JAICの評判と口コミは?メリットや就職活動する際のポイントも解説

JAICは幅広い年齢層の方を対象に就職支援を行っている就職エージェントです。そろそろ仕事を始めたいと思っている方の中には、JAICのことが気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は就職エージェントJAICについて詳しくご紹介します。メリット・デメリットや口コミなどを比較し、自分に合った就職エージェントを見つけましょう。

目次

JAICとは

JAICは幅広い年齢層の方の就職を応援するエージェントです。「newsZERO」や「毎日新聞」など348のメディアに掲載された実績があります。JAICの一番の特徴は、コースが複数に分かれていて、自分に合った就職サポートを受けられることです。JAICには以下のようなコースがあります。

  • 就職カレッジ
  • 女子カレッジ
  • セカンドカレッジ
  • 30代カレッジ
  • 新卒カレッジ
  • 秋冬採用ナビ
  • FutureFinder

今回は、その中でも特に人気の高い、就職カレッジについてご紹介します。JAICの就職カレッジは、東京を中心とし、日本全国に拠点があるため、比較的利用しやすいでしょう。JAIC就職カレッジの拠点は、以下のとおりです。

  • 神保町本社
  • 横浜支店
  • 大阪支店
  • 東北支店
  • 名古屋支店
  • 広島支店
  • 九州支店
JAICも無料で利用できます。東京での就職しかサポートしてもらえないエージェントも多いので、全国対応が可能なのは嬉しいポイントです。

JAICの4つのメリット

JAICを利用する場合のメリットを調べました。ここでは、JAICの4つのメリットをご紹介します。

研修内容が整っている

就職後も安心して働けるよう、JAICではさまざまな研修を行っています。ビジネスマナーの講座や自己分析、企業研究などをはじめ履歴書添削や面接対策も行っているので、自信を持って就職活動に取り組むことができるでしょう。具体的には、以下のようなコースがあります。

  • 7つの習慣
  • 原田メソッド
  • リーダーカレッジ

研修は5日間あり、時には辞退する人も出る程厳しいこともあるようです。ただし、その分就職時や入社後に活かせるスキルが身につきます。

書類選考がない

講座を受講した就職希望者の方は、集団面接で約20社の企業と面談を行うことができます。書類選考なしで面接まで進めるので、職務経験の浅い方や、ニート・フリーターの方でも安心です。JAICのサポート体制への信頼が高いため、書類選考なしで面接まで進むことができていると考えられます。

JAICは厚生労働省による85の項目の厳しい審査をクリアした「職業紹介優良事業者」です。職業紹介優良事業者と認定されているのは、全国18,000の企業のうち48社程とわれています。

入社後定着率94.3%

厳しい研修をやり切り、面接のみで就職を決めるのは簡単なことではありません。しかし、JAICは就職成功率81%以上、入社後定着率は94%以上もあります。

JAICには、「活躍支援研修」という制度があり、「入社前」「入社1ヵ月後」「入社3~6ヵ月後」「入社6~12ヵ月後」の合計4回研修を行っています。就職した時点でサポートが終了してしまう就職エージェントに比べると、手厚いサービスと言えるでしょう。入社後までしっかりと見守る体制が整っているので、就職希望者も安心して就職活動できます。

ブラック企業の紹介なし

JAICは提携企業にも厳しい審査基準を設けており、ブラック企業を排除していると言われています。実際に各企業に足を運び、雰囲気や求人内容の確認も行っているので、インターネット上の情報だけでは分からない部分もしっかりと把握できています。

また、エージェントによっては雇用形態に問わず求人を紹介してくることもありますが、JAICでは契約社員や派遣社員の紹介を行っていないので、「正社員になりたい」と考えている方にも安心です。ちなみに、ブラック企業とホワイト企業の違いの目安は以下のようになります。

条件 ブラック企業 ホワイト企業
残業 多い 少ない
離職率 高い 低い
有給取得率 低い 高い
福利厚生 充実していない 手厚い

JAICの3つのデメリット

JAICには魅力的なポイントが多いですが、デメリットもいくつかあります。ここでは、JAICのデメリットを3つご紹介します。

研修が厳しい

企業との面接も集団面接なので、研修も集団面接の練習がメインになるでしょう。また、研修中にプレゼンテーションのロールプレイングなどを行うこともあるそうです。そのため、コミュニケーションが苦手な方は「辛い」「厳しい」と感じてしまうこともあるかもしれません。

ただ、その厳しい研修に残れなければ書類審査なしで面接に進むことができません。また、入社後にもビジネスマナーやコミュニケーションスキルは求められます。研修はできるだけ頑張って受けましょう。

求人の選択肢が少ない

外資系企業のような年収の振り幅が大きい企業の求人は少ないと言われています。JAICの求人は比較的安定した収入で、離職率の低い企業を排除しています。色々な条件の求人を見てみたい方や選択肢を増やしておきたい方は、JAICを利用するだけでなく、求人サイトも確認しましょう。

20代がメイン

JAIC就職カレッジは20代がメインです。30代向けのサービスもありますが、拠点が東京のみに限られるので他の地域に住んでいる方は利用しにくいでしょう。20代メインの求人は、未経験でも始めやすいものが多く、すでに職務経験やスキルがある方の転職には向きません。スキルアップの転職を目指す場合は、「転職サイト」や「転職エージェント」を利用してみてはいかがでしょうか。

メリットやデメリットはどの就職エージェントにもあるので、「どこに魅力を感じるのか」「どの部分は妥協できないのか」を今一度考えてみましょう。

JAICの評判と口コミ

就職エージェントは複数あるので、できれば口コミを確認し評判の良いところを利用したいと思っている方は多いのではないでしょうか。JAICの口コミを調べましたのでご紹介します。

良い評判

まずは良い評判をご紹介します。

みんなの評判ランキングの口コミ

大学生時に就活をしていなかったこと、正社員で働いた経験もありますが面接らしい面接などもなく就職したので、就活の仕方が全くわかりませんでした。そこで、ジェイックの無料セミナーがあると知り受講して、内容や講師の方が良かったので就職カレッジへの参加を決めました。カウンセリングも丁寧でしたし、とてもフランクで何でも相談できますし対応していただけました!カレッジも数年前の口コミにあるような飛び込み営業などは一切無く、コロナ禍だったのでzoomでの講義でした。

就職に関するサポートが手厚い所が使っていて良かったと思います。ビジネスマナーから履歴書、面接対策まで無料で就職講座をしているので、興味がある部分や不安な部分を補うことが出来て安心しました。学んだことを生かして就職活動が出来たので自分に自信が持てました。スタッフさんが優しくてサポートをしっかりしてもらえたのが嬉しかったです。就職後にもアドバイザーに相談出来るのも安心です。

twitter

就職に向けた研修が手厚くて良かったといった意見や、担当の方が親切かつ熱心でありがたかったという声が多いように感じました。

悪い評判

中には気になる口コミもありました。

みんなの評判ランキング

集団面接会に向けて研修を受けていくが、そこに来る企業は開催されるたびに変わるので、自分が入りたいと思う企業が最初からあるかは若干、運に左右されると感じた。

私は大学卒業間際でも就職が決まっておらず、焦って短期コース(14日間)に申し込みましたが、
挨拶の仕方や精神的な心構えみたいなものをやり、開始3日目で飛び込み営業の研修をさせられましたが、精神的に結構来る研修でした。

twitter

研修が辛いという口コミが多かったです。以前は飛び込み営業の研修を行っていたようですが、現在はオンライン講習になっている影響もありなくなっています。

確かに、飛び込み営業できる勇気があればどこでも働ける気がします。

JAICを利用する方法

JAICに興味がある方や、利用してみたいと思った方もいることでしょう。ここでは、JAICの利用方法をご紹介します。

会員登録

JAICの公式サイトから会員登録を行いましょう。記入する項目は以下の3点です。

  • 就職希望エリア
  • 生年月日
  • 現在の状況
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 面談方法

5分もあれば登録は完了します。登録完了後は担当者から電話かメールで連絡が来ますので、しばらく待ちましょう。

説明会

登録が完了したら、研修についての説明を聞きます。就職に必要な以下のようなノウハウも教えてくれます。

  • 未経験者の就職に必要な条件
  • 未経験者歓迎の求人で採用されない原因
  • 利用者の就職成功率が81.1%の理由

説明会の後は、個別面談をします。就職を希望する場所や、細かい条件などを伝えましょう。この情報を元に求人紹介に進むので、ミスマッチを防ぐためにも情報はしっかりと伝えておく必要があります。

研修

求人紹介に進む前に、5日間の研修があります。研修はコースに分かれていて、就職カレッジ・女子カレッジ・セカンドカレッジの3つから選択可能です。研修はビジネスマナーや面接対策などさまざまなことを教えてくれるので、しっかりと受講しましょう。研修を終えた方は、書類審査なしで集団面接に進むことができます。

面接

優良な中小企業20社程との集団面接を行います。書類選考なしなので、スムーズに面接まで進むことができるのは嬉しいポイントです。面談で気になる企業があれば、メモしておきましょう。いくつかの企業から内定が出たときに参考になります。

内定

面談を行い企業から声がかかれば就職が決まります。登録から就職まで、早い方では2週間で結果が出ます。厳しい研修を潜り抜けてきた方々ばかりなので、就職成功率は81%です。

10人中8人が成功していると考えると、就職率の高さをより実感できますね。

JAICがおすすめな人

JAICは人気のある就職エージェントですが、誰にでもおすすめできるというわけではありません。JAICは、以下のような方におすすめです。

大都市に住んでいる方

就職エージェントの拠点は、東京や大阪、名古屋などの大都市圏にしかありません。支店がない地方の方には、少し利用しにくいでしょう。一方、支店のある地域に就職したいと考えている方には利用しやすいため、おすすめです。

ニート・フリーター

20代の方メインで就職支援をしているため、未経験や職務経験の浅い方でも就職しやすいような求人が多くなっています。また、書類選考もなくそのまま面接に進めるので、ニートやフリーターを続けていて履歴書の経歴に自信のない方には嬉しい制度と言えます。

就職エージェントを利用する際の4つのポイント

就職エージェントを利用する際には、ただ登録するだけでなくポイントを押さえて効率よく利用することが重要です。ここでは、就職エージェントを利用する際のコツをご紹介します。

複数のエージェントに登録する

就職エージェントによって持っている求人は異なります。登録者で条件に合った方のみに紹介する「非公開求人」も多いので、就職エージェントは2~3個登録しておくと良いでしょう。選択肢の幅が広がり、自分に合った就職先を見つけられる確率が上がります。

就職エージェントは基本的に、企業側から紹介報酬をもらうシステムで成り立っています。そのため求人希望者はお金を支払うことなく、無料で利用できます。就職エージェントをいくつ登録しても、損になることはありません。

あわせて読みたい
ニートにおすすめの就職エージェント13選!メリットや利用方法も解説
ニートにおすすめの就職エージェント13選!メリットや利用方法も解説ニートとして生活している方の中には、「本当にこのままで良いのかな」「そろそろ就職したい」と思っている方も多いことでしょう。そこで今回は、ニートの方におすすめ...

就職サイトやハローワークも利用する

就職サイトは、企業が求人を載せるサイトです。就職エージェントに比べると保有している求人数が多いので、自分に合った就職先を見つけやすいメリットがあります。ただ、就職サイトから応募する場合、就職支援やサポートはなくすべて自分で行わなければなりません。そのため就職エージェントと併用する方がほとんどです。また、ハローワークでも求人検索ができます。ハローワークはその他にも以下のようなサービスを受けることができます。

  • セミナー
  • 職業訓練校
  • 履歴書添削

職業訓練校では、資格取得やスキルを身に付けるための実践的な知識を身に付けることができるので、自分の強みを身に付けてから就職したいと考えている方におすすめです。

担当者と仲良くなる

担当者と仲良くなることで、非公開求人の紹介や企業へのアピールを積極的に行ってもらえるようになる可能性があります。担当者によってサービスの違いがあるのはどの就職エージェントも同じですが、これを逆手に取り担当者と仲良くなれば、自分に有利になるように動いてもらえるようになるかもしれません。

同じ案件に複数のサービスから申し込まない

就職エージェントや就職サイト、ハローワークなどさまざまな機関から同じ企業に応募してしまうと、相手企業に迷惑をかけることになります。その時点で印象が悪くなるので、雇ってもらえる可能性も低くなるでしょう。

どの機関からどこに応募したかが分からなくなると、自分にとってもデメリットとなります。活動状況を随時把握できるよう、メモをしたり求人票をファイルにまとめたりして、すぐに分かるようにまとめておくことで、就職活動がしやすくなります。

まとめ

JAICは本気で就職したい方におすすめの就職エージェントです。就職に至るまでの研修が厳しいという口コミもあります。心配な方は、研修内容を問い合わせしてみましょう。

また、就職エージェントは1つに絞らず2~3個登録することで、効率よく就職活動を進めることができます。ハローワークや就職サイトも確認しながら、自分に合った就職先を見つけましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる