MENU

日野自動車の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

日野自動車の平均年収は653万円です。

日野自動車に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、日野自動車の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

日野自動車の平均年収は653万円

日野自動車の平均年収は653万円

日野自動車の平均年収は653万円です。商用車でのライバル・いすゞ自動車や、所属しているトヨタグループ各社に比べると低くなっています。ただし国内企業の中では高いため、大企業と言えるでしょう。

一方で給与の昇給も一定年数までは年功序列となっている上に、ボーナスも非常に手厚くなっています。

いすゞ自動車やトヨタグループ各社より低いものの国内企業では高い水準

日野自動車の平均年収653万円は、自動車業界各メーカーの年収としては低い方です。同じ商用車メーカーで、同社最大のライバル・いすゞ自動車(776万円)よりも下に位置しています。

また日野自動車はトヨタグループに属しているものの、他のグループ内各社と比べても低いです。グループ各社の平均が650~700万円とされていることを考えれば、平均の最低を何とか超えている程度と言えます。

ただ同社は業界の中でも低いイメージはあるものの、国内企業では高い方です。2020年時点での平均給与所得が436万円であるのに対し、日野自動車の平均年収は約1.5倍となっています。

国内の企業全体で考えれば、日野自動車の平均年収はれっきとした大企業にふさわしい高さと言えるでしょう。

いすゞ自動車の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

ボーナス額は基本給の約6ヶ月分と手厚い

日野自動車の平均年収自体は低いものの、ボーナスは非常に手厚いです。2018年には約5.7ヶ月分、2019年には約5.9ヶ月分と、おおよそ6ヶ月分が支給されています。

ボーナス支給額は年間にして約100~230万円程度です。基本給の金額によっては200万円以上貰えるケースもあるため、夏や冬の大型連休の前に大きな楽しみとなるでしょう。

ただし平均年収563万円に対してボーナス100~230万円であるため、ボーナスが占める割合が高い分、基本給は低いです。日野自動車の業績は好調であるため、将来的な基本給の底上げは十分期待できるでしょう。

10年目までは年功序列で昇給していく

日野自動車の給与体系は、入社後10年目までは年功序列で上昇していきます。新卒で入社した場合も、30代前半までは同期社員と大きな差が付くことはありません。

ただし11年目以降は実績やスキルをもとに差が付き始めます。10年目までに与えられた目標以上の仕事をして実績を残せば、大きく昇格するでしょう。

年功序列を基本としながらも、仕事の成果が年収や昇任に反映される職場と言えます。

期間工の年収は250~350万円程度

日野自動車に転職する際、業務経験不足などを補える期間工から始めようと考える人もいますよね。

期間工の年収は250~350万円程度です。期間工の年収が300万円台で標準とされているため、標準並みか少し低い程度となっています。

月収では20~30万円程度となっており、一般企業の新卒社員と同程度か少し高めです。ただ募集については18歳以上で体力や健康に問題がなければ、誰でも応募できます。

なお1年以上勤務すれば、正社員登用のチャンスがある点も魅力です。

日野工場よりも羽村工場勤務がおすすめ

もし期間工に応募する場合は、日野工場よりも同じく都内にある羽村工場がおすすめでしょう。日野工場での勤務は日勤のみになっている分、深夜手当などが発生しないためです。

一方羽村工場では深夜勤務もある分、深夜手当も残業手当も支給されます。期間工のうちになるべく高い年収を得たいのであれば、深夜勤務などがある羽村工場が良いでしょう。

日野自動車の年収が高い理由

日野自動車の年収が高い理由

日野自動車の年収、特にボーナスが高い理由が気になる人もいますよね。日野自動車の場合は、近年の業績が好調になっている点が背景と言えます。

売上高が2015年の1兆2,212.5億円から2020年の1兆8,155.9億円と、6,000億円も上昇している状態です。2017年のように前年より下がった年はあるものの、全体として右肩上がりになっています。

平均年収も2016年の650.3万円からほぼ横ばいか増えているのが現状です。年によって伸びにくい場合はあるものの、自動車業界や日野自動車自体は好調であるため、今後とも伸びていくことが期待できます。

日野自動車の年齢や役職・学歴別の平均年収

日野自動車の年齢や役職・学歴別の平均年収

日野自動車の平均年収は653万円です。ただ年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。今後日野自動車に入社した場合、年齢や役職別の年収は直接関わってくるでしょう。

ご自身の将来を考える上でも、年齢や役職別の年収に関する情報は知っておくのがおすすめです。

日野自動車の年齢毎の年収推移

まず年齢別に年収の推移を見ていきましょう。20代前半から60代前半まで5歳ごとに分けると、以下のようになります。

年齢層(歳) 平均年収(万円) 月収換算(万円)
20~24 347 23
25~29 507 32
30~34 571 36
35~39 606 38
40~44 659 42
45~49 734 45
50~54 787 48
55~59 757 47
60~64 552 35

20代後半から30代前半までに500万円台となり、30代後半から40代前半までは600万円台と上昇の具合が着実です。月給も全体として最高40万円台に達するため、ある程度安定した収入になるでしょう。

40代から50代前半にかけて急上昇する

上記の表を見ると特に40代から50代前半にかけて伸びる傾向です。特に40代前半から後半にかけては80万円もの上昇幅になっています。

ピークを迎えるのは50代前半で、平均年収も800万円近くになる計算です。700万円台は大手メーカーに近い水準であるため、全体的な平均年収が低くても最終的には高年収になります。

日野自動車の役職毎の年収推移

次に社内の役職別で年収の推移を見ていきましょう。主な役職で推移を見ていくと、以下の通りです。

主任 500~700万円
係長 600~750万円
課長 700~980万円
部長 850~1,200万円
そして各職種の年収幅を見ていくと、以下に挙げる3点の特徴があります。

職位とともに着実に増えていく

まず全体的には職位とともに、年収も着実に上昇していく点です。主任で500~600万円台、係長で600~700万円台前半、課長で700~900万円台と概ね100万円程度の差が見られます。

ただ課長や部長クラスになると一気に跳ね上がる傾向です。役職に就いても最初のうちは年収の伸び幅が緩やかで、後から急に伸びていきます。

部長クラスで年収1000万円以上になる

なお部長クラスになれば年収も1,000万円を超えるようになりやすいです。最高で1,200万円程度まで行くため、高年収を狙いたい人にとっては非常に目指し甲斐があるでしょう。

部長クラスは40代後半から50代前半でなる人が多いです。同年代での平均年収は700万円台であるため、もし部長として年収が1,000万円台になれば社内でも大きく出世していると言えるでしょう。

会長・社長など役員の年収も紹介

役員の報酬が気になる人もいますよね。会長や社長など役員陣の報酬は以下の通りです。

代表取締役会長(市橋保彦氏) 1億1,200万円
社長(下義生氏) 1億1,000万円
取締役 6,200万円
監査役 3,600万円

会長と社長で1億円以上もの報酬を得ている上、取締役も6,000万円程度になっています。社員の平均年収に比べれば、若干高い傾向です。今後社員の基本給が上昇すれば、格差も縮まるでしょう。

学歴による年収の差

さらに学歴による社員の年収差も見ていきます。50代時点での年収を院卒以下の学歴毎に示すと、以下の通りです。

院卒(修士) 1090万円
大卒 895万円
短大卒 760万円
高卒 650万円

修士課程出身の院卒で1,000万円以上で、大卒も900万円近くとなっています。短大卒も700万円台で、高卒も600万円台となっており、各学歴の差は概ね100~130万円程度です。

院卒・大卒と高卒の差は非常に大きい

なお高卒の場合、院卒・大卒との差が非常に大きく見えます。大卒との差だけでも240万円程度、院卒との差は400万円以上です。

大きな差が生まれるのは高卒では主に技能職になるのに対し、大卒以上は管理職になる人が多いという理由があります。管理職になった場合、役職手当や残業代が支給される分、年収も高くなりやすいです。

加えて初任給の面でも院卒が23.2万円・大卒が21万円に対し、高卒技能職は約17.4万円になっています。初任給の差も大きい分、大卒以上と高卒では年収面で大差がつきやすいでしょう。

日野自動車の職種毎の年収

最後に職種別でも年収幅を見ていきます。総合職以下の職種に分けると、以下の通りです。

総合職 700~950万円
営業職 450~600万円
経営企画職 600~750万円
事務職 400~550万円
事業開発職 500~650万円
生産技術・製造職 500~650万円
施工管理職 500~600万円

ほとんどの職種が400~600万円台になっています。ただし細かく見ると、事務系職種の最低が400万円台であるのに対し、技術系職種は500万円台から始まっている点が特徴です。

技術系職種の方がやや高めの傾向にあるといって良いでしょう。

総合職・経営企画職以外は目立って差は見られない

職種の中でも総合職と経営企画職は年収が目立って高めです。総合職は最高で1,000万円になっています。経営企画職も最高が750万円と、総合職ほどではないものの他の職種より高いです。

総合職と経営企画職は残業が発生した際、残業代が支給される特徴があります。加えて総合職は管理職に就く人が多い分、役職手当でより年収が増えやすいです。

なお他の職種ではほとんど年収に差がありません。多くの職種で他職種との年収差を気にせずに済むでしょう。

日野自動車の就職難易度(偏差値)は55

日野自動車の就職難易度(偏差値)は55

日野自動車の就職難易度(偏差値)は55です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

同じ偏差値55に入っている企業の中には、三菱自動車やダイハツ工業など一般での認知度が高いメーカーも多いです。そして広く認知されている企業は人気が高い分、応募者が殺到しやすい特徴があります。

日野自動車が人気企業と並んでいることから、選考を受ける際は偏差値55という数字に惑わされることなく、事前にきちんと準備を整えるべきでしょう。

ダイハツ工業の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

ボッシュの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

日野自動車に転職する時の3つの注意点

日野自動車に転職する時の3つの注意点

大手企業にふさわしい年収や手厚いボーナスを誇る日野自動車に転職しようと考える人もいますよね。もし同社への転職を目指す場合、事前に十分な準備を整える必要があります。

特に是非気を付けたいのが、以下に挙げられる3点です。

探求心やチャレンジ精神旺盛な自立性のある人が求められている

まず日野自動車では、探求心やチャレンジ精神が旺盛な自立性のある人を求めています。具体的には柔軟で自由な発想を持って行動できる人や、前向きにチャレンジできる人などです。

加えて社の内外で謙虚に学べる人も重視されるため、日頃からスキルアップを心掛ける姿勢も示すべきでしょう。現状に満足せずに積極的に新しい分野に挑戦する果敢さをアピールすることがコツです。

面接は一般的な質問を深く掘り下げる傾向

次に面接では、志望動機などの一般的な質問が良く聞かれます。ただし日野自動車独特の特徴が、一般的な質問を深く掘り下げる点です。綿密な企業研究や自己分析が基本になります。

面接対策する際は、想定される質問に対してかなり具体的な回答を用意すると良いでしょう。転職エージェントのアドバイザーとともに面接の練習を重ねながら、可能な限り回答の内容を深めるべきです。

面接などでは自分の言葉で答えるのがポイント

さらに面接や書類選考では自分の言葉で答える点もポイントでしょう。実際の面接でも、試験官から「自分の言葉で答えるように」アドバイスされます。

選考の準備でも転職活動の解説本に書いてあるテンプレートは参考にしながらも、自分の気持ちをしっかり反映させることが大切です。加えて日頃から自分の気持ちを素直に伝える癖を付けると良いでしょう。

さらに準備段階で一通り志望動機などが出来上がったら丸暗記するのではなく、作成した内容のポイントを軸に自分の言葉で説明し直せるようにするべきです。

日野自動車に本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

日野自動車に本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまで日野自動車の年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

今回は日野自動車社員の年収を、転職活動でのポイントと一緒に見てきました。平均年収は653万円と業界では低いものの、国内企業では高い方です。

ボーナスの手厚さや入社10年目までは年功序列で昇給する点などの魅力的な特徴もあります。加えて管理職になれば大手メーカー並みの高年収も期待できるでしょう。

転職対策としては前向きで成長意欲がある点を示したり、質問に対して深みと具体性のある回答を用意したりするのがポイントです。綿密な企業研究や自己分析、面接の練習が欠かせません。

日野自動車は平均年収こそ業界内で低いものの、基本的に安定した年収が得られる企業です。興味があれば、しっかり準備した上で応募してみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる