転職後の辛い時期を乗り越えるには?転職中の辛い時期への対処法も紹介

転職活動を経て念願の新しい職場に入社したものの、いきなり辛い気分に陥る人もいますよね。しかも慣れていない職場で周りに相談しづらさを感じる人もいるでしょう。

実は転職直後は新しい職場への不慣れでストレスを感じる人も多いです。しかし適切な対処法を理解して実践すれば、徐々に落ち着いてくるでしょう。

今回は転職後の辛い時期を乗り越えるための対処法をご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 入社したばかりの転職先で辛さを抱えている人
  • 転職先の職場環境があまりにもひどく感じる人
  • 転職活動中に辛い気持ちになっている人
目次

転職直後の時期に辛いと感じる人は非常に多い

転職直後の時期に辛いと感じる人は非常に多い

めでたく転職活動を経て入社した会社で、早くも辛い気持ちになっている人もいますよね。転職直後に辛い気持ちになる自分を不甲斐なく感じる人もいるでしょう。

実は転職直後に辛いと感じる人は非常に多いです。あるアンケートでも回答者の8割以上が、仕事や職場環境への不慣れなどで辛さを覚えています。

人間も動物であるため、環境の変化でストレスを感じることはごく自然な現象です。転職して間もないにもかかわらず辛い気分を感じることに引け目を感じる必要はありません。

転職後に辛いと感じる6つの理由

転職後に辛いと感じる6つの理由

転職してからまもなく辛い気持ちになるケースがあまりにも多いと、今苦しんでいる人だけではなく転職活動中の人も原因が気になりますよね。主な原因として以下の6つが挙げられます。

業務内容が変わったことによるストレス

まず前の職場と業務内容が変わったことにストレスを感じる点です。転職は職場が変わることを意味する上、当然ながら企業によって職務内容は大なり小なり異なります。

たとえ同じ業種・職種で転職しても、企業により作業内容やルールも様々です。業務で使う用語さえ異なる場合がある分、慣れているはずの仕事内容でも理解が追いつくまでに時間が掛かります。

加えて異業種間の転職の場合は、上司や先輩の下で最初から作業内容を覚えることが欠かせません。何とか一人前になるまでにミスも発生する分、戸惑うことも多いでしょう。

転職で担当する業務内容の変化を余儀なくされる分、慣れて落ち着くまでストレスを感じやすくなります。

職場環境が厳しい

また転職先の職場環境の厳しさで辛く感じるケースも多いです。前の職場よりも労働時間が長かったり、中々休憩が取れなかったりすることもあります。

特に前の職場との差が大きい場合、慣れるまでにかなりの時間が掛かりがちです。落ち着くまでの負担も大きい分、辛く感じる度合いも高まるでしょう。

休日は休養に専念するなど、うまくやりくりすることが大切です。

ブラック企業やハラスメントの多い企業は要注意

もし転職先がブラック企業だったり、ハラスメントが多かったりする場合は要注意です。ブラック企業の場合は労働時間の長さに加えて、ノルマが厳しい場合も良く見られます。

ハラスメントが多い企業の場合も、日常的な叱責や罵声、嫌がらせなどで心身のダメージが蓄積されやすいです。中には違法ギリギリな業務状態などで、罪悪感にむしばまれることもあります。

もし理由もなく涙が出たりだるさを感じたりしたら、すぐさま医療機関を受診すると良いでしょう。

通勤時間・経路が変わったことによる心身の不調

通勤時間や経路の変化も辛い気持ちになる原因です。前の職場とオフィスの場所が異なる分、経路などに慣れるまで一定の時間が必要になります。

経路によっては、今まで縁のなかった満員電車に揺られるケースもあり、さらなるストレスの原因になりやすいです。通勤時間が以前よりも長くなると、疲れや不安も増えるでしょう。

通勤時間については、起きる時間や睡眠時間などにも影響が出ます。極端に増えた場合は、ストレスを十分発散できるかという点にも関わるでしょう。

転職後の時間の経過とともに慣れてくるとはいえ、負担を感じにくくなるまでは大きなストレスとしてのしかかりやすいです。

通勤時間を無駄に感じるときの対処法を解説!無駄を省く方法も紹介!

会社の人間関係への不慣れ

他にも新しい職場での人間関係への不慣れも挙げられます。転職をきっかけに人間関係もリセットされる分、新しく関係を作り直すことになるためです。

仕事をそつなくこなせる程度に慣れるまでは、上司や同僚に多少なりとも気を使う必要が出てきます。そして気を使いがちな間はリラックスしづらい分、ストレスや辛さを感じやすいでしょう。

会社の社風やルールに慣れるまでに疲れる

転職先の社風やルールに慣れるまでに疲れる点も、辛いと思う原因です。企業によって社風などは異なるため、部署でうまくやっていく上で適応する必要があります。

会社によっては終業後の飲み会などに強制参加などの、本人には納得しにくいルールが存在するところも多いです。ルールに不満を感じる場合は、合わせることさえ辛い気分になることもあります。

あまりひどくないケースでも、新しいルールに則って作業などを進める際にミスを防ごうとするあまり、負担を覚えやすいです。社風なども辛さを感じる要因と言えます。

入社したてでミスが多い

最後に入社したばかりでミスが続いていることも、辛さに繋がりやすいです。前の職場とやり方やルール、使うべき用語が異なる分、ミスが多く起こる可能性は十分あります。

ただ不慣れでミスが多い分、自己肯定感も低くなりやすいです。特に業務経験やスキルを十分に持っているにもかかわらずミスが多いと、プライドも傷つくでしょう。

転職直後のミスは誰にでもあるものだと割り切りながら、慎重に業務をこなすことが大切です。

転職後の辛さやストレスはいつまで続く?

転職後の辛さやストレスはいつまで続く?

今転職直後で辛い人にとっては、「いつまで苦しみが続くのだろうか?」と気になる人もいますよね。確かに辛さの中にいると、永遠に苦しみが続きそうに感じられるでしょう。

しかし転職直後の辛さは、新しい職場に慣れてくるにつれて落ち着きます。具体的には以下に挙げる程度の期間にわたって続くのが一般的です。

最初の3ヶ月間から半年間が山場

転職直後の辛さは、入社後最初の3ヶ月間から半年間が山場と言えます。内容によるものの、ほとんどの業務で一応の戦力になれる期間が、長くても半年であるためです。

特に最初の3ヶ月間は、今までと全く異なる職場環境や人間関係を目の当たりにします。そして1つずつ慣れていく必要があるために、受けるストレスも大きくなりがちです。

ただ入社して3ヶ月程度経つと、同僚の顔や名前を覚えたり、職場のルールなどにも一通り慣れてきます。なお慣れる度合いも少しずつであるため、無理に焦らない方が良いでしょう。

業務内容などによっては1年程度続くケースも

ただ業務内容などによっては、辛さを感じる期間が1年程度になる場合もあります。特に担当する業務のルールが細かく膨大だったり、コミュニケーションで問題があったりするときなどです。

加えて転職先が新しい業種の場合は覚えることが多い分、数ヶ月程度で一人前にならないこともあります。たとえ慣れるのに苦労する場合でも、やはり焦らないことが大切です。

転職後に辛い時期に差し掛かった時の対処法6つ

転職後に辛い時期に差し掛かった時の対処法6つ

転職してから辛い気持ちになっていると、苦しいあまり拷問にも感じますよね。できる限り、辛い気持ちを何とかしたいと思うでしょう。

転職後に辛く感じた場合、以下に挙げる6つの対処法がおすすめです。

普段以上に規則正しい生活を心掛ける

まず普段以上に規則正しい生活を心掛けると良いでしょう。具体的にはまず、食事や睡眠をしっかりとることです。

睡眠時間は7~8時間は確保し、極力同じ時間帯に寝起きするように心がけます。加えて毎日起きた直後に日の光を浴びることでセロトニンが生成され、前向きな気持ちになりやすいです。

食事についても、炭水化物やたんぱく質などを中心に栄養バランスを心掛けると良いでしょう。なお食べる量も腹八分目を心掛ければ、胃腸への負担を軽くできます。

加えて定期的な運動も心掛けるべきです。短時間でも軽いウォーキングやランニングをする習慣を付けることで、寝つきが良くなったりストレス発散に繋がったりします。

休日は仕事のことを考えないようにする

また休日はなるべく仕事のことは忘れるようにするべきです。せっかくの休日に仕事のことばかり考えていると、かえってストレスが溜まり、休養の妨げになります。

むしろ没頭できる趣味で時間を潰すと良いでしょう。小説や映画、スマホゲーム、料理など自分が楽しんで時間を忘れられるものであればなんでもおすすめです。

社内外に相談できる相手を作る

職場の内外に相談できる相手を作るのおすすめでしょう。同じ職場で話せる先輩や同僚であれば、普段の仕事と密接に関わっている分、実用的なアドバイスを貰えます。

職場に相談できる人がいない場合は、家族や古い友人でも構いません。特に普段から聞き役に徹してくれそうな人の場合、抵抗なく相談したり愚痴をこぼしたりできる分、よりストレス発散に繋がります。

お世話になった転職エージェントに相談するのもおすすめ

他にも以前お世話になった転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントでは、入社後の一定期間もアフターフォローしてくれます。

コンサルタントも定着率を高めるためのノウハウを熟知しているため、入社後の悩みにもしっかり対応してくれるでしょう。あまりにもひどい職場環境の場合、円満退社に協力してくれるほどです。

普段から挨拶や報連相を心掛ける

職場の人間関係に悩んでいる場合、普段から挨拶や報連相を心掛けると良いでしょう。いずれも社会人としてごく当たり前ではあるものの、意識的に行うことで周りの見る目も変わってきます。

挨拶などされた側からすれば元気ややる気を感じられるため、応援したくなりやすいです。一見小さなことではあるものの、少しずつ人間関係を改善するきっかけになるでしょう。

自分を責めないこと

転職後はミスが多かったり職場になじめにくかったりして、落ち込む場合も多いですよね。ただ自分を責めることは絶対に避けるべきです。

転職後はあまりにもストレスを感じやすい分、心身共に疲弊しきっています。加えて自分の至らなさを責めると、精神的に傷ついてしまいやすいです。

最悪の場合、メンタル面の不調に繋がって仕事どころではなくなってしまうでしょう。調子の悪い時は、むしろ自分の悩みに向き合って慰めることが大切です。

軽めに転職活動してみる

軽めに転職活動してみるのも、転職直後の辛い時期を脱する上で適切と言えます。自己分析するだけでも、今の職場に転職した時の気持ちを思い出すことに繋がるでしょう。

なお今よりも優良な求人を見つけても、早期退職は避けるべきです。考えなしに退職すると、キャリアに傷がついて転職活動で不利になります。

あくまでもキャリアに悪影響が出ない範囲で転職活動するのがポイントです。

転職後に辛すぎると感じる場合は退職も1つの方法

転職後に辛すぎると感じる場合は退職も1つの方法

転職先の環境や人間関係、業務内容によっては、非常に辛いと感じることもありますよね。もし辛い気持ちが強い場合は、退職も1つの方法です。

特に転職先がブラック企業の場合、心身共に深刻なダメージを与えるケースもあります。精神疾患を発症した場合、回復に要する時間は最低数ヶ月から1年以上と長めです。

より良い条件の職場への再転職を検討すると良いでしょう。フリーランスや派遣社員など別の働き方を選ぶのもおすすめです。

「仕事辞めたら人生楽しすぎ」は本当?会社を円満退職する方法を解説!

無職でもなんとかなる?旦那が失業した時に行うべき行動を伝授

次の仕事決まってないけど辞めるのは大丈夫?退職や転職のコツを紹介

もし転職活動中に辛い時期に差し掛かったら

もし転職活動中に辛い時期に差し掛かったら

転職先以外にも、今転職活動中の人で辛い思いになる人もいますよね。確かに転職活動では中々内定貰えなかったり、先々不安になったりすることも多いです。

もし転職活動で気分が落ち込むなどしたら、以下の方法で対処すると良いでしょう。

リフレッシュする時間もしっかり確保する

まずリフレッシュする時間をしっかりと確保するべきです。転職活動では選考に落ちたり面接などで指摘されたりするなど、ストレスを感じることも色々とあります。

ただ早く内定を決めたい焦りから、休養を疎かにすることは避けるべきです。時にはしっかり休みをとることで、今後の転職活動に対して前向きになれます。

なお在職中に転職活動する人は、時間配分を見直してみると良いでしょう。転職支援サービスで負担を軽くできそうであれば、節約した分で休むのもおすすめです。

退職後の場合は単発でアルバイトしてみる

一方すでに退職した身で転職活動中の場合は、単発でアルバイトしてみるのも良いでしょう。転職活動で付きまといがちなお金の不安を多少は軽減できます。

加えて普段とは別の仕事をこなすことで、良い刺激を受けられるでしょう。単発の仕事は体を動かすものも多いため、ブラックな職場でなければ運動と同じくストレスの発散に繋がることもあります。

なお失業保険を受給している場合は、受給金額に影響しない程度に留めると良いでしょう。あまり多くアルバイトすると、逆に収入が減ることもあります。

バイトしながら職業訓練はできる?知っておくべき条件などを紹介!

高望みや特定の条件へのこだわりを捨てる

転職活動が長期化して辛い場合は、希望する条件を見直すのもおすすめです。優良企業や特定の条件へのこだわりが強いあまり、中々求人の紹介や内定の獲得に繋がらないケースもあります。

今までの職歴やスキルを見直した上で少しだけ妥協してみると、見つかる求人の数も増えるでしょう。なお妥協のしすぎはミスマッチによる再転職の原因にもなるため、軸はしっかり持っておくべきです。

友人・知人や転職エージェントに頼ってみる

誰にも頼らないで転職活動している場合は、友人・知人や転職エージェントに頼る手もあります。独力で転職活動していると、周りに誰もいないために改善すべき点にも気づきにくいです。

試しに友人・知人やコンサルタントに応募書類を添削して貰うなどすると、思わぬ修正点やアピールポイントも見つかるでしょう。エージェントよってはより良い求人を紹介して貰えることもあります。

まとめ

今回は転職後の辛い時期に遭遇した場合の対処法を見てきました。転職は職場環境の変化でもある分、入社直後の時期にストレスを感じることは意外と良くあることです。

もし辛いと感じたら、休養やストレス発散の時間を十分に確保したり、友人などに相談したりすると良いでしょう。あまりにも辛い場合は、再転職の検討もありです。

転職後の時期に感じる辛い気持ちは、放置すると深刻な精神疾患など形で返ってきます。同時に辛い時期はいずれ去ると考えて、気楽な気持ちを持つことも大切です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる