期間工をおすすめできない理由とは?デメリットと失敗しないコツを解説

期間工は、「短期間で○○○万円稼げる」「工場によってはかなり過酷」なイメージがありませんか?

インターネットで期間工について調べると、企業によって給与面の待遇に差があったり、作業がきつい場合や楽なこともあります。なので、期間工について調べるデメリットを理解する必要があります。
今回は、期間工をおすすめできない理由をご紹介します。

なお、今回の記事は下記の方におすすめです。

・初めて期間工で働く方
・期間工のデメリットをいまいち理解していない方
・失敗しない期間工の選び方を知りたい方
目次

期間工とは?

期間工とは?

期間工とは、期間従業員と呼ばれる「働く期間が定められている契約社員」のことです。

期間工の募集がされる特徴として、工場の生産が増産した場合や、人手不足になったときに募集されます。期間工は派遣会社を通して契約社員となる場合と、会社による直接雇用の2つがあります。

そのため、期間工の求人に応募する方法も、派遣会社を通す場合と企業サイトの求人ページから応募する方法があります。

派遣会社を通して契約社員になる場合のメリットとデメリットは下記の通りです。

・入社祝い金が貰える
・面接のサポートを行ってくれる
・仕事選びのお手伝いをしてくれる

・期間工に応募する前に派遣会社との面接がある
・担当者によって当たり外れがある

直接雇用のメリットとデメリットは下記の通りです。

・手取り早く面接を受けることができる

・入社祝い金が貰えない(会社による)
・派遣会社と比較すると時給が低い可能性がある

このように、派遣会社を通した場合と企業サイトの求人から応募すると、大きな違いが発生します。

応募する際は、面接のサポートもしてくれて入社祝い金も貰える派遣会社を通して応募すると、安心して応募することができます。企業から直接応募するメリットはあまり無いでしょう。

期間工の仕事内容は、主に自動車や航空機、機械工作、電子部品などの「組み立て・溶接・検査・出荷」の工程となります。

各部署で決められた作業を行うので、初めて期間工で働く方やフリーターの方でも安心して働くことができます。しかし、工場によっては、部品が大きく重いものも多いので、応募前に作業内容を確認する必要があります。

また、期間工は力仕事がメインとなるので、健康状態が重要となります。そのため、面接後に健康診断を設けている企業が多いため、健康状態が不安な方や持病がある方は、働くことができません。

タトゥーがある場合も働くことができないので、注意が必要です。

また、期間工には、正社員登用に力を入れている企業が多いので、日頃から頑張って働くことで正社員になれるチャンスがあるので、安定した環境を手に入れることが可能です。正社員登用は、年に1.2回開催されます。
期間工の契約期間や仕事内容は企業によって異なるのでしっかりと確認しましょう。

期間工で働く上でおすすめできない7つのデメリット

期間工で働く上でおすすめできない7つのデメリット

期間工で働く上でおすすめできない理由として7つのデメリットがあります。

期間工の求人では分からないデメリットを確認することで、働く時のハードルを下げることができますよ。

・期間工によっては魅力的な待遇が少ない場合がある
・工場での作業はハードで体力的にきつい
・単純作業が多いのでスキルが身につかない
・契約更新をされない場合がある
・工場周辺の環境によってはプライベートを充実できない
・工場の稼働状況によっては稼げない場合もある

期間工によっては魅力的な待遇が少ない場合がある

期間工のデメリットとして、魅力的な待遇が少ない場合があります。

期間工の魅力的な待遇と言えば、「給与が良い・契約更新時に慰労満了金が貰える・福利厚生が充実・寮完備」など、短期間で稼げる待遇が揃っています。しかし、企業によっては、待遇が少ない場合があります。

待遇が少ない例として、「給与が低い・慰労満了金が無い・福利厚生はある程度完備・寮は無いか有料寮」が挙げられます。しかし、待遇が少ない分、夜勤なしの日勤のみや、赴任手当など他の手当で支給される場合もあります。

応募前に待遇はしっかりと確認しましょう。

工場での作業はハードで体力的にきつい

期間工のデメリットとして、作業がハードで体力的にきついことが多いです。

工場での作業となりますが、製造部署によっては環境設備が整っておらず、夏は暑くて冬は寒い環境の中で作業する場合もあります。また、溶接になると冷房が完備されていても暑く火傷の危険もあるので、経験者以外はハードルが高いでしょう。

また、大型自動車や航空機を製造する工場だと、各パーツが大きく重たいので腰を痛めたり、腕が筋肉痛になりやすくなるでしょう。そのため、希望の工場がどの様な製品を製造するのかチェックすることをおすすめします。

体力に自信がない方は、軽作業の多い工場を選択すると良いでしょう。

長時間労働や夜勤の交替制で生活リズムを崩しやすくなる

期間工のデメリットとして、長時間労働や夜勤の交替制で生活リズムを崩しやすくなります。

期間工で稼げる理由の一つとして、残業や夜勤の体制があることが言えます。

・残業手当
・交替手当
・夜勤手当
・休日出勤手当

このように、さまざまな手当があることで、稼げる仕組みとなっているので、工場の稼働状況が忙しくなるだけ残業や休日出勤、夜勤などが増加します。

その分、体力的にもきつくなることで、生活リズムを崩しやすくなって、慣れない間は「辞めたい」と思ってしまうこともあると思います。そうならないためにも、体調管理をしっかりと行って仕事に支障が出ないようにしなければなりません。
ストレス発散・睡眠・良質な食事を心がけましょう。

単純作業が多いのでスキルが身につかない

期間工のデメリットとして単純作業が多いのでスキルが身につかない場合があります。

期間工では、流れ作業や個別で製品の検品作業を行うことが多いので、誰でも作業することができます。覚えるまでは難しく感じたりしますが、作業を覚えてしまうと、単純な作業を繰り返すだけなので、時間が立つのが長く感じたり、学ぶことがありません。

期間工で専門的な知識を学びたいと思っても、工場内で使用するフォークリフトや溶接の資格を自分で勉強して取得するしかありません。正社員になるとスキルアップできる環境が整っていますが、期間工では自ら行動しない限り、スキルアップは厳しいでしょう。

独学でスキルアップを目指すことで、上司から正社員登用の推薦を貰えるかもしれません。

契約更新をされない場合がある

期間工のデメリットとして、契約期間が決まっているので、契約更新をされない場合があります。

契約更新されない原因は下記の通りです。

・人員削減が必要となった
・スキル不足
・遅刻や欠勤が多い
・トラブルを起こした

このように、何かしらの原因があると、契約更新がされない場合がありますが、原則更新されることが多いです。会社の経営状況や稼働状況の都合による契約終了は仕方ありません。

また、いつまで経っても言われた作業が出来なかったり、勤務状態に問題があったり、入寮している方は、何回もトラブルを起こすと契約更新はできないとみなされるので注意が必要です。
「契約更新できないな」と思われないように、真面目に取り組みましょう。

工場周辺の環境によってはプライベートを充実できない

期間工のデメリットとして、働く工場周辺の環境によっては、プライベートを充実できない場合があります。

期間工の工場がある地域は、「愛知県・静岡県・栃木県・東京都」が多いですが、自然豊かな環境の中に工場がある企業も多数あるので、工場周辺にお店や飲食店、娯楽施設が少なく、プライベートを充実できない場合があります。

しかし、休日に仕事仲間と中心都市に遊びに行って、リフレッシュしたり楽しむことができるので、平日は仕事を頑張って休日は遠出をして遊びを楽しむなど、ライフスタイルにメリハリをつけるのも良いでしょう。

応募前に工場周辺のお店などをマップで調べると良いでしょう。

工場の稼働状況によっては稼げない場合もある

期間工のデメリットとして、工場の稼働状況によって稼げない場合もあります。

期間工は、工場の稼働状況によって募集されて働くことが多いため、経済が悪化したり稼働状況が大幅に減少すると、残業が禁止になったり、夜勤が減ることで、手当や給与の減少が発生します。
給与が減って生活が厳しいとならないように日頃から金銭管理はしっかりと行うと安心です。

デメリットを理解して!期間工で働く上で失敗しないための7つのコツ

デメリットを理解して!期間工で働く上で失敗しないための7つのコツ

期間工で働く上で、デメリットがあることをご紹介しました。

ここからは、期間工で働く上で失敗しないための7つのコツを解説しますので、一つ一つチェックしてくださいね。

・自分の条件に近い期間工を探す
・慰労満了金など待遇を活用する
・期間工で働く期間を決める
・体調管理を強化する
・資格の勉強をしてみる
・貯金をする
・寮の制度について事前に調べる

自分の条件に近い期間工を探す

期間工を探すコツとして、自分の条件に近い求人を探しましょう。

探す条件として把握したいのは下記の通りです。

・自宅から近いor寮の場合、工場まで徒歩で行けるか
・昇給制度があるか
・1回あたりの慰労満了金は希望金額以上か
・各種手当がしっかりとしているか
・勤務体制は複雑じゃないか
・寮は相部屋か個室などの詳細があるか
・工場近辺の環境はどうなっているか

このように、細かいところまで確認して自分の条件に合う期間工を探すことで、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

期間工で働く上で失敗しないためにも細かく調べることが大切です。

慰労満了金など待遇を活用する

期間工では、慰労満了金などの待遇が支給されるので活用すると良いです。

企業によって待遇は異なりますが、手厚い手当を用意している企業が多く存在しています。

・入社祝い金
・初回契約更新手当
・慰労満了金
・皆勤手当

多くの期間工では、このような待遇が用意されてます。中には、時給が低め〜平均的な企業がありますが、保証が手厚いことで、大手企業と変わらない待遇となっていることもあります。

この中でも、入社祝い金や満了祝い金は「派遣会社か企業から応募するか」で待遇が異なります。

企業から直接応募すると、入社祝い金が保証されていない場合が多いので、待遇を活用するためにも、各サイトで待遇を比較することをおすすめします。

待遇を活用するためにも、サイトの比較はしっかりと行いましょう。

期間工で働く期間を決める

期間工で働く期間を決めましょう。

期間工は最大3年間働くことができるので、多く稼ぐことができます。しかし、ダラダラと働いてもスキルは身につかずに年齢だけ重ねてしまいます

また、普通の人とは違った生活リズムとなってしまうので、体調を崩したり、友達が減ってしまう可能性もあります。なので、期間を決めて働くことで、新しいことにもチャレンジしやすく、転職の幅も広がります。
きついと思っても、契約終了まで頑張ることができますよ。

体調管理を強化する

期間工で働く上で体調管理は強化しましょう。

期間工は、交替制の夜勤や休日出勤があるので、入社1ヶ月までは生活リズムが整いにくいので、体調を崩しやすくなります。

体調を崩さないためにも、食生活・睡眠・運動・ストレス発散・趣味を楽しむことを意識すると、生活リズムが整いやすく体調管理を強化することができます。

できる範囲から体調管理を強化しましょう。

資格の勉強をしてみる

期間工で働いている間に資格の勉強をしてみましょう。

期間工で働いている間、家と工場の往復になることが多いので、休みの日しか遊びに行くことができません。そのため、時間を有効活用して資格取得のために勉強をすることで、自分のスキルアップにも繋がります。

企業によっては、指定の資格を取得することで、費用を全額負担する制度もあるので、無料で試験を受験できます。さらに、合格すると、資格手当も発生する場合もあるので、お金気にせずに挑戦することができます。

次の就職先を探すときの武器にもなって、自分の成長に繋げられますよ。

貯金をする

期間工で働いている間は、できるだけ貯金しましょう。

期間工は毎月多く稼げて、慰労満了金が支給されると好きなものを買ったり豪遊したくなるかもしれません。しかし、期間工は働く上でスキルは身に付かないですし、貯金をしないで、契約終了してしまうのは、もったいないです。

そうならないためにも、毎月一定の金額を貯金したり、慰労満了金を全額貯金するなど、できるだけお金を貯めることを心がけましょう。

貯金しておけば、余裕を持って次の仕事を探すことができますよ。

寮の制度について事前に調べる

入寮する場合は、寮の制度について事前に調べましょう。

企業によって、寮の制度は異なるので下記のポイントを調べると良いでしょう。

・自社寮か民間マンションか
・個室か相部屋か
・共同スペースはあるか
・門限はあるか
・寮費や光熱費は無料か
・家具家電付きか
・食事補助はあるか
・車やバイクの持ち込みは可能か
・寮から工場までの距離

このようにいくつかのポイントを調べることで、入寮前にバタバタせずに手続きすることができます。企業によっては、寮をいくつか管理しており、個室か相部屋で分かれます。もし、絶対個室が良い!という場合は、面接時に相談してみると良いかもしれません。

住まいの環境は1番大切なので、下調べはしっかりと行いましょう。

まとめ

期間工で働く上のデメリットと失敗しないためのコツについてご紹介しました。

期間工で働く上で、デメリットは付き物です。

デメリットを理解しつつ、自分なりに工夫して期間工ライフを楽しみましょう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる