期間工で働く時の住民税は?納税方法や注意点について徹底解説

期間工で支払う税金の仕組みって知っていますか?「期間工って住民税を払うの?」「期間工が住民税を支払うにはどうしたらいいの?」と思いますよね。

期間工は、働き始めた年の翌年から支払う義務があります。そのため、期間工を辞めた次の年に住民税が発生するので収入が途絶えた場合は注意が必要ですので、ある程度のお金を備える必要があります。

今回は、期間工の住民税について解説します。

なお、今回の記事は下記の方におすすめです。
・期間工の住民税の支払いについて知りたい方
・住民税の仕組みについて知りたい方
・住民税を節税する方法を知りたい方
目次

期間工が支払う住民税は?

期間工が支払う住民税について解説します。

住民税は、すぐに支払うのではなく、翌年に支払いが開始されるので覚えておきましょう。

住民税は2つの税金を合わせたもの

期間工で支払う住民税は、2つの税金を合わせたものです。

住民税とは、都道府県民税と市町村民税が合わさったものを言います。そのため、市町村が一括して徴収する仕組みです。

住民税は、市町村の道路や建物の設備、子育て支援、教育や学校、高齢者支援など生活に必要なことに使用されています。
住民税は市町村をより快適に住みやすくするために利用されているのですね。

前年の所得で支払額が決まる

期間工で支払う住民税は、前年の所得で支払額が決まります。

住民税は、前年の年収に対して課税されるため、期間工で働き始めてもすぐに徴収されることはありません。

期間工の平均年収は400万円程度なので、住民税は約20万円支払う義務があります。給与天引きの場合は毎月17,000円程度、自分で納税する場合は、1回の納税書で50,000円程度を納税する義務があります。
期間工を退職して無職になっても、翌年には納税しなければならないので注意しましょう。

納税先は1月1日に住民票を置いている市町村

期間工で支払う住民税の納税先は、1月1日に住民票を置いている市町村から徴収されます。

原則、1月1日に住民票を置いている市町村から納付書が届きますが、1月2日に引っ越しても1月1日に住んでいた市町村が基準となるので注意しましょう。

納税通知書を受け取るためにも、引越しをしたら住民票を移すのを忘れないようにしましょう。

期間工の住民税の納税方法

期間工の住民税の納税方法は、2つあります。

納税方法を理解して滞納しないようにしましょう。

給与から天引き

期間工が支払う住民税は、給与から天引きされます。

期間工は、契約社員として会社に在籍しているので、給与所得者として給与から天引きされています。

住民税の総額を12ヶ月で割った金額を、6月から翌年の5月まで自動的に毎月給与から天引きされるので、毎月の給与明細で確認すると良いでしょう。
給与明細の控除の欄に住民税を記載されているので、天引きされた金額を確認することができますよ。

給与から天引きされない場合もある

期間工が支払う住民税は、給与から天引きされない場合もあります。

大手メーカーだと、給与から住民税を天引きすることが多いですが、企業によっては給与から住民税を天引きしない場合もあるので注意が必要です。

自分で支払う場合は、毎月ではなく年に4回に分けて納税する必要があります。一期・二期・三期・四期に分かれた納税書がまとめて送付されます。納税方法は、指定の金融機関・郵便局・コンビニ・スマホによる請求書払いができます。

※ちなみに、一期から四期は6月末、8月末、10月末、翌年の1月です。

四期までのそれぞれの請求書には上記のように納期期限がありますが、納期期限前にまとめて納税しても問題ありません。

住民税を延滞した時のリスク

期間工が支払う住民税を滞納した時の3つのリスクを解説します。

住民税は滞納した場合、かなりのリスクが発生しますので、出来るだけ滞納しないで支払うことが大切です。

督促状が届く

期間工で支払う住民税を滞納すると、自宅に郵送で督促状が届きます。

住民税は、1日でも支払いが遅れてしまうと滞納として扱われるので注意して下さい。滞納者として扱われると、滞納日から20日以内に督促状(納付書)が自宅に届きますが、そのままにしていると、催告書(納付書)自宅に届くか担当者から連絡があります。
どちらも納付期限を記載した書類と納付書が同梱されているので、すぐに支払いましょう。

延滞金が発生する

期間工で支払う住民税を延滞すると、延滞金が発生します。

滞納税の計算方法は、滞納した住民税×税率×延滞金となります。また、税率は納税期限から2ヶ月以上滞納した場合変更されるので注意しましょう。

納税期間から2ヶ月以内 滞納税の割合の7.3%または特例基準割合+1%の低い方
納税期間から2ヶ月以上 滞納税の割合の14.6%または特例基準割合+7.3%の低い方
納税の滞納期間が長くなるほど、延滞金も高くなってしまうため、滞納したとしても2ヶ月以内に納税することを意識しましょう。期間工で稼いだ金額が多いほど、延滞金も割合も高くなってしまいます。
住民税の支払いが厳しいからと言って放置するのではなく、市役所の納税課に相談して分割にしてもらう方法もありますよ。

給与が差し押さえられる

期間工が支払う住民税を放置したら、給与が差し押さえられる場合もあります。

複数回に渡って通知された催告書(納付書)を放置すると、早ければ10日後に、対象とされやすい給与口座を差し押さえる場合が多いです。

法律によって給与全額が差し押さえられることはありませんが、給与の4分の1まで差し押さえられる場合があります。しかし、給与口座で差し押さえができなかった場合は、換金性のある車や家財、不動産も対象となるでしょう。

また、差し押さえになると下記の情報も全て調べられます。

・家族構成
・勤務先
・給与金額
・所有財産
・生命保険等の加入状況
・戸籍
最悪の場合、金融機関や会社に連絡がいくこともあるので、職場に居辛くなるかもしれません。

期間工を辞めた後の住民税の注意点

期間工を辞めた後の住民税には2つの注意点があります。

住民税は忘れた頃に、納税書が届くので注意点を抑えて、後々の自分が困らないように対策をしましょう。

納税通知書を受け取れるように住所変更をする

期間工を辞めた後は、納税通知書を受け取れるように住所変更をしましょう。

期間工で働くと入寮する場合が多いので、就業期間によっては寮の住所に変更します。そのため、期間工を辞めた後に住所変更をしなければ、納税通知書が届かなくなってしまいます。

納税通知書が届かないと、住民税を納税することができず、期間がすぎると滞納扱いになるので注意が必要です。また、住所変更をしていないことに気がついた場合は、住所変更後、念のために市役所の納税課に連絡しましょう。
納税通知書を受け取れるように、期間工を辞めた後は早めに住所変更を行いましょう。

翌年の納税のために備える

期間工を辞めた後は、翌年の納税のために備える必要があります。

住民税は、期間工で働いた翌年に前年度分が納税通知書として届きます。そのため、期間工の退職のタイミングによっては住民税を支払う必要がありますので、翌年の納税のためにお金を用意しておきましょう。

納税通知書は、四期に分けて請求されるので、一期までに全額支払えない!ということがないようにしましょう。

また、期限までの納税が厳しい場合は、市役所の納税課に相談して毎月支払える範囲で分割払いにしてもらうこともできます。現状で、一括での支払いができないことを説明して毎月〇万円だったら支払えると相談すると対応してくれますよ。

期間工を辞めた後でも、住民税のことを考えてある程度のお金は備えておきましょう。

年収450万円以上の期間工はふるさと納税を利用すべき!

年収450万円以上ある期間工では、ふるさと納税を利用するとお得です。

ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体に寄付する制度となっており、下記のメリットがあります。

・各自治体の特産品や名産品が貰える
・使った金額は税金から控除・還付される
・ワンストップ制度を利用すれば確定申告は不要

期間工は高収入なので、その分多くの住民税を支払わなければなりません。しかし、ただ住民票を登録している自治体に支払うだけではメリットを感じられないのが正直なところだと思います。

ふるさと納税は、自分が応援したい自治体が提供している特産品(肉や魚・お酒など)を購入(寄付)して、購入金額の(寄附金)2000円を超える場合、住民税の控除を受けることができます。

ふるさと納税のやり方は、自分の控除額を調べる(控除額の調べ方は、ふるさと納税公式サイトにシミュレーションあり)、寄付する自治体を決めて寄付を申し込む、お礼の品と寄付金受領証明書が届きます。

ただ住民税を支払うよりも、ふるさと納税を利用して税金の控除と特産品を貰うとお得に住民税を納めることができますよ。

本気で期間工をするなら専門サイトからの応募がお得

もし「本気で期間工で稼ぎたい」「より期間工でお得に稼いでいきたい」と感じている方は、期間工セレクトと呼ばれる専門サイトで探すと非常にお得になります。

期間工セレクト
  • オリコン顧客満足度No.1
  • 入社祝金の特典有り
  • 期間工の種類が豊富

直接応募するよりも専門サイトを経由することで、入社特典の祝金をより多く受け取ることが可能です。

本気で稼ぎたいと考えている方は、是非このタイミングで利用してみることをおすすめします。

\ 祝金でよりお得に /

期間工のおすすめ会社を実際に確認してみた

まとめ

期間工が支払う住民税について解説しました。

期間工が支払う住民税は、メーカーによって異なりますが、大体給与から天引きされることが多いです。しかし、給与から天引きされずに自分で支払う必要がある場合もあるので、事前に確認すると良いでしょう。

中には、インターネットで調べると、期間工を辞めた後に、住民税が請求されることを知らない人もいるようです。なので、翌年になって、納税通知書で支払う必要があることを知って手持ちがないことで、支払えずに滞納した経験がある人をチラホラ見かけます。

そうならないためにも、期間工で働いている間からある程度のお金を残しましょう。
あわせて読みたい
期間工に入社したら住民票はどうする?寮に入った後の手続き方法
期間工に入社したら住民票はどうする?寮に入った後の手続き方法期間工入ると同時に入寮する人がほとんどだと思います。しかし、「入寮したら住民票はどうするの?」「住民票の移動の仕方が分からない」と疑問に思いますよね。期間工...
あわせて読みたい
期間工も失業保険はもらえる!受給資格と受け取りまでを徹底解説
期間工も失業保険はもらえる!受給資格と受け取りまでを徹底解説期間工との契約終了後、失業保険を受給することができますが、「失業保険ってどうやったら受給することができるの?」「失業保険って期間工を辞めたら無限に貰える?」...

また興味がある方は、上記の記事も確認してみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる