MENU

マレリの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

マレリの平均年収は624万円です。

マレリに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、マレリの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

マレリの平均年収は624万円

内装、空調、電子・電装などグループで10種類のビジネスユニットを展開する総合部品メーカーであり、日本国内でも大手となっている自動車部品メーカーであるマレリ(旧:カルソニックカンセイ)の平均年収や、過去の業績推移を詳しく見てみましょう。

ちなみに、2017年にCKホールディングスの子会社となり、現在は上場廃止となっています。

マレリの平均年収

連結子会社を含めると2万人を越える従業員数を誇る、マレリの平均年収は624万円です。

平均年収は、その年によって多少の変動がありここ数年では約580~約620万円となっています。

自動車業界の平均年収は1位~10位までを見ると約590~約900万円となっているため、マレリの年収は自動車業界の中でも比較的に高いほうだということがわかります。

勤続年齢の平均では15年を超えており、厚生労働省が調査している民間の平均勤続年数12年を上回っているためその数字からも働きやすさが伝わってくるでしょう。

生活をする分には、十分な年収と言えるね。

マレリの業績推移

マレリの過去3年の業績数は以下のようになっています。

売上(収益) 営業利益
2018年 3,524億円 5,907億円
2019年 3,200億円 220億円
2020年 2,171億円 -6,505億円

日産グループとは深い関わりがあり、日産との取引が3割を占めるマレリでは日産自動車の販売不振により2020年には、多額の赤字となる結果となりました。

しかし、電動車向けの部品の生産拠点をドイツに作ることを発表しており、欧州で拠点を設けることで納入先拡大につなげる狙いを目指しています。

2020年では、近年の社会情勢により会社的には良くない結果となりましたが、今後の動きに期待をしましょう。

マレリの年齢や役職・学歴別の平均年収

マレリの平均年収は624万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。

マレリの年齢毎の年収推移

マレリの5歳ごとに分けた平均年収は、以下のようになります。

年齢 平均年収
20~24歳 約330万円
25~29歳 約420万円
30~34歳 約440万円
35~39歳 約500万円
40~44歳 約560万円
45~49歳 約640万円
50~54歳 約690万円
55~60歳 約690万円
60~65歳 約460万円

20代前半では300万円前半となっていますが、後半にはいると大幅に年収が上がっていることがわかります。

年功序列が根強く残っていると言う声もあることから、特別に何事もなければ年収も順調に上がっていくでしょう。

また、職種により年収に差があり、総合職では約870万円、技術職では約610万円、一般職では約620万円となっています。
手当や賞与はしっかりと貰えると言う声があったよ。

マレリの役職毎の年収推移

マレリの役職ごとの年収は、以下のようになります。

役職 年収
主任 約540万円
係長 約670万円
課長 約880万円
部長 約970万円

この表からわかる通り、主任と部長まで役職が変わると年収は倍近くまで変わっています。

年収に大きな差があるため、仕事に対してのモチベーションアップに繋げることができます。

また、マレリでは役職や階級別に応じたメンタルヘルス対策の対面教育も実施されているため、役職が上がったとしても充実したライフワークを築けるでしょう。
どんどん上を目指そう!

学歴による年収の差

マレリの最終学歴による年収の違いは、以下のようになります。

職種 50~54歳の年収
大卒 約940万円
短大卒 約700万円
高卒 約600万円

この表からわかる通り、最終学歴によって50代になった時に年収に差が開くようになります。

また、大学院卒の月給は22万5000円、大学卒の月給では20万7000円と大学院卒では、さらに高い年収が期待できるでしょう。

個人の実力の差や、努力の差で年収は変わってくるため、あくまで参考としよう。

マレリの生涯年収

マレリの平均年収は624万円となっているため、38年間勤務すると生涯年収は2億3,712万円となります。

自動車部品業界の生涯年収は約2億6,500万円となっているため、業界内では少し低めですが、サラリーマンの生涯年収は2億2613万円なため、それほど低くはない生涯年収と言えるでしょう。

マイカーやマイホームの購入も考えられる収入でしょう。

マレリの労働環境

マレリでは従業員が活躍できる組織づくりのためにワークライフバランスを推奨しています。

ここではマレリの労働環境3つを紹介します。

フレックスタイム制度が導入されている

マレリにはフレックスタイム制度が導入されています。

勤務時間をずらすことができることから、効率的に時間配分ができ働き方への自由度が高く、自己管理ができる人に向いている制度となっています。

時間を有効に使用できることから、仕事だけでなく、プライベートも充実させることができるでしょう。

仕事の生産性が上がり、効率アップに繋がるね。

充実した福利厚生

マレリでは様々な福利厚生があるため、充実した労働環境となります。

経営の視点から健康保持増進のために「健康管理」「健康増進」「メンタルヘルス対策」など3つの軸をもとに、健康経営を実施しています。

例えば、以下のような取り組みが実施されています。

  • 「健康管理」には健康診断、人間ドック受診補助、レディース検診補助など
  • 「健康増進」には喫煙対策、講座の開催、運動機械の増進など
  • 「メンタルヘルス対策」には全従業員対象ストレスチェックの実施、各種教育の実施、休職者への復職対策など

その他にも健康面だけではなく家賃補助制度や、財形貯蓄、契約保養施設などの福利厚生が利用ができるようになっています。

会社が健康を配慮してくれるのは嬉しいね。

スキルアップを目指せる教育制度

マレリでは会社が持続的に成長していくためには、人材が重要であると考えられているため、人材育成に力を入れています。

特に「モノづくり」や「グローバル」を重点に置いたプログラムを展開しており、2018年では8,911人、一人当たり10.7時間の研修時間の研修プログラムを受けた実績があります。

これらの研修で知識や技術習得ができ、それぞれの能力をさらに伸ばすことができるでしょう。

また、これからの自動車業界ではグローバルに活躍できる人材がさらに求められるため、グローバルビジネスリーダーの育成を毎年実施されています。

各国・地域リーダー候補を対象にした集合研修や、工場長・工場長候補者を対象としたグローバル工場長研修で鍛えられることとなり、さらなる成長ができるでしょう。

全従業員にキャリアアップ面談があるため、計画的に成長できる所も良い点でしょう。

マレリに求められている人材

マレリは、会社の持続的な成長のために人材が重要な鍵と考えられており、以下のような人材が求められます。

多様性を尊重できる人

マレリには多様性持ち、お互いに尊重できる人が求められます。

100年に1度と言われているほど著しく変化している自動車業界です。

その中で新たな価値を生み出すような考えや、柔軟な考えを持った人がマレリで実力を発揮できるでしょう。

国籍やキャリア、ライフスタイルなど様々な価値観や考え方を持った人が歓迎されており、多様性を受け入れられ、お互いに尊重できる人が新たな価値を生み出すことと考えられています。

多様性を尊重でき、柔軟な考えであることをアピールするのもいいね。

失敗を恐れず挑戦できる人

マレリでは、失敗を恐れずに挑戦できる心の持ち主が求められています。

マレリでは大きく変わろうとしている自動車業界の変化を好機として捉え、世界をリードするグローバルな総合自動車部品メーカーとして最先端のモノ作りに取り組む姿勢があります。

そのためにも、リスクを恐れず前向きに挑戦できる姿勢であることをアピールすると良いでしょう。

例えば、自分が持っているモノ作りに対しての熱い思いや、諦めずに何度も挑戦し決して中途半端に終わらせることがない強い気持ちを表現できると良いです。

過去の自分の経験などを例えるのもいいね。

お客様の想いを汲み取り自主的に行動できる人

マレリにはお客様の声を大事にし、それを現場で生かすことができる人が求められます。

マレリでは、製品の軽量化や合理化だけではなく、操作性や視認性などのHMIを通して、快適な移動空間の提供の実現を考えています。

自主的に行動できる人がいることから圧倒的なスピードでこだわりの技術の開発が進められることができ、いち早くお客様の元まで届けることができます。

例えば、車内を安全で快適に過ごせるためにはどうしたらいいかなどを顧客志向で考え、自ら考え素早く判断し、行動することができる人が必要とされているでしょう。

そのためにも自分で考え、仕事を前に進める姿勢があることをアピールしましょう。

また、マレリではCSR中期計画の施策の中で「従業員の社会課題取組意識の向上」を掲げており、日頃から問題や課題を解決する意識が高いことがわかります。

日頃から問題解決意識が高いこともアピールできると良いでしょう。

マレリでは開発には楽しくしていこうという風土があり、アイディアが浮かびやすい環境となっているよ。

マレリの就職難易度(偏差値)は50

マレリの就職難易度(偏差値)は50です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

就職偏差値50は、大手と比べるとそれほど高くないと感じますが、マレリのライバル業者は多くいることがわかります。

対策をしっかりして望みましょう。

マレリに転職する時の3つの注意点

マレリに転職する際は以下のようなことに注意しましょう。

モノ作りに熱い思いがあることをアピールする

モノ作りへの熱い思いをアピールしましょう。

マレリは、自分たちの仕事に誇りを持っているプロフェッショナルが集まっている会社です。

完成車メーカーに比べて開発の領域が広く、自由度が高いことや、特許の申請を積極的に申請していく方針があることから、仕事1つ一つに達成感を感じやすく、大きなやりがいを感じられることができるでしょう。

そのため、小さな問題解決に向かい合うことができることや、車が好きでクルマのモノ作りへ関しての熱い思いがある人が求められています。

また、クルマだけではなく、様々なジャンルのモノ作りへの関心がある広い視野があることが、今後の自動車業界を引っ張っていく存在となるため、注目されやすいでしょう。

自分が関わった製品が世の中に出るまではとても時間がかかるから、その分感動は大きくなるよ。

コミュニケーション能力が高いことをアピールする

マレリでは、部署を超えた交流が多いため、コミュニケーション能力が高いことをアピールできると良いでしょう。

サプライヤーとの関わりはもちろんですが、完成する車のために作業性や安全性などの視点から、社内の他部署との綿密な連携が多くあるためコミュニケーションを取る機会が多くあります。

例えば、相手との距離感を上手く取れたり、伝え方や話し方の上手さや、聞く力が高いことなどをアピールすると良いでしょう。

また、グローバル化が進む中で世界をステージに活躍する際には、多様な文化や地域的なものを考える必要があり、国や地域を越えての理解は欠かせないものとなります。

マレリでグローバルに活躍したいと考えている場合は、そのようなことも視野に入れてアピールできると良いでしょう。

他者を受け入れ自分を表現できることをアピールする

他者を受け入れ自分を表現できることをアピールできると良いでしょう。

マレリではダイバーシティを推奨しており、個人や集団の間に存在している違いを受け入れ、多様性を認め合い、それぞれの違いを活用しようという考えがあるため、様々な考え方などを受け入れられ自分を表現できると良いです。

ダイバーシティをより推進するために「shine.net」というチームを発足し、勉強会や講演会を通じた啓発活動を行い、従業員が働きやすい環境を整えています。

例えばマレリでは、従業員が活躍できる組織づくりとして以下のような取り組みがされています。

  • 定年再雇用
  • 障害者の活躍
  • 外国籍従業員の活躍
  • 女性が活躍できる社会づくり
多様な考え方が、これからの自動車業界の良いアイディアとなることがあるでしょう。

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまでマレリの年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\ 簡単5分で登録 /

まとめ

以上で、マレリの年収に関する記事を終わります。

マレリには、クルマが好きでモノ作りに対して熱い思いがあり、多様性を受け入れられ共に挑戦できる人が向いているでしょう。

マレリに挑戦しようと思っている人は、是非参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる