性があるということで同社に転職したいと考える人もいますよね。また同社への転職対策が気になるという人もいるでしょう。

今回はマレリへの転職について、評判や将来性にも触れながらご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • マレリで様々な車種の部品を作りたい人
  • マレリに入社して海外各地で働きたい人
  • マレリについて知りたい人
目次

世界的な自動車部品メーカー・マレリとは

様々な自動車部品を開発・製造し、世界的にも知られているメーカーがマレリです。マレリに入社して世界を舞台に色々な部品を作って活躍したい人もいますよね。

マレリは海外駐在のチャンスが多い上、ワークライフバランスが取りやすい企業と言えます。ただ合併してから間もない分、今後の取り組みが将来性を左右すると言えるでしょう。

マレリの基本情報(最近合併してできたことに言及)

最初にマレリの基本情報についてご紹介します。会社名や売上高などは以下の表に示す通りです。

会社名 マレリ株式会社
代表者 ベダ・ボルゼニウス(代表取締役社長)
設立年月日 1938年8月
本社所在地 埼玉県さいたま市北区
資本金 16億円
売上高(2018年3月時点) 9,986億円(連結)・3,523億円(単体)
従業員数(2018年3月時点) 22,678名(連結)

マレリは1938年に設立された日本ラヂエーター製造株式会社が起源となっています。2000~2017年は「カルソニックカンセイ」として活動していました。

元々日産自動車系列だったものの、2017年にアメリカのCKホールディングズ傘下になります。さらに2019年にイタリアのマニエッティ・マレリと合併して現在の会社になりました。

合併を繰り返した結果、現在では世界第7位の規模を持つ自動車部品メーカーです。売上高の面でも連結で約1兆円、従業員数も2万人以上を誇ります。

空調や排気系の製品など多様な自動車部品を手掛ける

マレリの手掛けている自動車部品は非常に多様です。内装部品や排気系部品、コンプレッサなどを主に製造しています。また自動運転や電動化などの新技術の投資にも積極的です。

同社の部品供給先も国内外の主な完成車メーカー18社に及んでいます。アウディやBMGなど世界的に知られたメーカーも含まれるため、車が大好きな人には目指し甲斐があるでしょう。

グローバル展開に積極的で駐在のチャンスも豊富

マレリはグローバル展開の面でも非常に積極的です。2019年に現在のマレリが誕生した時点で、アジアや欧米地域を中心に170もの海外拠点があります。

海外拠点が非常に多い分、日本人社員でも海外出張のチャンスが非常に多いです。面接でも海外勤務への意向を問われるため、しっかり心の準備をすると良いでしょう。

加えて語学力についても社内の様々な場で必要となります。社内でも当たり前のように使用されていたり、多くの外国人社員とやり取りしたりするため、語学力は鍛えておくべきでしょう。

平均年収は597万円で福利厚生も一通り揃っている

マレリで世界を舞台に活躍したい一方、同社でいくらくらいの年収が貰えるのかについてはやはり気にせずにいられないでしょう。マレリの平均年収は597万円と、世界的部品メーカーにしては控え目です。

大手完成車メーカーに比べても見劣りはするものの、国内の給与所得平均である436万円の約1.4倍となっています。国内企業としては大きな額を貰えると考えて良いでしょう。

加えて中途採用求人でも管理職募集のものは、想定年収が1,000万円を超えるものもあります。平均年収は低く見えても、求人によって高年収を期待できるものも見つかるでしょう。

ボーナスについては2019年度実績で基本給の5.3ヶ月分を記録するほど手厚いです。上記の平均年収では月額が約38万円であるため、ボーナス支給額は190万円程度となります。

福利厚生については大手企業としては標準的な内容です。詳しくは以下のようなものになっています。

  • 家賃補助
  • 財形貯蓄
  • 保養所
  • 各種社会保険
  • 語学研修
  • メンター制度
  • 異文化教育
  • キャリア開発プログラム
  • 各種手当:時間外手当・家族手当・住宅補助手当・通勤手当 など

家賃補助制度や財形貯蓄制度など大企業でも良く見られるような内容です。教育制度や各種手当も一定程度に充実している点も特徴となっています。

基本的に残業時間は短めでワークライフバランスを取りやすい

転職の際にワークライフバランスの取りやすさを企業選びの基準にする人もいますよね。マレリの場合はワークライフバランスが取りやすいと言えます。

残業時間は全社で月平均20~30時間程度です。1日平均で1~1.5時間程度であるため、業務量が多くなければ定時退社も可能でしょう。なお極端に遅い時刻の残業は出来ない仕組みです。

有給休暇も基本的に取得しやすい環境になっている上、長期休暇も多めになっています。心身を思い切りリフレッシュできる機会が多い分、仕事へのモチベーションも上げられるでしょう。

技術系職種は残業が多くなる場合もある

マレリは基本的にワークライフバランスが取りやすいものの、技術系職種では残業が多くなるケースもあります。繁忙期の場合は業務量と自然と増えるため、残業してでも対応する必要があるためです。

もし技術系職種を希望する場合は、残業などが原因でワークライフバランスが取りづらいときもあることを理解しておくと良いでしょう。

マレリの将来性については今後の取り組み次第

マレリを志望する際に同社の将来性が気になる人もいますよね。同社は近年に合併したばかりであるため、将来性についてはまだはっきりと見えにくい状態です。

現在マレリは全社的な意識改革や新しい事業開発、さらなるグローバル展開の最中にあります。結果が目に見えるまでは長い時間がかかる分、将来性の判断も取り組みの結果次第となるでしょう。

マレリの転職選考を受ける際に知っておくと良いポイント5つ

事業内容や世界を舞台に活躍できる特徴などからマレリに転職したいと考える人もいますよね。マレリの転職選考を受けるには、何点か意識しておいた方が良いポイントがあります。

主に中途採用求人の探し方に関する点や英語力が求められる点などです。

転職難易度(就職偏差値)はやや高め

まずマレリの転職難易度(就職偏差値)はやや高めになっています。長い歴史を持っている点や世界的に知名度の高いメーカーである点、一般企業以上に高い年収などが主な理由です。

以上の点からマレリは世間的には「将来的に安泰な企業」とみなされています。加えて中途採用求人の枠も狭いため、応募者の多さに比例して競争も激しくなりがちです。

もしマレリの転職選考を受けるのであれば、事前の綿密な準備が欠かせないでしょう。特に志望動機や応募書類は採用担当者の心を動かすような内容に仕上げる必要があります。

中途採用求人の数は全体として増加傾向

マレリに応募で意識しておきたい点が、中途採用求人の数が増加傾向にある点です。2017年以降に行われた合併などを背景に、即戦力を重視する傾向になってきています。

今後転職選考を通じてマレリに入社できる機会が増えることも予想されるでしょう。公式ページや転職エージェントで最新の求人情報をチェックし、自分に合った求人を探すべきです。

中途採用求人は転職エージェントも併用して探すべき

マレリの中途採用求人を探す際は、転職エージェントの活用も必要になります。

同社では随時中途採用を行っているものの、公式ページに掲載されていないこともあるためです。2021年3月時点でも求人が掲載されていないため、公式ページのみに頼るのは得策ではありません。

一方転職エージェントであれば非公開のものも含めて応募できる求人が多くあります。早めに転職を実現できるように、複数の転職エージェントに登録しておくのがおすすめです。

一定以上の英語力が応募条件になっている求人もある

加えてマレリの中途採用求人には一定以上の英語力が必要なものもあります。主に営業職やプロジェクトマネージャーなど海外の拠点や企業とやり取りするものが多いです。

また同社は国内の事業所内であっても英語を使う機会が色々とあります。社内でのコミュニケーションや昇進でも英語力がものを言うため、最低でも日常会話が苦にならないようにしておくべきです。

選考フローは書類選考・適性検査と複数回の面接から成る

マレリの選考は、書類選考・適性検査と複数回の面接という流れになっています。人気が高い分、書類選考で落ちる応募者もいるため、志望動機や業務経験はしっかりアピールするべきです。

また適性検査も書類選考とほぼ同時に行われるため、面接を受けられるようにしっかりした対策が必要になります。書類選考の準備と同時に行うのは大変であるため、早めの準備が望ましいです。

面接では最初に人事担当者や希望部署のリーダー社員が、最後になると役員が質問します。業務経験やスキルに加えて、入社後にしたいことも伝えられるようにするのがコツです。

マレリの転職選考を突破するポイント6つ

マレリの転職選考について前向きに検討している人や、すでに選考の準備を始めている人もいますよね。ただ転職選考を突破するための対策が気になる人もいるでしょう。

同社の転職選考を突破するには、以下の6点を意識することがポイントとなります。

求める人財像を中心にして社風を理解する

まずは同社が示している求める人財像を中心にした社風の理解が重要です。同社では多様性を基本として、以下の3点を示しています。

  • 挑戦―変革を楽しむ!:予測していない変化に対し、リスクを恐れず、情熱を持って前向きに挑む姿勢。
  • 迅速―顧客志向で動く!:お客様の思いを汲みとって柔軟に素早く判断し行動する姿勢。
  • 自律―主体的に行動する!:まず自分で考え、他者の協力も得ながらも仕事を前に進める姿勢。

(参考:「求める人財像」)

上記は新卒採用ページで示されているものの、転職選考でも基本的に上記のような人物が求められていると考えて良いでしょう。

そして上記から見えてくる求める人財像や社風が、「未来志向で自分のなすべきことを自ら考え、お客様のために迅速に動く人物」となります。

自己分析でポジティブさや主体性、行動力を備えているかなどを把握すると良いでしょう。そして自己PRで上記の要素をエピソードとともにアピールするのがおすすめです。

中期経営計画「AMBITION2024戦略」をもとに企業研究や自己分析を行う

求める人財像と合わせて選考で役立つものに、同社の中期経営計画「AMBITION2024戦略」があります。

次世代技術の開発など4つの戦略的優先項目を通じて世界有数の自動車部品サプライヤーを目指す内容です。加えてイノベーションなど6つの成長に必要な要素も明記されています。

  • 次世代技術の開発
  • 品質と卓越性へのコミットメント
  • サステナブルで責任ある企業の実現に注力
  • モノづくりへのこだわり

(参考:「AMBITION2024戦略」)

まず4つの戦略的優先項目と6つの成長に必要な要素について熟読すると良いでしょう。そして業務経験などを用いて同計画の達成に貢献する方法を企業研究を通じて見出すべきです。

曙ブレーキ工業など同業他社の研究も一緒に行う

さらに曙ブレーキ工業など同業他社の研究も必要になります。ライバル他社とマレリの異なる点や、マレリ独自の特徴を把握することは、マレリを選ぶ理由を明確にする上でおすすめです。

面接でもマレリを選んだ理由は志望動機とともによく問われます。マレリへの強い思いを伝えられることは選考の合否にも関わってくるため、他社研究もしっかり行うべきです。

曙ブレーキ工業へ転職するには?将来性・年収・評判も含めて紹介!

適性検査に対してはSPIなどの対策を行う

マレリの選考では適性検査の対策も欠かせません。SPIや玉手箱などの問題集を多く解くことが対策です。時間を測りつつ問題を解くようにすると落ち着いて試験に臨めます。

なお事前に転職エージェントで近年出題された適性検査の傾向を掴んでおくと良いでしょう。事前情報として傾向を掴んでいた方が、対策する際の負担も軽くできます。

面接では志望動機や入社後に成し遂げたいことなど一般的な質問が多い

面接選考ではごく一般的な質問が多いです。具体的には志望動機や転職理由、入社後に成し遂げたいことなどが挙げられます。

聞かれる内容が予想しやすい分、模擬面接で多く練習すれば本番では伝えたいことやアピールしたいことをしっかり伝えられるでしょう。面接練習とともに回答内容の更新も欠かせません。

海外駐在への意欲や語学力・海外経験もしっかりアピールする

面接では海外駐在への意向についても良く問われます。海外への事業展開はマレリにとっても主要な戦略になっている分、応募者が海外駐在に前向きであるかは重要なポイントです。

海外駐在について問われたら、極力意欲をアピールすると良いでしょう。海外駐在を通じてしたいことなどビジョンも一緒に伝えられれば、より好感度も増します。

海外駐在への意向と合わせて、語学力や海外経験もできればアピールするのがおすすめです。特に語学力が高い場合、積極的に評価してもらえる分、内定への可能性も高まるでしょう。

転職先としてのマレリにまつわる口コミ・評判を紹介!

転職選考を通じてマレリへの入社を狙う際、同社の口コミ・評判が良いのか気になりますよね。以下の5つに分けてマレリの口コミ・評判についてご紹介します。

給料や福利厚生など待遇にまつわる口コミ・評判

まず給料や福利厚生など待遇にまつわる口コミ・評判について見ていきましょう。

職位テーブルごとに給与が明確化されている。
資格手当、住宅手当、家族手当などがあるので、世間一般に比べれば恵まれている。(Openworkより)

年収自体は日本の平均年収と比較してもいいほうだと思う。担当レベルの中間クラスでも残業代込みで700万程度まではいく。(転職会議より)

必要最低限の福利厚生は整っていると思う。
しかし、同じような規模の大企業と比べると見劣りする印象。
提携するホテルや保養所に割安で泊まることができるが、あまり従業員に周知されていないのか利用する人は少なかった。(転職会議より)

年収の面は残業代も含めれば高い金額になったり、各種手当が用意されていたりする点で充実しているようですね。福利厚生は必要なものが揃っている程度に考えると良いでしょう。

ワークライフバランスに対する口コミ・評判

次にワークライフバランスについての口コミ・評判をご紹介します。

コアタイムがないフレックスなので、残業した次の日とかは早めに切り上げるなど、自由度が高い。通院などもわざわざ半休とかを申請しなくてもフレックスで処理できるので、便利。更に今はコロナの影響で在宅勤務が推進されており、週1出社なども可能になっている。有休消化率は高い。有休取得推進日が頻繁にあり、強制的に消化させられる。大型連休多数。(Openworkより)

全体的にワークライフバランスは悪くないと思います。22時以降会社にいるのは難しいですし、有休もまとめて取る人はあまりいませんが、計画的に消化するよう推奨されています。インフラも整っているので事務職はラップトップを持てていて、在宅勤務ができます。(転職会議より)

完全フレックスタイムや有休取得推進日など休みが取りやすい仕組みが充実しているようですね。残業もあまり遅くまでいられないようになっている分、会社の取り組みが熱心と言えます。

やり甲斐や成長に対する口コミ・評判

さらにマレリでのやり甲斐・成長に対する口コミ・評判もご紹介しましょう。

自社製品にまつわる仕事ができるのである程度のやりがいは感じる事ができる。しかし、ルーチンワークになる部分も多く車の開発に関わるわけではないので面白みと言う観点では完成車メーカーに遠く及ばないと思われる。(Openworkより)

部署によるとは思うが、自分の思うように仕事を進めることが出来、大変やりがいはある。成果に対する評価も割と公平であり、成果の横取りの様なブラックなことは無い。(転職会議より)

複数の自動車部品を扱っているため、意識して知識欲があれば、担当製品に縛られる事もなく、幅広い知識が得られる。また、複数の自動車メーカーとの付き合いもあり、開発の流れも複数の知識が得られる。将来、同業他社へ転職する際も生きてくるはず。(転職会議より)

自分の思い通りに仕事を進められる分、やり甲斐は感じやすいようですね。スキルアップの面も他社との繋がりを活かして様々な知識を得られる点も魅力的でしょう。

ただ完成車メーカーに比べて車の開発に関われない分、やり甲斐が感じにくい点は仕方がないと言えます。

女性の働きやすさに対する口コミ・評判

マレリに勤務する女性の働きやすさについてもご紹介しましょう。

女性が少なく、補助的な仕事をしている方が多い印象です。主に管理部門に多く、事業部にはほぼいないと思います。少数ですが管理職の女性もおり、女性だからやりにくいということはないと思います。(Openworkより)

時短勤務の浸透やリモートワークへの取り組みなど、家庭を持つ女性でも働きやすい制度は整っているように思う。
海外拠点も含めて最前線で活躍する女性も多く、本気で働きたい女性にとってはチャレンジしやすいのでは。(転職会議より)

女性社員の数は少ないものの、管理職に就いている女性や家庭と両立しながら働いている女性がいて働きやすそうですね。

海外勤務で活躍する女性社員がいるため、キャリアを重視して頑張りたい女性にもおすすめでしょう。

会社の体質に対する口コミ・評判

最後に会社の体質に対する口コミ・評判も見ていきます。

グローバル経営がグローバルな人材で行われているので、日本企業でキャリアをスタートした多くの社員が世界を相手にして仕事している事は素晴らしいと思う。文化の違いで多くの意見の相違はあるものの、これらを乗り越えて生まれる製品・サービス・ソリューションは、今後の国際競争や新しいOEMとの新規開拓などで生かされると思う。(Openworkより)

保守的な雰囲気の中にも、新しいことを推進する文化があり、保守と革新のバランスが取れています。新しいことへの挑戦には抵抗がない反面、他部署のサポートを受けるには社内人脈がないとなかなか推進できないこともあります。(Openworkより)

様々な背景を持つ社員がいる上、新しいことに挑戦する気風もある点で挑戦しやすそうですね。一方で他部署との連携では難があるようです。

マレリに本気で転職したいのであれば転職エージェントの活用がおすすめ!

マレリに本気で転職したいのであれば転職エージェントの活用がおすすめ!

様々な部品の開発・製造に関われるマレリを見て、同社への転職に前向きになる人もいますよね。もしマレリに転職したいのであれば、是非転職エージェントは活用するべきです。

まず公式サイトに比べて多くの求人数を抱えている分、マレリの転職選考を受ける機会や挑戦できる職種の幅が広がります。加えてマレリの選考に関する情報も多い分、対策も立てやすいです。

他にも年収交渉の際に不満を感じた場合、アドバイザーに交渉を代行して貰えます。彼らは交渉経験も豊富であるため、入社時に満足できる年収を提示されやすいでしょう。

数多い転職エージェントの中でも、特におすすめなのがリクルートエージェントです。非公開も含めた求人数は業界随一である上、アドバイザーの質が高く頼りになります。

\ 簡単5分で登録 /

まとめ

今回は世界有数の自動車部品メーカーであるマレリへの転職についてご紹介しました。マレリは平均年収の面で控えめではあるものの、ワークライフバランスの面は充実しています。

加えて国内外の様々なメーカーに使われる部品を扱っている分、車好きにとってはおすすめです。同社に転職するには、求める人財像や中期経営計画を軸に対策が必要でしょう。

同時に転職エージェントを利用すれば、応募の機会が増えたり同社に特化した対策が出来たりします。マレリへの内定の可能性を高める上で転職エージェントはおすすめです。

もしマレリへの転職に少しでも前向きになったのであれば、是非応募を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる