本田技研工業(ホンダ)の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

本田技研工業の平均年収は819万円です。

本田技研工業に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、本田技研工業の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

低いどころか高年収!本田技研工業の平均年収は819万円

低いどころか高年収!本田技研工業の平均年収は819万円

本田技研工業の平均年収は819万円です。800万円の大台を超えている分、国内自動車メーカーではほぼトップクラスとみなせる数字となっています。

加えてボーナスも年額200万円で、期間工でも年収約400万円です。なお年収は年功序列の仕組みに基づいて上昇していきます。

トヨタ自動車に次ぐ高さ

本田技研工業の平均年収819万円は、業界トップのトヨタ自動車(865万円)に次ぐ高さです。国内自動車メーカーBIG3の一角にふさわしい数字と言えます。

年収819万円は月給に換算すれば約50万円で、税金や社会保険を差し引いた手取りでも38~41万円です。日々の生活でも余裕ある暮らしができる金額になっています。

加えて福利厚生面などが非常に充実している点も大きな特徴です。全体的に働きやすく待遇の面でも優良な企業と言えるでしょう。

日産自動車の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

ボーナスも年額約200万円

年収とともに支給されるボーナスの金額も気になりますよね。年2回支給で最大約200万円となっています。

2020年の実績で基本給の5.95ヶ月分、2019年も6.3ヶ月分であるため、1年で約半年分と高待遇です。高額なボーナスが支給される背景には、企業内労働組合が大きな力を持っている点があります。

ちなみに支給時期は毎年6月と12月であるため、大型連休への楽しみが増してくるでしょう。

基本的に年功序列で上昇

本田技研工業の年収は基本的に年功序列で上昇する点が特徴です。70年以上の歴史を持っている大企業である分、年功序列の風潮が今でも根強く残っています。

毎年4月に基本給が自動的に昇給する仕組みのため、勤務態度の悪さなどが目立たなければ勤続年数の長さに応じて安定した給料になりやすいです。

後で触れるように平均勤続年数が比較的長い分、将来的には毎月高い月収を得られるでしょう。なお定年まで勤めた場合の賃金は通算で3億円以上になる計算です。

期間工も年収約400万円貰える

期間工としてホンダ製品に関わりたいものの、年収がいくらなのか心配になる人もいますよね。期間工として働く場合、年収は約400万円です。月給換算で約25万円となります。

年収約400万円は期間工の平均並みである上、国内の給与所得平均432万円とほとんど差がありません。契約期間の長さに応じて経験者手当も最大10万円支給される点や、残業があまり多くない点も魅力です。

本田技研工業の平均年収が高い2つの理由

本田技研工業の平均年収が高い2つの理由

本田技研工業の平均年収は国内自動車メーカーでもトップクラスになっています。平均年収が高くなっている主な理由が以下の2点です。

近年の業績が非常に好調であることが大きな要因

年収が高い理由として、まず近年の業績が非常で好調である点が挙げられます。売上高では下がる年はあるものの、最近5年は毎年のように10兆円以上をキープしている状況です。

業績の高さは年収にも反映されており、2016年から20年の5年間で約50万円も上昇しています。平均800万円台に到達したのも同時期であり、業績の好調ぶりが大きく影響していると言えるでしょう。

勤続年数が長いなどのホワイトな労働環境も影響

加えてホワイトな労働環境も年収の高さに深く関わっています。同社社員の平均勤続年数は22年で、業界全体の平均16.1年を大きく上回る数字です。

給与体系が年功序列である分、勤続年数の長さに応じて平均年収も高くなっています。働きやすくて居心地が良い分、従業員が実力を発揮しやすい労働環境も売上増加に関わっているでしょう。

従業員を大事にする風潮であるからこそ業績も好調になり、高年収として還元されやすいです。

本田技研工業の年齢や役職・学歴別の平均年収

本田技研工業の年齢や役職・学歴別の平均年収

本田技研工業の平均年収は819万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。年齢や役職などの基準で年収の推移を見ていくと、入社後について考える上で参考になるでしょう。

本田技研工業の年齢毎の年収推移

最初に社員の年収を年齢別に見ていきます。具体的には以下の表に示す通りです。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 368 24
25~29 604 39
30~34 678 43
35~39 718 45
40~44 781 48
45~49 873 53
50~54 940 56
55~59 904 54
60~64 584 37

30代で600万円台、40~50代で800万円台に到達しています。また20代後半でも500万円台後半になっている分、比較的若いうちに安定した年収を貰える立場になれるでしょう。

月収の面でも50代には最大で60万円台になるため、教育や老後への準備で必要なお金も準備しやすいです。

本田技研工業の役職毎の年収推移

次に役職毎の年収推移もご紹介します。詳しくは以下の表に示す通りです。

主任 600~900万円
係長 760~950万円
課長 850~1200万円
部長 900~1500万円

主任で600~900万円、次の係長でも760~950万円となっています。特に係長の場合は最大1000万円近くまで上昇するため、若いうちに昇任すれば早めに生活や将来に対して安心できる立場になれるでしょう。

課長や部長になれば平均年収の819万円を超える年収を得られます。なお管理職の年収は残業手当20時間分込みであるため、ワークライフバランスの面では一般社員より少しだけ劣ると考えると良いです。

課長以上の管理職になれば年収も1000万円を超える

大企業に転職するのであれば年収も1000万円の大台を超えたいと考えますよね。本田技研工業の場合は課長以上の管理職になれば、年収も1000万円を超えてきます。

年齢では40歳前後に課長へ昇進するケースが多いです。なお近年では成果主義も導入されているため、年収1000万円を目指す場合は年功序列に甘えることなく大きな業績も残すべきでしょう。

また管理職になるには年1度行われる昇格試験の合格が条件です。早いうちに受験資格を得て、果敢に挑むのがおすすめと言えます。

学歴による年収の差

さらに学歴による年収の差も見ていきましょう。

院卒(修士) 1240万円
大卒 1130万円
短大卒 940万円
高卒 770万円

さらに細かく見ていくと、以下のような傾向が見られます。

高卒・短大卒でも700万円以上は狙える

まず高卒や短大卒でも年収700万円以上は狙える点です。本田技研工業の企業規模や平均年収の高さによると同時に、同社には優秀であれば学歴を問わない社風もあることも理由と言えます。

特に現場に比較的近い製造部門や研究部門では高卒や短大卒の社員が多いこともあり、彼らの中で優秀な人物を起用するケースも見られやすいです。高卒などでもきちんと実績を残せば、年収も上昇するでしょう。

大卒と院卒では気にならない程度の差

また大卒と院卒の年収差は110万円と気にならない程度になります。本田技研工業の場合、初任給に差があっても5年目以降になれば学歴よりも勤続年数や役職を基に給料査定するためです。

たとえ大卒でも将来的には院卒社員と年収の面で差が見られなかったり、逆に追い抜いたりするケースも良く見られます。初任給で差があっても、将来を考えればあまり気にする必要はないでしょう。

事務職・エンジニア職など本田技研工業の職種毎の年収

事務職やエンジニア職など職種毎の年収もご紹介します。

総合職 700~1150万円
営業職 500~800万円
事務職 400~650万円
経理・財務職 500~800万円
技術(エンジニア)職 380~700万円
製造職 350~600万円

職種毎の年収については、以下のような点が特徴的です。

基本的に職種毎で差は見られない

まず各職種では年収に大きな差は見られません。総合職を除けば概ね350~800万円の範囲に収まります。

配属された職種で将来の年収が大きく変わることはないでしょう。転職活動で自分の経験を役立てられる職種があった際に、年収の差はあまり心配する必要はありません。

総合職は大きく伸びる可能性がある

一方で総合職については、他職種に比べると大きく伸びる可能性があります。総合職はいわゆる幹部候補である分、会社から大きく期待される立場であるためです。

将来的には管理職に就いたり海外赴任を命じられたりする分、年収が大きく伸びるチャンスは多くなります。もし本田技研工業で高年収を得たい場合は、総合職を狙ってみるべきです。

本田技研工業の男女別年収

最後に男女別の年収についても見ていきます。具体的には以下の表に示す通りです。

男性(万円) 女性(万円)
20~24 368 368
25~29 706 604
30~34 748 678
35~39 790 718
40~44 859 781
45~49 934 873
50~54 1,005 940
55~59 967 904
60~64 624 584

男女の年収差は基本60~80万円台で、極端に大きな差は見られません。女性社員でも40代後半には年収が平均819万円を超えるようになってきます。

加えて女性社員の平均年収は男性社員の90%以上となっており、75~80%で推移する国内平均を大きく上回っている点もポイントです。

自動車メーカーは基本的に女性社員が少ない傾向にあるため、女性の立場が弱いイメージを抱くでしょう。しかし本田技研工業の場合は、女性社員でも年収面で男性社員との差をかなり埋められます。

本田技研工業の就職難易度(偏差値)は70

本田技研工業の就職難易度(偏差値)は70

本田技研工業の就職難易度(偏差値)は70です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

トヨタ自動車と日産自動車の中間に位置しているため、業界トップのトヨタ自動車に次ぐほどの難易度を誇ります。選考に対しては十分な準備が必要となるでしょう。

本田技研工業に転職する時の3つの注意点

本田技研工業に転職する時の3つの注意点

実際に本田技研工業へ転職する場合、注意したいポイントは気になりますよね。転職選考に臨む上でぜひ気を付けたいポイントが、以下に挙げられる3点です。

本田技研工業の社風・事業内容をしっかり理解して対策する

最初に本田技研工業の社風や事業内容をしっかり理解してから対策するべきでしょう。求める人材像の1つに「HONDAフィロソフィーに共感する人」が挙げられているためです。

HONDAフィロソフィーは創業者・本田宗一郎氏以来継承されてきた企業理念で、同社を理解する上で欠かせません。選考でもHONDAフィロソフィーへの理解度が試されるでしょう。

HONDAフィロソフィー以外にも同社の事業内容もしっかり研究するべきです。社風などをしっかり研究した上で、自分の経験や志望動機としっかり組み合わせることが選考突破の鍵になります。

他にも本田技研工業では主体性やチャレンジ精神が重要です。主体性やチャレンジ精神を持って取り組んできた業務経験も交えて、しっかり積極性をアピールするべきでしょう。

英語力の高さも問われる

また転職面接では英語力も問われます。本田技研工業もグローバル展開している企業である分、多くの職種で海外赴任や海外企業とのやり取りが多いためです。

レベルとしては最低でもTOEIC600点以上が必要でしょう。加えて昇格する際も英語力が求められるため、高年収を得たいのであれば早いうちに英語力の強化が欠かせません。

高卒や未経験の場合は期間工から始めると良い

高卒や未経験の場合は正社員への転職が難しいのではと不安になりますよね。高卒などの場合は期間工から始めるのがおすすめです。

期間工はやる気と健康さが重要になる分、正社員よりもハードルが低いです。加えて製造現場でホンダの技術や経験を身に付けられる他、福利厚生や各種手当も付きます。

一定期間で良好な勤務態度や業務実績を残せば、正社員登用への道が開かれる点も魅力です。学歴や経験で不安がある場合は、まず期間工の求人を探してみると良いでしょう。

本田技研工業(ホンダ)に転職するには?難易度や人材像を解説

ホンダに本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

ホンダに本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまで本田技研工業の年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

まとめ

今回はトヨタ自動車や日産自動車と並ぶ大手メーカー・本田技研工業の平均年収について見てきました。同社の平均年収は819万円と、有数の大手自動車メーカーにふさわしい金額です。

ボーナスも年額200万円である上、福利厚生や労働環境の面でも非常に優良な企業であるため、転職先として検討してみても良いでしょう。

ただし安定している分、転職難易度は非常に高めであるため、HONDAフィロソフィーや事業内容をしっかり理解した上で対策するべきです。また英語力も早めに高めると良いでしょう。

本田技研工業への転職ができれば、年収1000万円も夢ではありません。安定した環境で存分に仕事したいということであれば本田技研工業を狙ってはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる