期間工での志望動機の書き方は?使える例文と注意点も紹介

期間工で働くためには履歴書の提出と、面接があるため志望動機が必要となります。

「期間工の面接は受かりやすいから志望動機って重要じゃないでしょ?」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、期間工の志望動機は履歴書と面接で必要となるため、筋が通った内容を考えなければいけません。
今回は、期間工での志望動機の書き方をご紹介します。

なお、今回の記事は下記の方におすすめです。

・期間工の面接が初めてで、志望動機の作り方が分からない方
・効果的な志望動機の作り方を知りたい方
・期間工での志望動機が浮かばない方
目次

期間工で働くための志望動機は重要?

期間工で働くための志望動機は重要?

期間工で働くためには、面接と会社によっては書類選考があるため、志望動機は必須となります。しかし、志望動機を書く機会や考える機会はあまりないと思うので、いざ書くとなると「何を書いたらいいの?」と、内容が浮かばない場合も多いですよね。

期間工での仕事は、力仕事や夜勤がある勤務体制でハードワークになることが多いです。

そのため、企業側が求めている人材は下記の通りになります。

・体力に自信がある人
・無断欠勤や遅刻、ブッチをしない人
・交替勤務に対応してくれる人
・契約期間までしっかりと働いてくれる人
・トラブルを起こさない人

このように、社会人として真っ当に仕事を取り組んでくれる人を求めています。

期間工の給与や待遇は魅力的なことが多いことから、志望動機にはやる気のアピールを前面に出して、採用されてから実際に勤務すると「思ったよりキツいから辞める」「交替勤務・夜勤が大変だから無理」と言って入社して1ヶ月以内で辞める人が多いのが事実です。

なので、企業としてはやる気だけではなく、体力に自信がある方や契約期間までしっかりと働いてくれる人を求めているので、志望動機では上記のことをしっかりとアピールすることが採用の決め手の一つとなります。

期間工の面接は受かりやすいと思われがちですが、履歴書の志望動機をありがちな内容で書いても、いざ面接で志望動機を聞かれたときに、うまく答えられなかったりしてアピール不足で不採用に繋がることもあるので注意が必要です。
期間工での志望動機は重要になるのでしっかりと考えましょう。

期間工の志望動機でありがちなNG例

期間工の志望動機でありがちなNG例

期間工の志望動機でありがちなNG例を3つをご紹介します。

ありがちなNG例を確認して志望動機を作ることで、不採用になる可能性を下げることができますよ。

・金銭面が良いから
・正社員になりたいから
・待遇が良いから

金銭面が良いから

期間工の志望動機で、金銭面が良いからと書くのはNGです。

期間工の待遇は、正社員に比べるとほぼ変わらない給与を受けられます。さらに、契約満了とともに満了慰労金も支給されるので、半年間で100万円以上稼ぐことが可能なのでとても魅力的ですよね。

金銭面の良さで応募する方は多いと思いますが、志望動機で正直に「金銭面が良いから」と書いてしまうと、面接官としてはあまり良い気持ちにはなりませんし、面接官によっては、「お金に困っているのか?」と質問してくる場合もあります。

自分で会社を立ち上げる目的や留学など、目標のためにまとまったお金が必要な場合や貯金をしたいなど、プラスになることを伝えると場合は良いですが、クルマの購入資金やギャンブルの資金など娯楽目的は、「やる気はあるのか?」と思われてしまいかねないので要注意です。

金銭面が良いのは魅力的ですが志望動機に加えるのは不向きでしょう。

正社員になりたいから

期間工の志望動機で、正社員になりたいからと書くのはNGです。

期間工の求人では、「期間工として契約期間内にきちんと働いてくれる人材」を重視して採用することが多いです。そのため、志望動機で正社員になりたいと伝えてしまうと、「正社員希望なら正社員募集から応募して」と思われてしまう可能性があります。

期間工では、年に数回正社員登用と実施している企業がほとんどですが、工場の稼働や景気によっては正社員登用の採用枠が減少したり、実施しない場合もあります。なので、志望動機で正社員になりたいとアピールをしてしまうと、採用枠が減少したり、実施しないと辞めてしまうと思われてしまう場合があります。

企業としては、長く働いてくれる人材を求めているので、志望動機でアピールしなくても、入社後しっかりと業務に取り組むことで、上司からの推薦を貰って正社員登用に応募することができるので、志望動機で正社員登用について書くのは避けましょう。

期間工から正社員になるには入社後の行動が重要なので志望動機で書くのはNGです。

待遇が良いから

期間工の志望動機で、待遇が良いからと書くのはNGです。

期間工の待遇は、正社員と変わらないようにしている企業が多いです。そのため、社会保険完備や年間休日が多かったり、食事補助、赴任の寮が無料や格安なので、給与と待遇が良いことで、応募する方が多く見られます。

しかし、志望動機で待遇が良いからと書いてしまうと、面接官に良い印象が残せないかもしれません。期間工の仕事内容は企業によってさまざまですが、力仕事などハードワークになる場合が多いため、その分良い待遇を設けている企業がほとんどです。

なので、待遇面をアピールしてしまうと、「きつい仕事でも頑張れるのか?」と思われてしまう可能性があります。待遇が良いのは志望動機に組み入れたくなりますが、出来るだけ入れない方が良いでしょう。

志望動機で待遇について触れるとマイナスな印象になりかねません。

期間工に受かりやすい志望動機の書き方3選

期間工に受かりやすい志望動機の書き方3選

期間工に受かりやすい志望動機の書き方をご紹介します。

志望動機を考えたり、書くのに1日中の時間を使ったりすることが多いですよね。自分で考えても内容がうまく纏まらなかったり、長文になりすぎたりしてしまってやり直しになったりすることを減らすためには3つのアピールポイントを抑えると良いですよ。

・体力があることを積極的にアピール
・工場勤務の経験がある場合は必ず伝える
・契約期間内に働けることをしっかりとアピール

体力があることを積極的にアピール

期間工の志望動機では、体力があることを積極的にアピールすると良いでしょう。

期間工の仕事は、工場内での流れ作業が多いですが、大きい部品や組み立てるパーツを持って作業したり、溶接など室内が暑い環境で作業することが多いです。そのため、腕や腰に負担がかかりやすく、入社後1ヶ月以内に辞めてしまう人が多いです。

なので、企業としても体力があって長く勤めてくれる人材を求めているので、体力に自信があることをアピールすると良いでしょう。また、期間工では、交替勤務で夜勤がある場合がほとんどなので、生活環境の変化にも強いことを同時にアピールするとさらに良いです。

同時に、スポーツ経験がある・身体を鍛えている・重いものを持つことに自信がある・体調管理をしっかり行えるなど、当てはまる内容があれば一緒にアピールすることで、採用に繋がりやすいでしょう。

期間工での体力は重要となるので、しっかりとアピールしましょう。

工場勤務の経験がある場合は必ず伝える

期間工での志望動機で、工場勤務経験がある場合は必ず伝えると良いでしょう。

期間工での仕事は、全て工場での勤務となるので、工場勤務の経験がある方は有利となる場合があります。工場勤務経験があると企業側としては、指導者が仕事内容を教えやすかったり、すぐ辞める心配があまりないため、採用されやすくなるでしょう。
志望動機に工場勤務の経験があることをしっかりとアピールできるようにしましょう。

契約期間内に働けることをしっかりとアピール

期間工の志望動機では、契約期間内に働けることをしっかりとアピールすると良いでしょう。

期間工は、給与や待遇が良く未経験でも働けることから、多くの人が面接に応募します。その分採用枠も多く儲けている企業が多いですが、実際に働くと入社1ヶ月以内で退社する人が多いです。

すぐ退社してしまう理由としては、仕事内容が思ったよりキツかったり、職場での人間関係がうまくいかなかった、交替勤務で体力が持たなかったなどです。そのため、志望動機で契約期間内に働けることをしっかりとアピールすると面接官に良い印象を残すことができます。

面接でも、契約満了まで働けるのか聞かれる場合があるので、しっかりと働けると伝えることをおすすめします。

期間工で働くための志望動機を作る時の3つの注意点

期間工で働くための志望動機を作る時の3つの注意点

期間工で働くための志望動機を作る時には、3つの注意点があります。

企業によっては、面接を行わずに書類選考で採用を決める場合もあるので、志望動機はとても重要になります。

ここからは、履歴書と面接時に使う志望動機で注意したい点を3つご紹介します。

・金銭面でのネガティブな内容は注意する
・正社員志望のアピールは会社によっては注意する
・明らかな例文を丸々使うのはNG

金銭面でのネガティブな内容は注意する

期間工の志望動機では、金銭面でのネガティブな内容は注意が必要です。

期間工では、給与や福利厚生が良いところが魅力です。なので、志望動機で正直に金銭面のアピールをしてしまうとマイナスになりかねませんし、金銭面でのネガティブなアピールをしてしまうと、面接官にマイナスな印象を残してしまう場合があります。

金銭面でのネガティブな内容とは、「ギャンブルに使いたい・借金返済に当てたい」などです。

給与の使い道は人それぞれですが、志望動機で正直にギャンブルに使いたいからと書いてしまうことで、面接官に「ギャンブルに負けて借金を抱えた時にどうするのか?」「会社に連絡が来るのではないか?」とかなりマイナスな印象を残してしまう可能性があります。
また、期間工で働く上で借金がある方は不採用になるので、借金がある方は働くことができませんので注意が必要です。

正社員志望のアピールは会社によっては注意が必要

期間工の志望動機で、正社員志望のアピールをする場合は注意が必要です。

期間工の選考方法は、企業によって異なります。中では、正社員採用前提で期間工募集をかける企業もありますが、これはごく稀です。ほとんどの企業は、正社員希望の期間工には、期間工として勤務してから、年に数回ある正社員登用試験を受けてもらうことがほとんどです。

そのため、志望動機で正社員志望のアピールをしてしまうと、正社員登用の採用枠が減ったり、中止になった場合に辞めてしまうのではないか?と思われてしまうので、出来るだけ書かない方が良いでしょう。

しかし、正社員採用前提で期間工の募集をかけている企業の場合は、積極的に正社員志望のアピールをすると熱意を伝えることができます。その時に、正社員になりたい理由とここの企業で正社員になりたいのかをしっかりとアピールする必要があります。
志望動機に正社員志望を書くのは、企業の正社員採用方法によって分けましょう。

明らかな例文を丸々使うのはNG

期間工での志望動機では、明らかな例文を丸々使うのはNGです。

期間工の面接は比較的採用されやすいため、採用される前提で挑んで志望動機を手抜いていたら不採用になってしまう可能性があります。期間工の志望動機はとても重要となるので、自分の言葉で熱意をアピールしましょう。

しかし、志望動機を一から作るのは難しいですよね。そんな時に志望動機を作る手助けとなるのが、例文です。例文は、分かりやすく綺麗に作られていることが多いため、丸々使ってしまうと面接官に一発で見抜かれてしまいます。

志望動機で例文を使う時は、「自分の言葉6・例文4、または7:3」程度で、纏めると読みやすく面接官に熱意をアピールすることができますよ。

志望動機で使う例文は自分の言葉もうまく取り入れて熱意を纏えましょう。

期間工で働くための志望動機に使える例文

期間工で働くための志望動機に使える例文

期間工で働くための志望動機を考えているけど、うまく纏まらない。どう考えていいか分からないと悩みますよね。

ここからは、志望動機に使える例文をご紹介します。

私は身体を動かすことが好きで、身体を動かしながら収入を得られる仕事はないかと思って、探していたところ、期間工の職業があることを知って興味を持ちました。期間工の中でも、貴社の自動車製造をやってみたいと思い、今回公募させて頂きました。
期間工の中でも、自動で製造は身体を使うことが多いと聞いています。私は身体を動かすことが好きなので、体力的にも自信があります。契約満了までしっかりと勤務をして会社に貢献したいと思います。

私の前職は交替制で残業も多い仕事でした。そんな中でしっかりと健康を維持することができていました。その理由としては、定期的に運動をしたり、バランスの良い食生活と質の良い睡眠を心がけていたからだろうと思っています。
期間工の仕事は交替制で夜勤もあるので、体調管理が大変だと聞いています。繁忙期には休日出勤や残業もあると聞いていますが、自分なりに健康に気をつけて、契約満了までしっかりと働くつもりです。

本気で期間工をするなら専門サイトからの応募がお得

もし「本気で期間工で稼ぎたい」「より期間工でお得に稼いでいきたい」と感じている方は、期間工セレクトと呼ばれる専門サイトで探すと非常にお得になります。

期間工セレクト
  • オリコン顧客満足度No.1
  • 入社祝金の特典有り
  • 期間工の種類が豊富

直接応募するよりも専門サイトを経由することで、入社特典の祝金をより多く受け取ることが可能です。

本気で稼ぎたいと考えている方は、是非このタイミングで利用してみることをおすすめします。

\ 祝金でよりお得に /

期間工のおすすめ会社を実際に確認してみた

まとめ

まとめ

期間工の志望動機については以上です。

期間工で働くための志望動機は、「体力がある・工場勤務経験がある(経験者のみ)・契約期間内にしっかりと働ける」ことをアピールしつつやる気や熱意を伝えることで、面接官に良い印象を残すことができます。

期間工の志望動機では、自分の言葉と例文を入れて纏めると良いですよ。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる