【初心者でも簡単】期間工に応募するための履歴書の書き方!コツや注意点を解説

期間工で働くには、必ず履歴書の提出が必要となります。

「期間工は面接や説明会に参加したら受かるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、期間工の履歴書は書類選考や面接時に必要となるため、しっかりとした内容を書かなければなりません。
今回は、期間工での履歴書の書き方についてご紹介します。

なお、今回の記事は下記の方におすすめです。

・初めて履歴書を書く方
・期間工の面接で、履歴書の書き方が分からない方
・履歴書を久しぶりに書く方
目次

期間工に応募するための履歴書の書き方

期間工に応募するための履歴書の書き方

期間工で働くためには、面接や会社説明会があります。

企業によっては、書類選考を行って通過した方のみ、面接や会社説明会に参加することができます。そのため、履歴書の提出は必須となり、各項目の内容も重視されます。いざ書くとなると「どんな風に書けば面接官の印象に残る?」と、考えてしまう場合も多いですよね。

ここからは、履歴書の基本的な項目と各項目の書き方についてご紹介します。

基本情報・証明写真

まずは、基本情報と証明写真についてご説明します。

基本情報とは、「氏名・年齢・性別・住所・連絡先・緊急連絡先」となります。

氏名と住所には、必ずフリガナを書くことを忘れないようにしましょう。緊急連絡先は、実家の住所や親族の住所にすることが一般的です。

履歴書に貼る証明写真は、証明写真の機械で撮影するか、スマートフォンを使って撮影した写真を証明写真サイズに印刷する方法があります。どちらも、服装は白いシャツやポロシャツを着用してフォーマルな格好で撮影しましょう。
胸上まで映るので、シャツの下に派手な柄や色のインナーを着用しないように注意しましょう。

学歴・職歴

次に、学歴と職歴の欄です。

学歴や職歴はできるだけ正式名称で記入すると良いでしょう。会社名が長いからと言って、「株式会社〇〇」を「(株)〇〇」に省略するのはNGです。

記入例は下記の通りです。
学歴
平成〇〇 ○月 東京都立〇〇高等学校 〇〇科 卒業
(空白)

職歴
(正社員・期間工)
平成〇〇 ○月 株式会社〇〇 入社
平成〇〇 ○月 株式会社〇〇 一身上の都合で退社

(派遣社員)
平成〇〇 ○月 株式会社〇〇(派遣会社)に登録
平成〇〇 ○月 株式会社〇〇(派遣先) 〇〇部署 派遣社員として従事
平成〇〇 ○月 株式会社〇〇(派遣先) 〇〇部署 派遣期間終了
平成〇〇 ○月 株式会社〇〇(派遣会社) 退社(退社した場合のみ)

アルバイトは書かなくても大丈夫です。しかし、アルバイト経験しかない場合や雇用保険に加入していた場合は、記入すると良いでしょう。

職歴の空白期間が長いと、その間何をして過ごしていたのか聞かれる場合があるので答えを用意していると安心です。「家事手伝い」や「資格などの勉強をしていた」と伝えるのも良いかもしれません。

免許・資格

免許・資格の欄はある場合だけ記入しましょう。

・普通自動車運転免許
・フォークリフトや溶接関係の資格を取得済み

期間工の作業では、フォークリフトの操作や溶接の作業が多いため、資格を持っている方は有利になるかもしれません。また、自動車メーカーでの勤務は運転免許が必要になる場合もあるため、記入しましょう。

何も資格がない場合は、空白でも問題ありません。なぜなら、資格欄が空白でも合否には影響しないためです。

志望動機

志望動機は履歴書の中でも1番重要となります。

志望動機を書くときは、「字を綺麗に書く・文章は斜めにならないようにまっすぐ書く・記入欄を埋めすぎない・記入欄からはみ出さない」ことを意識して書くと良いでしょう。

志望動機は、面接で必ず聞かれるので、筋が通るように書くことが重要です。

・なぜ弊社に応募したのか?
・契約期間までしっかりと働いてくれるか?
・体力に自信はあるのか?

この3点は、必ずと言っていい程聞かれるので、志望動機に上手く取り入れてながら自分の言葉で書くと、面接時にも詳しく答えることができるでしょう。

通勤時間・配偶者の有無・扶養家族数

3つの欄は、ざっくりと書いても大丈夫です。

勤務時間は、自宅から職場までの時間を記入します。ざっくりで構いませんが、きっちりと書きたい方は、Googleマップなどで、クルマや徒歩別で自宅から職場までを検索して時間を調べると良いでしょう。

入寮を希望している場合は、自宅から職場まで、会社規定の距離を満たしていないと寮に入れないため注意が必要です。

配偶者の有無は、どちらかに○をつけて、扶養家族がいる場合は人数を記入します。

独身の場合は、0人と記入すればOKです。

本人希望欄

本人記入欄には、希望の工場名や勤務を記入します。

期間工では、いくつかの工場の中から選別して配属されるので、希望が出せる場合は希望の工場名を記入すると良いです。希望勤務も同じです。しかし、企業によっては、配属先を選択できない場合もあるので、その時は記入しなくて大丈夫です。
特に希望がない場合は、無記入で提出しましょう。

期間工の履歴書を作る時の4つのポイント

期間工の履歴書を作る時の4つのポイント

期間工の履歴書を作る時には、4つのポイントがあります。

履歴書は面接官が読みやすく印象に残るように仕上げることで、自分をアピールして好印象を残せるので、ポイントを抑えてきれいな履歴書を作りましょう。

4つのポイントを意識するだけで、履歴書の内容が格段に上がりますよ。

手書きの場合は丁寧な字で書く

期間工の履歴書を手書きで書く場合は、丁寧な字で書きましょう。

履歴書は面接官に自分をアピールするための書類です。そのため、拙筆で書いてしまうと「字が汚くて読む気がしないな」と思われてしまう可能性があります。そうならないためにも、履歴書を書く時は、丁寧な字で書くように意識しましょう。

丁寧な字を書くためには3つのコツを使ってみるのもおすすめです。

・字が斜めにならないように鉛筆などを使って定規で線を引く(特に志望動機欄)
・ボールペンの太さは、0.5mmか0.7mmのゲルインクが良い(水に強く・滲みにくく・書きやすい)
・「点と丸」は使いすぎない
履歴書を書く時に少し工夫することで、面接官に「読みやすいな」と思ってもらえるかもしれません。

西暦・和暦は統一して書く

履歴書では、西暦・和暦は統一して書きましょう。

履歴書でありがちなのが、履歴書記入日や職歴では和暦なのに、生年月日だと西暦になってしまうことが多いようです。原則、西暦と和暦どちらでも記入することが可能ですが、必ず統一しましょう。
統一することで、記入ミスの軽減や面接官が見やすくなります。

アピールポイントは明確に書く

期間工の履歴書では、アピールポイント明確に書きしょう。

志望動機の欄は、履歴書で自分をアピールすることが唯一可能です。なので、志望動機欄ではアピール内容を明確にして、面接官が読みやすいように書くと良いでしょう。

おすすめのアピールポイントは下記の通りです。

・クルマが好きで製造の仕事に就きたいと思っていた(クルマメーカーの場合)
・御社の製品が好きで愛用しており、製品へのこだわりを実際に製造して学びたいと思った
・体力には自信があり、契約期間内はしっかりと働ける
このように、明確なアピールポイントを加えて志望動機を書くことで、面接官に意欲を伝えることができます。

職歴を省略しすぎない

履歴書には、職歴を省略しすぎないことが大切です。

職歴の欄では、今まで働いたことがある企業名や就業期間を書きますが、注意点が2つあります。

・企業名を省略しない
・期間工での就業が多い場合、別の紙に書く

企業名が長い場合、書く時に省略したくなったりしませんか?しかし、企業名を省略するのはNGです。株式会社〇〇を(株)〇〇にしてしまうと、担当者が企業について調べた時に、「企業名が長くて面倒臭いから手を抜いたの?」と思われてしまう場合があります。

また、期間工での就業が多いと、職歴欄に書ききれず、省略したくなると思います。1回程度は大丈夫かもしれませんが、数回に渡って省略してしまうと、面接官に不信感を与えたり話の辻褄が合わなくなる可能性もあります。
履歴書に職歴を書ききれない場合は別途、職務経歴書を作成するなど工夫しましょう。

期間工に応募する履歴書を書く時の4つの注意点

期間工に応募する履歴書を書く時の4つの注意点

期間工に提出する履歴書を書く時には、4つの注意点があります。

履歴書を書くときには、面接官が読みやすいように工夫する必要があります。そうすることで、面接官に「きれいで読みやすい、気を遣えるんだな」と良い印象を残せることができます。
4つのポイントを意識することで、ミスを減らすことができますよ。

誤字脱字に注意する

期間工の履歴書を書く場合は、誤字脱字を注意しましょう。

期間工の履歴書は、書類選考がある企業の場合は非常に重要となるため、誤字脱字がないように書くことが重要です。

誤字脱字を防ぐためにはこれらを実践すると誤字脱字を軽減できます。

・シャープペンシルなどで下書きをする
・職歴に記入する企業名を調べる
・です・ます調で作成する
・完成したら一通り読み返す

履歴書はシャープペンシルなどで下書きをすることで、消してたり書き直すことがすぐにできるので、誤字脱字を防ぐことができます。職歴に記入する企業名はしっかりと調べることで、正確な企業名や表記を記入できます。

志望動機は、です・ます調を意識することで、文章がまとまります。完成したら履歴書を一通り読み返すことで、誤字脱字防げるので、完成したら必ず見直しましょう。

用紙が折れ曲がっていないか確認する

履歴書の書き始めと書き終わりには、用紙が折れ曲がっていないか確認しましょう。

履歴書を提出するときに、用紙が折れ曲がっていたり汚れていたりすると、面接官に「やる気がないのかな?」「適当に書いたのかな?」と思われてしまいます。

そのため、履歴書を書い始める前には、用紙にシワや折り曲がりが無いか確認して、作成中もボールペンで汚したり折り曲がらないように注意して書きましょう。

記入する時は、姿勢と用紙を真っ直ぐにすることで汚しにくくなりますよ。

消極的な内容は書かない

期間工の履歴書には、消極的な内容を書かないようにしましょう。

志望動機では下記の内容は避けた方が良いです。

・短期間でお金を稼ぎたい(起業や学費など明確な目的がある場合は別)
・ギャンブルや借金返済に使いたい
・一定期間働いたあとしばらく遊んで暮らしたい
・住んだことのない地域で寮に入って働きたい

期間工で働く上で、1番魅力的な待遇は金銭面だと思います。しかし、志望動機で金銭面のことを話してしまうと、「お金目的だけで働きに来たの?」と思われても仕方がありません。

また、期間工では遠方でも寮に入ることができるので、企業によっては無料で住まいを確保することができます。そのため、固定費を節約して住むことができるので、色々な地域で働きたい方には魅力的ですが、伝え方によっては「旅行感覚で働きに来るの?」と思われてしまいます。
消極的な内容なマイナスな印象になりかねないので避けましょう。

自己PRの欄は3分の2程度を目安に書く

期間工の履歴書で重要な自己PRの欄は、3分の2程度を目安に書きましょう。

履歴書によって自己PRの欄は、大きかったり小さかったりサイズが異なります。そのため、PRしたいことを全部書こうとしたり、省略しすぎてしまうと枠と文字数のバランスが悪くなってしまいます。

自己PRの欄を3分の2程度目安に書くことで、履歴書全体とのバランスも取りやすく、面接官の読みやすいでしょう。

書きたいことが多いからと言って枠から文字がはみ出るのは絶対に避けましょう。

期間工に履歴書を提出する方法

期間工に履歴書を提出する方法

期間工に履歴書を提出する方法は、2つあります。

履歴書の提出方法は、応募後に書類選考の場合は本社に郵送、応募後に面接や企業説明会の場合は面接時に提出します。

企業によって履歴書の提出方法は異なりますので、応募時に必ず確認しましょう。

本社に郵送

本社に郵送する場合は、下記の通りに提出します。

・履歴書をクリアファイルに入れる
・封筒はA4サイズを使う
・住所と企業名は縦に書く
・企業名は省略せずに、部署名の後に御中と書く
・個人宛の場合、〇〇部署 〇〇様と書く
・封筒の左下に「応募書類在中」と書き赤ペンで四角に囲う

郵送の場合は、履歴書が折れ曲がったりしないように、クリアファイルに挟んで提出しましょう。提出は部署か個人宛によって書き方が変わるので、応募時に必ず確認してください。

提出期間内に到着するように余裕を持って用意しましょう。

面接時に提出

面接時に提出する場合は、下記の通りに提出します。

・クリアファイルに入れる
・封筒には入れない

面接時に、履歴書を提出する場合は、クリアファイルに入れるだけで大丈夫です。履歴書を封筒に入れてしまうと、開封に手間をがかかって時間を取ってしまいますが、クリアファイルだとすぐに提出することができます。

履歴書を綺麗な状態で提出するためにもA4のクリアファイルに入れましょう。

まとめ

期間工の履歴書の書き方については以上です。

期間工で提出する履歴書は非常に重要となるので、読み手の立ち場になって、「綺麗な字でわかりやすく・読みやすく」を意識して作成しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる