「期間工は辞めとけ」と言われる理由は?失敗する人の特徴と合わせて解説

期間工について調べていると「期間工は辞めとけ」「期間工はかなりきつい」と見かけませんか?

実際に、期間工は体力勝負となるので、体力がない人からすると、かなりキツく感じるかもしれません。また、期間工が向かない人もいます。
今回は、期間工をおすすめしない理由を解説します。

なお、今回の記事は下記の方におすすめです。

・期間工で働きたいけど自分に向いているか分からない
・期間工で働きたいけど特に目標がない
・期間工で働いて職を安定させたい方
目次

期間工は辞めとけ!となる理由

期間工は、短期間でガッツリ稼げると言われています。

年収400万〜500万円稼ぐことができて、寮費や水道光熱費は無料や格安なので、貯金をするには最高の環境となっています。

しかし、現在では入社祝い金が減少したり、工場の稼働状況によって残業や休日出勤ができなくなって稼げなくなっている期間工も多々あります。なので、期間工に入れば誰でも稼げるわけではないのです。

また、期間工によっては高待遇の条件が揃っている場合もありますが、トヨタなどの世界トップクラスの企業だけと言えるでしょう。

期間工は、辞めとけとなる理由の多くは下記の通りです。

・知識を身につけられない
・単純作業
・期間工と正社員で圧倒的な差が目の前で発生する
・寮が古く汚い
・急に雇用を切られる可能性もある

上記のように、リスクやデメリットがあります。ただ期間工で働いてお金を稼ぎたい場合は、いつまでも安定的に稼げるわけではないですし、工場の稼働状況によっては急に雇用を切られる場合もあるので、期間工で働くのは辞めとけ!となるのです。

ちなみに、現在の期間工で稼げる推定年収はおよそ、300万円〜450万円です。その原因は、世界的に発生しているウイルスであり、期間工にも大きな影響を受けています。

そのため、以前は年収500万円〜600万円稼げた期間工も、現在では残業や休日出勤の減少、契約更新時に支給される慰労満了金が減額されて、厳しくなっていることが多いです。

しかし、期間工は、学歴や職歴関係なく誰でも採用されることが多く、入社するハードルもかなり低いので、目標があって短期間でガッツリ稼ぎたいという場合は、チャレンジしてみると良いでしょう。

また、「今すぐ働けて製造の仕事をやってみたい!」「期間工として働いて正社員を目指すんだ!」「ニート期間が長く、まずは期間工で社会復帰をして様子を見たい」と、強い意思がある方は、長期的に働いても良いかもしれません。
何も目標がなくだらだらと期間工に居座るのはNGです。

【こんなタイプは辞めとけ】期間工に向かない人の7つの特徴

期間工は、誰でも合うわけではありません。

そのため、期間工に向かない人が働いてしまうと、「こんなに過酷なの?」「想像と違う」「単純作業でガッツリ稼げると思っていた」となりかねません。

ここからは、期間工に向かない人の特徴を7つご紹介します。

・単純作業ができないタイプ
・将来を深く考えてしまうタイプ
・貯金をせずにお金を散財してしまうタイプ
・体力に全く自信がないタイプ
・偉そうで自分のことしか考えないタイプ
・コミュニケーションが全く取れないタイプ
・期間工終了後のことを考えていないタイプ

単純作業ができないタイプ

期間工では、単純作業ができないタイプは向いていません。

期間工の作業は、機械による流れ作業がメインです。そのため、作業に慣れるまでは大変と感じますが、慣れるとただ淡々と作業をこなすだけなので、退屈に感じたり、時間が経過するのが長く感じてしまうこともあります。

また期間工で単純作業だと、新しく学ぶことができる環境はないので、単純作業で毎日仕事をこなすよりも、「作業に慣れたら新しい仕事も覚えていきたい!」「ステップアップしたい!」と向上心が高い人は、環境の変化がないため期間工では退屈に感じるでしょう。

単純作業が苦手な方でも、3ヶ月だけ働くなど期間を決める分には良いかもしれません。

将来を深く考えてしまうタイプ

将来を深く考えてしまうタイプは、期間工を辞めておいた方が無難です。

期間工は単純作業がメインなことをお伝えしましたが、将来を深く考え込んでしまうタイプは、期間工で働くことは向かないでしょう。

なぜなら、期間工の作業は単純なので誰でもできます。もし、ミスを繰り返し起こしてしまったり、仕事が辛いと感じてしまうと「期間工の仕事がまともにできなかったらどこでも働けない」「期間工で働いて何をしているんだろう」と考え込む可能性があります。

このような人は、期間工で働いてもすぐ辞めてしまいますし、将来に悲観してヒステリックになり、周りの雰囲気を悪くする可能性もあるので、期間工で働くのはおすすめできません。

期間工で働く前に、目標や働く期間を決めるのがベストです。

貯金をせずにお金を散財してしまうタイプ

期間工では、貯金せずにお金を散財するタイプは期間工に向いていません。

期間工の1番の魅力は「金銭面」です。初月から30万円稼げるので、給与が支給されると自分へのご褒美として美味しいご飯を食べたり、ご褒美を買いたくなりますよね。

しかし、一気に使ってしまうタイプは要注意です。契約更新月には、慰労満了金などが支給されると給与の倍の金額が口座に振り込まれます。そのため、テンションが上がって高額なものを買ったり、飲みに出歩いて一気に散財することで、貯金がゼロになることも少なくありません。

期間工は、いつまでも働けるわけではありませんし、景気や工場の稼働状況によっては、契約更新されずに急に無職になることもあり得ます。期間工で働く多くの人は、目標があって貯金をするために働くので、散財するタイプは向かないでしょう。
期間工でただ働いて散財するだけでは、この先不安になるかもしれません。

体力に全く自信がないタイプ

体力に自信がない人は期間工に向いていません。

期間工は、企業にもよりますが、体力作業が多いです。特にクルマ関係の工場だと、車体一つ一つのパーツが大きくて重いものもあるので、組み付けるのに体力を消耗します。

比較的、作業が楽な工場もありますが、部品を製造するのに立ち仕事は必須となります。長時間立つことが厳しいほど体力に自信がないタイプは、期間工で働くのは絶対と言っていいぐらい、辞めとけ!となります。
体力に自信がない方は、運動をするなど体力をつけると良いでしょう。

偉そうで自分のことしか考えないタイプ

自分のことしか考えていないタイプは期間工に向いていません。

期間工で働く多くの人は、目標を持って働きに来ています。なので、偉そうな態度を取って真面目に働いている人を見下したり、「合わなかったらすぐにやめればいいや」と自分のことしか考えていない人は、追い出される可能性もあります。

自分が1番だと勘違いして、周りに敵対心も剥き出しにするのは、期間工以外でも職場でも嫌われますので、心を入れ替えて与えられた仕事を全うにこなしましょう。
期間工でも、一緒に働く仲間は大切にして仕事に励んでください。

コミュニケーションが全く取れないタイプ

コミュニケーションが全く取れないタイプも、期間工に向いていません。

期間工の作業は、機械による単純作業いわゆる「ライン作業」がメインとなるので、「コミュニケーションって必要?」と思われるかもしれません。しかし、期間工でもある程度のコミュニケーションは必要となります。

作業について先輩から教えてもらったり、ご飯休憩は同僚と一緒に取ったり、寮の場合は、共同スペースや相部屋になる場合もあるので、コミュニーケーションは必須です。また、期間工から正社員を希望する人は、周りとコミュニケーションが取れないと推薦がもらえません。
全く話せないと、周りから距離を置かれてしまう可能性もあるので注意ですよ。

期間工終了後のことを考えていないタイプ

期間工では、終了後のことを考えていないタイプもあまりおすすめできません。

期間工で働く上で、多くの人は目標を立てています。「起業したい」「資格取得したい」「留学したい」など、人によってさまざまですが、つい辞めとけ!となるタイプは、期間工終了後のことを考えていない人です。

期間工で働く期間は限られているので、毎月安定した生活ができることに満足して目標を立てずにダラダラしていると、お金もそんなに残らない状態でニートや期間工をループしてしまう可能性があります。

期間工は、稼げる上に無料の寮があるので、生活費を格段に抑えることができます。ですが、期間工ループをしても年齢を重ねるだけでスキルは何も身につきませんし、自分の成長にも繋がらないので、注意が必要です。

期間工で働く上で、ある程度の目標は必要ですよ。

期間工で失敗してしまう人の特徴

期間工で働く上で、失敗してしまう人はいらっしゃいます。

ここからは、期間工で失敗してしまう人の特徴についてご紹介します。

・期間工を転々として時間稼ぎをする
・ただ働いて稼げれば良いと考えている
・やりたいことや目標が何もない

期間工を転々として時間稼ぎをする

期間工で、転々として時間稼ぎをする人は失敗するでしょう。

期間工は働く期間が限られています。そのため、契約終了が間近になっても「次の就職先を探すのがめんどくさいからいいや」「期間工が楽だし次の期間工を探そう」と、期間工を転々として、時間稼ぎをするといつか失敗します。

期間工を転々とするのは、悪いことではありませんが、転々として働いてもスキルも何も身につきませんし歳を取るだけです。中には、期間工から正社員に昇格する人もいます。目の前で昇格する人がいると、期間工を転々としている自分が惨めに感じるかもしれません。
期間工を転々とする場合は、3年間だけと期間を決めるのが良いでしょう。

ただ働いて稼げれば良いと考えている

期間工で、ただ働いて稼げれば良いと考えている人は失敗するでしょう。

期間工は、単純作業で正社員並の給与を稼ぐことができます。そのため、慣れてくると気持ちが緩んで「ある程度稼げるし、このままでいいや」とただ時間を消費する人になってしまいます。

期間工は、その名の通り「期間従業員」なので、契約満了の期限がきたら終了となります。なので、ただ働いて稼いでいたとしても、終わった時に失望感を感じる可能性もあります。
失敗しないためにも、次のことを考えながら働いて期間工から脱出しましょう。

やりたいことや目標が何もない

期間工で、やりたいことや目標が何もない人は失敗するでしょう。

期間工の面接では、必ずと言っていいほど志望動機を聞かれます。なので、やりたいことや目標が何もない人は不採用となる可能性もありますし、入社ができたとしても、周りが目標に向かって頑張っている姿を見て消失感を感じてしまうかもしれません。

やりたいことや目標がある人は、ある程度稼げたら期間工を退職して目標に向かってさらに頑張ります。その中で、自分だけ何も目標が状態で期間工に取り残されて、契約終了したら必ず失敗します。

失敗しないためにも、期間工に入る前にやりたいことや目標を立てましょう。

【辞めとけと言われないために】期間工終了後の計画を立てる

最後は、辞めとけ!と言われないためにも、期間工が終了後の計画を立てましょう。

・目標に向かって突き進む
・正社員登用を受験して正社員を目指す
・他の企業で正社員を目指す
・もう一度他の期間工で働く

このように、期間工終了後の選択肢はいくつかあります。目標がある方は、目標に向かって突き進めば良いですが、目標がない方は、計画を立てなければなりません。

期間工では、入社後1年で正社員登用を受験することができるので、ここで正社員として安定した生活を手に入れたいと考えている方は、挑戦してみると良いでしょう。

しかし、特に計画もなく、ダラダラとしてしまいそうな人は、他の企業で正社員の面接を受けるのも一つの手ですし、他の期間工で働くのもアリだと思います。

そのため、自分の将来性に合った選択を用意して計画達成に向けて頑張る必要があります。少し大変に感じるかもしれませんが、「期間工は辞めとけ!」と言われないためにも、計画を立てて頑張りましょう。

期間工はゴール地点ではなく、通過地点なので、計画的に進めることが大切です。

まとめ

期間工は辞めとけ!となる理由について解説しました。

期間工は、いろいろな事情だったり、目標を抱えて頑張るために働く人がほとんどです。そのため、他の人の足を引っ張ったり、やる気がなく何の目標もないままダラダラしている人は、失敗します。
そうならないためにも、目標を立てて期間工ライフを楽しみましょう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる