中卒OK?学歴に関係のない仕事を徹底紹介!稼ぐコツも解説!

仕事を探す際に求人情報を見ると、大卒以上の学歴が必要なものをよく見かけますよね。そして学歴にコンプレックスを抱いている人にとっては複雑な気分になるでしょう。

しかし世の中には学歴が必要のない仕事もたくさんあります。加えて稼げる上に学歴不問と言われたら、就業に向けてハードルを低く感じますよね。

今回は学歴不問で稼げる仕事を色々と見ていきます。なお今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 就職活動中ではあるものの、学歴を高い壁に感じている人
  • 学歴が中卒や高卒で、コンプレックスを抱いている人
  • 学歴が低くてもなんとか稼げる仕事を探している人
目次

学歴に関係なく稼げる仕事は世の中にたくさんある

学歴に関係なく稼げる仕事は世の中にたくさんある

就職や転職で学歴と聞くと、大卒以上でなければうまくいかないと思いがちですよね。確かに大卒以上の学歴を求めてくる企業も多いです。有名大学出身者ほど有利になるケースも多くあります。

しかし世間は広く、学歴に無関係で稼げる仕事も多いです。たとえ学歴が中卒や高卒でも仕事を通じて高い年収を実現できれば、叩き上げで出世した人として周りからも一目置かれるでしょう。

そして実際には学歴の低さをものともせずに、自身の才能を活かして社会で活躍している人はたくさんいます。学歴の低さをコンプレックスとして感じる必要はありません。

中卒など学歴に自信がなくても携われる仕事の特徴とは

中卒など学歴に自信がなくても携われる仕事の特徴とは

中卒など学歴に自信がない人でも稼げる仕事はあるものの、「具体的にどのような特徴があるのか?」と疑問に思う人もいますよね。実は彼らが就ける仕事には以下の特徴があります。

人がやりたがらない仕事

学歴不問の仕事に良く見られる特徴が、まず多くの人があまりやりたがらない内容のものです。いわゆる3K(危険・汚い・きつい)とみなされるものが多い傾向にあります。

具体的には建設関係や清掃関係などの肉体労働や、成約に繋がるまでの難易度が高い営業関係が代表的です。また警察官や自衛官、警備員など体を張ることが求められる職業も含まれます。

いずれの職業も人がやりたがらないものの、学歴に自信がない人が採用される確率も高めです。主に体力や精神力などに自信がある人に向いています。

専門性が求められる仕事

また専門性が求められる仕事も学歴に関係なく狙いやすいです。別の書き方をすれば、他人にとって代わられる可能性が低い仕事と言えます。

エンジニアなどのIT関係やWebライター、デザイナー、美容師などが具体例です。企業に所属する以外にも、フリーランスでも活躍できる職種としても知られています。

ただ高い専門性で稼いでいる分、日常的なスキルアップが欠かせません。

中卒も歓迎!おすすめの学歴に関係ない仕事10選

中卒も歓迎!おすすめの学歴に関係ない仕事10選

学歴が問われない仕事が多いとは言え、実際に選ぶとなるといろいろと迷いますよね。中卒の人など向けにも開かれている仕事としておすすめのものが、以下に挙げる10種類です。

営業職

営業職の場合、学歴よりも実際の営業成績によって給料などが上昇していきます。ノルマを達成するための精神力や耐久力があれば、学歴に関係なく採用されやすいです。

営業職は細かく見ていくと種類が多くなっています。中でも不動産営業は土地や住宅を扱っている分、成功報酬で稼ぎやすいです。人によっては1,000万円以上の年収を得る場合もあります。

他にも金融営業や企画営業も700~900万円台の高年収が期待できる職種です。なおデビュー直後はすでに顧客開拓が済んでいるルート営業から手掛けると良いでしょう。

建設作業員

工事現場で活躍する建設作業員も学歴不問の職業です。細かい職種も土木作業員や大工、とび職など色々な種類があります。

求人募集でも学歴不問や未経験歓迎という職場が多いです。気になる年収は事業所や職種などによって様々で、300~1,000万円台と幅広くなっています。

建設作業員は体力や精神力に自信があれば比較的採用されやすい一方、危険が伴う作業も多いです。高所での作業や重機を使う作業もある分、常に安全第一を心掛ける必要があります。

他にも外での作業が多い分、夏場の猛暑や冬の厳しい寒さにもさらされやすいです。やはり体力自慢な人向けと言えるでしょう。

施工管理

建設現場で作業が計画通りに進むように管理する職種です。工事の依頼者から受けた注文から作業計画を立て、実際の現場でも現場の作業員たちが順調に仕事できるように環境を整えます。

他にも発生したトラブルへの対処や進捗状況の報告まで行うなど、彼らの関わる業務の範囲は広いです。管理者であるため、コミュニケーション力やリーダーシップも求められます。

施工管理職の年収は平均で450万円程度で、大手ゼネコンの場合であれば月収が50~60万円と極めて好条件です。一方で企業によっては年収が安い場合がある点も注意が必要でしょう。

なお施工管理職で稼ぎたいのであれば、施工管理技士の資格は是非取っておきたいところです。1級か2級かで待遇も大きく異なるため、なるべく1級を目指すのがおすすめでしょう。

ドライバー(タクシードライバー・公用車運転手など)

ドライバーも学歴に関係なく就職できる職業です。基本的にタクシードライバーや公用車の運転手などが挙げられます。

タクシードライバーの求人は地域に関係なく多いです。基本給以外に運んだお客さんの数に応じて出来高の手当が支給されます。特に大手の会社ほど待遇が良い傾向です。

一方公用車の運転手は、主に議員の送迎や車両のメンテナンスなどを行います。平均年収も700万円台と高い上、立場上は公務員であるため、社会の信用も得やすいです。

ちなみに公用車の運転手については民間企業で募集もあります。主に会社役員の送迎が担当で、公用車ドライバーと同じく年収が安定しているのが特徴です。

警備員

ビルや工事現場などで活躍する警備員も、過去に犯罪歴がなければ学歴に関係なく就業できます。警備会社に就職して4~5日間の研修を受けた後、現場作業に入る形です。

業務の内容は現場によって異なり、工事車両の誘導や施設内の巡回、イベント客の案内・誘導など色々とあります。なお入社時に特別な資格は必要ありません。

時給制のアルバイトとして募集しているケースは多いものの、時給で1000円以上、日額1万円という現場もあります。正社員登用制度がある会社も多く、採用されれば年収300~400万円と安定しやすいです。

ごみ清掃員

家庭などで出たごみを収集するごみ清掃員も学歴は問われません。出勤時間と退勤時間が早く、作業時間も5~6時間程度のため、夕方から夜にかけて自由な時間を確保しやすいです。

自治体から委託を受けた企業の社員として働くものの、平均年収500万円である点やプライベートを重視できる点で定着率は97%と高止まりしています。なかなか新規の求人が見つかりにくいほどです。

ちなみに地域住民からは役所の一員とみなされがちであるため、市民の目を意識することもポイントになります。誠実さと愛想の良さを心掛けて仕事すると良いでしょう。

ITエンジニア

インターネットやスマートフォンなどの普及で需要が高まっている職業です。一見高い学歴が求められるように見えるものの、学歴よりもスキルの高さが重視されます。

IT企業の求人でも未経験で応募できるところも少なくありません。またフリーランスエンジニアとして活躍しても稼げる可能性は大いにあります。平均年収は400~800万円です。

ITが社会を大きく変えてきている上に、今後ともインフラとして求められる分、エンジニアの需要はより高まるでしょう。将来性と稼ぎやすさ、学歴の問われなさを兼ね備えた職業です。

Webライター

Webメディアなど向けの記事を作成する職業で、ITエンジニアと同じく正社員としてもフリーランスとしても活躍できます。クラウドソーシングでも案件が多いため、学歴不問で簡単に始めやすいです。

仕事する場所も自宅やカフェなど、自分の好きな場所を選べるケースも多くあります。安い案件から始めて文章力やSEOなどのスキルを身に付ければ、高い報酬が見込める案件にも挑戦できるでしょう。

なおライティングで鍛えたスキルは、ブログやホームページを運営する際にも役立ちます。広告を貼った記事を収入にできれば、より収入源を増やせるでしょう。

料理人

レストランやホテル、料理店などで料理を提供する職業で、実は学歴が問われません。美味しい料理を作れる力が何よりも求められる分、実力重視の世界と言えます。

料理人に必要な調理師免許も、実務経験2年以上で受験資格を得られるため、わざわざ調理師学校に行く必要はありません。最初は働きたい料理店で熱意を示して入り、下積みから始めると良いでしょう。

一人前の料理人になるには長い年月がかかります。長い年月をかけて自らの腕を鍛える粘り強さと料理を愛する気持ち、熱心なスキルアップが求められる職業です。

占い師

星占いやタロット占いなどで知られる占い師も学歴は問われません。ただなるために決まった道はない分、名乗るだけであれば今すぐできます。

ただし職業としての占い師で生計を立てる場合は、なるべく占いの力やコミュニケーション力に長けている方が望ましいです。加えてある程度の人生経験が必要な場合もあります。

仕事自体は出来高制で、スキルの高さや経験の豊富さによるところも大きいです。いかにして職務経験を積みスキルを磨くかが重要でしょう。人気が出れば800~1,000万円の高年収にもなります。

加えて最近では動画などで実際に占う人も多いです。人気や経験、スキル次第でさらに収入源を増やせるでしょう。

待遇や地位が安定!公務員関係で学歴不問の仕事3選

待遇や地位が安定!公務員関係で学歴不問の仕事3選

職業と言えば公務員の人気も高いです。しかし公務員には学歴の高い人が就くイメージが強い分、学歴に自信のない人にとっては縁がないと思いがちですよね。

実は公務員でも学歴が問われない職種がいくつかあります。主に警察官など体を張る傾向にある職種です。

警察官

地域の安全を守る警察官は、ノンキャリアであれば学歴が問われません。採用試験に合格した後、半年間警察学校で研修を受け、各地域に配属されます。

待遇は比較的安定しており、平均年収も500~800万円台です。地方公務員であるため、年功序列で階級や月給が上昇します。加えて余程の不祥事がない限り、免職になりません。

一方で治安を担当する分、命の危険にさらされるケースもあります。ただ警察署の内勤やのどかな地域の巡査であれば比較的安心して仕事できるでしょう。

自衛官

「国を守る仕事」として知られる自衛官も、基本的に学歴は問われません。18歳~32歳で試験に合格すれば、自衛官候補生などとして入隊できます。

国家公務員特別職であるため、待遇が安定している上に勤続年数や階級に応じて昇給する仕組みです。加えて余程の不祥事や事故に遭わなければ定年まで活躍できます。

日頃は訓練に勤しみ、有事の際に出動するのが一般的です。任務によっては危険が伴うものの、国や市民を守る誇りを感じられるでしょう。

消防士

火事や救急の際に活躍する消防士も、警察官と並ぶ学歴不問の地方公務員です。警察官などと同じく年収などが安定しています。採用後に消防学校で研修を受けた後、各地域に配属されるのが一般的です。

消火や急病人の救急が主な任務で、最大限の力を発揮できるように日々厳しい訓練をこなしています。厳しい訓練や火災と隣合わせではあるものの、市民を守る責任と誇りを感じやすいです。

ニートも公務員になれる⁉無理ではない理由や試験のポイントを紹介!

自分に合った学歴に左右されない仕事を探す方法3選

自分に合った学歴に左右されない仕事を探す方法3選

学歴に自信がなくても稼げる職業は多くあるものの、自分に合ったものを選ぶのに苦労している人もいますよね。自分にとっての適職を選ぶには、以下にご紹介する方法がおすすめです。

自分の好きなことやできることを整理

まず自分の好きなことやできることの整理から取り組むと良いでしょう。今までを振り返ってみて、自分が熱中してきたことや他の人に負けないものを書き出してみます。

自身で夢中になれることや力を発揮できることを活かした職業に就いてみると、いつもやりがいを感じ最大限の力を発揮できるでしょう。

好きなことなどを整理したら、実際にスキルや趣味を活かせる職業を探してみます。例えばパソコンをいじるのが好きな場合は、エンジニアに向いているという具合です。

必要な資格やスキルを取得する

自分の好きなことやできることを活かせる職業まで見出したら、就業に向けて必要な資格やスキルを取得します。職業によっては資格やスキルによって年収などが大きく変わってくるためです。

資格などが何もない状態で狙い目の職業に就ける場合もあります。ただ資格やスキルを予め取得しておくことで、採用率が上昇するケースも多いです。加えて今まで以上に自信を持てるでしょう。

先々のことを考えるのであれば、なるべく必要な資格などを取得するのが望ましいです。

転職する場合はエージェント利用がおすすめ

就業してから別の職場を選ぶ場合は、転職エージェントの利用がおすすめでしょう。エージェントを利用する際、自分の適性を知った上でアドバイザーが適切な求人を紹介してくれます。

特にリクルートエージェントなど大手の業者では保有求人数が非常に多い上、ブラック企業に当たるリスクも避けやすいです。加えてスキルなどを考慮した年収交渉も代行して貰えます。

もちろんエージェントでは自力での転職活動以上に十分な選考対策を練られる点も便利です。ちなみにフリーランスになる場合はフリーランスエージェントを活用する方法もあります。

学歴に関係ない仕事で収入を増やす3つのコツ

学歴に関係ない仕事で収入を増やす3つのコツ

学歴不問の仕事に就職した後も継続的に収入を増やしていきたいですよね。収入を増やしていくには、以下にご紹介する3つのコツを参考にすると良いでしょう。

長期間同じ職場で働く

まず比較的簡単にできる方法が、同じ職場で長期間働くことです。会社側としても社員には長期間働いて貰いたい気持ちが強い分、長く働けば上司などから信用を得られます。

加えて同じ職場で長く勤めれば、待遇やキャリアが上昇して結果的に安定した年収を稼げるでしょう。スキルも磨けば会社になくてはならない人材とみなされるため、会社の幹部になることも夢ではありません。

学歴に自信がない人でも長期的に同じ職場で働けば、高学歴を持つ社員に負けることなく活躍しやすいでしょう。

スキルアップや上位資格の取得を心掛ける

また自身の能力やスキルを常に磨くことも大切です。特に自分の専門性を武器に仕事する人にとっては非常に重要で、高い専門性があれば重要なプロジェクトや高報酬の案件に携わりやすくなります。

資格についてもなるべく上位のものを取得するのがおすすめです。施工管理の例もあるように、上位資格を持っているだけでも待遇に大きく影響します。

なおスキルアップを怠ると、後進の人間に仕事を奪われる可能性がある点で危険です。仕事を得ても常に成長を意識するべきでしょう。

勉強しない社会人は損!勉強するべき人の特徴や勉強のコツを伝授

高いインセンティブが期待できる求人を探す

営業職など成功報酬がある職業を目指す場合は、なるべく高いインセンティブが期待できる求人を探すべきです。高いインセンティブが用意されていれば、成約件数が少なくても高年収に近付けます。

スキルに自信がない場合は、なるべく大手企業の求人を狙うと良いでしょう。大手企業ほインセンティブの金額が高いため、たとえ無難な案件でも年収を高めやすいです。

まとめ

今回は学歴不問で稼げる仕事を色々と見てきました。就職活動では高い学歴が求められるイメージがあるものの、実際は学歴が問われない職業も多いです。

主に建設作業員や警察官などの体を張るものが目立ちます。またITエンジニアなど専門性が必要な職業も多いため、体力に自信のない人におすすめです。

ただ学歴不問の職業は多くの場合でスキルアップが欠かせません。就職活動中も就業後も常に成長を意識することを忘れないようにするべきです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる