LinkedInは転職活動で役立つ?使い方や活用方法などご紹介!

最近では転職活動でSNSを活用する人も多いですよね。特に若い世代の場合、日常的にSNSやスマホのアプリを使いこなしている分、抵抗なく利用しやすいでしょう。

転職活動でも役立つSNSが、ビジネス用SNSとして使われているLinkedIn(リンクトイン)です。全世界で7億人が使っているため、転職活動でも様々な企業や個人相手に活用できます。

今回はLinkedInを使った転職活動について色々と見ていきましょう。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • LinkedInを使った転職活動に興味がある人
  • 海外企業への転職活動に意欲的な人
  • LinkedInの特徴や使い方が知りたい人
目次

LinkedInとは

LinkedInとは

現代社会ではTwitterやFacebook、Instagramなど様々な種類のSNSが使われています。手軽にコミュニケーションできるツールである上、ビジネス関係で使いこなす人もいるでしょう。

数あるSNSの中でもビジネスに特化したものがLinkedInです。名前を聞いたことがある人やコンタクトを受け取ったことのある人もいるでしょう。

そして最近では転職活動のツールとして同サービスを利用する人も増えています。そもそもLinkedInの特徴とは何なのでしょうか。

アメリカ・シリコンバレー発のビジネス用SNS

LinkedInは2003年にアメリカのシリコンバレーにある、同名の企業が開発したビジネス用のSNSです。ビジネスに特化しているため、主に世界中の企業やビジネスパーソンが使っています。

様々な人と繋がれる機能やチャット機能に加え、プロフィールを履歴書や職務経歴書代わりに活用できる点が特徴です。繋がる相手も企業の人事担当者や転職支援サービスのエージェントなどがいます。

繋がった相手とはメッセンジャーを使って直接やり取りし、選考に繋げることも可能です。他にも有料のスキルアップ機能を使って、今後のキャリアに必要なスキルを向上させられます。

2020年末時点で世界中に7億人以上のユーザー

LinkedInはビジネス用SNSでは世界最大級のユーザーを誇ることでも有名です。2020年末時点でのユーザーは全世界で7億人以上で、現在も着実に増え続けています。

海外では名刺代わりに使われているため、特に外資系企業への転職を目指す際は、LinkedInアカウントがあるのは必須条件です。外資転職を志す場合は、今のうちに始めた方が良いでしょう。

日本では200万人程度が使用

なお日本国内では200万人程度のユーザーがいます。企業ユーザーとしては、楽天やパナソニックが有名です。

全世界でユーザーが増えている一方で、日本では伸び悩んでいます。SNSをビジネスに活かすことに対して不慣れな人が多いことが大きな要因です。

見た目はTwitterで機能はFacebookのようなもの

LinkedInは見た目はTwitterで、機能面はFacebookのようになっています。見た目の面では左側にプロフィールが、真ん中にタイムラインが、右側におすすめのアカウントが来る仕様です。

一方機能では、普通に投稿できる他にダイレクトメッセージでのやり取りもできます。なお実名制で、繋がる際もリクエストを送って承認して貰う必要がある点は、Facebookと同じです。

実際の使い方も個人や企業と繋がりを作った上で、メッセージなどを通じて情報交換します。基本的にTwitterやFacebookと同じ要領で使えば良いでしょう。

転職活動では求人・エージェント探しや応募などができる

LinkedInで転職活動する際、求人・エージェント探しや求人への応募ができます。企業・エージェントを探す際は検索窓を使って探し、フォローやリクエスト申請をする流れです。

企業やエージェントと繋がれば直接メッセージでやり取りできます。自分のキャリアやスキルをアピールしたり、企業や転職求人について質問などしたりする際に役立つでしょう。

また求人への応募も、タイトルをクリックした後で応募ボタンを押せば、簡単にできます。リクナビNEXTやビズリーチなどの転職サイトから応募する要領です。

他にも予め自分のプロフィールを充実させれば、様々な企業やエージェントからリクエストの申請が来るでしょう。職歴やスキル、今までの実績などを写真や動画と共に載せられるためです。

LinkedInを転職活動で役立てる4通りの方法

LinkedInを転職活動で役立てる4通りの方法

実際にLinkedInを使って転職活動に役立てようにも、具体的な活用法が分からない人もいますよね。以下に挙げる4つの方法が主な使い方です。

プロフィールなどを履歴書の代わりに使える

まずプロフィール欄を充実させる音で、履歴書の代わりに使えます。プロフィールには基本的な個人情報以外にも、学歴・職歴や今までの実績を示すURL、写真・動画まで載せることが可能です。

加えて履歴書や職務経歴書(レジュメ)、プレゼン資料もアップできます。キャリアや実績を詳しめにアピールしたい場合に活用するのがおすすめです。

特に顔写真は必ず載せた方が良いでしょう。顔写真が見えるだけでも、企業やエージェント側は相手を信頼できるとみなすため、閲覧数の大幅な増加も期待できます。

なお載せるべき顔写真は、実際の応募書類に載せても恥ずかしくないようにビジネス向けのものを選ぶべきです。

企業などのリクルーターとのやり取りに使える

また企業の人事担当者や転職エージェントのリクルーターとのやり取りでも役立ちます。特に関係を深めたり込み入った話を進めたりする場合は、メッセージ機能があるため安心です。

特に企業などにとって有望な人材に見えた場合は、選考での優遇も期待できるでしょう。エージェントとのやり取りでも優良案件の紹介や手厚いサポートも受けられます。

もちろん求人に対する疑問・不安や、転職活動を進めていく上での悩みなどもメッセージを使って相談しやすいです。本格的に転職活動を進める上でメッセージは重要な役割を担うでしょう。

世界中の企業やビジネスパーソンとの関係を築ける

SNSである以上、LinkedInは国内も含め世界中の企業やビジネスパーソンと繋がれます。企業ページについてはフォローすれば、相手の承認なしで選考に役立つ最新情報に触れられるでしょう。

一方ビジネスパーソンとの関係を築ければ、ビジネス上の最新情報を交換したり、さらに人脈を広げたりすることも可能です。加えてネイティブの生きた英語を通じて、語学力アップにも繋がります。

ラーニング機能でスキルアップもできる

LinkedInがTwitterやFacebookなどと大きく異なる点の1つが、SNS上でスキルアップも図れる点です。有料のラーニング機能を使えば、様々な専門家やクリエイターの講義をコースで受講できます。

講義の内容も仕事に役立つスキルや自己啓発、キャリア関係など多様です。受講し終えると、他のユーザーにシェアしたり資格欄に追記したりして、よりアピールに役立てられます。

LinkedInを活用するメリット6つ

LinkedInを活用するメリット6つ

LinkedInを使って転職活動でできることを見てきましたが、実際に活用するメリットについても知りたいですよね。主なメリットに以下の6つがあります。

外資系企業への転職活動では必須ツールになる

まず外資系の企業に転職する際は必須ツールになる点です。欧米では転職活動者の半分以上が、自己紹介や応募書類のように活用しているほどメジャーな存在になってきています。

アカウントを開設している海外企業も非常に多い上、人事担当者や転職支援サービスのスタッフも日常的に駆使しています。LinkedIn経由で求人紹介も日常的であるため、作っておくと良いでしょう。

海外企業の担当者や転職エージェントと直接繋がれる

また海外企業の担当者や転職エージェントと直接繋がれる点でもおすすめです。LinkedInを日常的に使っている上にSNSの気軽さがある分、企業の担当者もエージェント側も積極的に繋がろうとします。

彼らと繋がった上で関係性を深められれば、とっておきの情報や質の高い求人を紹介して貰えることもあるでしょう。具体的に選考で心がけるべきポイントも教えて貰えます。

企業に直接応募できる

さらにLinkedInでは企業の求人情報も掲載されるため、直接応募することができる点もメリットです。求人検索機能もあるため、気になる企業名や地域から絞り込んで探せます。

実際に応募する際も、応募ボタンをクリックするだけと簡単です。慎重に検討したい場合は保存ボタンを押せば、保存リストからいつでも閲覧できます。

なお応募後に取り下げる場合は、企業担当者にメッセージを来る必要がある点は注意すべき点です。

ビジネスパーソンと直接情報交換できる

ビジネスパーソンと情報交換できる点もメリットに数えられます。全世界で7億人以上が利用している分、アカウントと繋がりさえあればビジネス関係の最新情報のやり取りが可能です。

転職での対策や求人関係の情報はもちろんのこと、有名なビジネスパーソンからためになる話も聞けます。起業した立場であれば、プロジェクトの受発注などもできるでしょう。

ネイティブスピーカーの生きた英語に触れられる

LinkedInを利用すれば、生きた英語に触れられます。ユーザーが世界中にいる分、主に英語でやり取りするのが一般的であるためです。

英語を日常的に使う海外の企業の選考を受ける際、英語力は非常に重要な基準になります。LinkedInでは英語のネイティブスピーカーも多い分、コミュニケーションを通じて語学力を磨けるでしょう。

日本では差別化にも役立つ

LinkedInは日本で使う場合、自身の差別化にも役立てられます。全世界でユーザーが増えているにもかかわらず、日本ではまだまだ少数派であるためです。

ただ少数派であるということは、希少性をアピールするポイントにできます。国内企業に応募する際に同サービスを使っていれば、「海外への意識が高い人材」として付加価値をアピールしやすいです。

あくまでも日本国内にのみ通用するメリットではあるものの、国内での転職を目指す際には役立ちます。

LinkedInを活用するデメリット2つ

LinkedInを活用するデメリット2つ

LinkedInには少ないながらもデメリットも存在するため、合わせて理解するのがおすすめです。主に以下の2点が挙げられます。

転職活動が職場にばれるリスクもある

まず転職活動が職場にばれるリスクもある点です。今の職場がアカウントを持っていて、求職者側も完全に公開される設定になっている場合、上司などに発覚することがあります。

他にもプロフィールに電話番号やメールアドレスを登録してばれる場合も多いです。もし転職活動が発覚すると、今の職場で気まずい立場に置かれるおそれもあるでしょう。

職場にばれないようにするには、アカウントを開設した後に公開範囲を設定するべきです。名前をペンネームにしたり、開示する個人情報を制限したりする方法もあります。

詐欺アカウントとのトラブルに巻き込まれることがある

またLinkedInはSNSの一種であるため、Twitterなどと同じように詐欺目的のアカウントがある点にも注意すべきです。特に相手の明らかに経歴が怪しい場合は、接触しない方が良いでしょう。

例えば怪しいフィッシングメールを送り、アクセスしたユーザーから金銭をだまし取ろうとする手口が見られます。世界中でユーザーが非常に多い分、不正な目的で使う人も多いと考えるべきです。

もし怪しいユーザーを見かけたら、運営側に報告するのもおすすめでしょう。

LinkedInの使い方と転職活動の流れ7ステップ

LinkedInの使い方と転職活動の流れ7ステップ

実際にLinkedInを使って転職活動する際、流れを一通り知っていた方が安心という人もいますよね。以下の7ステップに沿って利用法を見ていきましょう。

会員登録

まずLinkedInにアクセスして、会員登録します。ページ下半分の「今すぐ開始」ボタンから登録ページにアクセスし、アドレスとパスワードを入力しましょう。

アドレスに送られたメールから、名前や連絡先、職種・会社名などを入力すれば完了です。

プロフィールの充実・転職関心シグナルもオンにする

アカウントを開設したら、プロフィールの編集を行います。顔写真やスキル、キャリアサマリ、職歴などが主に入力するべき情報です。

ポートフォリオのURLやプレゼン資料も載せられるため、実績を示す上で是非添付すると良いでしょう。他にも職務経歴書なども載せると、今後転職活動をスムーズに進める際に便利です。

プロフィールは日本語と英語両方で書くのがおすすめ

なおプロフィールは、日本語と英語の両方で書くのが望ましいでしょう。LinkedInは主に海外のユーザーが多いため、英語で書かれていれば多くの求人に出会いやすいです。

また国内でも大手企業を中心にユーザーが増えているため、日本語で書いてあれば声を掛けられるケースもあります。

顔写真やヘッドラインは必ず載せる

プロフィールを編集する際、顔写真とヘッドラインは欠かせません。顔が見えないネット経由で転職活動する以上、企業やエージェント側としては写真があれば安心して対応してくれます。

1行で自身をアピールできるヘッドラインも、書かれていれば自身の個性を示す上で役立つでしょう。企業などから見ても求職者について、「何者で何ができるか」を判断する材料にできます。

他にもURLも簡潔なものに編集するのがおすすめです。分かりやすくしてあれば閲覧数を増やせます。

求人検索や「つながり」機能の活用

プロフィールの準備ができたら、求人を検索したり「つながり」機能を活用しましょう。探したい企業・ユーザーや求人は検索窓から探せます。

また予めプロフィールの内容をしっかり編集しておけば、企業や転職支援サービスのコンサルタントからもリクエストが寄せられるでしょう。

メッセージなどを活用したやり取りや応募

実際に企業やユーザーと繋がったらメッセージなどで挨拶し、やり取りを開始します。自分の希望する業種・職種や条件、得意分野などを伝えると、求人の情報やアドバイスを得られるでしょう。

一方で検索して気になる求人があった場合は、求人ページで応募や保存ができます。応募ボタンなどの上には業務内容や求める人材像などが記載されているため、良く読み込むことが大切です。

有料会員であればより便利な機能も使える

有料会員になれば、無料会員以上に多くの機能を利用できます。スキルアップを図れるラーニング機能や、繋がっていないユーザーのプロフィール閲覧などです。

特にラーニング機能では様々なコースがある上、好きなだけ受講できます。転職活動中の人だけではなく、今後一流企業への転職を目指そうとしている人にもおすすめです。

登録しないで求人を見ることもできる

掲載されている求人などが気になるものの、LinkedInへの登録に気が進まない人もいますよね。実は登録しなくても求人の閲覧は可能です。

トップページの上半分に検索のスペースがあるため、地域などを入力すれば求人が表示されます。求人の内容まで閲覧できるため、掲載されている求人を見比べる上で役に立つでしょう。

LinkedInで転職活動した人の評判を紹介

LinkedInで転職活動した人の評判を紹介

実際にLinkedInを使って転職活動した人がいれば、是非参考にしたい人もいますよね。実際に活用した人の評判や口コミをご紹介します。

LinkedInの良い評判3つ

最初にポジティブな内容の評判を見ていきましょう。最初は以下の内容です。

Chikaさん
まじか。
社会人向けのSNSだね。
でも、転職とか案件紹介とかにめちゃくちゃ使われてる。
僕も前回内定もらったとこは全部Linkedinで声かけてもらったとこよ。

(参考:「Twitter」)

転職や案件紹介で使われる機会が非常に多いようですね。特に転職活動中で中々求人が見つからない人は利用してみても良いでしょう。次は以下の内容です。

LinkedIn 使ってますか?
意外とまだまだ僕の周りでは使ってる人少ない印象だけど、転職活動する人は登録おすすめ!
特に外資系企業を狙う場合はチャンスの幅がかなり広がる。

(参考:「Twitter」)

海外で広く使われている分、外資系企業への転職には非常に役立つようですね。最後は以下の内容です。

すいへい@稼ぐ力を高め続けるさん
linkedinの重要性。外資転職してから知りました。拙くてもきちんと英語でプロフィールを書いて、定期的にアップデートしておくと、ヘッドハンターからの連絡数や求人の質で自分の市場価値がわかりやすくなる。

(参考:「Twitter」)

しっかりプロフィールを英語で書きアップデートも怠らないようにするだけでも、市場価値を判断する材料にも使えそうですね。今の自分の立ち位置を把握する上でも役立ちそうです。

LinkedInの悪い評判3つ

今度はネガティブな内容の評判を見ていきます。最初は以下の内容です。

たびさん
もーちょい早くからLinkedinの自己紹介で転職活動してないって書いとけば良かった。これでメッセージ減るかな…

(参考:「Twitter」)

相手によっては腹が立つほどメッセージが多く送られてくるようですね。確かにメッセージが多いのはストレスのもとにもなるでしょう。次は以下の内容です。

Mass Kanekoさん
LinkedIn に電話番号を載せていないのに電話をかけてきた転職エージェントがいてこわい。心に余裕がなくて never again と言って電話を切ってしまった。

(参考:「Twitter」)

載せてもいない電話番号に電話がかかってくると確かに怖いですよね。最後は以下の口コミです。

カピバラ珠子@外資HRに転職さん
LinkedIn で声かけていただき、ベンチャー(最近はスタートアップと言うんかのう)の面接受けたんですが、平均年齢20代前半。わちゃわちゃパッションで楽しそうだった。年収は300万くらい落ちそうだった。そして仕事大変そうだった。。

(参考:「Twitter」)

LinkedIn経由で紹介されたベンチャーの求人が、いかにもブラックだったようですね。紹介される求人の内容は事前にしっかり見ておいた方が良いでしょう。

LinkedInがおすすめな人3タイプ

LinkedInがおすすめな人3タイプ

LinkedInを転職活動に役立てる際、特におすすめの人がいるのか気になりますよね。実際におすすめなのが以下のような人です。

外資系企業で働きたい人

まず外資系企業で働きたい人は、必ず登録した方が良いでしょう。海外の転職活動では当たり前のように利用されている分、アカウントがなければ逆に疑われます。

予めアカウントを作っておけば、多くの外資系企業求人を閲覧したり、担当者などと繋がったりして便利です。場合により優良な求人も紹介されるでしょう。

自分の市場価値を客観的に把握したい人

また自分の市場価値を把握したい人にもおすすめです。世界中の様々な企業や転職エージェントと繋がれる分、寄せられたスカウトなどによって自分に対するニーズを判断できます。

本格的な転職活動に動く気がない人でも、会員として繋がりは作れるため、現時点での内定可能性は試せるでしょう。

ビジネスの最新情報が入ってくる環境に身を置きたい人

最後にビジネスの最新情報に浸りたい人にもおすすめです。世界中のビジネスパーソンと繋がることで、先進的な情報や知識、動向などに多く触れられます。

転職以外にも起業を目指す場合も、狙い目となる業界や顧客などの情報を得る上で役立つでしょう。ラーニング機能も活かせば、様々な知見やスキルも得やすいです。

まとめ

今回は世界最大規模のビジネス向けSNS・LinkedInについて見てきました。全世界で7億人以上の企業やビジネスパーソンが利用しているため、外資系企業を中心に転職で役立ちます。

実際に利用する際は、プロフィールを充実させた上で、積極的に企業などとの繋がりを作ると良いでしょう。注目されればスカウトが増えるだけではなく、有益な情報も入ってきます。

日本ではまだまだ少数派ではあるものの、世界的には今後もユーザーが増えていく予想です。特に外資系企業への転職を目指す上で必須のツールと言えます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる